【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ














































    カテゴリ: 芸能@俳優・女優

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    cd8bd2b4fa4e0cf27e9d3b3721844e06


    1: 名無しさん 2017/03/14(火) 14:28:24.45 _USER9

    能年玲奈から改名した女優・のんが先日、電動アシスト自転車「BESV」新モデル発表会に出席した。かつてのんが所属していた芸能プロダクション・レプロエンタテインメントは今年に入って、宗教団体「幸福の科学」への出家を表明した女優・清水富美加と契約トラブルになっていることもあり、複数のテレビ局が取材に訪れたが、やはり放送されることはなかった。まだまだレプロからテレビ局に対する圧力はあるのだが、最近はそれもかなり弱まってきているという。


     NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で大ブレークしたのんだが一昨年、レプロからの独立騒動 が勃発。週刊誌などのメディアを通して揉めた末に昨年、レプロとの契約満了となり、本名の能年玲奈からのんに改名して活動を再開した。

    「レプロから『能年を使うな!』という指令がメディア全体に出たため、芸能界とは関係ない一部のメディアを除いて、テレビ局など大手メディアに登場することはほとんどなくなった」とワイドショー関係者。

     それでも声優として主演を務めたアニメ映画「この世界の片隅に」がヒットするなど存在感を増してきたのんは「BESV」のイメージキャラクターとなり、このたびPRイベントに登場した。

    「能年と同じく、清水もレプロと揉めたばかりとあって、テレビ局や普段からレプロと付き合いがあるメディアなどが集結。清水に関する質問も飛びました。だけどその模様がキー局で放送されることはなかった」と広告代理店関係者。

     もちろんその理由は、裏でレプロがテレビ局に手を回したからなのだが、さすがにのん、清水と立て続けに契約トラブルを起こしてレプロの力も弱体化してきたようだ。かつては高圧的な態度で有名な事務所だったが、清水騒動以降は態度をかなり軟化させてきたという。

    「そもそも能年のイベントを、ワイドショーやスポーツ紙が取材することすら今まではあり得なかった。それだけレプロの圧力が下がってきた証拠です。今回もテレビ局に対しては今までの命令口調とは違って、お願いのような形で放送を何とか見送ってもらうことに成功した。それと同時に、現場に行ったスポーツ紙記者から情報収集までしていました」と前出関係者。

     テレビ局への支配力が落ちているレプロは何とか力を維持するために、これまで以上に所属の看板女優・新垣結衣をフル稼働させることになるという。

    「新垣は7月スタートのフジテレビドラマ『コード・ブルー』に出演。さらにまだ時期は未定だが、その後にTBSで『逃げるは恥だが役に立つ』の続編も放送される予定となっている。ここ最近は露出を絞ってきた新垣だが、レプロは他のテレビ局にも積極的に協力していく姿勢。新垣の出演と引き換えに、影響力を保とうという戦略だ」とテレビ局関係者。

     新垣はまだ若手だった頃、仕事が詰まり過ぎたため、一時はパンク寸前まで陥った。それからは余裕を持ったスケジュールとなったのだが、レプロのために再び若手時代のように働くことになりそうだ。
    RANKING


    no title
    https://news.infoseek.co.jp/article/tocana_51104/



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489469304/

    【【芸能】看板女優・新垣結衣をフル稼働!弱体化したレプロの支配力維持のため?→「後のガッキーの乱」「ガッキーが独立すれば全て解決」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    2014-1201_oms-0224


    1: 名無しさん 2017/03/14(火) 00:09:05.09 _USER9

    ドラマ『カルテット』(TBS系)が、3月21日の放送でついに最終回を迎える。主役の高橋一生(36)は、理屈っぽいビオラ奏者。どこか切ない役どころを見事に演じきり、女性の間で大ブレークしている。その人気ぶりは“ポスト星野源(35)”と呼ばれるほどだ。


    これまでの地道な努力が実って人気俳優の座を射止めた高橋。しかしその人気が生まれた背景には、過酷な試練を乗り越えてきたつらい過去があった。

    子役として8歳でデビューしてから19年。なかなか芽が出なかった高橋。だが07年、大河ドラマ『風林火山』と『医龍2』出演がきっかけで注目の若手俳優の1人に。翌08年には連続ドラマ2本、映画1本、舞台3本と引っ張りだこだったのだが――。

    「病魔が高橋さんを襲ったのは、そのころ。彼にはずっと鼻の右側にデキモノがありました。彼はそれが気になって08年秋に病院に行ったそうです。そしたら『すぐに手術して腫瘍を摘出する必要があります』と深刻な診断が。鼻の内側ではなく表面からメスを入れる手術だったため、傷痕が残ってしまう可能性も指摘されたそうです」(演劇関係者)

    “役者生命”に関わる手術だけに、相当な葛藤があったことだろう。しかし予断を許さない状態だったため、高橋は苦渋の決断を強いられたという。

    「09年に摘出手術をうけたそうです。手術は無事成功したそうですから安心したとか。でも、鼻に大きい手術痕が残ってしまって……」(前出・演劇関係者)

    役者としての成功が目前に近づいていた高橋は人生の岐路に立たされていた。

    「手術直後は、今よりも傷痕が目立っていたそうです。病気が完治するのかという不安を抱えての半年間の闘病生活。まだこれからの俳優としては、絶望してもおかしくない状況だったと思います」(前出・演劇関係者)

    よほど大変な手術だったのだろう。術後8年経った今でも高橋の鼻には傷痕が残っている。

    「写真だと修整しているからか分からないのですが、テレビなどの映像は修正ができないので傷痕が分かります。事務所は写真掲載に気をつかいリタッチすることも。話題になった『an・an』のグラビアは手術痕が隠れるような角度の写真ばかりでした」(芸能関係者)

    再発の不安と鼻の手術痕。だが手術から半年後、仕事を徐々に取り戻していった。手術をした09年には10月に『ガス人間第一号』という舞台の仕事が1本しか入っていなかったが、10年3月にはドラマ『SOIL』で復帰できるほど鼻の傷痕も目立たなくなっていった。

    「手術後はじめての仕事は舞台でした。テレビや映画になるとどうしても顔がアップになり傷痕が見えてしまいますが、舞台なら観客が遠いから平気だという理由です。早すぎる復帰に『まだゆっくり休んだほうがいいんじゃないか』と、みんな彼の体調を心配していました。でも、彼の回復力は凄まじいものでした。一見ナイーブに見えますが、精神的にも強い人なんだと感心しましたね」(前出・演劇関係者)

    復帰後はどんどん仕事が増え、そしていまや、大河ドラマ『直虎』の準主役を張るまでに。 病を乗り越えた高橋に芽生えたのは“不屈の役者魂”だった。
    RANKING


    no title
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170314-00010004-jisin-ent



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489417745/

    【【芸能】高橋一生、役者生命の危機!鼻の手術痕に刻まれた極秘闘病半年!「高須がいっちょカミしそう」「良い役者だから気にならん」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    51339020-800x1024


    1: 名無しさん 2017/03/14(火) 14:41:07.26 _USER9

    3月14日は男性から女性に秘めていた想いや感謝の気持ちを贈るホワイトデー。“義理”でもらっていたバレンタインチョコの返礼として、密かに恋心を募らせていた相手に愛を語ることもできる、とっておきの日でもある。春も近づき、気分も高揚してくる季節にちなみ、ORICON NEWSでは毎年恒例の『恋人にしたい女性有名人ランキング2017』を発表。第10回目となる今年は、女優の【新垣結衣】が、昨年までのV3を達成していた綾瀬はるかを抑え、4年ぶりに1位を獲得した。

    ■『逃げ恥』効果で首位奪還!! 改めてガッキーの魅力を再認識した視聴者も

     1位にランクインしたのは【新垣結衣】。新垣と言えば、“清楚”という文字を体現したかのような清廉潔白なイメージで長年に渡り世の男性を虜にしてきた存在。だが、ここ最近の更なる人気上昇ぶりは、昨年10月期放送のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で“契約結婚”を行う森山みくり役に間違いなく起因している。

    同作は「ムズムズするけど胸キュンする」という“ムズキュン”の恋愛模様だけでなく、主題歌である星野源「恋」を出演者が踊る“恋ダンス”も話題に。新垣といえば、ほぼ10年前に「ポッキー」(江崎グリコ)のCMでダンスをする姿で世間的知名度を勝ち取ったことで知られている。そんな新垣とダンスの親和性は業界内でも注目され、つい先日、新垣がユニクロ新CMで「ゆるりと着て、凛とする」がテーマの“ゆるりんダンス”を披露すると発表されたばかり。大人しいイメージの新垣が踊るインパクトは大きく、昨年の『紅白歌合戦』(NHK総合)に新垣は審査員として出演。星野が「恋」を歌う際には、“マジ照れ”しながら審査員席で手の振りだけを披露したことも話題を呼んだ。

     新垣のそんな奥ゆかしい姿に、「嫌みがなくてナチュラルなところが好き。出しゃばらなくて控えめで真面目な性格も良い」(奈良県/30代)と、世の男性たちは好評価。さらに「とりあえず、そこに存在してくれるだけでいい」(神奈川県/50代)、「全てが理想的」(愛媛県/20代)など、もはや、すべての男性を癒す崇拝の対象とさえ見られているような意見も散見され、その絶大な人気ぶりが理解できる。

    ■大人の魅力増した綾瀬はるかも磐石の強さを証明

     昨年まで3年連続首位を記録していた【綾瀬はるか】が2位にランクイン。彼女にしか出せない、無垢でピュアな魅力を見せてきた彼女だが、30代に突入し、大人の色香を漂わせた、より表現力が求められる演技にも挑戦。『放送90年 大河ファンタジー 「精霊の守り人」』(NHK総合)では、女用心棒・バルサ役で、凄腕の槍使い役としてアクションシーンにも果敢に挑むなど新たなチャレンジを続けている。その一方、映画『海賊とよばれた男』では、社長の妻として住み込みで働く社員を我が子のように面倒を見る国岡ユキ役を好演。この役のように気骨さを持ちながらも、優しく周囲を見守る“強い女性”を演じる姿も堂々たるものとなってきた。

     彼女の主な支持理由は、「凛とした感じがいい」(石川県/40代)、「裏表がなく性格もよさそう。よく笑うので一緒にいて楽しそうだから」(埼玉県/20代)と、内面から出る彼女の芯がありながらも柔和なイメージが世の男性を魅了している。だが、バラエティ番組などで垣間見せるキュートな“天然発言”でも知られる綾瀬だけに「天然なところがまたかわいい」(兵庫県/30代)、「かわいいのはもちろんだけれど、いっしょにいるだけで楽しくて、癒されそう」(愛知県/40代)と、裏表のないナチュラルな美しさが大きな魅力となっているようだ。

    ■何色にも染まれる、多彩な演技力を持つ若手女優・有村架純が存在感

     3位には女優【有村架純】がランクイン。2016年だけで主演映画『夏美のホタル』など4本の映画に出演。さらに、今年は、“悪女”役に挑む映画『3月のライオン』など3本がスタンバイ中。その上、4月3日スタートの連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK総合)のヒロインに選ばれるなど、まさに“旬の女優”として八面六臂の活躍を見せている。CMでは「KDDI au三太郎シリーズ」でかぐや姫(かぐちゃん)を演じるなど、愛嬌があって、どんな役にも染まれる多彩な演技力は折り紙付きだ。

     昨年は『紅白歌合戦』の司会を務めて知名度を向上させたこともあり、40代、50代の男性たちも支持し、「おじさん殺しの笑顔が良いですね」(鳥取県/50代)との声も。もちろん同世代も多く「可愛いし若いのにしっかりしてるし明るいから」(大阪府/30代)など有村はまだ24歳ながら今後の演劇界を背負っていく人材だと男性からも注目を集めている。また、「ハムスターに似ていて可愛いから」(京都府/20代)と動物になぞらえてエールを送る意見もあった。


    ■新たな魅力を開花させた深キョン、アイドルから唯一TOP10の乃木坂46・白石麻衣にも注目

     5位に入賞した女優【深田恭子】は、ここに来ての人気が急浮上。34歳を迎えて、ドラマ『下剋上受験』(TBS系)では、中学受験を目指す小学6年生の母親役を演じたことも話題に。さらに昨年は、2種類の写真集『AKUA』、『This is Me』を発売。ハワイでサーフィンに挑む小麦肌を披露し、変わらぬ美しさを証明。さらに、Instagramを積極的に更新するなど、かつての“お姫様”的な存在からよりリアルな等身大の女優として新たな魅力を開花させた。その姿勢を「大人になって色気が増したから」(埼玉県/40代)など、同世代や年長者からの支持が集まった。

     また、タレントのDAIGOと結婚したことで世間を驚かせた【北川景子】は7位にランクイン。ドラマ『家売るオンナ』(日本テレビ系)では「私に売れない家はありません!」と豪語する自信家の三軒屋万智をコミカルに演じ、その役柄とも相まって「美人で有りながら、愛嬌やユーモアも持ち合わせる理想型」(兵庫県/50代)との意見も挙がるなど、結婚しても変わらないエヴァーグリーンな美しさを世に誇示している。

    さらに、女性アイドルグループからは乃木坂46【白石麻衣】が10位にランクイン。アイドルのランクインは2013年のAKB48・柏木由紀以来となるTOP10入賞となった。白石は2ndソロ写真集『パスポート』が、女性ソロ写真集として初の週間10万部突破し、歴代最高記録を達成。「隣で歩いていたら自慢できる」(愛知県/30代)など、その類まれなる美貌を評価する声が多かった。

     アンケートを読み解いていくと、やはり世の男性が女性に求めるものは表層的な美しさだけでなく、新垣が象徴するように内面的な癒しのオーラや清楚で奥ゆかしい姿勢。そこに綾瀬や有村のような愛嬌を持っていれば、まさに鬼に金棒。男性にとって女性芸能人たちは、 “永遠の憧れ”であることはいつの時代も変わらないのだ。

    【第10回 恋人にしたい女性有名人ランキングTOP10】

    1位 新垣結衣
    2位 綾瀬はるか
    3位 有村架純
    4位 石原さとみ
    5位 深田恭子
    6位 広瀬すず
    7位 北川景子
    8位 桐谷美玲
    9位 長澤まさみ
    10位 白石麻衣
    RANKING


    no title
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0314/ori_170314_1038974460.html



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489470067/

    【【話題】第10回「恋人にしたい女性有名人」ランキング!4位石原さとみ、5位深田恭子、6位広瀬すず、7位北川景子!「メイドに欲しい」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    Cu4oroeUsAAWW-h


    1: 名無しさん 2017/03/12(日) 06:13:55.08 _USER9

    ドラマや映画で華々しく咲き誇る女優たち。目を引くのはその美しさだけではありません。さまざまな役を演じる彼女たちの演技に魅せられてしまいます。


     そこで女子SPA!では、今回は30代の女性を対象に、「この人、演技が上手いな〜」と思う若手女優を聞いてみました(※)。

    ===============

    演技力があると思う女優ランキング(複数回答)

    10位 二階堂ふみ 11.5%

    9位 真木よう子 13.0%

    8位 黒木華 14.5%

    7位 沢尻エリカ 15.0%

    6位 多部未華子 15.0%

    5位 蒼井優 15.5%

    4位 尾野真千子 17.5%

    ===============

     10位には若手実力派、二階堂ふみがランクイン。映画『ヒミズ』でヴェネツィア国際映画祭新人賞、映画『私の男』でニューヨーク・アジア映画祭ライジングスター・アワードなど数々の賞を受賞しました。彼女はあの若さでとても艶っぽいんですよね。同世代として映画『桐島、部活やめるってよ』などで同じく演技力に定評がある松岡茉優が15位に。

     23歳でベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞した8位黒木華は、今最も将来を嘱望される女優の一人。先日発表された日本アカデミー賞では、映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』で優秀主演女優賞を受賞しました。映画『小さいおうち』に代表される和装が似合うしっとりとした演技もさることながら、昨年はドラマ初主演を飾った『重版出来!』(TBS系列)の女性編集者役がとても可愛らしかったです。

     なお、昨年日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞を受賞した安藤サクラは14位。彼女もドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系列)で初めてヒロインを演じ話題になりました。

     さて、黒木華と雰囲気がよく似ていると言われる蒼井優は5位。彼女も日本アカデミー賞をはじめとする数々の映画賞の常連。映画『フラガール』『ハチミツとクローバー』などの透明感のある女の子役で光っていましたが、近年は映画『るろうに剣心』シリーズや映画『岸辺の旅』などで演じた芯の強い大人の女性役がハマっています。

    ◆3位 宮あおい 21.5%

     宮あおいも毎年のように日本アカデミー賞にノミネートされる本格派。今年は映画『怒り』で優秀主演女優賞を、映画『バースデーカード』で優秀助演女優賞を受賞しました。

    『怒り』では役作りのために7kg増量したとか。訳ありのハスッパな女性も彼女が演じるとなんとも可愛くて魅力的。そして、恋人に対する愛情と疑念の間で激しく葛藤する姿が胸に突き刺さりました。いつまでも変わらないみずみずしさがあり、今の日本映画界になくてならない女優ですよね。

    ◆2位 菅野美穂 27.0%

    『イグアナの娘』(テレビ朝日系列)に始まり、『働きマン』(日本テレビ系列)、『曲げられない女』(日本テレビ系列)など数多くの人気ドラマで主演を務めてきた菅野美穂。

     堺雅人との結婚・出産を経て昨年4年ぶりに『砂の塔〜知りすぎた隣人』(TBS系列)で連続ドラマの主演を務め、二人の子を持つ母親を熱演。そのダメ親っぷりに本気でイライラさせられたり、涙を誘われたり、衰えない迫真の演技で画面に引き付けられました。

    ◆1位 満島ひかり 43.5%

     堂々の1位にランクインしたのが、映画『愛のむきだし』で絶賛されて以来こちらもさまざまな賞を総なめにしている満島ひかり。

     昨年放送のドラマ『トットてれび』(NHK総合)では黒柳徹子を演じ、その完璧な役作りが注目されました。見た目はもちろん佇(たたず)まいも話し方もそっくり。アドリブは黒柳徹子本人に「いかにも私が言いそう」と評価され、彼女の演技にすっかりハマってしまった人が多かったよう。

     現在、ドラマ『カルテット』(TBS系列)に出演中。彼女の口から発せられるセリフは、抑揚や表情とともに惹きつけられます。

     優しくもタフな名女優たちの演技は見ていると思わず全神経を注いでしまいます。これからもうっとりしてしまう素敵な演技を期待!

    ※【調査概要】

    調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(30代女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

    調査期間:2017年2月18日〜2月19日

    有効回答者数:30代女性200名

    <TEXT/林らいみ>
    RANKING


    6091_original
    https://news.infoseek.co.jp/article/joshispa_20170310_00670404/



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489266835/

    【【芸能】「演技力があると思う女優」ランキング!4位尾野真千子、5位蒼井優、6位多部未華子、7位沢尻エリカ!「珍しく納得のランキング」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    2021908_201606240396409001466773937c


    1: 名無しさん 2017/03/10(金) 13:25:33.75 _USER9 BE:511393199-PLT(15100)

    日本テレビ系情報番組「ZIP!」の人気料理コーナー『MOCO'Sキッチン』に対し、「オリーブオイルの量が多すぎる」と問題視する意見が放送倫理・番組向上機構(BPO)に寄せられた。


     俳優の速水もこみちさん(32)が担当する同コーナーは、大量のオリーブオイルを惜しげもなく使う「もこみち流」の調理法が人気を呼んでいる。実際、過去の放送では、1品の料理を作るためにオリーブオイルを「まるまる一瓶」使い切る場面もあった。

    ■「視聴者の健康や家計などに配慮するべき」

     BPOは2017年3月8日、17年2月に視聴者から寄せられた意見の概要を公式サイト上で公表した。その中では、BPOに先月届いた全1713件の視聴者意見のうち20件を抜粋して紹介している。そこで取り上げられたのが、

      「朝の情報番組に、人気俳優の出ている料理コーナーがある。そこで使われているオリーブオイルの量は、料理一品に対して多すぎるのではないか」

    という苦情だ。この意見では、さらに「オリーブオイルは体に良いものであっても、使い過ぎるとどうなのか」との疑問を呈しており、

      「そもそも、(オリーブオイルが)安価で簡単に手に入るものなのか疑問だ。視聴者の健康や家計などに配慮するべきではないか」

    とも訴えている。具体的な番組名は公表されていないが、内容からして『MOCO'Sキッチン』を指したものと見て間違いないとみられる。

     2011年4月にスタートした『MOCO'Sキッチン』は、料理を担当する速水さんがオリーブオイルを「これでもか!」と多用する姿がSNSで大人気に。番組では、完成した料理にも仕上げにオリーブオイルをかけるのが「定番」となっていて、これを称して「追いオリーブ」なる造語まで誕生した。

     こうした人気にあやかり、13年2月には速水さんがプロデュースするオリーブオイルが発売された。これは1本450グラム入りで税込5250円と高額だったが、すでに限定発売された15000本が完売している。

    BPO「事実かどうかは確認した上で掲載しています」

     なかでもファンの間で「神回」と呼ばれているのが、一瓶のオリーブオイルを丸々使い切った16年3月8日の放送だ。このときのメニューはオイルを多用する「アヒージョ」だったものの、速水さんは「たっぷり使っちゃいましょう」と笑みを浮かべて一言。その直後、瓶を高々と掲げて豪快にオイルを鍋へ投入していた。

     そんな速水さんのオリーブオイルの使い方は、BPOに苦情が届いた17年2月の放送でも「ド派手」だった。

     とくに17年2月27日放送の「もこみち流 イベリコサラミとシュリンプのベジタブルピラフ」というレシピでは、具材を炒めるためにオリーブオイルをフライパンにたっぷりと。その量はすさまじく、焼くというよりも「揚げる」という表現が近いほどだった。

     ただ、こうした『MOCO'Sキッチン』のスタイルはファンに愛されていることもあり、今回BPOが取り上げた苦情に対しては、

      「オリーブオイルが主役だから」
       「もこみちがオリーブオイルたっぷりかけるところが見たいんだよ」
       「オリーブオイルで揚げた事すらあっただろ?いまさらかよ」

    といった声がツイッターやネット掲示板に出ている。

     なお、BPOの広報担当者は3月9日のJ-CASTニュースの取材に対し、「どの意見を抜粋して紹介するかの基準は公表していません」と説明。ただ、

      「ですが、寄せられた意見の内容が事実かどうかは確認した上で掲載しています」

    とも話していた。

     一方、日本テレビは取材に対し「広報部の担当者が不在」とだけ回答した。
    RANKING


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170310-00000001-jct-soci



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489119933/

    【【テレビ】「MOCO'Sキッチン」に苦情、BPOが公開!「オリーブオイル使いすぎ」「視聴者の健康や家計などに配慮するべき」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ