【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ


















    Powered By 我RSS


























    カテゴリ: ドラマ@月9

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    wrhwrh


    1: 名無しさん 2017/04/02(日) 09:02:19.10 _USER9

    各局とも春ドラマの番組宣伝に必死だが、“異様”な陣容なのがフジテレビの看板枠“月9”だろう。1月クールは西内まりや、山村隆太の「突然ですが、明日結婚します」が月9史上最低の視聴率5%(第6回)を記録する大コケになり、4月クールで捲土重来を期す。その作品が「嵐」の相葉雅紀(34)主演の「貴族探偵」で、共演が実に豪華なのだ。


     相葉が従える共演者は女優は武井咲(23)、中山美穂(47)、仲間由紀恵(37)、井川遥(40)、男優は生瀬勝久(56)、滝藤賢一(40)、松重豊(54)らである。とくに女優はいずれも主役を張れる存在。俳優としては実績が乏しい相葉にとってはちょっとビビってしまうほどの陣容だ。

     そこで気になるのはギャラ。推定だが、主演の相葉は300万円〜、女優では武井が100万円〜、格上の中山が200万円〜、仲間が180万円〜、井川が110万円〜、男優は生瀬と松重は110万円〜、滝藤は90万円〜。なんと1回の主要どころの総額だけで1000万円を超える。これはギャラが500万円〜の木村拓哉のドラマ以外ではあまり考えられず、視聴率低迷でピンチに陥っているフジにとっては、まさに大盤振る舞いといっていいものだ。

    「全体の出演者のギャラは2000万円超、制作費1億円といわれ相葉がジャニーズの中でトップグループの嵐のメンバーだからの待遇です。フジの亀山千広社長が6月退任を否定しましたが、もしコケたらさらに批判の矛先が向かうのではないか」(テレビ関係者)

     春の一番の話題作であることは間違いない。
    RANKING


    no title
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/202716



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491091339/

    【【月9ドラマ】相葉雅紀主演「貴族探偵」のギャラ総額は?武井咲、仲間由紀恵、中山美穂ら主役級女優がズラリ出演!→「学習能力皆無」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    3e50638ab91c9f23246bcacf1bd008a2


    1: 名無しさん 2017/03/21(火) 09:48:32.72 _USER9

    フジテレビの連続ドラマ「突然ですが、明日結婚します」(月曜後9・00)の最終回(第9話)が20日に放送され、平均視聴率は6・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが21日、分かった。

     全9話の期間平均視聴率は6・7%。「月9」全話平均の従来の最低は「カインとアベル」(昨年10月クール、全9話)の8・2%。これを下回り、月9ワースト記録を塗り替えた。

     第4話=6・6%、第5話=6・2%と、昨年4月クール「ラヴソング」の6・8%(第6話=5月16日、第7話=5月23日)を下回り、月9史上最低を更新。第6話=5・0%と、月9史上初の5%台に落ち込み、3週連続して月9ワースト記録を塗り替えた。

     テレビ視聴のスタイルの変化もあり、人口の少ない若年層を狙った作品はリアルタイムの世帯視聴率に反映されにくく、数々の名作・ヒット作を生み出した看板枠ながら昨年から苦戦。一方、それを裏付けるかのように、FOD(フジテレビオンデマンド、動画配信)は若年層に圧倒的に支持された。

     原作は月刊コミック誌「プチコミック」(小学館)で連載中の宮園いづみ氏の同名漫画。専業主婦になりたい女=OLの高梨あすか(西内まりや)と、絶対に結婚したくない男=イケメン人気アナウンサーの名波竜(flumpool山村隆太)が繰り広げるラブストーリー。脚本は山室有紀子氏、倉光泰子氏。演出は並木道子氏、石井祐介氏。プロデュースは後藤博幸氏、大木綾子氏。

     最終回は、あすか(西内)はプロジェクトの報告会を成功させ、神谷(山崎育三郎)と一緒に会食。役員たちは米ニューヨーク支店とのテレビ会議に参加するよう、あすかたちに指示する。一方、名波(山村)は、訪ねて来た小野(森田甘路)にロシア・モスクワ支局への転勤を打ち明ける。三上(沢村一樹)と会った夕子(高岡早紀)も、名波があすかと別れたことを知る。あすかは夕子に誘われて一緒に食事。その席で夕子は、名波から頼まれて付き合っているかのような芝居をしたこと、彼がモスクワへ行ってしまうことを告げる…という展開だった。
    RANKING


    no title
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00000086-spnannex-ent


    【ドラマ】月9史上初の視聴率5%台!西内まりや主演 「突然ですが、明日結婚します」3週連続でワーストを更新!→「来週には4%台だなw」
    http://m9now.blog.jp/archives/51992487.html

    【テレビ】新月9ドラマは相葉雅紀主演「貴族探偵」!豪華キャスト起用で人気復活?「久々のミステリー系だし楽しみだわ」
    http://m9now.blog.jp/archives/51992058.html

    【ドラマ】フジテレビ関係者が嘆く!「このままでは『月9』に出演したいという俳優がいなくなってしまう」→「もういないんだよ」
    http://m9now.blog.jp/archives/51992851.html




    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490057312/

    【【ドラマ/視聴率】西内まりや主演「突然ですが、明日結婚します」最終回は6.0%!期間平均は月9史上最低を更新!→「歴史に名を刻んだな」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    3e50638ab91c9f23246bcacf1bd008a2


    1: 名無しさん 2017/03/07(火) 09:01:39.96 _USER9

    80年代、「楽しくなければテレビじゃない」をスローガンに掲げ、ドラマやバラエティでヒットを連発したフジテレビ。それが今では「嫌いな局」の代表格となり、看板「月9ドラマ」は最低視聴率を更新と、負の連鎖が止まらない。放送されない「地割れ」寸前のお台場危機と、「涙の内幕」をレポート!


    「このままでは『月9』に出演したいという俳優がいなくなってしまう‥‥」

     寂しそうにこう嘆くのは、フジテレビ関係者だ。「月9」といえば、80年代後半には20%超えが当たり前のフジの看板枠。ところが、現在放送中の「突然ですが、明日結婚します」は瀕死の状態に追い込まれている。初回視聴率が8.5%でつまずくと、立て直せないまま2月20日放送の第5話では6.2%と、月9史上最低視聴率を更新したのだ。前出・フジ関係者が、企画段階からのバタバタ模様を明かす。

    「本当は竹野内豊(46)を主演に迎える予定でしたが、企画がつまらなくて最終段階で断られてしまった。急遽、別企画を立て、スケジュールのあいていた西内まりや(23)に主演の白羽の矢が立ったんです。共演者も慌ててキャスティングしたのですが、これほど知名度の低い役者が集まった月9は初めてでしょう」

     華やかな時代は遠ざかったが、ドラマ内容は「あの頃のまま」というのが惨敗の原因のようである。美男美女2人のリアルな「結婚観」をテーマしたという今作は、キャリアウーマンの西内が結婚して専業主婦になることに憧れる中、生涯独身を貫くイケメンアナと恋に落ち、しだいに引かれ合うラブストーリー。

    元テレビプロデューサーで上智大学教授(メディア論)の碓井広義氏はこう指摘する。

    「ストーリーを聞いただけで、情けないほど薄っぺらなバブル感が漂います。月9枠は昨年もひどくて、福山雅治さん主演の『ラブソング』はヒロインとの年齢差が離れすぎて恋愛ドラマとしてリアリティがなかった。視聴者の目も肥えていますから、まず大事なのはどれだけ練られた脚本なのかということです。今回のように陳腐な話とチープな役者では‥‥。西内さんも、月9のヒロインとしては弱い。出演者ありきで物語を乱造するフジと、視聴者の感覚は大きくかけ離れている。若い世代には、『いまだに月9“なんか”見てるの?』と嘲笑される“看板”になってしまった」

     視聴率回復の兆しは見えず、危険水域に突入したが、今のところ月9からの「撤退」は聞かれない。元日本テレビプロデューサーの村上和彦氏は語る。「恋愛モノの作品が多いので、F1層(20歳から34歳の女性)に人気があります。F1層は流行に敏感で購買につながるので、月9の放送時間枠はスポンサーが集まりやすいんです」

     日テレの「笑点」は高視聴率だが、視聴者のシニア層の購買行動が弱いため、放送時間枠のCMは高く売れないという。

    「フジは視聴率がよかった時の単価でCMを売ろうとしているので、言い値での販売に苦戦している話も聞きます。それでも他の番組より高く売れる月9を簡単に終わらせることはないでしょう」(前出・村上氏)

     “腐っても月9”にまだ価値はあるということか。
    RANKING


    no title
    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170307/Asagei_76448.html


    【ドラマ】月9史上初の視聴率5%台!西内まりや主演 「突然ですが、明日結婚します」3週連続でワーストを更新!→「来週には4%台だなw」
    http://m9now.blog.jp/archives/51992487.html




    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488844899/

    【【ドラマ】フジテレビ関係者が嘆く!「このままでは『月9』に出演したいという俳優がいなくなってしまう」→「もういないんだよ」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    3e50638ab91c9f23246bcacf1bd008a2


    1: 名無しさん 2017/02/28(火) 09:50:46.32 _USER9

    フジテレビ「突然ですが、明日結婚します」(月曜後9・00)の第6話が27日に放送され、平均視聴率は5・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが28日、分かった。3週連続で月9ワースト記録を塗り替えた。


     第4話(13日)=6・6%、第5話(20日)=6・2%と、昨年4月クール「ラヴソング」の6・8%(第6話=5月16日、第7話=5月23日)を下回り、2週連続で月9史上最低を更新していたが、今回も、さらに1・2ポイント下落。初の5%台となる月9ワースト記録となった。

     初回=8・5%から第2話=6・9%と急落。第3話=7・6%と持ち直したが、以降は下降線。テレビ視聴のスタイルの変化から、若年層を狙った作品はリアルタイムの世帯視聴率に反映されにくくなっていることもあり、数々の名作・ヒット作を生み出した看板枠ながら昨年から苦戦を続けている。

     亀山千広社長(60)が今月24日の定例会見で「FOD(フジテレビオンデマンド、動画配信)では圧倒的に、ある層には支持を得ている」と一定の成果が出ているとした。

     原作は月刊コミック誌「プチコミック」(小学館)で連載中の宮園いづみ氏の同名漫画。専業主婦になりたい女=OLの高梨あすか(西内まりや)と、絶対に結婚したくない男=イケメン人気アナウンサーの名波竜(flumpool山村隆太)が繰り広げるラブストーリー。脚本は山室有紀子氏、倉光泰子氏。演出は並木道子氏、石井祐介氏。プロデュースは後藤博幸氏、大木綾子氏。
    RANKING


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-00000094-spnannex-ent



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488243046/

    【【ドラマ】月9史上初の視聴率5%台!西内まりや主演 「突然ですが、明日結婚します」3週連続でワーストを更新!→「来週には4%台だなw」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    wrhwrh


    1: 名無しさん 2017/02/19(日) 20:46:39.95 _USER9

    次の月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)で、嵐の相葉雅紀(34)が主演を務めることが明らかになった。相葉の他にも豪華キャストが顔をそろえており、低迷を続ける月9ドラマが4月からは話題を独占するかもしれない。


     フジテレビの月9ドラマ枠は1987年4月にスタートし、今回の『貴族探偵』で30周年を迎える。『貴族探偵』は、累計部数13万3000部の麻耶雄嵩氏による本格ミステリー小説シリーズが原作。相葉が演じるのは自身を「貴族」と名乗る、“一切推理せずに事件の謎を解き明かす”青年の役だ。そんな「貴族」から推理を命じられる使用人役を、中山美穂(46)や遠藤賢一(40)、松重豊(54)らが担当。さらに、新米探偵の愛香役に武井咲(23)、愛香の師匠の切子役に井川遥(40)、刑事役に生瀬勝久(56)、そして“謎の役”として仲間由紀恵(37)がキャスティングされるという豪華さだ。

     現在放送中の月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』は初回8.5%という低視聴率でスタートし、今も低迷状態が続いている。さらに、昨年の月9枠で放送された『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『ラヴソング』、『好きな人がいること』、『カインとアベル』は、いずれも平均視聴率一桁台と、視聴者の“月9離れ”は歴然だ。

    「月9が苦戦する中で、今回の相葉の起用は、フジテレビの名誉挽回への意気込みの表われでしょう。このドラマには、2015年に相葉が主演を務めた月9ドラマ『ようこそ、わが家へ』のスタッフが再集結するんです。脚本は『僕のヤバイ妻』など、サスペンスものに定評のある黒岩勉氏が担当しますし、見ごたえのあるドラマに仕上がるんじゃないかと期待されています」(芸能ライター)

     最近ヒットした月9ドラマの傾向として、恋愛ものより『ガリレオ』や『鍵のかかった部屋』といったミステリーものが目立つ。人気ミステリーを原作に選んだあたりにも、フジテレビが今回の作品に力を入れていることが分かる。

     今回の発表はさまざまなメディアで伝えられており、ネットニュースのコメント欄などには、「最近の月9は全然興味なかったけど、これは見るしかないな!」「キャスト豪華すぎ! 久々のミステリー系だし楽しみだわ〜」「こういうのが見たかったんだよ〜!」といったコメントが上がっている。30周年という記念すべき年に、フジテレビの看板“月9ドラマ”がかつての栄光を取り戻すことはできるのだろうか。
    RANKING


    no title
    http://taishu.jp/detail/26667/



    引用元: 【テレビ】相葉雅紀&豪華キャスト起用『貴族探偵』で、「月9ドラマ」人気復活

    【【テレビ】新月9ドラマは相葉雅紀主演「貴族探偵」!豪華キャスト起用で人気復活?「久々のミステリー系だし楽しみだわ」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ