【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ


















    Powered By 我RSS


























    カテゴリ: 芸能@俳優・女優

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    tumblr_np8wbbxXLF1qbw5qso1_1280


    1: 名無しさん 2017/04/15(土) 14:06:18.22 _USER9

    人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版新作「名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)」(静野孔文監督、15日公開)でゲスト声優を務めている女優の吉岡里帆さん。今回が声優初挑戦で「悔しかったのが自分の単純な声量のなさと単純なアクセントの弱さ。今までは自然体で心で、ちゃんと思っていれば、お芝居は伝わるって信じて生きてきたんですけど、私のうぬぼれだったんだな」と反省しきりの吉岡さんに、声の仕事の難しさや女優業との違いなど、数々の“気づき”について語ってもらった。


     「から紅の恋歌」は、主人公の江戸川コナン(工藤新一)と服部平次という東西の高校生探偵がそろい踏みして難事件に挑む劇場版コナンの21作目で、原作の重要なキャラクターで百人一首の高校生チャンピオン・大岡紅葉も劇場版に初登場する。日本の百人一首界をけん引する「皐月(さつき)会」の会見中に大阪のシンボル・日売テレビで爆破事件が発生。崩壊するビルの中、平次と幼なじみの遠山和葉が取り残されるが、駆け付けたコナンによって無事救出される。また京都・嵐山の日本家屋では「皐月杯」の優勝者が殺害される事件が起こり、現場のモニターには紅葉が映し出されていたことが分かる……という展開。

     ◇アニメは喜怒哀楽が10倍?「伝えるって部分が弱いと、本当に伝わらない」

     今回、平次と和葉が通う改方学園のかるた部主将で、平次と和葉とともに爆破事件に巻き込まれる枚本未来子(ひらもと・みきこ)役で声優に初挑戦した吉岡さん。準備に使った時間は約1カ月で、発声の仕方、声の“ため”や吐息の出し方まで、まずは声優という仕事の特徴をつかむことから始めたという。

     「言っても素人なので、素人がどうすれば映画館でかけてもらえるようなものになるかってたどると、役者として声優さんになりきるしかないなって思ったんです。声優という役が来たんだってことにして、声優さんってどんな特徴があるのか、普段からどんなしゃべりをしているのかって調べて。声優さんのラジオを聞いてみたり、声のまねをしてみたり、それこそ『コナンラジオ』とか、みんなの声から学びました」と明かす。

     女優業との違いは大きく、「役者だと自分の体を使って演技できるので、ちょっと笑っただけで意味が出たり、眉間にしわを寄せるだけで何か不快なんだろなって伝わるんですけど……。アニメっていい意味で動きが大ぶりで、笑っている時は本当にしっかりと笑っているし、泣いている時はものすごく泣いている。喜怒哀楽が10倍くらい大きい。そんな大きい表情をするアニメの子たちに合う声を探す難しさというのもありましたね」としみじみ。

     さらに「伝えるって部分が弱いと、本当に伝わらないことがあるんだなってことに気づけたのも大きかった」といい、「未来子が涙ぐんで『そやけど』っていうシーンがあるんですけど、その『そやけど』がハマらなくて。私は何なら涙ぐみながら言っているのに、アニメにハマらなくて、OKをもらえなくて本当に悔しくて。それで『なんでOKにならないんだろう』ってなった時に、声優さんって体のキャパを超えるくらいのエネルギーで声を入れていて、それで初めて伝わるんだろうなって思えたのは大きな収穫です」と振り返っていた。

     ◇声優業「できればあまりやらない方が…」 “湯婆婆”夏木マリから助言

     改めて声優業について「自分としては過大評価はできないってくらい難しい仕事。もっともっと練習してから挑むべきだった」と反省する吉岡さん。「終わってからも、すごく難しい仕事だったなって実感があって。できればあまりやらない方がいいんだろうなって思うくらい、実は抵抗感があるんです」と素直な心境を明かす。

     一方で、劇場版アニメ「千と千尋の神隠し」の湯婆婆役としても知られる女優・夏木マリさんから、役者が声優をやることについて「怖いかもしれないけど、周りに何を言われてもやるべき」と背中を押してもらったといい、「それは声優さんから学ぶことが多いから。音をとるってことへの意識、どうすれば泣いているように聞こえるのか、どうすれば心の底からうれしく感じるのかとか、普通の芝居をやっていると身につかない技術でもあるので。ただ、声優っていうのは完全に別職業ですし、今後、もし万が一『吉岡里帆の声でなくては成立しない』というような話があれば、それはとてもうれしいですし、ちゃんと勉強して挑みたいです」と語っていた。
    RANKING


    no title

    no title
    http://mantan-web.jp/2017/04/15/20170414dog00m200050000c.html



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1492232778/

    【【芸能】吉岡里帆「私のうぬぼれだった」アニメ映画「名探偵コナン から紅の恋歌」声優挑戦で数々の気づき!夏木マリから助言も!】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    木村佳乃_2010ブルーリボン賞


    1: 名無しさん 2017/04/15(土) 21:10:23.96 _USER9

    茨城県を舞台にしたNHK連続テレビ小説「ひよっこ」第11話の劇中セリフに、茨城県民が感涙している。


    木村佳乃さんの迫真の演技

    2017年4月14日放送の「ひよっこ」第11話では、出稼ぎ先の東京で行方不明となってしまったヒロイン(谷田部みね子(有村架純さん))の父・実(沢村一樹さん)を探しに、妻の美代子(木村佳乃さん)が上京し、宿舎や会社を訪ね歩く。このころ東京では出稼ぎ労働者の失踪が相次いでおり、警察署に捜索願を提出するも粗雑な対応を受ける。

    「『いばらぎ』ねえ。『いばらぎ』県、奥『いばらぎ』村か。『いばらぎ』も多いね、出稼ぎが」

    という警察官は続けて、出稼ぎ労働者の失踪者は腐るほどおり、発見を期待しないよう助言する。

    ハンカチを握りしめ警察官の話を聞いていた美代子だが、一粒の涙をこぼし、こう訴える。

    「『いばらき』です。『いばらぎ』じゃなくて、『いばらき』です。谷田部実といいます。私は、私は出稼ぎ労働者を一人探してくれと頼んでいるんではありません。ちゃんと名前があります。茨城の奥茨城村で生まれて育った谷田部実という人間を探してくださいとお願いしてます。ちゃんと、ちゃんと名前があります。お願いします。あの人は絶対に自分でいなくなったりするような人ではありません。お願いします。お願いします。探してください。お願いします」

    その迫真の演技は胸に迫るものがあり、視聴者の涙を誘ったようで、とりわけ茨城県民からは、

    「いばらぎ じゃなくて 『いばらき』です 号泣」
    「こんなに泣ける『いばらき』講座があっただろうか」
    「茨城県民を代表してくれた気がした〜〜」
    「すべての茨城県民に見てほしい」
    「あぁ...いばら『き』問題をこんな形で出してくるなんて。ふだん笑い話にされることが、心を揺さぶる話になる」

    とツイッターに感動の声が相次いでいる。

    県民も「いばらき」と発音できない?

    木村さんの名演は県外の人々にも届いており、

    「すみません、茨城県民の方々、いばらぎけんだと思っていました」
    「これを機に今後は気をつけよう」

    など、「いばらき」の普及活動に成功。その一方で、

    「でも、茨城(いばらき)の人が発音している『茨城』は『いばらぎ』にしか聞こえない」
    といった声も上がっている。

    たしかに、茨城県の訛りはカ行やタ行が濁音化するのが特徴で、本人は「いばらき」と発音しているつもりでも、「いばらぎ」と聞こえてしまうことがある。

    実際、県民のなかには発音に苦悩する人もおり、先月20日放送の「月曜から夜更かし」(日本テレビ系)では、県民が「いばらき」と発音できない様子が放送された。VTRでは「いばらき」と発音しようと、中年から初老の男性3人が

    「『いばらに』県」
    「『いばらに』ですね。『いばらに』」
    「『いばらぎ』だな、『いばらに』どっちだ?『に』にすっか」

    と苦戦する様子が映し出され、お茶の間の驚きを誘った。
    RANKING


    no title

    no title
    http://news.livedoor.com/article/detail/12935827/



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1492258223/

    【【テレビ】木村佳乃、朝ドラ「ひよっこ」のセリフに茨城県民が感涙!「『いばらぎ』じゃなくて、『いばらき』です」迫真の演技で胸に迫る!】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    C0CkQgLUUAEhGjr


    1: 名無しさん 2017/03/27(月) 10:57:32.97 _USER9

    お笑いタレントの藤井隆(45)が26日放送の日本テレビ系「おしゃれイズム」に出演し、妻でタレントの乙葉(36)とのラブラブな結婚生活を明かした。


     俳優としても活躍する藤井だが、昨年はTBS系連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の最終回で、乙葉と夫婦共演して話題となった。

     2人は05年5月に結婚。特に藤井が乙葉にメロメロのようで、プライベートでも親交があるタレントのYOUが藤井の愛妻家ぶりを明かすと、藤井は顔を隠して照れまくった。

     乙葉の顔や外見が好きでたまらないという。これまでの結婚生活でほとんどケンカはないそうで「(乙葉の)顔がほんとに好きなので、『もういいや』って思っちゃう」とノロケた。

     また、司会を務めるくりぃむしちゅーの上田晋也が、藤井と結婚前の乙葉と交際を報じられた過去があると告白。「ほんとに何にもないんだよ、なんにもないのに俺とうわさになったんだよね」と釈明したが、藤井は上田につかみかかって「お前、コノヤロー! 裁判だコノヤロー!」と激怒するフリで笑いを誘った。
    RANKING


    no title
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-01798449-nksports-ent



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490579852/

    【【テレビ】藤井隆、乙葉の「顔が好き」結婚12年の今もメロメロ!「俺に譲れ」「乙葉はアゲマン」「おっ◯いが好きなんだろw」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    RSZ_20151111000506


    1: 名無しさん 2017/03/27(月) 16:13:49.06 _USER9

    鈴木亮平さんが主演の2018年NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」の新キャストが27日、NHK放送センター(東京都渋谷区)で開かれた会見で発表された。大久保一蔵(利通)役を瑛太さんが演じるほか、西郷3人目の妻となる運命の女性、岩山糸を黒木華さんが演じる。


     さらに西郷の妹、琴を大河初出演となる桜庭ななみさん、弟の吉二郎を渡部豪太さん、父の吉兵衛を風間杜夫さん、母の満佐子を松坂慶子さん、大久保の父、次右衛門を平田満さんがそれぞれ演じる。西郷家に親子代々仕える熊吉役で塚地武雅さんも出演する。

     「西郷どん」は、明治維新から150年となる18年に放送される、57作目の大河ドラマで、維新の立役者の一人として知られる西郷隆盛が主人公。薩摩の貧しい下級武士の家に生まれた西郷隆盛(小吉、吉之助)は、両親を早くに亡くし、家計を補うため役人の補佐として働くが、困った人を放っておけず、自分の給金も弁当も全部与えてしまう始末。だが、そんな愚直な姿に、カリスマ薩摩藩主・島津斉彬が目を留める。西郷は斉彬の密命を担い、江戸へ京都へ奔走。そして、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき革命家へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく……。

     原作は人気作家・林真理子さんの「西郷どん!」で、脚本は連続テレビ小説(朝ドラ)「花子とアン」や人気ドラマ「ドクターX」シリーズなどの中園ミホさんが担当。維新の“ヒーロー”として知られる西郷隆盛は、2度の島流し、3度の結婚を経て、類いまれな「勇気と実行力」で徳川幕府を転覆し、維新を成し遂げるが、最後は明治新政府と戦い、命を散らす。肖像写真は一枚も残っておらず、その謎に満ちた西郷の生涯に、林さん、中園さんという女性コンビが「女の視点」で切り込んでいく。

     放送は18年1月からで全50回。
    RANKING


    no title

    no title
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00000003-mantan-ent


    【NHK】2018年大河ドラマは「西郷どん(せごどん)」原作は「不機嫌な果実」林真理子、脚本は「花子とアン」中園ミホ!主役は未定!
    http://m9now.blog.jp/archives/51983752.html




    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490598829/

    【【大河ドラマ】鈴木亮平主演「西郷どん」新キャスト正式発表!大久保利通役に瑛太、運命の女性役は黒木華!→「吉高由里子が良かったのに」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    1031301_300


    1: 名無しさん 2017/03/21(火) 18:18:28.02 _USER9

    《本日まで数えきれないほど、山本裕典本人と話し合い、何度も熟考を重ねました。しかしながら、本日までの一連の諸事情を鑑み、山本裕典が弊社の考える基準に至らなかったため、契約内容に違反したと考え、断腸の思いで、契約を終了することにいたしました。》


     3月21日、俳優の山本裕典とのマネージメント業務委託契約を終了することを所属事務所である「エヴァーグリーン・エンタテイメント」がオフィシャルホームページで発表した。

     山本といえば、'05年に『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』で準グランプリを受賞して芸能界デビュー。その後、徐々に活躍の場を広げドラマや舞台で活躍し、最近もドロドロの不倫愛を描いたドラマ『不機嫌な果実』(テレビ朝日系)や、金曜ロードSHOW!  特別ドラマ企画『北風と太陽の法廷』(日本テレビ系)などに出演していた。

     その一方で、奔放なプライベートで“チャラい”姿を報じられてきた面もある。

    「元々、業界ではチャラいと有名な山本さんです。キャバクラやガールズバーに出入りしていることは六本木や西麻布界隈では有名でした。かつては『ベッド写真』が流出したこともありましたし、最近では写真週刊誌にアイドルの女性を“お持ち帰り”する姿も撮られていましたね」(スポーツ紙記者)

     そんな彼の仕事に変化があったのは1か月ほど前あたりだとテレビ局関係者は語る。

    「1か月ほど前から事務所が仕事を断っていたそうです。大きな舞台の主演オファーもあったそうですが、そういった仕事も辞退していたので何かあったのではと思っていたのですが……」

     今回、契約解除の理由は具体的に説明されていないが、「法的に問題になるような違反をしたわけではない」(所属事務所関係者)という。
    RANKING


    no title
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170321-00009317-jprime-ent



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490087908/

    【【芸能】山本裕典、所属事務所から契約解除されるも「法的な問題を起こしたわけではない」→「えらく急だな」「チャラそうだもんな」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ