【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ


















    Powered By 我RSS


























    カテゴリ: 芸能@芸能全般

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    1031301_300


    1: 名無しさん 2017/03/21(火) 18:18:28.02 _USER9

    《本日まで数えきれないほど、山本裕典本人と話し合い、何度も熟考を重ねました。しかしながら、本日までの一連の諸事情を鑑み、山本裕典が弊社の考える基準に至らなかったため、契約内容に違反したと考え、断腸の思いで、契約を終了することにいたしました。》


     3月21日、俳優の山本裕典とのマネージメント業務委託契約を終了することを所属事務所である「エヴァーグリーン・エンタテイメント」がオフィシャルホームページで発表した。

     山本といえば、'05年に『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』で準グランプリを受賞して芸能界デビュー。その後、徐々に活躍の場を広げドラマや舞台で活躍し、最近もドロドロの不倫愛を描いたドラマ『不機嫌な果実』(テレビ朝日系)や、金曜ロードSHOW!  特別ドラマ企画『北風と太陽の法廷』(日本テレビ系)などに出演していた。

     その一方で、奔放なプライベートで“チャラい”姿を報じられてきた面もある。

    「元々、業界ではチャラいと有名な山本さんです。キャバクラやガールズバーに出入りしていることは六本木や西麻布界隈では有名でした。かつては『ベッド写真』が流出したこともありましたし、最近では写真週刊誌にアイドルの女性を“お持ち帰り”する姿も撮られていましたね」(スポーツ紙記者)

     そんな彼の仕事に変化があったのは1か月ほど前あたりだとテレビ局関係者は語る。

    「1か月ほど前から事務所が仕事を断っていたそうです。大きな舞台の主演オファーもあったそうですが、そういった仕事も辞退していたので何かあったのではと思っていたのですが……」

     今回、契約解除の理由は具体的に説明されていないが、「法的に問題になるような違反をしたわけではない」(所属事務所関係者)という。
    RANKING


    no title
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170321-00009317-jprime-ent



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490087908/

    【【芸能】山本裕典、所属事務所から契約解除されるも「法的な問題を起こしたわけではない」→「えらく急だな」「チャラそうだもんな」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    cd8bd2b4fa4e0cf27e9d3b3721844e06


    1: 名無しさん 2017/03/14(火) 14:28:24.45 _USER9

    能年玲奈から改名した女優・のんが先日、電動アシスト自転車「BESV」新モデル発表会に出席した。かつてのんが所属していた芸能プロダクション・レプロエンタテインメントは今年に入って、宗教団体「幸福の科学」への出家を表明した女優・清水富美加と契約トラブルになっていることもあり、複数のテレビ局が取材に訪れたが、やはり放送されることはなかった。まだまだレプロからテレビ局に対する圧力はあるのだが、最近はそれもかなり弱まってきているという。


     NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で大ブレークしたのんだが一昨年、レプロからの独立騒動 が勃発。週刊誌などのメディアを通して揉めた末に昨年、レプロとの契約満了となり、本名の能年玲奈からのんに改名して活動を再開した。

    「レプロから『能年を使うな!』という指令がメディア全体に出たため、芸能界とは関係ない一部のメディアを除いて、テレビ局など大手メディアに登場することはほとんどなくなった」とワイドショー関係者。

     それでも声優として主演を務めたアニメ映画「この世界の片隅に」がヒットするなど存在感を増してきたのんは「BESV」のイメージキャラクターとなり、このたびPRイベントに登場した。

    「能年と同じく、清水もレプロと揉めたばかりとあって、テレビ局や普段からレプロと付き合いがあるメディアなどが集結。清水に関する質問も飛びました。だけどその模様がキー局で放送されることはなかった」と広告代理店関係者。

     もちろんその理由は、裏でレプロがテレビ局に手を回したからなのだが、さすがにのん、清水と立て続けに契約トラブルを起こしてレプロの力も弱体化してきたようだ。かつては高圧的な態度で有名な事務所だったが、清水騒動以降は態度をかなり軟化させてきたという。

    「そもそも能年のイベントを、ワイドショーやスポーツ紙が取材することすら今まではあり得なかった。それだけレプロの圧力が下がってきた証拠です。今回もテレビ局に対しては今までの命令口調とは違って、お願いのような形で放送を何とか見送ってもらうことに成功した。それと同時に、現場に行ったスポーツ紙記者から情報収集までしていました」と前出関係者。

     テレビ局への支配力が落ちているレプロは何とか力を維持するために、これまで以上に所属の看板女優・新垣結衣をフル稼働させることになるという。

    「新垣は7月スタートのフジテレビドラマ『コード・ブルー』に出演。さらにまだ時期は未定だが、その後にTBSで『逃げるは恥だが役に立つ』の続編も放送される予定となっている。ここ最近は露出を絞ってきた新垣だが、レプロは他のテレビ局にも積極的に協力していく姿勢。新垣の出演と引き換えに、影響力を保とうという戦略だ」とテレビ局関係者。

     新垣はまだ若手だった頃、仕事が詰まり過ぎたため、一時はパンク寸前まで陥った。それからは余裕を持ったスケジュールとなったのだが、レプロのために再び若手時代のように働くことになりそうだ。
    RANKING


    no title
    https://news.infoseek.co.jp/article/tocana_51104/



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489469304/

    【【芸能】看板女優・新垣結衣をフル稼働!弱体化したレプロの支配力維持のため?→「後のガッキーの乱」「ガッキーが独立すれば全て解決」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    2014-1201_oms-0224


    1: 名無しさん 2017/03/14(火) 00:09:05.09 _USER9

    ドラマ『カルテット』(TBS系)が、3月21日の放送でついに最終回を迎える。主役の高橋一生(36)は、理屈っぽいビオラ奏者。どこか切ない役どころを見事に演じきり、女性の間で大ブレークしている。その人気ぶりは“ポスト星野源(35)”と呼ばれるほどだ。


    これまでの地道な努力が実って人気俳優の座を射止めた高橋。しかしその人気が生まれた背景には、過酷な試練を乗り越えてきたつらい過去があった。

    子役として8歳でデビューしてから19年。なかなか芽が出なかった高橋。だが07年、大河ドラマ『風林火山』と『医龍2』出演がきっかけで注目の若手俳優の1人に。翌08年には連続ドラマ2本、映画1本、舞台3本と引っ張りだこだったのだが――。

    「病魔が高橋さんを襲ったのは、そのころ。彼にはずっと鼻の右側にデキモノがありました。彼はそれが気になって08年秋に病院に行ったそうです。そしたら『すぐに手術して腫瘍を摘出する必要があります』と深刻な診断が。鼻の内側ではなく表面からメスを入れる手術だったため、傷痕が残ってしまう可能性も指摘されたそうです」(演劇関係者)

    “役者生命”に関わる手術だけに、相当な葛藤があったことだろう。しかし予断を許さない状態だったため、高橋は苦渋の決断を強いられたという。

    「09年に摘出手術をうけたそうです。手術は無事成功したそうですから安心したとか。でも、鼻に大きい手術痕が残ってしまって……」(前出・演劇関係者)

    役者としての成功が目前に近づいていた高橋は人生の岐路に立たされていた。

    「手術直後は、今よりも傷痕が目立っていたそうです。病気が完治するのかという不安を抱えての半年間の闘病生活。まだこれからの俳優としては、絶望してもおかしくない状況だったと思います」(前出・演劇関係者)

    よほど大変な手術だったのだろう。術後8年経った今でも高橋の鼻には傷痕が残っている。

    「写真だと修整しているからか分からないのですが、テレビなどの映像は修正ができないので傷痕が分かります。事務所は写真掲載に気をつかいリタッチすることも。話題になった『an・an』のグラビアは手術痕が隠れるような角度の写真ばかりでした」(芸能関係者)

    再発の不安と鼻の手術痕。だが手術から半年後、仕事を徐々に取り戻していった。手術をした09年には10月に『ガス人間第一号』という舞台の仕事が1本しか入っていなかったが、10年3月にはドラマ『SOIL』で復帰できるほど鼻の傷痕も目立たなくなっていった。

    「手術後はじめての仕事は舞台でした。テレビや映画になるとどうしても顔がアップになり傷痕が見えてしまいますが、舞台なら観客が遠いから平気だという理由です。早すぎる復帰に『まだゆっくり休んだほうがいいんじゃないか』と、みんな彼の体調を心配していました。でも、彼の回復力は凄まじいものでした。一見ナイーブに見えますが、精神的にも強い人なんだと感心しましたね」(前出・演劇関係者)

    復帰後はどんどん仕事が増え、そしていまや、大河ドラマ『直虎』の準主役を張るまでに。 病を乗り越えた高橋に芽生えたのは“不屈の役者魂”だった。
    RANKING


    no title
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170314-00010004-jisin-ent



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489417745/

    【【芸能】高橋一生、役者生命の危機!鼻の手術痕に刻まれた極秘闘病半年!「高須がいっちょカミしそう」「良い役者だから気にならん」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    C6ibzQfV4AEkrmn


    1: 名無しさん 2017/03/10(金) 17:10:53.36 _USER9

    現在放映中の「楽天ポイントカード」のテレビCMに出演している美少女が、SNSなどを中心に話題だ。3月8日から、楽天が運営する共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」が、大阪市内のマクドナルド全88店舗で利用開始できることを、明るく元気にPRしている美少女。


    正体は、傳谷英里香。単独武道館公演や、仏・パリで開催されたJAPAN EXPO出演の実積もある、5人組ガールズユニット・ベイビーレイズJAPANのリーダーとして活躍しているアイドルだ。

    傳谷にとって、初となる今回のテレビCM。インターネット上では、「かわいさがやばい!」、「このめちゃくちゃ可愛い子誰なんだろ!?」などの声が上がっており、傳谷英里香の「かわいさ」が世間に見つかるきっかけになっている。

    そんな傳谷は、「初めてCMに出演させていただいて、本当に嬉しいです!まさに”パンダフル!!”という感じです(笑)」と、CMにも登場する楽天のイメージキャラクター「お買いものパンダ」を上手くアピールしながら、初めてのCM出演を喜んでいる。
    RANKING


    テレビCM「楽天ポイントカード」
    no title

    ベイビーレイズJAPAN 傳谷英里香
    no title

    no title

    ベイビーレイズJAPAN
    no title



    楽天ポイントカード 大阪市内のマクドナルドで使えるようになりました!篇

    http://news.infoseek.co.jp/article/newsdwango_125606/



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489133453/

    【【アイドル】CMで話題!傳谷英里香の「かわいさがやばい!」「1000年に1人の美少女」再び?→「レプロは次こいつ推すのか」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    20130210_strawberry_29


    1: 名無しさん 2017/03/01(水) 10:11:48.01 _USER9

    女優の堀北真希(28)が2月末をもって芸能界を引退することが発表された。



    堀北真希コメント全文

    この度、これまでやってまいりました
    お仕事から離れることを決意致しました。

    現在私は母になり、
    愛する家族と幸せな日々を送っています。
    このあたたかで、かけがえのない幸せを
    全力で守っていきたいと思います。

    夫とも話し合い、私の気持ちを尊重してくれました。
    これからも2人で力を合わせ、愛情いっぱいの家庭を築いていきたいと思います。

    いつも応援してくださったファンの皆様、
    お世話になりました関係者の皆様、
    素晴らしい14年間を
    本当にありがとうございました。

    2017年2月28日
    堀北真希


    所属事務所コメント全文

    2月末日をもちまして、堀北真希が芸能界を引退することとなりました。
    長い間応援して下さった皆様には、突然のご報告となってしまい大変申し訳ございません。
    デビュー以来14年、皆様のお陰でたくさんの仕事に恵まれ、感謝の気持ちでいっぱいです。
    今後、家庭に専念し暮らしていきたいという本人の思いを尊重して、彼女の人生を温かく応援して頂けますと幸いです。
    RANKING


    no title
    https://mdpr.jp/news/detail/1667463



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488330708/

    【【芸能】堀北真希、芸能界引退を発表!本人・所属事務所のコメント全文!「素晴らしい14年間を本当にありがとうございました」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ