【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ


















    Powered By 我RSS


























    カテゴリ: 芸能@俳優・女優

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    菊地凛子らが“凱旋”会見…「バベル」監督、撮影秘話明かす

    バベル
    出演:ブラット・ピット、菊地凛子

     米映画「バベル」(4月28日公開)で
    第79回米アカデミー賞の助演女優賞に
    ノミネートされながら惜しくも受賞を逃した菊地凛子(26)
    7日、東京都目黒区のウエスティンホテル東京で行われた
    同映画の“凱旋”記者会見に出席した。

     2月25日(日本時間26日)に
    米ロサンゼルスで行われたアカデミー賞授賞式に参加し、
    同作、そして自身への注目度を肌で感じた菊地だが、
    今後の抱負については
    「今がない限り先が見えてきませんので、
    来た仕事をていねいにやっていきたい」と謙虚に語った。

     一方、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督は、
    日本ロケの際に撮影許可が下りず
    “ゲリラ撮影”を行ったことを明かし、
    「日曜の朝7時に高速道路で撮影したのですが、
    1分ぐらいの撮影だったのに20分後には
    警察に追われていました」と秘話を披露し笑わせた

    ----------------------
    菊地凛子さんの発言も良かったけど、
    アレハンドロ〜監督の「撮影秘話」は
    中々聞けないから「監督・GJ」と
    言ったところですね。
    ゲリラ撮影とは思い切った事をしますねw

    ブログ王

    人気ブログランキング【ブログの殿堂】
    ブログランキング ドット ネットブログランク参加中なので良ければクリックして下さい



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    寺島しのぶ結婚会見、猛アタックで「結婚しました」

    東京タワー プレミアム・エディション
    出演:黒木瞳、岡田准一、寺島しのぶ

    愛の流刑地 (出演 豊川悦司、寺島しのぶ)
    出演:豊川悦司寺島しのぶ

     先月26日にフランス人のクリエイティブアートディレクター、
    ローラン・グナシア氏(39)との入籍を昨夜(3月5日)発表した
    女優・寺島しのぶ(34)が、3月6日午後2時より、
    都内のホテルで報告会見を行った。
    笑顔の寺島とグナシア氏の写真はこちら

     今朝、夫が選んでくれたという
    黄色のドレス姿で登場した寺島は
    「結婚しました。私がありとあらゆる手段で猛アタックしました
    と挨拶。今年1月21日、千葉県内の砂浜で
    「僕の奥さんになってもらえますか」と字を書かれて
    プロポーズされた彼女は
    「まさか彼が結婚を考えてくれるなんて…
    今も実感はないんですけどね」とコメント。
    しかし、その表情は優しさに包まれていた。

     ローラン・グナシア氏は今回が初婚ながら、
    フランス人の娘を1人持つ。
    すでに寺島とは仲がよいといい、東京に住みたいという
    彼女に対して寺島は「Welcome」と語っている。
     なお、現在、寺島は妊娠はしておらず、
    子どもが生まれたときには
    「男の子だったら歌舞伎役者に。
    ハーフの役者がいてもよいのでは」との発言も飛び出した。

     この先、結婚式は4月26日に挙げる予定で、
    その後同日に披露宴を都内の美術館で行う。
    披露宴での衣装はサプライズとのことだが、
    3回の衣装替えを予定しているという。

      ローラン・グナシア氏の写真や
    寺島しのぶの会見の模様
    など、詳細はこちらへ

    -----------------------------
    女性から猛アタックや
    ありとあらゆる手段ってのには、笑ってしまったw
    3回も衣装替えとは…
    凄いなぁ〜
    結婚会見も衣装が凝ってたしね。

    ブログ王

    人気ブログランキング【ブログの殿堂】
    ブログランキング ドット ネットブログランク参加中なので良ければクリックして下さい



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    ほんじょの鉛筆日和。
    著:本上まなみ
    ---------------------------------
    身長168cm、足のサイズ26cm。血液型はB型。
    山形県鶴岡市生まれで、大阪府茨木市育ち
    (なおプロフィール上では東京生まれの大阪育ち扱いと
    されているケースが多い)
    4歳から20年間大阪府と兵庫県で過ごし、
    その後は東京都在住。
    大阪府立高槻北高等学校出身。池坊短期大学卒業。
    特技は足指ジャンケン(両足ともパーができる)。
    近視であり、普段は眼鏡をかけている。
    -----------------------------------
     最近、気になる2人目は出産したばかりの
    「ほんじょ」こと、本上まなみさんです。
    いつもホンワカしてていいですよね。
    特にそれが解るのは「THE BEST HOUSE123」ですね。
    同じく司会の少しうるさいロンドンブーツ1号2号を
    抑える様に司会をしています。
    上手くキャスティングしたものです…
    ゴールデン進出するのも解るなぁ。

    いつもあのホンワカしている攻撃には、
    ノックダウンです。
    そう言えば、「ほんじょ」さんは、
    かなり昔から好きだったなぁ
    かなり年上と結婚してしまって、残念です。
    でもまた別のママって、見方が出来ていいかもね


    ブログ王

    人気ブログランキング【ブログの殿堂】
    ブログランキング ドット ネットブログランク参加中なので良ければクリックして下さい



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    9話中盤から一気に行きます…
    -----------------------------------
    花より男子DVD-BOX
    出演:井上真央松本潤小栗旬
    松田翔太阿部力松嶋菜々子


    Flavor Of Life
    歌:宇多田ヒカル


    -------------------------------------
    司「西田………」
    西田「今会長は道明寺グループを維持する為に、
    躍起になっておりますがこれは企業本来の形ではないように思います。
    世界の道明寺グループは、もっともっと、
    かつてのような、血の通ったグループであるべきです
    司「西田…俺はどうすればいい…
    西田「自信を持って下さい。今は苦しいでしょうが、
    これを乗り越えれば会社はもっともっと成長すると思います。
    頑張って下さい。今の坊ちゃまなら大丈夫です
    西田は司にそう語って言った。

    歩道橋。
    つくし「西田さんはN.Yで道明寺に何があったか、教えてくれたんだよね…」
    西田「え
    つくし「だから、道明寺を許してやってほしいって…」

    西田「あなたと一緒にいる時だけ、坊ちゃんは、唯一
     人間らしくなります。」
    西田はあの時つくしにそう言っていた。

    「西田さんが、背中を押してくれたんだ…」
    「お前が倒れた時も、教えてくれたのは西田だった」
    「西田さん…うちらのせいで巻き添え食っちゃったんだ。
     私らのせいで、こんな目に遭う人が出てくるなんて…」

    F4ラウンジに集まる5人(F4とつくし)。
    西門「でもまあこれは序章だな、お袋さんの逆襲の。
       今のところ、お袋さんのプレッシャーはそれだけか
    つくし「………あ
    道明寺は、つくしと行ったレストランでどの(ブラック)カードも
    使用不可能だったことを思い出す。
    西門「止められちまったか」
    司「クソババァめ
    類「司…」
    司「え
    類「何でも相談してよ
    美作「そうだよ、とりあえず金の心配は、全く、」
    美作・西門・類「NOTHING」と声をそろえる
    「…おぅ、悪ぃな」道明寺が笑顔で感謝。
    西門「牧野は、このまま司の家に戻れるのか」と心配する。
    つくし「今日は、優紀の家に泊めてもらう」
    一同「…」

    幼なじみ・優紀の家…
    つくし「うーーーん、美味しいーーー
     おばさんのから揚げ、最高

    つくしが美味しそうに食事する姿に優しく微笑む優紀の両親。
    つくし「でも、ほんとすみません。
     おじさんとおばさんにまで迷惑かけちゃって…」
    優紀・母「何言ってんの!逆におばさんは不満なくらい!」
    つくし「え
    優紀・父「もっと頼ってくれていいんだよ。
         つくしちゃんがこんな小さい時から知ってるんだから」
    つくし「本当にすみません…」
    優紀・母「ずっといてくれて構わないのよ」
    優紀・父「そうそう、全然遠慮すること、ないからな」
    つくし「…はい!ありがとうございます

    道明寺が自分の部屋に行くと、そこに楓がいた。
    司「何してるんだよ」
    楓「あなたに、最後のチャンスをあげるわ」
    司「冗談じゃねー西田クビにしたり、
      カード止めたりやることがセコいんだよ
    楓「それがあなたの答え
    司「何なんだよ、回りくどい言い方しやがって
    楓「大河原財閥が、正式に合併を断ってきたわ」
    司「・・・え
    さすがの司も驚く…

    つくしのアルバイト先である「千石屋」…
    つくしが女将・千石幸代(加藤たか子)に聞く。
    つくし「あの、女将さん。
        取引先が、取引やめるとか言ってきてないですか
    女将「大丈夫かつての一件以来、
       そういうことには流されない、
       ハートのある人たちとお付き合いしているから
    つくし「そうですか。」
    女将「つくしちゃん、あんたはね、そんなこと気にしないで
       どんどん突っ走っていいのよ
    つくし「ありがとうございます」

    ガルルルルン
    優紀「あ、西門さん
    西門のバイクが店の前に止まる。
    後部座席から美作が降りてきた。
    優紀「いいなー、美作さん。西門さんのバイクに乗って」と呟く…
    美作「おいっ牧野、大変だぞ

    喫茶店…
    つくし「道明寺が勘当された
    西門「大財閥を背負って立つはずの男が、縁を切られた」
    美作「ここまで本気になるとは、やっかいだぞ
    優紀「今、道明寺さんは
    西門「類の家にいるって…」
    つくし「花沢類の

    花沢家…
    司「悪いな、類。
      本当はお前の世話になれる立場じゃないのに」
    こんな事態でもマイペースに、ベッドに横になりあくびをする類…
    類「司に振り回されるのは、子供の頃から慣れっこだし」
    微笑みあう二人。司も同じベッドに横になる。

    司「そんなに振り回してきたか俺は
    類「その自覚のないところが笑っちゃうよ、司は…」
    笑いあう二人。

    喫茶店。
    美作「それからもう一つ、笑ってられない大事件。
       大河原財閥との合併が、正式に白紙になった」
    つくし「え
    優紀「どうなるんですか、そうなると」
    西門「道明寺グループにとっちゃ、相当ヤバい

    道明寺ビル会議室…
    楓「大規模な、事業縮小を発表いたします。
      去年のリストラ程度では、事はすまなくなってきました。
      現在の、この苦境を乗り越えるためには、
      子供だましの事業縮小ではないと、覚悟して下さい」
    会長の言葉にどよめく役員たち。

    喫茶店。
    美作「当然の選択だろうけど…
     そうなると、相当の数の企業が潰れるかもしれないし。」
    西門「日本経済にも、大きな影響が出るぞ」
    美作と西門が言う。
    つくし「………………」立ち上がるつくし…
    西門「どうした
    つくし「ちょっと・・・一人で考えたい」
    つくしはそう言い残し、一人、店を出ていく…

    優紀「二人とも…
       つくしの前であんなこと言わなくても…」
    西門「でもいずれわかることだよ。
       隠したってしょうがないし、
       その事実からは逃げられないだろ。
       大企業の跡取りと一緒になるってことは、
       そういうこともひっくるめて責任を持つって
       ことなんだよ
    バイクに乗りながらそう答える西門…
    つくし「………」

    考え込みながら町を歩くつくし。
    電気屋のテレビが臨時ニュースを伝えている。
    「道明寺ホールディングス崩壊の危機が訪れました…」

    西門が優紀に言う。
    西門「今回の件の原因の一旦には、牧野という存在がある。
       これは紛れもない事実でしょ」
    美作「俺らはそこら辺も踏まえて、あいつらに協力するけどさ。
    美作「道明寺財閥がピンチで、司が勘当された今、
       相当腹くくらないと。取り返しのつかないことが、
       次々起こっても、それでも、今の二人のままでいられるか…」

    電車に乗ったつくしは窓の外を見つめながら考える…

    花沢家…
    司「なあ、類
      俺は牧野を守って生きていけっかな
    類「珍しいね、司が弱気になるなんて」
    司「道明寺財閥の看板背負って、
      調子こいてただけじゃねえよな、俺は…
    類「これからの司が、それを証明すればいいんじゃない
    司「………そうだな

    そこへ、花沢家の使用人が新聞を届けに来る。
    類「………司」
    司「え
    類「いきなりやってきたよ………大きな決断
    そう言い類は司に新聞を見せる。

    新聞には…
    『道明寺グループ崩壊
     大河原財閥撤退へ
     慣例企業倒産多数
     失業者数五千人超

    司「同じ様な悲劇を、あなたまた繰り返すつもりですか」
    司は、母の言葉やケン・内田とその家族の夢に
       うなされて飛び起きる。
    類「どうした大丈夫
      まだ起きていた類が心配する。
    司「・・・・・・・・・おぅ」

    その頃、優紀宅…
    つくしも優紀の家で考え込んでいた・・・・・・・・・
    優紀「眠れない
    つくし「ごめんね、優紀。起こしちゃった
    優紀「私は大丈夫だよ」
    優紀の言葉に微笑むつくし………

    部屋の外から、優紀の両親の声が聞こえてくる。
    優紀・母「何それ
    優紀・父「うちの取引先のメインバンクが、道明寺グループの
         系列なんだ。このままじゃ、
         うちもあおりを食うのは確実だ。」
    優紀・母「ちょっと・・・ここのローンだってまだ残ってるのに…

    優紀「つくし気にしないで。
       寝よう、大丈夫だよ、きっと」と気を遣う優紀。
    つくし「・・・・・・私・・・・・・、
        取り返しのつかないことしてるのかな…
    優紀「そんなことないって
    つくし「・・・・・・」

    朝…
    つくしは学校に向かう途中、サラリーマンが立ち止まり
    新聞を広げて読む姿を見かける。
    司のカードが使用不可だった時のこと、
    クビになった西田のこと、
    優紀の両親の言葉・・・

    つくしは道明寺グループのビルを見上げる。

    仮の秘書「会長、牧野つくしという女性が…」
    楓「・・・・・・通しなさい」

    つくし「失礼します…」
    楓「何の御用
    つくし「・・・・・・お久しぶりです」
    楓「ご用件は
    「…私が身を引けば、全て何とかかなりますか
     …もしそうなら、…今後一切道明寺家と関わらないと…約束します。
     だからお願いです
     道明寺を勘当しないでください。
     それから…何とか、他の企業も倒産から救ってください」
    楓「あなたに言われなくても、最善は尽くしています」
    つくし「・・・・・・どうか・・・・・・お願いします」
    楓「やっと事の重大さがわかったようね。
      …仕事の邪魔よ、帰って
      もう決して…決して私たちの前に姿を現さないで

    つくしは深く頭を下げ、そして帰っていく。
    窓の外を見つめながら話していた楓は、
    立ち去るつくしの方を振り返り…。

    花沢家…
    司「類、俺は決めたぜ。もう迷わねー
    類「そう
    司「あいつと二人で新しい生活を始める
      毎日鍋ばっかかもしんね〜な」
    類「なにそれ、どういうこと
    司「ま、誰もがうまらやしいと思う二人になってやるぜ
    類「・・・・・・うらやましいでしょ
    司「どっちだっていいんだよ
      俺様のすごさを、これから世界中に
      思い知らせてやるぜ
    類「もっと気楽に生きたら
    司「オメーは気楽に生き過ぎてる」
    類「ああ・・・・・・」
    笑いあう二人。

    類「行ったら牧野のとこ」
    司「おぅ
    ジャケットを羽織り、部屋を出ていく司。
    司「世話になったな、・・・・・・類」
    類は微笑み、ピースサインをして司を送り出す。

    司が出ていったあと、類は少し寂しそうに微笑むと、
    窓から空を見上げて思いっきり伸びをした。

    不安そうな表情で曇り空を見上げるつくし。

    司の携帯がつながらない。
    司「携帯まで止めやがったか…」
    そう呟き、曇り空を見上げる司…

    道明寺家…
    荷物をダンボールに詰め込むつくし。

    千石屋…
    司「あれ牧野は
    優紀「今日は道明寺さんの家に帰るってもう出ましたけど」
    司「うちに…ああ…そう…」
    心配そうに道明寺を見送る優紀。
    雨が降ってきた。

    花沢家…
    バイオリンを弾く類も、雨が降ってきたことに気付く。

    バイクに乗ろうとしていた西門も、
    雨を気にしながらエンジンをかける。

    店で雨宿りしていた美作も、
    心配そうな表情を浮かべて雨を見つめている。

    店の軒先に雨宿りする司。

    雨を見つめるそれぞれの表情のアップ。
    みんな、違う場所にいながら、
    嫌な予感を感じているようです。
    今回のタイトルは、『切ない雨の別れ』だし…

    道明寺家の門を出て、雨に濡れながら歩くつくし。
    そこへ、道明寺が同じ様に雨に濡れながらやってくる。
    見詰め合う二人。
    司「…牧野
    つくし「道明寺…」

    司がつくしに駆け寄る。
    司「何やってるんだお前」
    つくし「・・・・・・・・・」
    司「いやでもよ、金ねぇからタクシーも乗れねぇし、
      参ったわ、この雨。庶民は雨降っても一大事なんだな。
      勉強になったわ。
      髪もよ、濡れるとストレートになっちまうんだよ。
      でもこっちもけっこういけんだろ。
      まあまあ、あれだな!
      俺にも庶民の生活が出来るってことが、
      これで証明されたけどな」
    つくし「終わりにしよう、道明寺。
        もう私、あんたとは付き合えない」
    司「…冗談やめろよ」
    つくし「冗談なんかじゃないよ」
    司「俺は決めたんだお前と一緒にいるって。
      何があっても一緒にいるって
      …ほらいくぞ」

    司はつくしの手を掴むが、つくしの手はするりと抜ける。
    司「・・・・・・・・・」
    つくし「あなたは、道明寺グループの次期経営者
        だからね、ほら…頑張らないと
    司「お前ふざけてるのか
    つくし「ふざけてなんかないよ」
    司「じゃあ何でそんなこと言えんだよ。
      昨日一緒に飯食った時、笑ってたの嘘か
      庶民のデート教えてくれるって、あれっきりかよ
      まだ公園でバドミントンだってしてねーだろうが
      な、鍋に招待してくれるっていうのも、あん時だけの、
      口からでまかせかよ
      何で…何で全部…自分で勝手に決めてんだよ
    つくし「約束してきたんだ、道明寺のお母さんと」
    司「はぁ
    つくし「もう今後一切、道明寺家とは関わらないって」
    司「・・・脅されたのか
     あのクソババア
    つくし「違うのそうじゃない
     私が決めたの
    司「え
    つくし「私が全部、自分の意志で決めたことなの」
    司「…何だよそれ…」
    つくし「あなたは、世界の道明寺なんだよ。
        私と関わって沢山の人が傷ついて、
        そんなのバカらしいじゃない。道明寺だってわかってるはず。
        ほんとは自分がどうすべきか」
    司「俺は…」

    つくし「はい!」
    つくしは司の背中を思いっきり押し出す。
    つくし「道明寺が頑張ることで、沢山の人が幸せになれるんだよ
    そう言い道明寺に背を見せるつくし。
    背中合わせの二人。
    司「牧野
    つくし「・・・」
    司「お前は俺を一人の男として見たことがあるか
    つくし「・・・」
    司「家のことや母親のこと全部とっ払って、
      ただの男として見たことが、一度だってあるか
    つくし「…どうだろ。でもね、もしあんたの事が本当に好きだったら、
        こんな風に出て行かないよ」
    つくしは司のほうに振り向くと、少し微笑み、
    「じゃ」、と言って歩き出す・・・・・・・・・
    歩きながら、涙をこぼすつくし。

    残された司の心も泣いていた。

    つくしが角を曲がると、たまが傘を手に待っていた。
    たま「つくし…何やってるんだよ!
       強がって、坊ちゃんの前であんな嘘までついて
       そんな顔をして・・・。
       バカだよ、もうほんとに、あんたはバカだよ
    つくしは涙をこぼしながらたまに頭を下げると、
    その場を立ち去った。

    司「つくし…」
    泣きながらつくしを見送るたま…。

    そして司は、その場から動けないほどショックを受けていた。
    窓の外を見つめて微笑を浮かべる楓。

    海沿いの線路を走る電車。
    その中につくしはいた。
    ぼーっと、ただ一点を見つめ…

    澄み切った青い空。
    気持ちを切り替えるように歩き出すつくし。

    浜辺を歩いていると、つくしは、
    父・晴男(小林すすむ)、母・千恵子(石野真子
    弟・進(冨浦智嗣)が仲良くワカメを干しているところに
    出くわす。

    牧野家…
    つくし「何やってんの」つくしが驚いたように聞く。
    つくし・母「パパ漁に出られなくてね」と千恵子。
    つくし・父「つくし、船酔いってものがこの世に存在してな」
    つくし・母「それで、ワカメ干してんの
    進「ワカメ干すぐらいしか出来ないんだよ、パパは
    つくし・父「ワカメを食べると頭髪にいいって、知ってるか
    つくし・母「ここに来てからワカメばっかり
    つくし「もしかして、ここに来て生活レベルは…」とつくし。
    つくし・父「格段に落ちたといっても過言じゃないな」
    つくし・母「それより突然どうしたの?」と千恵子。
    つくし「…やっぱり、パパとママと、進と一緒にいたいなって」
    心配そうに娘を見つめる千恵子。
    つくし・父「嬉しいな。
          つくしと、また、一緒に寝て、パパ、嬉しいな!」
    進「僕も
    つくし・母「ママも
    家族の笑顔に傷ついた心を癒すつくし。


    -----------F4、対決の巻---------------
    西門「司ほらほら、元気だせよ」
    美作「パーっといこうぜ

    西門、美作、類が司に声をかける。
    「…何なんだよ。全員集合でアホ面さげて。
     うざってーっつーんだよ。」
    西門「はぁ
    西門が道明寺に向かっていこうとするのを、美作が止めて言う。
    美作「そういう言い方ねーだろ、みんな心配して…」
    司「だからそれがうぜぇんだよ
      道明寺家なんてどうなったって構わねーっつーんだ
      俺はもう関係ねーんだから
    西門「じゃあ何で牧野を追いかけないんだ!?」
    美作「総二郎やめとけよ」
    司「は?」振り返り、睨みつける。
    西門「牧野が身ー引いたのだって、
       本心じゃねーことぐらいわかってんだろ!?
       牧野を止められなかった自分が、
       情けなくって落ちてんだろうが!」
    司「なに!?」
    西門「それでウジウジ不機嫌になってるテメーの方が、
       よっぽどウゼーっつーんだよ!」
    西門を殴りつける道明寺!
    美作「司!」美作が止めに入る。
    司「テメーは俺に説教する為に来たのか!」
    西門「勘当されたって家に未練アリアリなんだろうが、
       このショボ増が!」
    西門が殴り返す。
    殴りあう西門と道明寺、必死に止める美作。
    類は黙ってケンカが終わるのをマイペースに、
    読書しながら待っていた。

    浜で夜の海を見つめるつくし。
    道明寺のことを考え、ただ泣くことしか出来なかった。

    一人夜の街を歩く司。
    赤信号を見つめながら、つくしの笑顔を思い出す。
    その時、司の目にある人物の顔が飛びこんできた。
    忘れようとも忘れることの出来ない、その人物は…
    飛び降り自殺をしたはずの、ケン・西田だ!
    スーツ姿のケン・西田が、
    なぜか道路の向こう側で信号を待っている!
    司「…ケンっ…」
    ケンも道明寺と目が合い…。
    信号が変わる。
    するとケンは、何故か逆の方向に一目散で逃げ出した。
    司「おい!!待て!!」
    道明寺が彼を追う。

    夜の海を見つめて泣くつくし。
    子犬に怯えていた道明寺の意外な一面。
    鍋を楽しみにしてくれていたのに、
    実現させることが出来なかった。
    やっとこれから堂々と2人で手をつないで、
    歩くことが出来るようになったのに…
    それも実現しないまま、二人は別れてしまいました。

    司「牧野!お前は俺のことを一人の男として見たことあるか?
      家のことや母親のこと、全部取っ払って、
      だだの男として見たことが…
      一度だって、あるか?」

    道明寺財閥の御曹司、という看板を背負って生きていく司を、
    正義感の強いつくしには、自分さえ良ければ、
    という風にはどうしても考えることが出来なかったんですね。

    道明寺も、最初の頃の冷酷な表情に戻ってしまいました。

    そして・・・
    ケン・内田との謎の再会!
    回想のシーンだけでケン・内田役の鶴見辰吾さん
    使うのはもったいない、と思っていたけれど、そう来ましたか!
    あの自殺は、楓が絡んでいたのか。
    兄のような存在の彼の裏切りに楓が絡んでいたとしたら、
    司はますます、楓を憎んでしまいそうです。


    花より男子2 9話・冒頭です!

    ブログ王

    人気ブログランキング【ブログの殿堂】
    ブログランキング ドット ネットブログランク参加中なので良ければクリックして下さい



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    9話は内容が濃いので何回かに分けて、
    書きたいと思います

    -------------------------------------
    花より男子DVD-BOX
    出演:井上真央松本潤小栗旬
    松田翔太阿部力松嶋菜々子


    Flavor Of Life
    歌:宇多田ヒカル


    --------------------------------
    司の母親・楓(加賀まりこ)が
    秘書の西田(デビット伊東)やSPに囲まれながら、
    空港ロビーにいたのは
    大河原滋(加藤夏希親子の見送りの為だった
    そこで運悪く、司(松本潤)&つくし(井上真央)と
    鉢合わせしてしまう


    すると楓は司に
    「司明日、本社の会長室へ来なさい」と言う。
    もちろん司は「話があるならここでしろよ」と反論するが、
    しかし「業務命令です」と突き返されてしまう。
    楓はつくしが、住み込みをしている事を、
    知らないが二人が付き合っていると思っている



    司はつくしと手を握った瞬間から、
    興奮しまくりだ

    そこを花沢類は冷静に分析…

    類「何時かは超えなきゃいけない壁でしょ。
        司と牧野にとって、司の母ちゃんはさ…」
    司「今さら逃げ隠れしても、
      しかたねぇしな、戦って来るぜ



    場所は変わり、道明寺ビルの会長室…
    楓「実際のところ、牧野つくしに気を遣って身を退いたのよね。
      それともあなた方、2人がそう仕向けたの
    司「だったら何だって言うんだよ
    楓「調子に載るのもいい加減になさいっ


    また場面は変わって永徳学園…
    「つっき〜
    あの3人コンビが類達との、
    ダンスの催促をしに来たのだ

    会長室…
    楓「あなた本気なの
    司「本気だよ、俺は牧野以外の女は、
      なんとも思ってねぇから
    楓「グループ次期経営者としての言葉
    司「実際、大河原財閥との合併は、
      チャラにはなって無いだろ
      ホントに会社の事、考えてるならこんなところで、
      俺の惚れたはれたなんかに、うつつ抜かしてねぇで、
      さっさとN.Y帰った方がいいんじゃねぇか
    楓「ハハハハハハハハ(不気味な笑い声)」


    そしていつも類が座っている場所(階段)へ、つくしが向かう
    つくし「ここの場所とも、お別れかぁ〜大丈夫かな道明寺…」
    つくし「頑張れぇ〜道明寺〜

    すると後ろで花沢類(小栗旬)が、
    類「大丈夫だよ
    つくし「花沢類っ
    類「ここまで来たら司、信じるしかないでしょ
    つくし「そうなんだけどさ…」
    類「ほぅらっ、落ち込んだ顔しない
    つくし「えっ
    類「俺はずっと牧野が笑顔でいれば、それだけで良いんだからさ
    つくし「花沢類っ
    類「じゃなきゃ、諦めきれなくなるでしょ
    つくし「うんっ

    司「俺は新しい道明寺財閥を作る、牧野と共に…
      そしてうちに関わる全ての人間に、幸せをもたらせて見せる
    楓(バキッ眼鏡を曲げる。

    西田「問題は色々とあると思いますが、
       坊っちゃまも中々しっかりなさって来たかなと…」
    楓「飼い犬に手を噛まれるって言うけど、
    まさか私がそんな目に遭うとは一度も思わなかったわ

    交差点に立つつくし…
    そこへ車のクラクション音(プップ〜
    つくし「あっ、どうだった
    司「わかんねぇ〜
    つくし「それで大丈夫なの私と二人でいて…」
    司「なんだかんだ、監視されてるかもしれねぇなぁ〜」
    つくし「まじっ
    司「折角二人で居られるのに、コソコソしてるのもうざってぇだろ
    つくし「また前みたいにみんなに迷惑かけたりしないかな
    司「あんな鬼みたいなババアでも母親には違いねぇ
      何度も話せば分かってくれるだろ、
      時間かかるかもしんねぇけど…」
    つくし「うんっ
    司「それより誰に後ろ指立てられる事ねぇんだ」
    つくし「後ろ指立てるってどういう状態よ
    司「あっ、後ろ髪刺される
    つくし「後ろ髪は引かれるものでしょ」
    司「髪、引っ張ったら痛てえじゃね〜か
    つくし「ハっ興奮している意味が、よく解らないつ〜の
    司「とにかく俺はお前と二人で居ることを、大事にしたいんだよ
    司「信号は青だ、行くぞっ
    つくし「待ってよ、ちょっと

    とあるレストラン…
    つくし「んっん〜何これ〜おいし〜
    司「お前は本当に、美味そうに飯食うよな
    つくし「だって本当に美味いんだもんっ
    司「俺の周りにはお前みたいに、美味そうに食う奴居ないな
    つくし「あんなに長いテーブルで食べてたら、
        表情なんてわかないよ真ん中にお鍋を置いて、
        皆が手が届く範囲の食卓が一番だよっ
        湯気でむせかえるのぐらいのさ
    司「基本、お前のとこの食い物は口に合わねぇけどなっ
    つくし「悪かったわね、坊っちゃんの口に合わなくて…」
    司「でも、そう言うのも良いかもな
    つくし「へっ
    司「牧野と2人だったらよ…」
    つくし「おっと、食い付いてきたね。じゃ、今度家で鍋しようか
    司「断る
    つくし「なんじゃそりゃ
    司「はっ、嘘だよ招待しろ
    つくし「オウッ招待してやるぜ
    司「約束だぞ
    つくし「うんっ

    F4ラウンジ…
    西門総二郎(松田翔太)でも具体的には、何してくるかな
            俺等がフォロー出来る範囲の爆弾だったらな…

    再びレストラン…
    店員「こちらの(ブラック)カード、使用出来なくなっていますが…」
    司「んな訳ねーだろ
      (店員の胸ぐらを掴みながら…)俺様を誰だと思ってるんだ
      もっと良く調べて見ろよ
    店員「チョチョチョ…お客様…」
    つくし「現金で…、私が現金で払います

    F4ラウンジ…
    西門 でも、おふくろさんもある意味、なりふり構わず来るだろうな
    花沢 今道明寺財閥は崖っぷちだしね。
       下手すればこの波紋は、とんでもない所まで拡がるでしょ
        司がそれを、きちんと自覚してれば良いんだけど…

    レストランを出た二人…
    司「あの店、ぜって〜ぶっつぶしてやる
    つくし「怒んない、怒んない
        でも現金持ってないんだね、お金持ちって
    司「牧野におごってもらったなんて。
      てか、死んじまいてぇ(しゃがみこむ、司)」
    つくし「オ〜ホッホッホご主人様と呼びなさい司君」
    司「お前、性格悪悪だぞ
    つくし「性格に関して、君からダメだし食らいたく無いんですけど…」
    司「どうすっかこれから…」
    つくし「お金なんか持って無くても、
        いっくらでも楽しむ事は出来るよ
    司「出来る訳ねえだろ
    つくし「庶民のデート教えてあげる
    司「えっ
    つくし「信号は青だ。行くぞっ
    司「おい、ちょっと待てよ、お前

    道明寺の会長室…
    楓「考え直して頂けませんか大河原さんっ

    ペットショップ…
    つくし「もしかして犬、怖いの
    司「怖くねぇよ
    つくし「ほらほら、可愛いとこあんじゃん〜
        ホィ〜
    司「てかお前、犬病移ってもしらねぇからな
    つくし「アハハハッなっ何
        犬病って抱いて見なよ」
    司「止めろよ、止めろって
    つくし「固まってるし…」
    司「早く…なんとか…してくれ
    つくし「もしかして動物園行ったときも、本当は苦手だったとか
    司「あの距離感とか、檻とかあればセーフ
    つくし「アハハハッ、そうだったんだぁ〜
        ほら可愛いから
    司「いい、やめろよっ止めろっ

    つくし「公園いかないバトミントンしようよ
    司「ハッラケットもシャトルもねぇじゃねぇか
    つくし「誰かの借りればいいじゃん…あっ
    司「西田っ

    「花より男子2」オープニング曲:嵐 - 「Love so sweet」

    つくし「西田さんがクビ嘘でしょ
    司「……………」

    公園で司と並んで、座り語り始める西田…
    西田「嘘ではありません。解雇されました。
       でもご心配なさらないで下さい私はケン・内田の様な、
       早まった真似(飛び降り自殺)は致しませんから…」
    司「西田………


    花より男子2 9話の中盤〜終盤です!

    ブログ王

    人気ブログランキング【ブログの殿堂】
    ブログランキング ドット ネット
    ブログランク参加中なので良ければクリックして下さい



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ