【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ


















    Powered By 我RSS


























    カテゴリ: 芸能@俳優・女優

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    2021908_201606240396409001466773937c


    1: 名無しさん 2017/03/10(金) 13:25:33.75 _USER9 BE:511393199-PLT(15100)

    日本テレビ系情報番組「ZIP!」の人気料理コーナー『MOCO'Sキッチン』に対し、「オリーブオイルの量が多すぎる」と問題視する意見が放送倫理・番組向上機構(BPO)に寄せられた。


     俳優の速水もこみちさん(32)が担当する同コーナーは、大量のオリーブオイルを惜しげもなく使う「もこみち流」の調理法が人気を呼んでいる。実際、過去の放送では、1品の料理を作るためにオリーブオイルを「まるまる一瓶」使い切る場面もあった。

    ■「視聴者の健康や家計などに配慮するべき」

     BPOは2017年3月8日、17年2月に視聴者から寄せられた意見の概要を公式サイト上で公表した。その中では、BPOに先月届いた全1713件の視聴者意見のうち20件を抜粋して紹介している。そこで取り上げられたのが、

      「朝の情報番組に、人気俳優の出ている料理コーナーがある。そこで使われているオリーブオイルの量は、料理一品に対して多すぎるのではないか」

    という苦情だ。この意見では、さらに「オリーブオイルは体に良いものであっても、使い過ぎるとどうなのか」との疑問を呈しており、

      「そもそも、(オリーブオイルが)安価で簡単に手に入るものなのか疑問だ。視聴者の健康や家計などに配慮するべきではないか」

    とも訴えている。具体的な番組名は公表されていないが、内容からして『MOCO'Sキッチン』を指したものと見て間違いないとみられる。

     2011年4月にスタートした『MOCO'Sキッチン』は、料理を担当する速水さんがオリーブオイルを「これでもか!」と多用する姿がSNSで大人気に。番組では、完成した料理にも仕上げにオリーブオイルをかけるのが「定番」となっていて、これを称して「追いオリーブ」なる造語まで誕生した。

     こうした人気にあやかり、13年2月には速水さんがプロデュースするオリーブオイルが発売された。これは1本450グラム入りで税込5250円と高額だったが、すでに限定発売された15000本が完売している。

    BPO「事実かどうかは確認した上で掲載しています」

     なかでもファンの間で「神回」と呼ばれているのが、一瓶のオリーブオイルを丸々使い切った16年3月8日の放送だ。このときのメニューはオイルを多用する「アヒージョ」だったものの、速水さんは「たっぷり使っちゃいましょう」と笑みを浮かべて一言。その直後、瓶を高々と掲げて豪快にオイルを鍋へ投入していた。

     そんな速水さんのオリーブオイルの使い方は、BPOに苦情が届いた17年2月の放送でも「ド派手」だった。

     とくに17年2月27日放送の「もこみち流 イベリコサラミとシュリンプのベジタブルピラフ」というレシピでは、具材を炒めるためにオリーブオイルをフライパンにたっぷりと。その量はすさまじく、焼くというよりも「揚げる」という表現が近いほどだった。

     ただ、こうした『MOCO'Sキッチン』のスタイルはファンに愛されていることもあり、今回BPOが取り上げた苦情に対しては、

      「オリーブオイルが主役だから」
       「もこみちがオリーブオイルたっぷりかけるところが見たいんだよ」
       「オリーブオイルで揚げた事すらあっただろ?いまさらかよ」

    といった声がツイッターやネット掲示板に出ている。

     なお、BPOの広報担当者は3月9日のJ-CASTニュースの取材に対し、「どの意見を抜粋して紹介するかの基準は公表していません」と説明。ただ、

      「ですが、寄せられた意見の内容が事実かどうかは確認した上で掲載しています」

    とも話していた。

     一方、日本テレビは取材に対し「広報部の担当者が不在」とだけ回答した。
    RANKING


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170310-00000001-jct-soci



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489119933/

    【【テレビ】「MOCO'Sキッチン」に苦情、BPOが公開!「オリーブオイル使いすぎ」「視聴者の健康や家計などに配慮するべき」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    BvdE_kdCEAItA7d


    1: 名無しさん 2017/03/09(木) 13:49:44.37 _USER9

    CDの売上もよく絶好調な乃木坂46。今や「公式ライバル」として設定していたAKB48をも抜いてしまうほどの人気だとか。


    「数年前までは、AKB48とももいろクローバーZを表紙にすると雑誌や書籍が売れるという神話がありましたが、現在は乃木坂46を表紙にすると必ず前号を上回る売上になると言われ、争奪戦が起きています。西野七瀬、白石麻衣、橋本奈々未の順で人気が高く、中には半年以上も前からスケジュールを押さえられているメンバーもいる」(雑誌編集者談)

     そんな絶好調の乃木坂46だが、つい先日さいたまスーパーアリーナで行われた橋本奈々未の卒業コンサートで異変が起き始めているとか。

    「取材陣の数が少なかったんです。翌日に行われた、小嶋陽菜の卒業コンサートの方が取材陣が多かったほどです。しかも、小嶋に関してはこの日で卒業というわけでもなく、本当の卒業日はだいぶ先です。橋本は、この卒コンで芸能界からも卒業という記念すべき日だったにもかかわらず、非常に寂しいものでした」(スポーツ新聞記者談)

     決して橋本の人気が低いというわけではないが、実は乃木坂46は他のアイドルとは違い、特殊な人気の高さがあるようだ。

    「一般的な知名度で言うと、AKB48やももクロと比べると格段に低い。CDの出荷枚数で100万枚を越えたり、各雑誌の表紙を飾るなどしていますが、ようは他のグループよりもファンがより多く商品を複数購入しているんです。乃木坂46は握手会の人気が非常に高く、AKB48のグループよりも倍近く1人が同じ商品を購入をすると言われる。

     その現状を表すデータとして、民間企業が集計した知名度ランキングでは、握手会の人気が低い生駒里奈が4割近くの知名度で圧倒的に1位、次点が白石麻衣なのですが2割ほどの知名度しか無いことがわかった。西野七瀬に至っては、ほとんど一般的知名度はない。なのに、その西野が握手人気で圧倒的に1位なのだからつじつまが合わない。

     結局は国民的アイドルグループというには知名度がなさすぎるということに尽きます。ニュースを報じる立場としては、橋本の引退よりも知名度の高い小嶋陽菜のコンサートのほうが優先度が高くなるということなんです。つまりは、乃木坂46がやっていることは地下アイドルと同じで、どれだけ“太客”と呼ばれる金を落とすファンを獲得しているか、とおう小さな範囲でしか勝負ができていないということなんです」(アイドル雑誌ライター談)

     AKB48のようにカラオケ人気の高い代表曲もなく、特殊な人気に支えられる乃木坂46。複数買いに支えられるグループに、崩壊の影が見え始めているという。

    「今回卒業した橋本は、乃木坂46の現状に不満を抱き意見を言い続け、運営にも扱いづらいと言われ続けてきたメンバーです。劇場公演もなく、LIVEも少ない乃木坂46は、仕事のあるメンバーと無いメンバーの格差がひどい。中には、1カ月間レッスンしかなかったメンバーもいるほど。そういった仕事が無いメンバーが全体の6割ほどで、激務なのは1割程度の超選抜のみ。その現状を、スタッフが少ないからと改善しない運営に橋本は散々不満を漏らしていたようです。

     また、メインマネージャーである人物が、TV局関連以外の電話を全く取らず、そういった不満も橋本の耳に入っていた。橋本もせっかくのチャンスを受けない運営に、激怒を通り越して呆れていたようです。人気のないメンバーは橋本を姉のように慕って頼りにしてきたのですが、その橋本が辞めることで他に運営に意見を言えるようなメンバーがほとんどいなくなる。現在は、生駒里奈くらいしか意見を言えるメンバーはおらず、不人気メンバーの不満はマグマのようにたまってきているそうです」(アイドルライター談)

     しかも、ほとんどの人気メンバーが、ある爆弾を抱えているという。

    「橋本とともに御三家と呼ばれた人気メンバーの白石、松村沙友理は共に24歳となり、アイドルの定年と言われる25歳に近づいている。白石に関しては、モデル業などで女性人気もあるためグループを卒業したがっているそうで、不倫スキャンダルで人気の落ちている松村も、橋本の完全引退を聞いて心が揺らいでいるという。

     現状は運営側が給料アップや休みを与えることでつなぎとめているようですが、来年までには2人共卒業か引退は確実と言われる。白石、松村共に雑誌撮影などで他の事務所のモデルやタレントと意見交換する機会も増えているため、自分たちの仕事量に対しての給料の安さに驚かれているとか。外部での仕事に加え、CD発売、コンサート、握手会も任されると本当に休日は無いですからね。白石がセミヌード写真集を出したのも、モデル仲間に後押しされてのことだったようですから、完全に気持ちは乃木坂46からは離れている。さらにさらに、二人揃って直近の握手会を欠席するなどいままでにない動きもあるため、Xデーは近いようです」(スポーツ新聞記者談)

     全く知名度のない西野七瀬を主軸にしても地下アイドルのような活動しかできなくなるだけに、白石、松村が卒業をしたらあっけなく乃木坂46は崩壊することだろう。
    RANKING


    no title
    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170309-02309109-tocana



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489034984/

    【【芸能】乃木坂46が崩壊の危機!橋本奈々未の卒業コンサートから異変!白石麻衣、松村沙友理も引退に心揺らぐ!Xデーは近い?】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    w342c-e_67ce1e666f4ad65c6931ff38aacf801d6be020211b8e26c0


    1: 名無しさん 2017/03/09(木) 17:33:08.78 _USER9

    今年10月スタートの次々期NHK連続テレビ小説「わろてんか」のヒロイン役を女優・葵わかな(18)が務めることが決定し、9日、大阪市の同局で発表会見が行われた。

     同作は、吉本興業創業者の吉本せいさんがモデルで、明治から昭和を舞台にヒロイン「藤岡てん」が寄席経営を始め、笑いをビジネスにしてゆく奮闘記。

     2378人が参加したオーディションで選出された葵は「きのう(合格を)聞いたばかりで、まだ受け止められていない自分がいますが、やってやるぞ!とワクワクです」と決意を語った。

     過去に朝ドラのオーディションは「べっぴんさん」などで2回挑戦するも落選し、3度目の正直で合格。

     前日に「最終面談」と称して大阪に呼ばれ、落選を匂わされたうえ、一発芸でEテレ番組の「ニャンちゅう」のモノマネでややスベった後に、合格を知らされたという。手の込んだ合格発表に「わけが分からず、口がふさがらなかったです、何も考えられなくなりました」と“抗議”した。

     葵は慶応大学総合政策学部に合格しており今春から進学予定。しかし、今後は来春までハードな撮影日程が続くため、報道陣から留年覚悟?と問われると「きのう決まったばかりですし、4日前に高校を卒業したばかりで、入学式もまだですし。行ってみないと分かりません。あきらめてません」と元気に返していた。

     神奈川出身だが、吉本新喜劇は東京公演を鑑賞したことがあるといい、好きな芸人を聞かれると「お名前は知らないんですが、チンピラの格好をしてギターを弾く方です」と、吉本新喜劇の松浦真也(40)を挙げ、マニアックな回答で、笑いを誘った。

     この日は、会見前に吉本新喜劇でおなじみ「ズッコケ」で登場する案も打診されたという。会見で同席した後藤高久・制作統括が「まだ本物の大阪人の前でやるにはハードルが高いので」と断念したことを説明すると、葵は「あれ、本気だったんですか!?」と大阪のノリに目を丸くしていた。

     笑いをテーマにした作品について「ヒロインと一緒に成長していきたいです。皆さんの毎朝の心のウォーミングアップになる作品にしたいです」と決意を語った。
    RANKING


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00000100-dal-ent



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489048388/

    【【NHK】今年10月スタート「わろてんか」朝ドラヒロインに葵わかな!3度目の正直で合格!慶応大学に合格も留年覚悟?→「セクシー女優かと思った」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    Cu4oroeUsAAWW-h


    1: 名無しさん 2017/03/09(木) 09:30:01.06 _USER9

    三軒茶屋や下北沢といった若者の街を好む二階堂ふみ(22)が、この日は都内屈指の高級住宅街を歩いていた。胸元には、真っ赤なセーターを着せた柴犬が抱きかかえられている。その横には丸メガネをかけた長身のイケメンが寄り添っていた。地面に下ろすと、柴犬は大ハシャギ。二階堂がその様子を愛おしそうに見つめ、つられてイケメンも笑顔になった。時折、顔を見合わせて笑う二人。幸せな光景だ。

     散歩を終え、マンションに戻ると、事務所の送迎車が近くで待っていた。二階堂はそのまま車で仕事に向かったのだが、イケメンは、柴犬を連れてそのマンションの中へ入って行った。

     実はここ、このイケメン―一昨年まで人気ファッション誌『メンズノンノ』でモデルを務めていた米倉強太(22)の自宅マンションなのだ。

    「米倉はモデルをするかたわら、多摩美術大学で映像を学び、映像制作会社を起業した映像作家です。二階堂は坂口健太郎らメンノンのモデルと親しくしていましたから、その線でつながったのかもしれませんね」(芸能プロスタッフ)

     2月下旬のある日には、買い物を終えた二階堂がこのマンションに帰宅し、翌朝、事務所の送迎車に乗って仕事に出かける姿も本誌は確認している。事務所公認の半同棲ということだろう。

     FRIDAY最新号では、二人のツーショットも掲載している。
    RANKING


    大量の荷物を抱えて米倉のマンションから仕事へ向かう二階堂
    no title
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170309-00010000-friday-ent


    【芸能】雑誌「プレイボーイ」の二階堂ふみ効果?今年のハロウィンはバニーガールを選ぶ女子が急増中?→「いい尻だ」「昭和のお尻」
    http://m9now.blog.jp/archives/51985954.html

    【テレビ】ぐるナイ「ゴチになります」新メンバーは女優の二階堂ふみ!「なんでオファー受けたの」→「知名度を広めたくて」にメンバー爆笑!
    http://m9now.blog.jp/archives/51967890.html




    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489019401/

    【【FRIDAY】二階堂ふみ、また熱愛報道!イケメン映像作家・米倉強太と半同棲!「aikoから星野源を奪った女」「こいつ男の話題ばっか」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    3e50638ab91c9f23246bcacf1bd008a2


    1: 名無しさん 2017/03/07(火) 09:01:39.96 _USER9

    80年代、「楽しくなければテレビじゃない」をスローガンに掲げ、ドラマやバラエティでヒットを連発したフジテレビ。それが今では「嫌いな局」の代表格となり、看板「月9ドラマ」は最低視聴率を更新と、負の連鎖が止まらない。放送されない「地割れ」寸前のお台場危機と、「涙の内幕」をレポート!


    「このままでは『月9』に出演したいという俳優がいなくなってしまう‥‥」

     寂しそうにこう嘆くのは、フジテレビ関係者だ。「月9」といえば、80年代後半には20%超えが当たり前のフジの看板枠。ところが、現在放送中の「突然ですが、明日結婚します」は瀕死の状態に追い込まれている。初回視聴率が8.5%でつまずくと、立て直せないまま2月20日放送の第5話では6.2%と、月9史上最低視聴率を更新したのだ。前出・フジ関係者が、企画段階からのバタバタ模様を明かす。

    「本当は竹野内豊(46)を主演に迎える予定でしたが、企画がつまらなくて最終段階で断られてしまった。急遽、別企画を立て、スケジュールのあいていた西内まりや(23)に主演の白羽の矢が立ったんです。共演者も慌ててキャスティングしたのですが、これほど知名度の低い役者が集まった月9は初めてでしょう」

     華やかな時代は遠ざかったが、ドラマ内容は「あの頃のまま」というのが惨敗の原因のようである。美男美女2人のリアルな「結婚観」をテーマしたという今作は、キャリアウーマンの西内が結婚して専業主婦になることに憧れる中、生涯独身を貫くイケメンアナと恋に落ち、しだいに引かれ合うラブストーリー。

    元テレビプロデューサーで上智大学教授(メディア論)の碓井広義氏はこう指摘する。

    「ストーリーを聞いただけで、情けないほど薄っぺらなバブル感が漂います。月9枠は昨年もひどくて、福山雅治さん主演の『ラブソング』はヒロインとの年齢差が離れすぎて恋愛ドラマとしてリアリティがなかった。視聴者の目も肥えていますから、まず大事なのはどれだけ練られた脚本なのかということです。今回のように陳腐な話とチープな役者では‥‥。西内さんも、月9のヒロインとしては弱い。出演者ありきで物語を乱造するフジと、視聴者の感覚は大きくかけ離れている。若い世代には、『いまだに月9“なんか”見てるの?』と嘲笑される“看板”になってしまった」

     視聴率回復の兆しは見えず、危険水域に突入したが、今のところ月9からの「撤退」は聞かれない。元日本テレビプロデューサーの村上和彦氏は語る。「恋愛モノの作品が多いので、F1層(20歳から34歳の女性)に人気があります。F1層は流行に敏感で購買につながるので、月9の放送時間枠はスポンサーが集まりやすいんです」

     日テレの「笑点」は高視聴率だが、視聴者のシニア層の購買行動が弱いため、放送時間枠のCMは高く売れないという。

    「フジは視聴率がよかった時の単価でCMを売ろうとしているので、言い値での販売に苦戦している話も聞きます。それでも他の番組より高く売れる月9を簡単に終わらせることはないでしょう」(前出・村上氏)

     “腐っても月9”にまだ価値はあるということか。
    RANKING


    no title
    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170307/Asagei_76448.html


    【ドラマ】月9史上初の視聴率5%台!西内まりや主演 「突然ですが、明日結婚します」3週連続でワーストを更新!→「来週には4%台だなw」
    http://m9now.blog.jp/archives/51992487.html




    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488844899/

    【【ドラマ】フジテレビ関係者が嘆く!「このままでは『月9』に出演したいという俳優がいなくなってしまう」→「もういないんだよ」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ