【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ


















    Powered By 我RSS


























    カテゴリ: ドラマ@日テレ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    CW6WS9kUkAE3JQg


    1: 名無しさん 2017/04/14(金) 18:34:01.55 _USER9

    4月12日に放送された沢尻エリカ主演のテレビドラマ「母になる」(日本テレビ系)の視聴率が、10.6%だったことがわかった。同ドラマは水曜22時ドラマとして、久しぶりに低視聴率を記録してしまう可能性があるという。


    「日テレの水曜ドラマといえば、昨年4月期の嵐・大野智主演『世界一難しい恋』以降、すべての作品が全話平均視聴率で2ケタを記録し続けています。それほど好調な枠だったのですが、『母になる』は初回にもかかわらず10.6と2ケタギリギリでした。そのため、次回は早くも1ケタ転落の危機となっています」(テレビ誌記者)

     沢尻が女優として久々に主演を務めた「母になる」は、誘拐された当時3歳の息子が、9年ぶりに発見され、そこから母子関係を再構築していくという物語である。

     そして1話では、沢尻演じる母親と成長した息子による感動の再会シーンが描かれたのだが、息子を演じたあるジャニーズメンバーの演技に、視聴者からは厳しい声が飛び交っていたという。

    「同ドラマで息子役を演じたのは、関西ジャニーズJr.の道枝駿佑です。登場した瞬間は、まるで人形のような端正な顔立ちに『イケメンすぎる』と女性視聴者からは歓喜の声が殺到。しかしセリフを話し出したとたん、SNSやネット掲示板では『え、沢尻エリカのうまさに反比例するかのような衝撃的な演技』『演技派の子役が大勢いるのに、あえてジャニーズを使うからこうなる』『今世紀最大級の棒!』と、過去に類を見ないほど、子役の演技に言及する意見が殺到しました。しかし道枝は今回、連ドラ初出演ということですから、今後慣れていくことで、演技レベルが上昇する可能性も十分あるでしょう」(前出・テレビ誌記者)

     日テレ水曜ドラマといえば過去、「Mother」にて娘役を演じた芦田愛菜の演技が世間から絶賛された。それだけに今回も、一定の演技力を求めた視聴者が多かったのかもしれない。
    RANKING


    no title

    o0600045013896974152
    http://www.asagei.com/79263



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1492162441/

    【【ドラマ】沢尻エリカ主演「母になる」出演のジャニーズ、道枝駿佑の演技が「今世紀最大級の棒」と酷評!「マキダイより棒なのか」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    2075748_201607270353129001469578273c


    1: 名無しさん 2016/10/20(木) 18:44:30.12 _USER9

    10月スタートのドラマが出そろった中で、異例の大逆転を遂げたのが、新垣結衣主演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)だ。初回視聴率10.2%から12.1%と、約2ポイントも躍進した。


     しかし、“アラサー女優対決”として注目されていた石原さとみ主演ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(日本テレビ系)は、初回視聴率12.9%の好発進だったのにも関わらず、第2話は11.2%と後退してしまった。

     その原因を探るべく、視聴者たちの意見を見てみると、石原に対しては「ぶりっ子が鼻につく」「石原の演技って、なんかギャーギャーうるさい感じで苦手」など、アンチの意見が目立った。

     一方、新垣に対しては「ガッキーに癒される」「ガッキーかわいい」「ガッキーって天使だ」など、男女問わず好意的なコメントが多かった。

     芸能記者は「石原と新垣の人間性が、視聴率に反映されたかもしれない」と言ってこう続ける。

    「今回の役柄設定も影響していると思いますが、石原の可愛さにはなんとなく“媚びている感”があるんですよ。バラエティ番組での振る舞い方を見ていてもそうですが、そんなところを視聴者は敏感に見透かしているのではないでしょうか。それに比べ新垣は、自然体。その可愛さに惹かれるんだと思います。また、ドラマの設定として『地味に〜』は、“ありえない設定”と校閲に従事する人たちからブーイングが殺到している。一方、『逃げる〜』は、“こんな形の結婚があってもいいかな”と共感できることもポイントが伸びた理由だと思います」

    “アラサー女優対決”は、新垣圧勝となるか、今後さらに注目されそうだ。
    RANKING


    bandicam 2016-10-14 20-47-25-310

    no title
    http://dailynewsonline.jp/article/1214417/


    【芸能】水野美紀が力説!女優はモテない!新垣結衣の名前を出し「超かわいい。でもガッキーよ?付き合ってって言う?」
    http://m9now.blog.jp/archives/51986201.html

    【ドラマ】石原さとみ主演『校閲ガール』初回視聴率12.9%も、あまりの現実離れに批判殺到!現役校閲者「放送事故レベル」
    http://m9now.blog.jp/archives/51985443.html

    【ドラマ視聴率】新垣結衣主演「逃げるは恥だが役に立つ」2話12.1%!TBS火ドラ歴代最高記録!「入浴シーンまだか」「ガッキー可愛すぎる」
    http://m9now.blog.jp/archives/51986097.html

    【芸能】新垣結衣、身長180cm説払拭!星野源と「ほぼ1日2人」な濃い関係に嫉妬の嵐!「ギャラ貰うなよ」「星野と代わりたい」
    http://m9now.blog.jp/archives/51985747.html

    【芸能】剛力彩芽のパクリ?新垣結衣主演ドラマ「逃げ恥」ダンスに視聴者が疑惑の眼差し!「ランチパックダンスはやめて」
    http://m9now.blog.jp/archives/51985744.html

    【ドラマ視聴率】新垣結衣主演「逃げるは恥だが役に立つ」初回視聴率は2桁発進10.2%!「ただただガッキーが可愛い」「親戚になりたい」
    http://m9now.blog.jp/archives/51985622.html




    引用元: 【芸能】新垣結衣が「自然体の可愛さ」で石原さとみの「媚びた可愛さ」を逆転撃破!

    【【芸能】新垣結衣が「自然体の可愛さ」で石原さとみの「媚びた可愛さ」を逆転撃破!→「ガッキーに癒やされる」「まあどっちも可愛い」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    bLoZbxo8xxO6LCh_17004


    1: 名無しさん 2016/10/08(土) 15:43:04.51 _USER9

    今クール(10〜12月期)の石原さとみ主演の連続テレビドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)第1話が10月5日に放送され、平均視聴率12.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好スタートを切った。


     原作は『校閲ガール』シリーズ(宮木あや子著/KADOKAWA)で、女性ファッション誌編集者を目指す河野悦子(石原)がついに長年憧れていた大手出版社・景凡社に入社するも、期待に反して、原稿内容の誤りや疑問点を指摘するという“地味な仕事”を行う校閲部に配属されるところから物語は始まる。河野は希望する人気ファッション誌編集部への異動という目標を叶えるため、校閲部で奮闘するというストーリーだ。

     世間的にはあまり馴染みのない校閲という仕事を扱っている点が放送前から注目を集めていたが、同ドラマが描くその内容に、早くも現実の校閲者から疑問の声が上がっている。

     40代校閲者は語る。

    「大手出版社でも経営が厳しい出版不況のなか、どこの出版社でもコスト削減のために真っ先にリストラの対象となっているのが校閲部です。出版社の新入社員は通常、雑誌や書籍の編集部、最近ではデジタルメディア関連の部署に配属されるのが通常で、いきなり未経験の若手が校閲部に配属されるなど、あり得ません。専門職採用のようなかたちで校閲経験者を採用することはあるかもしれませんが、校閲者として採用された人がのちにファッション誌の編集部に異動するという話は、聞いたことがありません」

     また、別の40代校閲者もこう違和感を示す。

    「同ドラマでは、まったく未経験で漢字すらろくに読めない河野が、入社早々にいきなりバリバリと仕事をこなすばかりか、大御所作家の原稿まで担当していますが、校閲という仕事をナメているとしか思えません。この仕事は、一般の人では気が付かないような日本語の使い方の間違いや表現の不自然さ、差別表現の有無、さらには細かいファクトチェック(事実確認)までを行うスキルが求められ、とにかく経験がものをいいます。

    そんな極めて専門性の高い仕事において、編集経験すらない若手がいきなり活躍するなど、無理があります」

    ●事実確認のため現場を訪れるなど、あり得ない?

     さらに別の50代校閲者も、次のように厳しい感想を漏らす。

    「同ドラマでは、河野が事実確認のために原稿内に出てくる場所を実際に訪れて聞き取り調査するシーンがありますが、あり得ません。校閲はとにかく毎日大量の原稿をこなさなければならず、いちいち事実確認のために外出していたら仕事が進みません。もし原稿内容に疑問点があれば、校閲としてはその旨の指摘を書き込んで終わり。修正するかしないかは編集者や作家の判断です。また、編集者が校閲部に怒鳴り込んできて悪態をつくなど“編集者vs.校閲者”という対立構造が強調されていたり、河野が超有名作家と食事に行くシーンなども出てきますが、あまりに現実離れしすぎていて、放送事故レベルにも思えます。そもそも校閲という仕事の本分は原稿の誤りを指摘するというもので、それ以上でも以下でもない、つまり活躍する余地などない裏方仕事です。このドラマのせいで校閲に対する間違ったイメージが広まってしまわないかが気になります」

     そんな校閲という仕事だが、近年ではある問題が進行しつつあるという。60代出版業界関係者は語る。

    「ベテランと経験の浅い校閲者の仕事を比較すれば、その指摘の鋭さや“奥深さ”は一目瞭然なほど経験がものをいう仕事であり、出版物のクオリティ向上やトラブル回避の観点から、校閲という仕事は極めて重要な役割を担っています。しかし、出版不況を受け、どこの大手出版社でもリストラの煽りをうけて校閲部の人数は削減傾向にあり、最近では一般雑誌やファッション誌、さらには全国紙の地方面など一部紙面でも、専門の校閲者による校閲を入れないケースが増えています。こうした流れが、出版業界全体における校閲者の減少や若手育成の機会喪失を引き起こし、結果として出版物全体の質の低下を招くことが懸念されています」

     以上紹介した現場の校閲者たちの声を頭に置いて同ドラマを観ていけば、ひと味違った面白さを発見できるかもしれない。
    RANKING


    no title

    no title
    http://dailynewsonline.jp/article/1208125/



    引用元: 【芸能】石原さとみ『校閲ガール』、放送事故レベルの現実乖離に批判殺到「校閲をナメるな

    【【ドラマ】石原さとみ主演『校閲ガール』初回視聴率12.9%も、あまりの現実離れに批判殺到!現役校閲者「放送事故レベル」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    160513_01


    1: 名無しさん 2016/09/15(木) 09:34:26.88 _USER9

    女優の北川景子(30)が主演を務める日本テレビ「家売るオンナ」(水曜後10・00)の最終回(第10話)が14日に放送され、平均視聴率は13・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが15日、分かった。


     第3話(7月27日)で記録した12・8%を上回り、自己最高記録を更新。有終の美を飾った。

     初回12・4%と今期ドラマでトップ発進を切り、第2話は10・1%、第3話で12・8%、第4話は12・4%。今夏の民放ドラマで初回から4話連続2桁キープした唯一の作品だったが、第5話は、同時間帯に放送されたリオデジャネイロ五輪・卓球女子シングルス準決勝「福原愛―李暁霞(中国)戦」が放送されたことも影響した形で、9・5%と初の1桁。それでも第6話で11・6%と盛り返すと、以降も2桁で推移していた。

     全10話の平均視聴率は11・6%で2桁をマーク。在宅率が下がり、一般的に数字が取りにくいとされる夏ドラマ。今夏はリオデジャネイロ五輪も重なったが、全話平均で2桁超えと健闘した。

     北川演じる不動産会社のスーパー営業ウーマン・三軒家万智(さんげんや・まち)が「私に売れない家はない」と豪語し、どんな客とも売買契約を成功させるお仕事ドラマ。北川にとっては、今年1月にタレントで歌手のDAIGO(38)と結婚してから、初の連続ドラマ主演。脚本は大石静氏、演出は猪股隆一氏、佐久間紀佳氏、山田信義氏。

     第10話は、営業所の課長・屋代(仲村トオル)の元に、バーのママ・こころ(臼田あさ美)が泣き付いてくる。店が入っているビルの取り壊しが決まり、立ち退きを迫られたというのだ。屋代は、ビルの空きテナントを埋め、ビルの価値を高めた上で一棟売却をしようとオーナーに提案し、営業課は一丸となってビルのテナント探しに奔走する。そんな中、庭野(工藤阿須加)は足立(千葉雄大)から、万智(北川)の異動の噂を聞き、心を乱す。

    一方、万智は、かつて有名なバレリーナだった葵(凰稀かなめ)と、彼女の娘カンナ(堀田真由)の家探しを担当する…という展開だった。

    RANKING


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160915-00000086-spnannex-ent



    引用元: 【視聴率】北川景子「家売るオンナ」最終回 番組最高13・0%で有終の美!夏枯れ、五輪に負けず健闘

    【【ドラマ視聴率】北川景子「家売るオンナ」最終回!番組最高13.0%で有終の美!夏枯れ、五輪に負けず健闘!→「続編ありそう」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    CQ7LAo4UYAA9uDk


    1: casillas ★@\(^o^)/ 2015/11/25(水) 20:41:04.17 ID:CAP_USER*.net

    新垣結衣が銀髪でメガネっ子の探偵に扮するドラマ「掟上今日子の備忘録」(日本テレビ系)。第4話までは視聴率10%台を維持してきたが、第5話では8.8%、第6話では7.6%と数字を下げている。そんな危機感のなか11月21日に放送された第7話で、新垣のシャワーシーンが映し出されたことが話題になっているのだ。


    「バスルームで倒れている今日子のシーンでは、新垣の生足、そして肩から胸元までが顕わになっていました。

    実際にはすべて脱いでいるわけではないとわかっていても、見た目は明らかに生まれたままの姿。これまでセクシーなシーンをほとんど封印してきた新垣にとって、女優人生で最大級のサービスカットだったんじゃないでしょうか」(テレビ誌ライター)
     

     そんな努力が功を奏して、ネットはもちろん各メディアでも、このシーンは話題になっているようだ。一方で前出のテレビ誌ライターは、今回の見どころはシャワーシーンに留まらず、仮想の同棲シーンを描きだしたことに意味があると指摘する。


    掟上今日子の備忘録



    「この第7話では、小説家の死因を探るために99冊の著書を読破するという理由で、今日子と厄介(岡田将生)がつかの間の同棲状態に。

    厄介に気を許している今日子は、いつも以上にいろんな表情を見せてくれています。しかも疲労がピークに達してくると、今日子の口調が荒っぽくなり、舌打ちまでしてみせるツンデレ要素まで追加。

    そんな山あり谷ありの展開はまさに、同棲生活そのものですね」
     

     たしかにこの日の放送は、観ているほうが思わず「可愛いなあ〜」と思わず口に出してしまうほど、新垣の魅力が発揮されていた。そんな構成はドラマというより、アイドルのイメージビデオだと指摘するのは、アイドル誌の編集者だ。


    「怒っている表情も盛り込むのは、イメージビデオでは定番の手法ですね。眠気覚ましの軽い運動や、食事の場面もイメージビデオではお決まりの要素。

    極めつけはメガネを掛けたままでのシャワーでしょう。

    メガネ姿を貫き通すことにより、服を脱ぐことよりメガネを外すことのほうに価値があると思わせる手法です。今後、重要な局面でメガネを外すシーンに期待が高まります」
     

     ちなみに第7話の謎解きは警察による検証もなく、単なる推理で終わるというミステリーとしては尻切れトンボの展開だった。だが視聴者にとっては今回、推理の内容はどうでもよかったはず。

    可愛い新垣をひたすら楽しめたということで、このエピソードを“神回”と評価する男子は少なくなさそうだ。そしてそれこそが、制作側の狙いだったのかもしれない。

    RANKING

    http://www.asagei.com/47809


    引用元: 【ドラマ】「掟上今日子の備忘録」はもはや新垣結衣の“イメージビデオ”に路線転換か?

    63: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/11/25(水) 21:11:44.90 ID:K95BmeUV0.net
    >>1
    >ちなみに第7話の謎解きは警察による検証もなく、単なる推理で終わるというミステリーとしては尻切れトンボの展開だった

    これ書いた奴すげー頭が悪いんだろうな
    あれが尻切れトンボって・・・

    2: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/11/25(水) 20:41:59.02 ID:s6HwwMPZ0.net
    2ちゃん見て書いたの丸出しだな恥ずかしくねーのかね

    3: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/11/25(水) 20:42:33.65 ID:bn9snkdK0.net
    ガッキーのエロシーン見たい

    4: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/11/25(水) 20:43:09.80 ID:F7BSvCaAO.net
    ガッキー見たくて見てるんだよ
    RANKING
    【【ドラマ】原作・西尾維新「掟上今日子の備忘録」は、もはや新垣結衣のイメージビデオに路線転換か?「ガッキーが可愛けりゃそれでいい」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ