【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ


















    Powered By 我RSS


























    タグ:のん

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    cd8bd2b4fa4e0cf27e9d3b3721844e06


    1: 名無しさん 2017/03/14(火) 14:28:24.45 _USER9

    能年玲奈から改名した女優・のんが先日、電動アシスト自転車「BESV」新モデル発表会に出席した。かつてのんが所属していた芸能プロダクション・レプロエンタテインメントは今年に入って、宗教団体「幸福の科学」への出家を表明した女優・清水富美加と契約トラブルになっていることもあり、複数のテレビ局が取材に訪れたが、やはり放送されることはなかった。まだまだレプロからテレビ局に対する圧力はあるのだが、最近はそれもかなり弱まってきているという。


     NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で大ブレークしたのんだが一昨年、レプロからの独立騒動 が勃発。週刊誌などのメディアを通して揉めた末に昨年、レプロとの契約満了となり、本名の能年玲奈からのんに改名して活動を再開した。

    「レプロから『能年を使うな!』という指令がメディア全体に出たため、芸能界とは関係ない一部のメディアを除いて、テレビ局など大手メディアに登場することはほとんどなくなった」とワイドショー関係者。

     それでも声優として主演を務めたアニメ映画「この世界の片隅に」がヒットするなど存在感を増してきたのんは「BESV」のイメージキャラクターとなり、このたびPRイベントに登場した。

    「能年と同じく、清水もレプロと揉めたばかりとあって、テレビ局や普段からレプロと付き合いがあるメディアなどが集結。清水に関する質問も飛びました。だけどその模様がキー局で放送されることはなかった」と広告代理店関係者。

     もちろんその理由は、裏でレプロがテレビ局に手を回したからなのだが、さすがにのん、清水と立て続けに契約トラブルを起こしてレプロの力も弱体化してきたようだ。かつては高圧的な態度で有名な事務所だったが、清水騒動以降は態度をかなり軟化させてきたという。

    「そもそも能年のイベントを、ワイドショーやスポーツ紙が取材することすら今まではあり得なかった。それだけレプロの圧力が下がってきた証拠です。今回もテレビ局に対しては今までの命令口調とは違って、お願いのような形で放送を何とか見送ってもらうことに成功した。それと同時に、現場に行ったスポーツ紙記者から情報収集までしていました」と前出関係者。

     テレビ局への支配力が落ちているレプロは何とか力を維持するために、これまで以上に所属の看板女優・新垣結衣をフル稼働させることになるという。

    「新垣は7月スタートのフジテレビドラマ『コード・ブルー』に出演。さらにまだ時期は未定だが、その後にTBSで『逃げるは恥だが役に立つ』の続編も放送される予定となっている。ここ最近は露出を絞ってきた新垣だが、レプロは他のテレビ局にも積極的に協力していく姿勢。新垣の出演と引き換えに、影響力を保とうという戦略だ」とテレビ局関係者。

     新垣はまだ若手だった頃、仕事が詰まり過ぎたため、一時はパンク寸前まで陥った。それからは余裕を持ったスケジュールとなったのだが、レプロのために再び若手時代のように働くことになりそうだ。
    RANKING


    no title
    https://news.infoseek.co.jp/article/tocana_51104/



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489469304/

    【【芸能】看板女優・新垣結衣をフル稼働!弱体化したレプロの支配力維持のため?→「後のガッキーの乱」「ガッキーが独立すれば全て解決」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    kotokyo_20170118_3


    1: 名無しさん 2017/02/23(木) 13:58:16.66 _USER9

    清水富美加の告白本を緊急出版した幸福の科学出版が、今度は“のん”に改名した能年玲奈を引っ張り出してきた。2月21日に「守護霊メッセージ 能年玲奈の告白」の先行発売を開始したもの。能年の守護霊に話を聞いた形だが、同書の表紙では「いま話題の芸能プロダクション。その実態が、またひとつ明らかに」と煽っている。

    「団体側が二の矢、三の矢を繰り出すことは予想されていましたが、こんな“斜め上”から攻撃してくるとは思いませんでした。これで清水、能年、そして事務所社長についての本が出揃ったので、次に何を繰り出してくるのか外野はワクワクしていることでしょう」(出版関係者)

     団体側がのんに許諾を得ているとは思えないが、同出版社ではこれまでにも様々な有名人の守護霊インタビューを書籍化している。しかも本書に関しては、のんからクレームが付く可能性は小さいというのだ。出版関係者が続ける。

    「書名に使っている名前はあくまで“能年玲奈”であり、“のん”ではありません。能年の騒動でも明らかにされていますが、いま“能年玲奈”の名前を使えるのは旧・所属事務所側であり、のんからは権利を主張できないのです。ともあれ、のん側は静観を決め込むでしょうね」

     次に登場するのは、能年の守護霊と清水による対談あたりだろうか。ともあれ、今回の清水引退騒動は思いのほかに長期化するのかもしれない。
    RANKING


    no title
    http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_75940/


    【芸能】清水富美加、22歳で衝撃の芸能界引退!引退理由は「幸福の科学に出家」レプロ「契約期間中の仕事は全うして」
    http://m9now.blog.jp/archives/51991729.html

    【芸能】清水富美加、契約中になぜ?電撃の芸能界引退で対応は?映画「東京喰種」など主役級が3作、TVレギュラー2本、CM2社!
    http://m9now.blog.jp/archives/51991737.html

    【芸能】清水富美加、芸能界引退!直筆メッセージ全文 !「神のために生きたいと思いました」→「何年後に目が覚めるかね?」
    http://m9now.blog.jp/archives/51991740.html

    【テレビ】カンニング竹山、清水富美加の引退騒動に苦言!「仕事を残した事によって不幸になる人が一杯いるわけじゃないですか」
    http://m9now.blog.jp/archives/51991777.html

    【話題】テリー伊藤、芸能界引退の清水富美加に「会見やらないと次の人生にプラスにならない」→「テリーは自分でいじれるネタが欲しいだけ」
    http://m9now.blog.jp/archives/51991863.html

    【テレビ】HKT48・指原莉乃、清水富美加の出家騒動に理解!「私が辞めると言っても辞められない」「こうするしかなかったのかな」
    http://m9now.blog.jp/archives/51992036.html

    【テレビ】デーブ・スペクター、清水富美加「KANA-BOON」飯田祐馬との不倫にあきれ顔!「寝る暇がないと言っておきながら」
    http://m9now.blog.jp/archives/51992218.html




    引用元: 【エルカンターレ】もはや何でもあり?清水富美加の出家先が今度は能年玲奈の守護霊を召喚!

    【【芸能】清水富美加の出家先、今度は能年玲奈の守護霊を召喚!もはや何でもあり?→「トラブってる細川茂樹も入れてやってくれ」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    35337840


    1: 名無しさん 2016/11/18(金) 18:59:27.46 _USER9

    【簡単に説明すると】

    ・能年玲奈の元事務所レプロがジャニーズ事務所批判のツイート
    ・「乗っ取りです」とツイートを乗っ取り被害とする
    ・誰も乗っ取り被害を信じていない模様

    能年玲奈の元事務所レプロの公式Twitterが17日の19時にブラック企業大賞をリツイートする形で「確実にジャニーズ事務所でしょ。電通並みの残業系の対応は、どこの企業でもやってることじゃん。たまたま電通がでちゃっただけ」とジャニーズ事務所をブラック企業と批判。

    しかしこのツイートを即削除し次のようにツイート。

    “ツイッターの乗っ取りが発生した模様。
    知らない方へのメッセージや、ツイートがされたようです。
    大変申し訳ありません。
    今は現状回復しております。”

    どうやらジャニーズ事務所をブラック企業としたツイートは乗っ取りによるものだったようだ。これに対して「27分で悪意のある乗っ取りから取り戻すレプロ採用担当優秀!」「わざわざレプロ採用担当のアカウントの乗っ取り()をしてまで言いたかったことなのね」「つぶやくアカウント間違えてるのでは…(震え声」という声が投稿されている。

    乗っ取りと言えばなんでも許して貰える今のこの状況。過去に確かに乗っ取り被害が多くあったが、それは連携アプリを介した際に起きた被害。

    レプロの採用担当は何が原因で乗っ取られたのだろうか? 本当に乗っ取られたのなら……。

    レプロと言えば能年玲奈が事務所独立の際に揉めており、能年玲奈の名前の使用許可を認めず、「のん」に改名。
    RANKING


    no title

    no title
    http://dailynewsonline.jp/article/1230401/



    引用元: 【芸能】能年玲奈の元事務所レプロのTwitterがジャニーズをブラック企業と批判 → 乗っ取られました

    【【芸能】「のん」こと能年玲奈の元事務所、レプロのTwitterがジャニーズをブラック企業と批判!「乗っ取られました」→「中の人の個人ツイートw」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    35337840


    1: 名無しさん 2016/11/07(月) 10:37:13.32 _USER9

    前所属事務所とのトラブルで芸能活動を事実上干されているのんこと能年玲奈。そんな彼女が11月3日に岩手県盛岡市で行われたイベントに出席した。

     ご当地麺の魅力を伝えるイベント「ニッポンめんサミット」のステージに上がると、テープカットならぬ麺カットを行い、イベントの始まりを高らかに宣言した。

    「これは地元盛岡の冷麺を始め、日本中の名店が出店するイベントです。出店しているのが15店で規模は決して大きくない。NHK連続ドラマの主役を務めた女優が出るようなものかというと疑問です。仕事を選ばない姿勢は感心しますが、タレントとしてはどうでしょうか」(スポーツ紙記者)

     10月22日には弘前大学の学園祭でチャリティートークショーを行うなど、最近の活動の場は東北地方ばかり。業界からは「のんはもう地方タレント」と揶揄する声も聞こえてくる。

    「今年8月、彼女は岩手県の達増拓也知事を表敬訪問し、自作のイラストをプレゼントしたんです。その際、知事は県庁内にのんの活躍の場を作りだすプロジェクトを発足させ、バックアップすると約束しました。それもあって、東北での活動ばかりになっているようです。このままだと本当に地方タレントになってしまうかもしれません」(週刊誌記者)

     彼女が再び中央に戻ってくる日は来るだろうか。
    RANKING


    no title
    http://dailynewsonline.jp/article/1223856/



    引用元: 【芸能】能年玲奈が東北のイベント仕事ばかりの「地方タレント」になっていた!

    【【芸能】「のん」こと能年玲奈、ローカルタレントになっていた!東北のイベント仕事ばかり!業界からは「のんはもう地方タレント」と揶揄する声!】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    20160714-00010000-friday-000-1-view


    1: 名無しさん 2016/08/09(火) 22:52:36.01 _USER9

    「能年玲奈」なのか、それとも「のん」なのか――。2016年7月に芸名を変更した女優・能年玲奈さん(本名)の「呼び方」をめぐり、マスコミ各社の「表記」が話題を集めている。


     各社記事をみると、「のん(本名・能年玲奈)さん」などと、いずれも2つの名前を「併記」する形をとっている。こうした表記を、前事務所との契約トラブルの渦中にある能年さんへの「後押し」として受け取る人も多かったようで、ネット上には「これなら前の事務所も文句なし」との声も相次いでいる。


    ■所属事務所との契約が切れ、芸名を変更
     

     13年放送のNHK連続ドラマ小説「あまちゃん」の出演で一躍ブレークした能年さんだが、その後は所属事務所との契約トラブルなどの理由から徐々に露出が減少。一時はぱったりと表舞台から姿を消し、「引退説」が囁かれたこともあった。

     そんな能年さんは16年7月、前所属事務所との契約が切れたとして、芸名を「のん」に変更して「再出発」すると宣言した。改名の理由については、「能年玲奈の名前で契約していた所属事務所との関係を考慮した」との報道も出ている。

     こうした状況の中、能年さんは8月8日に「あまちゃん」の舞台となった岩手県の達増拓也知事を表敬訪問。8か月ぶりに公の場に姿を見せた。能年さんにとっては3年ぶりとなる岩手訪問に、達増知事は「おかえりなさい」と迎えたとツイッターで報告している。

     「のん」への改名後、初めて公の場に姿を見せた能年さんについて、マスコミ各社の「表記」にはブレが生じることになった。今回の件を報じた新聞各社の電子版記事をみると、


    「のん(本名・能年玲奈)さん」(朝日、読売)

    「本名の能年玲奈から改名した女優、のんさん」(毎日)

    「芸名を『のん』に改名して活動することを宣言した女優の能年玲奈」(デイリースポーツ)
     

    などと、いずれもどこか「苦労」が見て取れる表記となっている。また、岩手県広聴広報課と達増知事のツイッターは、どちらも「のん(本名:能年玲奈)」としていた。


    「この表記いいね。前事務所に負けずにがんばれ」
     

    このように、「のん」と「能年玲奈」を併記する形で対応したマスコミ各社の動きには、ネット上で歓迎の声が出ている。前所属事務所のトラブルで「干された」との見方も強い能年さんに対し、同情的な意見を示すネットユーザーが多いためだ。

     さらに、能年さんが改名した理由をめぐっては「『能年玲奈』として活動できないよう、事務所側から圧力をかけられているのでは...」との噂も、真偽は定かでないがまことしやかに囁かれている。

     そのため、改名後の「のん」を使いつつも、これまで通り「能年玲奈」の名前も併記した今回の報道について、ツイッターやネット掲示板には、


    「のん(本名能年玲奈)、これなら前の事務所も文句なし?」

    「俳優のん(本名・能年玲奈)さんという表記が定着したら、事務所側も差し止めできないんだろうな」

    「この表記いいね。前事務所に負けずにがんばれ」
     

    といった声が相次いで寄せられている。

     なお、達増知事は8日のツイッターで、「岩手県は、県庁内に『プロジェクトN』を立ち上げ、のん活躍の場を作ります」と能年さんの活動を支援すると表明。翌9日にも、


    「岩手は、東日本大震災からの復興にあたり、ドラマ『あまちゃん』から非常に大きな力をもらっています。のん(本名:能年玲奈)さん無くして『あまちゃん』は無く、とても感謝しており、恩返しができればと思っています」
     

    との思いをつづっていた。
    RANKING


    photo1-2
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160809-00000009-jct-ent



    引用元: 【芸能】<芸名変更>マスコミは全部「能年玲奈」表記! やっぱり「のん」ではわからない…

    【【芸能】マスコミは全部「能年玲奈」表記!芸名を変更も、やっぱり「のん」では分からない?「のんはNON」「ネットで名前を募集したら?」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ