【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)























    Powered By 我RSS






























      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
     昨年11月に男児を出産した女優竹内結子(25)が仕事に復帰することが12日、分かった。3月から放送される資生堂の新製品のキャンペーンCMに出演する。ママになってからの初仕事として話題を集めそうだ。

     昨年6月に歌舞伎俳優の中村獅童(33)と電撃結婚。妊娠中ながら、ヒロインを務めた映画「春の雪」の撮影に予定通り取り組み、同月末に無事終えた。その後、女性ファッション誌などの取材をこなし、秋からは出産に備えて仕事を控えていた。

     結婚、出産を経ても女優を続ける気持ちが揺らぐことはなかった。出産直後には「元気な泣き声にめぐり会えたことの意味を実感しています。胸にこみ上げてくるものを、夢をかなえる力にかえて、これからも精進を続けてまいります」とのコメントを発表。母になった喜びとともに、女優として成長を目指す気持ちを強調していた。

     結婚前、出演ドラマは高視聴率を記録、映画も興行的成功を収めるなど、20代のトップ女優として活躍した。復帰後についても周囲の期待は大きく、順調な仕事ぶりが予想される。獅童も主演映画「男たちの大和」が大ヒット中。夫婦そろっての活躍が期待される。

     広告関係者によると、今回のキャンペーンCMは竹内をはじめ、20代の人気女優たちが勢ぞろいする内容という


    やはり竹内復帰はCMか…
    多分、「資生堂」だね
    連ドラ復帰は無いと思ってたし…
    早く''結子ママ''の姿を見たいですね。
    それにしても役で夫婦の延長ってあるんですね。
    本当に夫婦に成るなんて…

    エンタメ@BlogRanking

    ブログランキング ドット ネット
    この記事に手応えありならクリックぽん



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    コークスクリュー720
    女子モーグル・フリースタイル女子モーグルの2人のヒロインが、そろって悔し涙を流した。上村愛子(26=北野建設)は、決勝で3Dエアのコークスクリュー720(写真)を決めながら5位。02年ソルトレークシティー五輪の6位から順位アップも、メダルにあと1歩及ばなかった。3大会連続メダルを狙った里谷多英(29)は15位に沈んだ。ほか日本勢は、伊藤みき(18)が決勝最下位の20位、畑中みゆき(30)は予選落ち。ジェニファー・ハイル(カナダ)が26・50で金メダルを獲得した。

     上村の表情が、次第に硬くなっていった。「自分の得点を見てやっぱりメダルはないと思った。ほかの選手のミスも神様にお願いできないし」。滑り終えた時点で2位だったが、残り4人のうち3人に抜かれた。金メダルのハイルがゴールに飛び込んだ瞬間、予選と同じ5位が決まった。

     こらえようとしても、涙が止まらない。報道陣の前でも目を潤ませながら「コークの出来はむちゃくちゃ良かった。(ターンで)ちょっとしたミスがあるのかな」と振り返った。この日のために磨いてきた第2エアのコークスクリュー720(斜め2回転)は十分な高さで決まった。ただしミドルのターンのライン取りが微妙に違った。上から左側のこぶにそれて、高野ヘッドコーチも「あのラインでスピードは出ない」と説明。エア得点は5・75で3位も、ターンは12・5で8位に沈んだ。

     トリノで、過去2回の五輪で味わった悔しさを晴らすはずだった。ともに里谷のメダル獲得で陰に隠れた。「周囲に背を向けられた気がして、寂しさに押しつぶされてしまった」。

     悔しさを晴らし、メダルを勝ち取るために04年の夏から3Dエアを練習した。ウオータージャンプで数え切れないほど水に飛び込み、雪上では恐怖心と闘った。また所属のマネジメント会社を中心にチームアイコを結成。母圭子さんもチームに加わり、この日も母のおにぎりを食べて出陣した。「小学生の時、ナイターが終わるまで滑って、ペンションのテーブルで食事をしている最中に眠り込んでいた。いつも母が抱き上げてベッドに運んでくれた。いつまでもあの時の気持ちでいたい」。1月に左ひざを痛めて緊急帰国した時も、母の励ましに涙した。

     「3度目の正直」はなかった。「長いなー。そろそろ(メダルを)もらえると思ったんだけど」と笑顔に戻って本音も漏らした。今後について「前はすぐトリノへの気持ちを切り替えたが、今は下の子のレベルも上がっている。でも愛子が選ばれるのなら、まだまだ滑っていたい」と現役続行を示唆した。19日に帰国し、地元白馬の温泉で疲れを癒やして、4年後のバンクーバー五輪へスタートを切る
    母からの金メダル
     トリノの金メダルの代わりに母親と友人から、大きな手作り金メダルをプレゼントされると、我慢していた涙が一気に溢れる上村選手。
     試合後の番組でも、上村選手の顔はこわばっていた。やはりメダルに悔いが残ったのだろう。次は4年後のバンクーバー五輪ですか…
    コーク720と言う最強の武器を持ってきただけに、ミスが悔やまれますね。
    最初の上村選手のBlogにはどう書くのかな

    上村愛子 トリノ五輪決勝


    4年後のバンクーバー五輪にて、
    金メダルを下げている愛子ちゃんを夢見て…
    今はゆっくり休んで休養を…

    にほんブログ村 ニュースブログ 芸能ニュースへ

    人気ブログランキング【ブログの殿堂】


    banner_03

    人気ブログランキングです。1日1ポチよろしくお願いします!
    CoRichです。ブログの応援よろしくお願いします。



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ