【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ


















    Powered By 我RSS


























    カテゴリ: 海外

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    singozilla_sashikae2


    1: 名無しさん 2017/03/13(月) 16:29:21.70 _USER9

    「ガッズィーラ!」


    石原さとみのエキセントリックな英語も話題となるなど、昨年大ヒットした映画「シン・ゴジラ」。国内では興収82億円を売り上げ、日本が誇る“世界的モンスター”に新たな生命を吹き込んだことも評価されたのか、5日に発表された日本アカデミー賞では本命といわれた「怒り」を抑え、作品賞や監督賞など主要部門を独占。合計で7部門を獲得するに至った。

    配給会社も出演者もホクホクといったところだが、実は日本での大ヒットに隠れる形でかなり残念な話もあるという。世界的に名の通っているこの“シン・ゴジラ”が、海外で予想以上の大爆死を繰り返しているというのだ。

    「今作は、日本の国防をテーマにしたとてもドメスティックな作品でした。会話も多く翻訳もしづらかったでしょうし、それだけに海外でウケるかどうか半信半疑だった人も多かった。それでもゴジラの知名度と海外でも人気の『エヴァンゲリオン』の庵野秀明監督ということもあり、海外配給も順調にいったと聞いていたのですが‥‥」(映画専門誌ライター)

    しかし、フタを開ければ台湾、香港といったアジアで不発、北米では大規模ではない都市型興行だったが、ランキングで初登場19位も翌週から36位⇒59位と急降下。最終的に興収も約2億1000万円程度と、話題にすら上らなかった。さらにゴジラになじみの薄いヨーロッパではスペインで何とか公開にこぎつけたが、なんと約91万円という残念すぎる売り上げ。つまり、ほとんど話題になっていない。だからといって国内での評価が下がるわけではないが、「国防を怪獣を使ってでしか説明できないのは幼稚」など、欧米では辛らつな意見も少なくなかっただけに、やはりテーマがウケなかったことは間違いない。

    「ハリウッド大作も同じくですが、ここ最近の大作映画は中国を筆頭にアジアでヒットさせなければ儲けが出ないとさえ言われています。ところが、『シン・ゴジラ』の惨敗は実写邦画の未来を暗くするのではと関係者が顔をしかめていますね。欧州でこそコケましたが、『君の名は。』が中国で約95億円を売り上げアニメの強さを見せつけただけによけいです。国内だけでしか稼げないなら、実写邦画で予算をかけていいものを作ろうという空気にはならないというわけです」(前出・映画専門誌ライター)

    国内で低予算のスイーツ映画ばかりが量産される理由でもあるが、こん身の巻き舌を駆使した石原さとみの“ゴジライングリッシュ”を持ってしても、実写邦画の海外進出は今後も困難を極めそうだ‥‥。
    RANKING


    shin_eva_150_e5z_016
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0312/asg_170312_0243856061.html


    【映画】日本アカデミー賞、最優秀作品賞は庵野秀明の「シン・ゴジラ」最多7冠達成!樋口真嗣監督「みんな怒ってませんか?」
    http://m9now.blog.jp/archives/51992685.html

    【映画】庵野秀明監督「シン・ゴジラ」が最高すぎて泣く人が続出!観客「鳥肌が立った」「日本映画離れしてた」「今日まで生きていて良かった」
    http://m9now.blog.jp/archives/51981449.html




    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489390161/

    【【映画】「シン・ゴジラ」欧州で大コケ!売上91万円の大爆死!「国防を怪獣を使ってでしか説明できないのは幼稚」→「公務員のボーナスかと」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    C2AU3TNWgAEsOps


    1: 名無しさん 2017/02/27(月) 14:15:31.99 _USER9

    第89回アカデミー賞授賞式が2月27日(日本時間)、米ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催。ステージ上では、一度プレゼンターが『ラ・ラ・ランド』の名前を呼び上げるも、実はバックステージで封筒手渡しのミスが発生。正しくは、黒人少年の成長と葛藤を描いた『ムーンライト』が「作品賞」を受賞! 大本命と目されたミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』が同賞を逃す大波乱が巻き起こった。

    本年度のアカデミー賞で作品賞をはじめ、監督賞(バリー・ジェンキンス)、脚色賞、助演男優賞(マハーシャラ・アリ)、助演女優賞(ナオミ・ハリス)、撮影賞、編集賞、作曲賞の8部門にノミネートされ、合計3部門を受賞。もともと、全米の主要メディアが「本年度のベスト級」と評し、オスカー前哨戦でも『ラ・ラ・ランド』と肩を並べる高い評価を受けていた本作がそのポテンシャルを発揮し、近年まれに見る“大逆転”を披露した。

    麻薬中毒の母親をもつ黒人少年のシャロンが、いじめや貧困といった過酷な環境を生き抜くなかで、自らのアイデンティティに葛藤しながら、成長を遂げる姿を描いた本作。淡くピュアな初恋や、大人になっても心に残る後悔の念、思わぬ再会がもたらす“光”といった普遍的なテーマが色彩豊かな映像美でつづられる。

    『ラ・ラ・ランド』プロデューサーが受賞のコメントをし、役者やスタッフが喜びの涙を浮かべる中、今回の封筒手渡しのミスが発覚。プロデューサーは既に手渡されたオスカー像を「僕たちから『ムーンライト』のみなさんに渡したい」と話し、両作品が互いを称え合った。

    ジェンキンス監督はパプニングを受けて「これが現実だ、なんてことでしょう」と語り、「本当に長年一緒にやってきたみなさんに感謝です」「この映画は不可能だと思っていました。でもここにいる人たちが『大丈夫』だといってくれた」と話した。

    『ムーンライト』は4月、TOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。
    RANKING


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000017-cine-movi



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488172531/

    【【映画】第89回アカデミー賞作品賞は「ラ・ラ・ランド」ではなく「ムーンライト」に!前代未聞のパプニングで大逆転!【放送事故】】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    ayabeyuji


    1: 名無しさん 2017/02/18(土) 17:06:41.77 _USER9

    昨年、ピースの綾部祐二(39)が緊急会見で、今年4月から米国ニューヨークを拠点に活動することを発表した。

     かねて夢に掲げていた「ハリウッド進出」への第一歩で、綾部と仲の良い平成ノブシコブシの徳井健太(36)によれば「最高形を目指してみたい。モテたい。有名になりたい」というのが綾部の目的らしい。そんな綾部に暗雲が垂れ込めている。トランプ大統領(70)の誕生で、ビザ取得が難しくなっているというのだ。

     土田晃之(44)は「綾部とレギュラーをやらせてもらっている番組で、今度その収録後に、綾部が出演できなくなるからって、食事会がある。『頑張れ会』みたいな。アイツがもしトランプさんの発言によって、米国に行けないならば、ひょっとしたら『秋までいるかも』なんですもんね。いや、どっちでもいいけどさ。お前が米国に行こうが、いようがさ」と、すっかり白けた雰囲気を漂わせている。

     ナインティナインの岡村隆史(46)も「(綾部は)本来ならね、もうそろそろ行かなアカンのですけど、この間『まだおるやん』って話したら『いや、岡村さん、ちょっとヤバいです。ビザが下りません。予定してたよりも随分、遅れるかもしれません』と。だから『逃げろ、一回。フィリピンかどっかに潜伏しろ』って言った」と、米国に行ったふりをするようアドバイスした。

     だが、綾部本人は意外にのんきだ。南海キャンディーズの山里亮太(39)が本人に渡米の準備を聞いたところ、あまり進んでいないようで、英語もしゃべれず、スタンダップコメディーの勉強もしていないとか。

     本音を聞くと綾部は「俺さぁ、実は一番の目的ってのがあんのよ。俺、2年ぐらいね、オシャレなカフェで働きたいの。ほらニューヨークってさ、夢が転がってる街なんだよね。カフェで働いてた人が、プロデューサーとかの目に留まって、スターダムを駆け上がるみたいなのも聞くし…」と、恐ろしく“細い線”を狙っているようだ。

     働きたいカフェだけはすでに見つけており「自転車を自分でカスタムできる店を見つけたし、それ乗る時に背負うカバンもいい店も見つけたし、ジョギングコースとかも把握してる」と、仕事よりも憧れのライフスタイルから入っているようだ。そんなことで本当に米国でやっていけるのか。人ごとながら心配になってくる。
    RANKING


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170218-00000036-tospoweb-ent



    引用元: 【芸能】米国行き進まぬピース綾部の呆れた現状

    【【芸能】米国行き進まぬ、ピース・綾部祐二の呆れた現状!「オシャレなカフェで働きたい。モテたい。有名になりたい」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    int_main1


    1: 名無しさん 2016/12/28(水) 09:07:38.36 _USER9

    米映画サイト・TC Candler が日本時間28日、毎年恒例の「世界で最も美しい顔100人」2016年版を発表し、女優の石原さとみが日本人トップとなる6位に選出された。

     今年で27回目を迎えた同リスト。石原が選ばれるのはこれで4度目で、昨年も日本人トップの19位にランクインしていた。今年はほかに日本から桐谷美玲が38位(昨年31位)、AKB48島崎遥香が92位(昨年74位)に選出された。昨年まで6年連続で入っていた佐々木希の名前はなかった。

     1位に英モデルのジョーダン・ダン、2位にフィリピンのリザ・ソベラーノ、3位に昨年まで2年連続で1位だった韓国のガールズグループ・AFTERSCHOOLのナナが選ばれた。

     同サイトはアメリカの映画評論家 TC Candler さんが運営するサイト。1990年よりスタートした「世界で最も美しい顔100人」は、読者から寄せられた提案を受けて、同サイトが作成するもので、あくまでも世論を反映するものではなく、主観的なものだとしている。
    RANKING


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161228-00000003-flix-movi


    【芸能】2015年度版「世界で最も美しい顔」発表!石原さとみが日本人トップ19位!31位桐谷美玲、74位AKB48の島崎遥香、84位佐々木希!
    http://m9now.blog.jp/archives/51967388.html

    【海外】2014年度版「世界で最も美しい顔100人」8位に桐谷美玲!1位は韓国人のナナ!石原さとみ、佐々木希、AKB48の島崎遥香も!
    http://m9now.blog.jp/archives/51924259.html

    【芸能】2013年度版「世界で最も美しい顔100人」発表!日本からは石原さとみ、佐々木希、桐谷美玲、島崎遥香、浜崎あゆみ、上戸彩の6人が選出!
    http://m9now.blog.jp/archives/51882273.html

    【海外】2012年「世界で最も美しい顔100人」12位に桐谷美玲、25位に佐々木希、54位に黒木メイサがランクイン!
    http://m9now.blog.jp/archives/51834654.html




    引用元: 【芸能】<世界で最も美しい顔>石原さとみが、日本人トップとなる6位に!桐谷美玲、島崎遥香もランクイン

    【【芸能】2016年度版「世界で最も美しい顔」発表!石原さとみが日本人トップ6位!38位桐谷美玲、92位島崎遥香、佐々木希は圏外へ!】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    _1_image_size_372_x


    1: 名無しさん 2016/11/10(木) 07:43:53.93 _USER9

    米大統領選は8日(日本時間9日)、開票され、共和党の実業家ドナルド・トランプ氏(70)が獲得した選挙人が過半数を超え、民主党のヒラリー・クリントン上院議員(69)を抑え、当選を確実にした。来年1月20日、第45代大統領に就任する。放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏は“米国の選択”をバッサリ斬り捨てた。

     米国へのリスペクトを失ってしまった。大統領は「ああ、良いかもしれない」で決めることではない。トランプに大統領をやらせるのは、何の経験もない人に心臓手術を頼むようなもの。歯槽膿漏(のうろう)になったら歯医者に行くでしょ?車が壊れたら自動車工場に行くでしょ?専門家ってそういうこと。

     しばらくはとても面白いと思う。大統領をやる能力がないことを分かっているはずだから、副大統領にめちゃくちゃ権限を与えて政治を握らせると思う。だけど副大統領に据えるマイク・ペンス(インディアナ州知事)は価値観が古い。大丈夫かなって心配になる。

     大統領になったからこそ出てくるスキャンダルもあるだろうね。米国メディアは7〜8割が民主党びいき。これまでのビジネスとかいろいろ責められるんじゃないかな。ヒラリーも素直に黙るとは思えないしトランプ降ろしが過熱するだろう。

     政治に関しては、今まで言ってきた暴言を実行できるか。言ってきたことがむちゃくちゃだから、周りの政治家に説得されておとなしくなってしまうと思う。だけど、支持者にはクレージーな人がいっぱい。「そうですか」って言って引っ込むとも思えない。どうなってしまうのか興味があるね。(放送プロデューサー)
    RANKING


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161110-00000084-spnannex-ent



    引用元: 【米大統領選挙】<デーブ・スペクター>“米国の選択”をバッサリ斬り捨て!本気で心配「米国へのリスペクト失った」c2ch.net

    【【米大統領選挙】デーブ・スペクター、「米国の選択」をバッサリ斬り捨て!本気で心配「米国へのリスペクト失った」「スキャンダルもあるだろう」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ