【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ


















    Powered By 我RSS


























    カテゴリ: 芸能@芸人・タレント系

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    mig (7)


    1: 名無しさん 2017/03/27(月) 21:28:36.82 _USER9

    男性にとって「女性のすっぴん」姿は気になるもの。バッチリと化粧している普段の姿とのギャップに思わずドキッとした経験もあるだろう。しかし、一方で「見ないほうがよかった」と幻滅してしまうことも。


    26日放送の『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)で有吉弘行(42)が語った、すっぴんを見て声が出なくなったという女性タレントが話題に。

    ■有吉、ギャル曽根のすっぴんを見て「マジでブス」

    番組では大食い対決をすることに。その中で、大食いタレントとしてギャル曽根(31)の名前が上がった際に、有吉は「ビビるからな。マジですっぴんな、ブスで」と大食いとは関係のない話に。

    「声が出なくなるからな。初めて見たとき」とそのときの感想を語った。思わず、「曽根ちゃんの代役の人ですか...」と言いたくなるような容姿で、見てはいけないものを見てしまった感覚だったとのこと。

    テレビの企画等で何度かすっぴん姿が披露されていることもあり、ネット民からも有吉に同意する意見があがった。

    ・俺も初めて見たときにギャルメイクって罪なんだなって思った

    ・一度ショックを受けると、彼女とかにも簡単に「すっぴんが見たい」と言えないよね

    ・あくまでも「すっぴん風」のキレイな顔が好きなのであって、すっぴんは見たくないんだなって...

    ・逆に言えばメイクすれば誰でもギャルになれるってすごい世界だよ

    ■男性は「すっぴん」好きが8割

    しらべぇ編集部が全国20〜60代の男性693名に「化粧顔とすっぴん」のどちらが好きかについて調査したところ、8割以上が「すっぴん」と回答。

    圧倒的に「すっぴん」派が多いことが明らかに。とはいえ、女性からは「すっぴんじゃなくて『すっぴんでもキレイな人』が好きなんでしょ」という意見も...。

    もしも、バッチリと化粧がキマっている女性がいたとしても、そのすっぴんはパンドラの箱なのかもしれない。
    RANKING


    no title
    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170327-17973168-sirabee



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490617716/

    【【芸能】有吉弘行が 「マジですっぴんがブス」 と暴露した女性タレントGとは?→「言わなくてもわかる」「手島優も凄かった」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    C0CkQgLUUAEhGjr


    1: 名無しさん 2017/03/27(月) 10:57:32.97 _USER9

    お笑いタレントの藤井隆(45)が26日放送の日本テレビ系「おしゃれイズム」に出演し、妻でタレントの乙葉(36)とのラブラブな結婚生活を明かした。


     俳優としても活躍する藤井だが、昨年はTBS系連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の最終回で、乙葉と夫婦共演して話題となった。

     2人は05年5月に結婚。特に藤井が乙葉にメロメロのようで、プライベートでも親交があるタレントのYOUが藤井の愛妻家ぶりを明かすと、藤井は顔を隠して照れまくった。

     乙葉の顔や外見が好きでたまらないという。これまでの結婚生活でほとんどケンカはないそうで「(乙葉の)顔がほんとに好きなので、『もういいや』って思っちゃう」とノロケた。

     また、司会を務めるくりぃむしちゅーの上田晋也が、藤井と結婚前の乙葉と交際を報じられた過去があると告白。「ほんとに何にもないんだよ、なんにもないのに俺とうわさになったんだよね」と釈明したが、藤井は上田につかみかかって「お前、コノヤロー! 裁判だコノヤロー!」と激怒するフリで笑いを誘った。
    RANKING


    no title
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-01798449-nksports-ent



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490579852/

    【【テレビ】藤井隆、乙葉の「顔が好き」結婚12年の今もメロメロ!「俺に譲れ」「乙葉はアゲマン」「おっ◯いが好きなんだろw」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    matumotohitosi


    1: 名無しさん 2017/03/23(木) 17:38:39.40 _USER9

    元プロ野球選手でタレントの板東英二さん(76)が、新幹線における子ども連れの親の対応に不満を漏らした。


    板東さんは2017年3月21日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)に出演。番組では、先日話題になったJR北陸線内における車掌と少年のトラブルを取り上げた。車掌は切符確認時の少年の態度に腹を立て、胸ぐらをつかんで一喝したと報じられた。

    「僕らがあやすわけにいかんのだから」

    これを受け、スタジオではマナー違反を注意することの難しさが話題にのぼった。出演者からは自身が有名人であるために、なおさら注意しにくいという意見も出た。すると板東さんは「僕らはとりあえず我慢せにゃしょうがない」と嘆いた上で、次のように語った。

    「新幹線の中で、楽しいんでしょうけど、子供が泣いたら抱っこしてデッキぐらい行ったらいいじゃないですか。トイレでも(フタを)閉めとけば、ちゃんと便器に座れるんだから。そこでちょっとでもあやしてくれたらいいのに、それをしようとしませんもんね。泣くのは子どもの性(さが)というか。そうじゃないもん、周りは」

    「子どもは泣くのが仕事」とはよく言うが、狭い新幹線内において、周囲の乗客が皆そのように受け止めるとは限らない。であるからこそ、親は周囲に配慮して泣き出した子どもを連れてデッキ等に移動すべき...という主張のようだ。

    板東さんは

    「僕らが言うと(親は)『何だ!』っていうことになりますからね」
    「泣いてるんだから。僕らがあやすわけにいかんのだから、ご両親が何とかしてもらわないと!」

    とも続け、親の自主的な対応を求めた。

    「なんとかって言われてもなぁ」「快くは思ってないのも事実」

    坂東さんの発言に対しては、インターネット上にさまざまな意見が寄せられている。

    「なんとかって言われてもなぁ」
    「子供が育てにくい国、ニッポン」
    「新幹線の走っている音に赤ちゃんは怖がっているんじゃないかな。デッキにいったらもっとゴーってしていて、怖がる」

    といった反論が出る一方、

    「泣いてるのにスルーしてる親は腹立つ」
    「言い方はあれだけど、場所替えは有効だよね」
    「子供が泣くのは仕方ない、は事実だけど、内心快くは思ってないのも事実ではある」

    と、板東さんの意見に理解を示す声も上がっている。

    新幹線に限らず、公共の場における子どもの泣き声問題はインターネット上でも度々話題にのぼる。2015年にはダウンタウンの松本人志さん(53)がツイッターで「新幹線で子供がうるさい。。。子供に罪はなし。親のおろおろ感なしに罪あり。。。」(2月23日)と投稿し、注目を集めた。
    RANKING


    no title
    http://news.livedoor.com/article/detail/12837168/



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490258319/

    【【芸能】板東英二、新幹線で泣く子の親に「デッキくらい行ったら」松本人志「子供に罪はなし。親のおろおろ感なしに罪あり」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    1-40


    1: 名無しさん 2017/03/18(土) 13:32:54.85 _USER9

    「女子高生棋士」として知られる女流棋士でタレントの竹俣紅(たけまた・べに、18)が、4月に早稲田大学政治経済学部に進学することが17日、明らかになった。都内の名門私立高校に在学していた竹俣は、将棋部の強い早大、それも最難関の政経学部を私学の第一志望として受験勉強に励んでいた。「大学で得たことを今後の活動に生かしていきたい」と大学生活に意気込む竹俣。春からは学問を探究しながら、“女子大生棋士”として活躍する。


     フジテレビ系「ワイドナショー」の「ワイドナ女子高生」として美少女ぶりが注目された“女子高生棋士”が“女子大生棋士”に進化する。

     幼い頃から非凡な将棋の才能で注目された竹俣は、都内の名門中高一貫校に通いながら、棋士として活躍してきた。14歳でプロに。高校進学後にクイズ番組やワイドナショーに出演するようになり、美貌と知性が広く知られるようになってからも、成績は学校でも常にトップクラス。学校生活では勉強だけでなく、温かい人柄から友人や後輩にも慕われるなど、芸能活動、将棋、学業の“三足のわらじ”をはいてきた。

     多忙さから受験の準備開始が遅れたが、“学びたい学問が学べ、将棋が強い大学”という観点から、志望校を国立は東京大学文科三類、私大は早稲田大学政治経済学部に決定。猛勉強の末、東大は残念ながら不合格となったものの、多くの政治家や著名人を輩出してきた私大最難関・早大政経学部に合格した。

     今月3日には高校を卒業。竹俣は「他の受験生よりだいぶ受験勉強のスタートが遅れてしまい、本番に間に合うか不安もありました」と振り返ったが、「私大の第一志望である早稲田大学政治経済学部に合格でき、大変うれしく思います」と晴れ晴れ。「かねてより興味があった経済学やメディア論を学べる学部であり、大学将棋部も強いので、大学で得たことを今後の活動に生かしていきたいと思います」と大学生活に胸を躍らせていた。
    RANKING


    no title
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/03/18/0010010069.shtml



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489811574/

    【【芸能】「ワイドナ女子高生」竹俣紅が早大合格!テレビ出演で美少女ぶり話題の女子高生棋士!→「変なサークルに入んなよ」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    o045006760_28381 (1)


    1: 名無しさん 2017/03/14(火) 17:28:38.09 _USER9

    タレントの小倉優子(33)が、ヘアメイクアーティストの菊地勲氏(46)と3月3日のひなまつりに離婚していたことがわかった。慰謝料はなし。二人の子どもの親権は小倉が持つという。


     「二人は2011年10月に結婚、翌年第1子をもうけました。結婚後、小倉さんは芸能活動を抑え、育児に専念していましたが、破局のきっかけとなったのは昨年8月、第2子妊娠中のこと。夫と後輩タレントの不倫が発覚したことです。

     結婚会見の際、もし夫が浮気したら? の質問に小倉さんは『考えたこともなかった。とりあえず怒ると思います。世界一周旅行に連れていってもらいます』と明るく語っていましたが、浮気はありえないと思っていただけに、小倉さんのショックと怒りは相当だったようです。

     料理も家事も完璧で潔癖主義のところのある小倉さんだけに、不倫騒動後は二度と、夫と暮らすことはできなかったようです」(芸能プロ関係者)

     離婚前日の2日、「髪をカット」というタイトルでブログをつづった小倉。髪とともに、美容師の夫も“カット”したようだ。
    RANKING


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-00000007-ykf-ent



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489480118/

    【【話題】離婚の小倉優子、完璧で潔癖主義!関係者「不倫騒動後は夫と暮らすことができなかったよう」→「事務所の後輩と不倫は無理すぎる」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ