【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ


















    Powered By 我RSS


























    タグ:アニメ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    tumblr_np8wbbxXLF1qbw5qso1_1280


    1: 名無しさん 2017/04/15(土) 14:06:18.22 _USER9

    人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版新作「名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)」(静野孔文監督、15日公開)でゲスト声優を務めている女優の吉岡里帆さん。今回が声優初挑戦で「悔しかったのが自分の単純な声量のなさと単純なアクセントの弱さ。今までは自然体で心で、ちゃんと思っていれば、お芝居は伝わるって信じて生きてきたんですけど、私のうぬぼれだったんだな」と反省しきりの吉岡さんに、声の仕事の難しさや女優業との違いなど、数々の“気づき”について語ってもらった。


     「から紅の恋歌」は、主人公の江戸川コナン(工藤新一)と服部平次という東西の高校生探偵がそろい踏みして難事件に挑む劇場版コナンの21作目で、原作の重要なキャラクターで百人一首の高校生チャンピオン・大岡紅葉も劇場版に初登場する。日本の百人一首界をけん引する「皐月(さつき)会」の会見中に大阪のシンボル・日売テレビで爆破事件が発生。崩壊するビルの中、平次と幼なじみの遠山和葉が取り残されるが、駆け付けたコナンによって無事救出される。また京都・嵐山の日本家屋では「皐月杯」の優勝者が殺害される事件が起こり、現場のモニターには紅葉が映し出されていたことが分かる……という展開。

     ◇アニメは喜怒哀楽が10倍?「伝えるって部分が弱いと、本当に伝わらない」

     今回、平次と和葉が通う改方学園のかるた部主将で、平次と和葉とともに爆破事件に巻き込まれる枚本未来子(ひらもと・みきこ)役で声優に初挑戦した吉岡さん。準備に使った時間は約1カ月で、発声の仕方、声の“ため”や吐息の出し方まで、まずは声優という仕事の特徴をつかむことから始めたという。

     「言っても素人なので、素人がどうすれば映画館でかけてもらえるようなものになるかってたどると、役者として声優さんになりきるしかないなって思ったんです。声優という役が来たんだってことにして、声優さんってどんな特徴があるのか、普段からどんなしゃべりをしているのかって調べて。声優さんのラジオを聞いてみたり、声のまねをしてみたり、それこそ『コナンラジオ』とか、みんなの声から学びました」と明かす。

     女優業との違いは大きく、「役者だと自分の体を使って演技できるので、ちょっと笑っただけで意味が出たり、眉間にしわを寄せるだけで何か不快なんだろなって伝わるんですけど……。アニメっていい意味で動きが大ぶりで、笑っている時は本当にしっかりと笑っているし、泣いている時はものすごく泣いている。喜怒哀楽が10倍くらい大きい。そんな大きい表情をするアニメの子たちに合う声を探す難しさというのもありましたね」としみじみ。

     さらに「伝えるって部分が弱いと、本当に伝わらないことがあるんだなってことに気づけたのも大きかった」といい、「未来子が涙ぐんで『そやけど』っていうシーンがあるんですけど、その『そやけど』がハマらなくて。私は何なら涙ぐみながら言っているのに、アニメにハマらなくて、OKをもらえなくて本当に悔しくて。それで『なんでOKにならないんだろう』ってなった時に、声優さんって体のキャパを超えるくらいのエネルギーで声を入れていて、それで初めて伝わるんだろうなって思えたのは大きな収穫です」と振り返っていた。

     ◇声優業「できればあまりやらない方が…」 “湯婆婆”夏木マリから助言

     改めて声優業について「自分としては過大評価はできないってくらい難しい仕事。もっともっと練習してから挑むべきだった」と反省する吉岡さん。「終わってからも、すごく難しい仕事だったなって実感があって。できればあまりやらない方がいいんだろうなって思うくらい、実は抵抗感があるんです」と素直な心境を明かす。

     一方で、劇場版アニメ「千と千尋の神隠し」の湯婆婆役としても知られる女優・夏木マリさんから、役者が声優をやることについて「怖いかもしれないけど、周りに何を言われてもやるべき」と背中を押してもらったといい、「それは声優さんから学ぶことが多いから。音をとるってことへの意識、どうすれば泣いているように聞こえるのか、どうすれば心の底からうれしく感じるのかとか、普通の芝居をやっていると身につかない技術でもあるので。ただ、声優っていうのは完全に別職業ですし、今後、もし万が一『吉岡里帆の声でなくては成立しない』というような話があれば、それはとてもうれしいですし、ちゃんと勉強して挑みたいです」と語っていた。
    RANKING


    no title

    no title
    http://mantan-web.jp/2017/04/15/20170414dog00m200050000c.html



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1492232778/

    【【芸能】吉岡里帆「私のうぬぼれだった」アニメ映画「名探偵コナン から紅の恋歌」声優挑戦で数々の気づき!夏木マリから助言も!】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    photo01 (1)


    1: 名無しさん 2017/02/19(日) 02:57:10.76 _USER9

    人気声優・花澤香菜(27)と小野賢章(27)の熱愛同棲スクープを「週刊文春デジタル」のインターネット生放送「文春砲Live」が報じた。

     花澤は、新海誠監督の大ヒット映画「君の名は。」や「言の葉の庭」に出演。アニメファンが選ぶ声優人気ランキングでも、たびたび1位にランキングされるなど、いま最も勢いのある声優の一人だ。2015年には日本武道館の単独ライブを成功させるなど、音楽活動でも活躍している。

     一方の小野は、12歳から10年間、映画「ハリー・ポッター」シリーズで、主役ハリー・ポッターの日本語版吹き替えを担当して注目を集めた。現在は人気アニメ「黒子のバスケ」の主人公・黒子テツヤ役を務め、女性ファンから絶大な人気を得ている。

     2月12日夜、仕事を終えた花澤は小野を含む男女3人と代々木の洋食店でダブルデート。その後、花澤と小野は同棲している港区の高級マンションに帰宅した。この模様を「週刊文春」取材班が撮影した。

    「週刊文春」の直撃取材に、小野は「僕からはお話しできません」と答えていたが、改めて所属事務所に確認すると、交際については「はい。いいお付き合いをさせていただいています」、同棲についても「はい。そのようです」と両者ともに事実を認めた。

    「文春砲Live」では放送されなかった写真の別カットやエピソードなど、詳しくは2月23日(木)発売の「週刊文春」および「週刊文春デジタル」で報じる。
    RANKING


    no title
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170218-00001476-bunshun-ent



    引用元: 【文春砲】声優・花澤香菜と声優・小野賢章、ダブルデート後に超高級マンションに向かう 事務所は交際と同棲を認める★2

    【【週刊文春】声優・花澤香菜と声優・小野賢章、ダブルデート後に超高級マンションに向かう!事務所は交際と同棲を認める!】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    E_talentbank_15919_4283_1


    1: 名無しさん 2016/09/30(金) 17:43:20.49 _USER9

    斬新な発想と個性的なストーリーで日本の漫画界に多大なる功績を残した永井豪。数多くの傑作漫画の中でも代表作の一つとしてあげられる『キューティーハニー』が『CUTIE HONEY -TEARS-』(監督:A.T. ヒグチリョウ)として2016年、実写映画化された。これまでのハニーとはまったく違う世界観で描かれた本作に「すごく良かった」と満面の笑顔を浮かべて語った永井だが、彼にとって、原作を映像作品に提供するということはどんな思いなのだろうか……。


    「映画は監督のもの、原作はお嫁に出したと思ってください」

    永井の代表作は枚挙にいとまがないが、その多くがアニメ化や実写映画化などのメディアミックス展開を遂げている。『キューティーハニー』も、これまでさまざまな形の表現方法で視聴者を魅了してきたが、本作もまったく新しい世界観となっている。そのことについて永井は、

     「漫画と映画はまったく媒体が違うので、思い切って発想や切り口を変えたほうがいいものができると思っています。なまじ原作と似せて作ったりすると、色々なところが気になってしまうんですよ」と苦笑い。

     作品がアニメ化や映像化される際、原作者の立場としては、

     「自分が直接作らないのであれば、一切口出しはせず、すべてお任せするようにしています」と永井は断言する。こんな考えにたどり着くまでには色々なことがあったという。

     「以前、とある実写映画化のとき、シナリオや設定が当初の話とどんどん変わっていったんですね。その際、色々な話をさせていただいたのですが、なかなかうまく進まなくて……。そんなときにあるパーティーで大林(宣彦)監督と話す機会があり『映画というものは監督のもの。(原作は)お嫁さんに出したと思ってください』って言われて吹っ切れたんです。お嫁にいったならしょうがないってね(笑)」

    『ハレンチ学園』や『デビルマン』は「世の中の常識を疑ってみよう」という発想から生まれた

     多くのクリエイターが永井の作品に魅了され、時代にアジャストした表現で映像化を望んでいる。

     「常にその時代の中で新しいスタイルを打ち出したいと思ってやってきましたので、そういう評価はうれしいですね」と笑顔を見せる。それぞれの着眼点や発想法について尋ねると、

     「世の中の常識を疑ってみようという発想。逆立ちして世の中をみたらどう見えるんだろうという感覚」と永井は即答する。

     「『ハレンチ学園』は当時『先生は偉いもの』というのは常識でした。だったら最低の先生を登場させようとね。『キューティーハニー』はアンドロイドというものは感情などもっていないものでしたが、感情と永遠の命を持ったらどうなるか。『マジンガーZ』も『鉄腕アトム』や『鉄人28号』とは違ったロボットものを描きたいと思っていたときに、人が乗って操縦できたら面白いなっていう発想から思いついたんです。『デビルマン』や『バイオレンスジャック』なども思いついたときは興奮しました。『バイオレンス〜』は『マッドマックス』よりも先に発想したものですからね」

    『キューティーハニー』の着替えシーンは苦肉の策?

     そんな斬新な発想で作り上げた世界観の漫画が、あらたな切り口でさらなる進化を遂げる。『CUTIE HONEY -TEARS-』もスタイリッシュというコンセプトのもと、ある意味“生まれ変わった”作品となった。

     「原作の世界観やハニー像は違いますが、ハニーの持つポリシーはしっかりと備えていて、観終わったあと確かに『キューティーハニーだ』って思いました」と絶賛する。

     主演を務めた西内まりやについても、

     「良かったですね。これまでのハニーのイメージには全然寄せていなかったのですが、そのぶん、キリっとした佇まいで、演技も自然。悲しみと強さ、父親である博士への愛情深い思いをうまく体現していました」と評価した。

     また『キューティーハニー』誕生当時を振り返ってもらうと、

     「どこまでも優しく、いつまでもきれい。しかも自分を守ってくれるような母性を持つ女性……。とにかく男にとって理想の女性像を全部入れてしまおうという思いがあったんです。アニメーションで注文された際には『色っぽいシーンを毎回入れてください』といわれたんです。毎回シナリオにそういうシーンを入れるのって難しいので、色々考えた結果、変身するときに着替えシーンを入れれば大丈夫かなと思ってああなったんです」と裏話を披露してくれた。
    RANKING


    23934_original

    no title
    https://thepage.jp/detail/20160927-00000002-wordleaf?pattern=6&utm_expid=90592221-74.LdrGpjcWS4Czgnu3l9N7Eg.3&utm_referrer=https%3A%2F%2Fthepage.jp%2F



    引用元: 【映画/マンガ】漫画家・永井豪「キューティーハニーは嫁に出した」実写と原作は全く別物

    【【映画/マンガ】漫画家・永井豪「キューティーハニーは嫁に出した」実写と原作は全く別物!「これまでのハニーのイメージに全然寄せていない」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    mig (4)


    1: 名無しさん 2016/09/15(木) 17:50:39.15 ● BE:342992884-PLT(13931) ポイント特典

    人気コスプレイヤー・えなこが月収告白



    人気プロコスプレイヤーのえなこが、9月14日に放送されたバラエティ番組「ナカイの窓」(日本テレビ系)に出演。現在の月収が「100万円超」であることを告白した。

    「オタクな人SP」として放送されたこの日の番組。オタクを自称するお笑い芸人たちに混じり出演したえなこは、「コスプレだけで生計立ててるの?」と聞かれると、「はい、そうです。月収で100万円以上は普通に」と明かした。

    いまやコスプレは世界中で大人気。えなこは海外で行われるイベントに呼ばれることもあり、「結構高いものですと、(1ステージ)30〜40万円」のギャラを手にするそうだ。

    また、好みの男性についても話が及び、中居正広から「2Dの好きな男性は好きにならないの?」と聞かれると、えなこは「うーん、それはまたちょっと違うので」と回答。「たぶん、お互いの“嫁”が違うとケンカしちゃう」と語り、共演したオタクな面々も納得していた。
    RANKING


    no title
    http://www.narinari.com/Nd/20160939758.html


    【芸能】御伽ねこむ、結婚発表からわずか1カ月の出産発表!藤島康介の「スッキリしない感じ」はナゼ?→「完全に闇」「既に上手く行ってない感」
    http://m9now.blog.jp/archives/51981377.html

    【話題】御伽ねこむ、第1子出産を報告!夫・藤島康介氏と連名で発表!→「臨月まで揉めてたのかよ」「強烈に早すぎて吹いた」
    http://m9now.blog.jp/archives/51981320.html

    【芸能】漫画家・藤島康介氏、御伽ねこむとの結婚を報告「生まれてくる子供を大切に育てていく」→「事実婚の嫁と揉めてるはず」
    http://m9now.blog.jp/archives/51980095.html

    【芸能】御伽ねこむ、出産間際の結婚発表はお相手・藤島康介の複雑な事情が原因?「今年の8月中旬出産予定も意思疎通が取れず」
    http://m9now.blog.jp/archives/51980408.html

    【芸能】御伽ねこむと藤島康介の結婚発表は暴走だった?「責任取る」を結婚と解釈され、女性側が一方的に妊娠・結婚を発表!
    http://m9now.blog.jp/archives/51979974.html

    【芸能】人気コスプレーヤー御伽ねこむ(20)、結婚・妊娠を発表!漫画家の藤島康介氏(51)と31歳差婚!→「岸田メルに飛び火する謎現象w」
    http://m9now.blog.jp/archives/51979697.html




    引用元: 人気コスプレイヤーのえなこが「ナカイの窓」に出演 現在の月収が「100万円超」であることを告白

    【【芸能】人気コスプレイヤー・えなこが「ナカイの窓」に出演!現在の月収が「100万円超」、コミケ売上は2日間で「約1000万」と告白!】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    51KX4zMgahL


    1: 名無しさん 2016/09/01(木) 13:43:10.42 _USER9

    9月7日に封切りを控えている韓国アニメ映画『月光宮殿』が盗作ではないかとの疑いを持たれている中、同作品のキム・ヒョンジュ監督が自らコメントした。『月光宮殿』は予告編が公開されているが、一人の少女が不思議な世界をさまよう内容について、日本を代表するアニメ映画『千と千尋の神隠し』に酷似しているという声が多数上がっている。


     キム・ヒョンジュ監督は「最初は気にしなかったが、映画本編の封切り前に、予告編をキャプチャーしたいくつかのシーンだけで騒動になっているということに驚いた。映画を見れば、盗作なんて話は最初から出ないだろう。日本のアニメとの根拠のない比較をするよりも、独創性と潜在力を持つ韓国アニメの現在地について白熱した議論が展開されることを望む」と自信を示した。

     『月光宮殿』は朝鮮時代の科学者・蒋英実(チャン・ヨンシル)が発明した水時計「自激漏」をモチーフにしている。キム・ヒョンジュ監督はこれについて、「『月光宮殿』という月の光の世界のシステムが何なのか構想を練る際、巨大な水時計『自激漏』というアイテムに着目した。景福宮の国立故宮博物館の地下に行けば自激漏の復元模型がある。その模型を見てとりこになり、規模もとても大きく、昔、実際に自動的に動く巨大なシステムを設計したということそのものが魅力的だと思った」と、自激漏を作品で取り上げた理由を語った。
    RANKING


    画像
    no title

    no title



    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160831-00001492-chosun-asent



    引用元: 【韓国】またパクリか…韓国アニメ映画にジブリ『千と千尋の神隠し』からの盗作疑惑…監督は否定「騒動に驚いた」

    【【韓国】またパクリか?韓国アニメ映画「月光宮殿」に、ジブリ「千と千尋の神隠し」からの盗作疑惑!監督は否定「騒動に驚いた」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ