【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)























    Powered By 我RSS






























      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    2073894_201606230883014001466655598c


    1: 名無しさん 2016/12/02(金) 12:17:27.54 _USER9

    ORICON STYLEは、毎年恒例の『好きな女性アナウンサーランキング』を今年も発表。13回目となる今回は、昨年に続き日本テレビの【水卜麻美】アナウンサーが1位に選ばれ、2013年から4年連続で王者の座に輝いた。08年に5連覇を達成し殿堂入りを果たした、元フジテレビ・高島彩アナウンサーとは対照的なタイプのアナウンサーといえるが、アヤパンに次ぐ同ランキング史上2人目となる殿堂入りの大記録がすぐそこまで迫ってきた。


    ■唯一無二の“食いしんぼう”キャラを確立 一方でアナウンス技術も一級品

     2010年の入社から今年で7年目、すっかり日テレの“顔”として板についてきた水卜麻美アナ。水卜アナのすごさは、才色兼備でどこか近寄りがたかったこれまでの女性アナウンサーのイメージを壊し、まったく新しいタイプの女子アナ像を作り上げてしまったことだろう。放送スタート時からアシスタントを担当している『ヒルナンデス!』では食レポを極め、“食いしんぼうキャラ”を確立。その“頑張り”によって入社後、最大7キロ増量したことがある彼女は、いつしか女子アナとしては珍しいぽっちゃり体型をいじられるようになるが、持ち前の明るさを武器に柔軟に対応しタレント顔負けの存在感を発揮していく。

     スムーズな司会進行もさることながら、そういった親しみのある人柄やキャラクターが男女・世代を問わず多くの人から支持されている。寄せられた回答には、「彼女の食べっぷりを見ていると幸せな気持ちになれる」(北海道/30代・女性)、「健康的で可愛い笑顔に癒される」(東京/50代・女性)、「仕事を全力で頑張り、また楽しんでいるのが伝わってくる」(長野/20代・男性)、「いつも明るくて元気がもらえる」(大阪/40代・男性)とのコメントが目立ち、“ミトちゃん”がお茶の間の人々に元気を与えるビタミン剤、はたまた太陽のような存在になっていることが伺える。

     担当番組としてはバラエティが多いことから、どうしても明るいキャラクターに目が行きがちだが、もちろんアナウンス技術にも定評がある。ナレーションでは番組のタイプによって声色を使い分け、先錬された大人たちが集う恵比寿エリアを紹介する『街活ABC』ではスタイリッシュに、親子向けの『ママモコモてれび』ではキャラクターのように愛らしく声入れをしており、「本当にミトちゃん?って思うくらい、ナレーションがすごくうまい! ニュース読みもとても聞きやすいです」(東京/20代・女性)との声も多い。水卜アナ自身、「アナウンス技術では絶対にイジられない!」というポリシーを持っており、誇り高く活動するその姿には「バラエティ以外でももっと見たい!」(岩手/30代・女性)、「報道系も担当してくれれば、ニュース離れしている人たちがもっと関心を持てるようになるのでは?」(岡山/30代・女性)などと、さらなる活躍を期待する声も寄せられている。

    ■フリー転身も“鬼門”にならず、活躍の場を広げるカトパン

     2位はこの春にフリーアナウンサーとなり、活動の場をグッと広げた【加藤綾子】アナ。これまで通りバラエティやスポーツ番組などでMCを務めつつ、ファッション誌やCM、ラジオ番組に出演したり、初の著書『あさえがお』(小学館)を発売したり、“ゲスト”として番組やイベントに出演することも多くなった。持ち前のアナウンス技術や頭の回転の速さ、そしてこれまでの経験が大きな武器となり、「コメントにユーモアがある。フリーでも大活躍していると思うし見ていて楽しい」(岐阜/20代・女性)、「フリーになってもすごく安定感がある」(奈良/30代・男性)、「適度におもしろくてバランスも良い」(東京/50代・男性)、「すごくイキイキしてきた」(大阪/20代・女性)と転身後の活躍ぶりが高く評価されている。アナウンサーにとってフリーになることは鬼門となりうることもあるが、昨年と同じ順位をキープし根強い人気を示す結果となった。

    ■ついに“みんなの人気者”に! 田中みな実アナが初TOP10入り

     続く3位には、昨年8位から大きく順位を上げたフリーアナウンサーの【夏目三久】がランクイン。フリーとなり6年目に突入した今年、転身後初めてのレギュラー番組で『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)を卒業。同番組で見出されたユーモアセンスと持ち前のルックスを強みに、引き続き『はくがぁる』(テレビ朝日系)などのバラエティ番組も担当しつつも、現在は『あさチャン!』(TBS系)、『真相報道 バンキシャ!』(日本テレビ系)という情報・報道番組を中心に活躍しており、フリーアナとしては最も本筋を極めている存在といえる。今年は夏に有吉弘行との交際・妊娠が報じられ、結果的に誤報であったものの好感度を左右する熱愛報道だけに、夏目にとってはマイナスになりかねない出来事であった。それでも同ランキングで大きく順位を上げた夏目は、改めてフリーアナウンサーとしての“質の高さ”を証明した。

     今年初TOP10入りしたのは、フリーアナウンサーの【田中みな実】アナ(7位)と、テレビ朝日の【大下容子】アナ(9位)。TBS在籍時から“ぶりっ子”キャラで知られるみな実アナは、これまで大衆的な人気者というタイプではなかった。しかし、フリー3年目となる今年、「生きていても全然いいことがない」、「結婚への焦りが出始めた」などと、プライベートを赤裸々に語ったり、マイナス発言をしたり、“人間らしさ”を覗かせることでそれが好感度につながり、「アナウンス力が高くバラエティの進行も上手だから」(神奈川/10代・男性)との技術の評価に加え、「サバサバしていて面白い」(東京/20代・女性)、「一生懸命でかわいい」(神奈川/10代・女性)との声を集めた。

     テレビ朝日の大下アナは、情報番組『ワイド!スクランブル』からバラエティ番組『SmaSTATION !!』まで、幅広くこなす入社24年目のベテランアナ。シーンによって柔軟に立ち振る舞う対応力が支持されているが、特に今年は『SmaSTATION !!』で長年コンビを組んできた香取慎吾の“SMAP解散”報道にまつわるコメントが大きな話題を呼び、ユーザーからは「出過ぎる事はないけど、ご自身の意見をしっかりと持っていらっしゃる」(岡山/30代・女性)、「芯が通っている。視野が広く、きちんと自分で考えた温かな発言が印象的」(神奈川/40代・女性)などのコメントが多く寄せられている。

     第13回目を迎えた今年、いよいよ日テレ・水卜麻美アナが殿堂入りに大手をかけた。各局には毎年のように新人が加わり、一方で局を離れフリーとして活躍していくアナウンサーも年々増加傾向にある。混戦を極める女子アナ界だが、果たして水卜アナがこのまま殿堂入りを果たすのか、はたまた新勢力が台頭するのか。来年以降も女性アナたちの活躍から目が離せない。

    【第13回好きな女性アナウンサーランキングTOP10】

    1位 水卜麻美日本テレビ
    2位 加藤綾子フリー
    3位 夏目三久フリー
    4位 有働由美子NHK
    5位 大江麻理子テレビ東京
    6位 赤江珠緒フリー
    7位 田中みな実フリー
    8位 竹内由恵テレビ朝日
    9位 大下容子テレビ朝日
    10位 桑子真帆NHK
    RANKING


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161125-00000371-oric-ent



    引用元: 【女子アナ】第13回 好きな女性アナウンサーランキング 日テレ・水卜麻美アナが4連覇!

    【【女子アナ】第13回好きな女性アナウンサーランキング!日テレ・水卜麻美アナが4連覇!殿堂入り大手!→「狩野アナは結婚したから落ちた」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    product_img_f_15819020


    1: 名無しさん 2016/12/01(木) 20:32:36.08 _USER9

    【簡単に説明すると】


    ・流行語大賞2016発表
    ・大賞は「神ってる」
    ・Twitterで批判殺到


    12月1日「2016ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)が発表された。

    緒方孝市さん(広島東洋カープ監督)鈴木誠也さん(広島東洋カープ外野手)に対して使われる「神ってる」が年間大賞となり、そのほかトップテンは次の通りになった。

    ・聖地巡礼
    ・トランプ現象
    ・ゲス不倫
    ・マイナス金利
    ・盛り土
    ・保育園落ちた日本死ね
    ・ポケモンGO
    ・(僕の)アモーレ
    ・PPAP

    などが選ばれた。これに対してネット上では「神ってるとか流行ってなくね?」「神ってるとか流行ったか?」「神ってるとか聞いたことねーよ」「神ってるとか流行してなかったが」「使った事ないよ( ・✧・)?」という意見が挙がっている。

    野球好きな人が審査員に居てこれを大賞に選んだのだろうか。野球好きな人でない人にとってはあまり馴染みのない言葉なのは確かである。
    RANKING


    dbz_kamisamaffdf
    http://gogotsu.com/archives/24183


    【話題】2016年「新語・流行語大賞」は大豊作!PPAP、文春砲、ポケモンGO!選考委員が鳥越俊太郎で「保育園落ちた、日本死ね!」が大本命!
    http://m9now.blog.jp/archives/51986793.html

    【ラジオ】野球好きの爆笑問題・田中裕二、流行語年間大賞「トリプルスリー」受賞に苦言!「野球を知らない人は、ほぼ知らない」
    http://m9now.blog.jp/archives/51965221.html

    【話題】新語・流行語大賞の年間大賞2語発表「ダメよ〜ダメダメ」「集団的自衛権」残りのトップテンは「妖怪ウォッチ」「レジェンド」など
    http://m9now.blog.jp/archives/51921312.html

    【話題】「新語・流行語大賞」年間大賞は史上最多!「今でしょ」「お・も・て・な・し」「じぇじぇじぇ」「倍返し」の4語に決定
    http://m9now.blog.jp/archives/51880123.html




    引用元: 【批判】「新語・流行語大賞」2016発表 大賞は「神ってる」 Twitterでは批判殺到★2

    【【批判】2016年「流行語大賞」、年間大賞「神ってる」にTwitterで批判殺到!「聞いたことない」審査員に野球好きな人がいて、これを選んだのか?】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    no title


    1: 名無しさん 2016/11/30(水) 19:55:55.00 _USER9

    ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ・Hey!Say!JUMPの伊野尾慧(26)に、2人の女子アナとの二股交際疑惑が浮上した。相手女性は「あさチャン!」担当TBSアナと、「めざましテレビ」担当フジテレビアナ。

    2人ともに朝の情報番組を担当し、伊野尾は「めざましテレビ」の木曜レギュラーでもある。「週刊文春」では2人の女子アナが伊野尾の自宅マンションを訪れる姿などを撮影した。

     当事者たちが所属する3社はこうコメントを寄せた。

    「共演者として伊野尾氏を含む複数で食事をしたことは事実です。ただ交際の事実はございません」(フジテレビ)

    「社員のプライベートについては、従来お答えしておりません」(TBS)

    「本人は、憶測を招くような軽率な行動により、関係各位に多大なご迷惑とご心配をお掛けしましたことを深くお詫びしておりました」(ジャニーズ事務所)

     詳細を記録したカラー写真は「週刊文春デジタル」で12月1日(木)朝5時に公開する。

    <週刊文春2016年12月8日号『スクープ速報』より>
    RANKING


    TBS「あさチャン」担当アナ、宇垣美里
    cap1414529743060
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161130-00006836-sbunshun-ent


    【芸能】「Hey!Say!JUMP」伊野尾慧、明日花キララと熱愛発覚!人気セクシー女優とシンガポールの高級ホテルで密会デート!
    http://m9now.blog.jp/archives/51984739.html

    【芸能】「Hey!Say!JUMP」伊野尾慧の熱愛報道!明日花キララを直撃!ジャニ「現地で偶然出会った」明日花側「そう言った事実はない」
    http://m9now.blog.jp/archives/51984740.html




    引用元: 【週刊文春】ジャニーズ伊野尾慧が「めざまし」「あさチャン」女子アナと“ザッピング二股愛” ★3

    【【週刊文春】「Hey!Say!JUMP」伊野尾慧にまた熱愛報道!女子アナとザッピング二股愛!お相手はTBS・宇垣美里、フジテレビ・三上真奈!】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    main_image


    1: 名無しさん 2016/12/01(木) 06:31:18.05 _USER9

    松重豊主演のドラマ「孤独のグルメ」が正月特番として'17年1月2日(月)(夜11:20-0:20、テレビ東京系)に放送されることが分かった。


    「孤独のグルメ」は、松重主演で同名コミックを映像化したグルメドキュメンタリードラマで、“夜食テロドラマ”のパイオニア的作品。

    これまでに連続ドラマでは「―Season5」('15年10月クール)までが放送され、右肩上がりに注目度が上昇。「Season5」はシリーズ最高視聴率を記録した。

    ことしの8月には、「孤独のグルメスペシャル!真夏の東北・宮城出張編」も放送され、向井理が出演するなど多くの話題を生み出している。

    一方、「孤独のグルメお正月スペシャル〜井之頭五郎の長い一日〜」と題した今回のスペシャルドラマは、テーマを、主人公・井之頭五郎(松重)の「都内近郊での一日」とシンプルな設定に。

    井之頭五郎が出合う料理を通して、寒い冬を乗り越える活力がわくような、魅力あふれる番組を正月に届ける。

    今回の決定を受けて、松重は「放送開始から丸5年、店も尽きました。前に行った店に行くかもしれません。だってそういうことってあるでしょ?」と主演自らロケをした店を来訪する“聖地巡礼”をにおわす意味深コメント。冗談なのか、何かたくらんでいるのか、放送を見るしかなさそうだ。

    川村庄子プロデューサーは、「『―Season5』が終わって、はや一年。スペシャル放送では九州、北海道、東北と地方出張が多かったのですが、今回は直球(勝負)、東京でのお仕事です!仕事中なかなか食べたい物にありつけず、やっとお店を見つけて食事し、自由気ままにグルメを堪能するという五郎さんの長い一日とグルメをしっかりほっこりお見せします」と見どころをアピール。

    また、「原作者・久住昌之が出演する『ふらっとQUSUMI』コーナーも、もちろん健在。五郎さんが訪れるお店は、相も変わらずスタッフたちが日々足と舌で探しまくっております。

    スタッフの遊び心と楽しさを今まで以上に詰め込みました。最高の『癒やし』の時間をこのお正月もお楽しみください」と久住の出演も明らかにしつつ、視聴者へメッセージを送った。

    ゲスト出演者は、近日中に発表予定。
    RANKING


    no title
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161201-00000012-the_tv-ent



    引用元: 【芸能】松重豊、「孤独のグルメ」新春特番で“聖地巡礼”!?

    【【芸能】松重豊主演、夜食テロドラマ「孤独のグルメ」新春特番が決定!正月SPは都内近郊の店を聖地巡礼?「庶民的な定食屋とか一番面白い」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    enn1605091530011-p3


    1: 名無しさん 2016/11/25(金) 09:35:03.81 _USER9

    元人気グラビアアイドルで、セクシー女優に転向した高橋しょう子(23歳)が、11月24日に放送されたバラエティ番組「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」(テレビ東京系)に出演。グラビアアイドル時代、そしてセクシー女優としての今の給料事情などを語った。


    登竜門「日テレジェニック2015」に選ばれるなど、一時はグラビアアイドルとして成功を収めつつあった高橋。しかし、「日テレジェニック」に選ばれた直後、あるスキャンダルが発覚し炎上、この先、グラビアアイドルとしての道は閉ざされた…と思い悩んでいたところにAVのオファーが舞い込み、セクシー女優への転向を決意したという。

    グラビアアイドルの頃は、2〜3年間にわたり恋愛禁止を守っていたが、もともと「エッチは好きだった」。また、グラビアとA◯の仕事にさほど大きな違いは感じず、転向も抵抗はなかったそうだ。

    そして2016年5月、芸能人専門メーカーのMUTEKIよりA◯デビュー。グラビアアイドル時代は「稼ぎがなくて困ってたんですよ。月収14万円で家賃も払って。光熱費も払っていろいろ生活費がかかって」と生活に困窮しており、グラビアアイドルの友人から生活費を援助してくれる“パパ”を紹介すると言われたこともあるそうだ。

    しかし、セクシー女優に転身して生活は一変。現在は単体女優としての契約のため、撮影は月に1回、1日のみ(=月にDVD1本)で、「ほかは雑誌の撮り下ろしだったり、インタビューは受ける」という程度の仕事量ながら、毎月“3ケタ(100万円単位)”の給料をもらうことができているという。

    高橋は「今までグラビアで頑張ってきた成果を出せたかなって思ってるんで、自分でも納得してます」と、給料の額には満足できているようだ。
    RANKING


    no title
    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20161125/Narinari_20161125_40977.html



    引用元: 【女優】人気グラドル→AVの高橋しょう子、給料事情語る 撮影月に1回 1日で「毎月“3ケタ”」

    【【芸能】人気グラドル→セクシー女優の高橋しょう子、給料事情語る!月収14万の生活から、撮影月に1回 1日で「毎月数百万」の給料へ!】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ