【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ


















    Powered By 我RSS


























    カテゴリ: 芸能@俳優・女優

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    C0CkQgLUUAEhGjr


    1: 名無しさん 2017/03/27(月) 10:57:32.97 _USER9

    お笑いタレントの藤井隆(45)が26日放送の日本テレビ系「おしゃれイズム」に出演し、妻でタレントの乙葉(36)とのラブラブな結婚生活を明かした。


     俳優としても活躍する藤井だが、昨年はTBS系連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の最終回で、乙葉と夫婦共演して話題となった。

     2人は05年5月に結婚。特に藤井が乙葉にメロメロのようで、プライベートでも親交があるタレントのYOUが藤井の愛妻家ぶりを明かすと、藤井は顔を隠して照れまくった。

     乙葉の顔や外見が好きでたまらないという。これまでの結婚生活でほとんどケンカはないそうで「(乙葉の)顔がほんとに好きなので、『もういいや』って思っちゃう」とノロケた。

     また、司会を務めるくりぃむしちゅーの上田晋也が、藤井と結婚前の乙葉と交際を報じられた過去があると告白。「ほんとに何にもないんだよ、なんにもないのに俺とうわさになったんだよね」と釈明したが、藤井は上田につかみかかって「お前、コノヤロー! 裁判だコノヤロー!」と激怒するフリで笑いを誘った。
    RANKING


    no title
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-01798449-nksports-ent



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490579852/

    【【テレビ】藤井隆、乙葉の「顔が好き」結婚12年の今もメロメロ!「俺に譲れ」「乙葉はアゲマン」「おっ◯いが好きなんだろw」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    RSZ_20151111000506


    1: 名無しさん 2017/03/27(月) 16:13:49.06 _USER9

    鈴木亮平さんが主演の2018年NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」の新キャストが27日、NHK放送センター(東京都渋谷区)で開かれた会見で発表された。大久保一蔵(利通)役を瑛太さんが演じるほか、西郷3人目の妻となる運命の女性、岩山糸を黒木華さんが演じる。


     さらに西郷の妹、琴を大河初出演となる桜庭ななみさん、弟の吉二郎を渡部豪太さん、父の吉兵衛を風間杜夫さん、母の満佐子を松坂慶子さん、大久保の父、次右衛門を平田満さんがそれぞれ演じる。西郷家に親子代々仕える熊吉役で塚地武雅さんも出演する。

     「西郷どん」は、明治維新から150年となる18年に放送される、57作目の大河ドラマで、維新の立役者の一人として知られる西郷隆盛が主人公。薩摩の貧しい下級武士の家に生まれた西郷隆盛(小吉、吉之助)は、両親を早くに亡くし、家計を補うため役人の補佐として働くが、困った人を放っておけず、自分の給金も弁当も全部与えてしまう始末。だが、そんな愚直な姿に、カリスマ薩摩藩主・島津斉彬が目を留める。西郷は斉彬の密命を担い、江戸へ京都へ奔走。そして、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき革命家へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく……。

     原作は人気作家・林真理子さんの「西郷どん!」で、脚本は連続テレビ小説(朝ドラ)「花子とアン」や人気ドラマ「ドクターX」シリーズなどの中園ミホさんが担当。維新の“ヒーロー”として知られる西郷隆盛は、2度の島流し、3度の結婚を経て、類いまれな「勇気と実行力」で徳川幕府を転覆し、維新を成し遂げるが、最後は明治新政府と戦い、命を散らす。肖像写真は一枚も残っておらず、その謎に満ちた西郷の生涯に、林さん、中園さんという女性コンビが「女の視点」で切り込んでいく。

     放送は18年1月からで全50回。
    RANKING


    no title

    no title
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00000003-mantan-ent


    【NHK】2018年大河ドラマは「西郷どん(せごどん)」原作は「不機嫌な果実」林真理子、脚本は「花子とアン」中園ミホ!主役は未定!
    http://m9now.blog.jp/archives/51983752.html




    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490598829/

    【【大河ドラマ】鈴木亮平主演「西郷どん」新キャスト正式発表!大久保利通役に瑛太、運命の女性役は黒木華!→「吉高由里子が良かったのに」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    1031301_300


    1: 名無しさん 2017/03/21(火) 18:18:28.02 _USER9

    《本日まで数えきれないほど、山本裕典本人と話し合い、何度も熟考を重ねました。しかしながら、本日までの一連の諸事情を鑑み、山本裕典が弊社の考える基準に至らなかったため、契約内容に違反したと考え、断腸の思いで、契約を終了することにいたしました。》


     3月21日、俳優の山本裕典とのマネージメント業務委託契約を終了することを所属事務所である「エヴァーグリーン・エンタテイメント」がオフィシャルホームページで発表した。

     山本といえば、'05年に『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』で準グランプリを受賞して芸能界デビュー。その後、徐々に活躍の場を広げドラマや舞台で活躍し、最近もドロドロの不倫愛を描いたドラマ『不機嫌な果実』(テレビ朝日系)や、金曜ロードSHOW!  特別ドラマ企画『北風と太陽の法廷』(日本テレビ系)などに出演していた。

     その一方で、奔放なプライベートで“チャラい”姿を報じられてきた面もある。

    「元々、業界ではチャラいと有名な山本さんです。キャバクラやガールズバーに出入りしていることは六本木や西麻布界隈では有名でした。かつては『ベッド写真』が流出したこともありましたし、最近では写真週刊誌にアイドルの女性を“お持ち帰り”する姿も撮られていましたね」(スポーツ紙記者)

     そんな彼の仕事に変化があったのは1か月ほど前あたりだとテレビ局関係者は語る。

    「1か月ほど前から事務所が仕事を断っていたそうです。大きな舞台の主演オファーもあったそうですが、そういった仕事も辞退していたので何かあったのではと思っていたのですが……」

     今回、契約解除の理由は具体的に説明されていないが、「法的に問題になるような違反をしたわけではない」(所属事務所関係者)という。
    RANKING


    no title
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170321-00009317-jprime-ent



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490087908/

    【【芸能】山本裕典、所属事務所から契約解除されるも「法的な問題を起こしたわけではない」→「えらく急だな」「チャラそうだもんな」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    F2011083115064800656


    1: 名無しさん 2017/03/14(火) 12:15:41.29 _USER9

    ジャニーズ事務所が軟化しているとの向きがあるらしい。メリー副社長と元マネージャーのIさんとの対立から始まったとされるSMAPの独立、解散騒動。ジャニーズ残留を決めた木村以外の4人のメンバーは、“しこり”を残したまま昨年9月に契約更新を交わしたのだった。


    「Iさんは“追放”同然だっただけに、メンバーを受け入れるのにはほかの大手事務所といえども気を遣うもの。この問題をクリアにしないと、独立しても先細りになりかねない」(芸能プロ関係者)

     とはいうものの、どうやら事態は好転しているようだ。早ければ新年度を迎える4月には中居らはIさんが実質的に仕切る新事務所に移籍。個人の新しい仕事のオファーも順次受け入れていくという。

    「“芸能界のドン”と呼ばれる大手事務所社長、ほか芸能プロダクションの重鎮らが中居らの独立に働きかけているというのです。解散騒動はジャニーズのイメージダウンだけでなく、芸能界全体にも大きな影響を及ぼしました。これ以上ファン、さらに世間を敵に回すことはできない」(前出・芸能プロ関係者)

     とはいえ、すんなりと4人の独立を認めるわけにもいかない。こんな“見返り”が用意されたという。

     4月スタートのフジテレビ系月9ドラマ『貴族探偵』に主演する嵐の相葉雅紀。低迷する月9の“救世主”として期待されるが、主役1人ではどうにもならない。そこで、

    「中山美穂、仲間由紀恵、武井咲、井川遥、松重豊ら主役級豪華キャストがズラリとそろいました。実はこの裏には“芸能界全体からジャニーズ事務所へのメッセージ”が込められているのだとか。

     名だたる各大手芸能事務所がジャニーズドラマに有無を言わせずに協力する。“4人をスムーズに退社させてやってくれ”と、いわば“貸し”がつけられたとも」(芸能プロ幹部)

     嵐を育てたJ副社長は、フジテレビの亀山千広社長とも親しい仲。今後の月9、そしてジャニーズ復権のためには、悪くはない条件だろう。

     さらに7月の月9では山下智久の『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜』が放送され、来年1月の月9は木村拓哉が満を持して登場すると言われている。

    「コード・ブルーには『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で好演した新垣結衣らが出演。今では山Pよりも格上の共演者が支えてくれています」(ドラマ制作スタッフ)

     これだけのおぜん立てがあれば、ジャニーズも納得するほかないということだろうか。
    RANKING


    e93543050f70061dd12c7
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170314-00009261-jprime-ent



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489461341/

    【【芸能】中居正広らの独立を大手芸能プロ幹部が支援!ジャニーズ事務所に提示した見返り!「メリーがいる間はこうはならない」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    cd8bd2b4fa4e0cf27e9d3b3721844e06


    1: 名無しさん 2017/03/14(火) 14:28:24.45 _USER9

    能年玲奈から改名した女優・のんが先日、電動アシスト自転車「BESV」新モデル発表会に出席した。かつてのんが所属していた芸能プロダクション・レプロエンタテインメントは今年に入って、宗教団体「幸福の科学」への出家を表明した女優・清水富美加と契約トラブルになっていることもあり、複数のテレビ局が取材に訪れたが、やはり放送されることはなかった。まだまだレプロからテレビ局に対する圧力はあるのだが、最近はそれもかなり弱まってきているという。


     NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で大ブレークしたのんだが一昨年、レプロからの独立騒動 が勃発。週刊誌などのメディアを通して揉めた末に昨年、レプロとの契約満了となり、本名の能年玲奈からのんに改名して活動を再開した。

    「レプロから『能年を使うな!』という指令がメディア全体に出たため、芸能界とは関係ない一部のメディアを除いて、テレビ局など大手メディアに登場することはほとんどなくなった」とワイドショー関係者。

     それでも声優として主演を務めたアニメ映画「この世界の片隅に」がヒットするなど存在感を増してきたのんは「BESV」のイメージキャラクターとなり、このたびPRイベントに登場した。

    「能年と同じく、清水もレプロと揉めたばかりとあって、テレビ局や普段からレプロと付き合いがあるメディアなどが集結。清水に関する質問も飛びました。だけどその模様がキー局で放送されることはなかった」と広告代理店関係者。

     もちろんその理由は、裏でレプロがテレビ局に手を回したからなのだが、さすがにのん、清水と立て続けに契約トラブルを起こしてレプロの力も弱体化してきたようだ。かつては高圧的な態度で有名な事務所だったが、清水騒動以降は態度をかなり軟化させてきたという。

    「そもそも能年のイベントを、ワイドショーやスポーツ紙が取材することすら今まではあり得なかった。それだけレプロの圧力が下がってきた証拠です。今回もテレビ局に対しては今までの命令口調とは違って、お願いのような形で放送を何とか見送ってもらうことに成功した。それと同時に、現場に行ったスポーツ紙記者から情報収集までしていました」と前出関係者。

     テレビ局への支配力が落ちているレプロは何とか力を維持するために、これまで以上に所属の看板女優・新垣結衣をフル稼働させることになるという。

    「新垣は7月スタートのフジテレビドラマ『コード・ブルー』に出演。さらにまだ時期は未定だが、その後にTBSで『逃げるは恥だが役に立つ』の続編も放送される予定となっている。ここ最近は露出を絞ってきた新垣だが、レプロは他のテレビ局にも積極的に協力していく姿勢。新垣の出演と引き換えに、影響力を保とうという戦略だ」とテレビ局関係者。

     新垣はまだ若手だった頃、仕事が詰まり過ぎたため、一時はパンク寸前まで陥った。それからは余裕を持ったスケジュールとなったのだが、レプロのために再び若手時代のように働くことになりそうだ。
    RANKING


    no title
    https://news.infoseek.co.jp/article/tocana_51104/



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489469304/

    【【芸能】看板女優・新垣結衣をフル稼働!弱体化したレプロの支配力維持のため?→「後のガッキーの乱」「ガッキーが独立すれば全て解決」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ