【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ














































    タグ:オワコン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    default_f68c0cb1233e7af538b1c73741679cf2


    1: 名無しさん 2016/09/12(月) 04:40:41.03 _USER9

    歌手の浜崎あゆみ(37)が、14年に結婚した10歳下の米国人医科大学院生と離婚する意向を11日、公式ファンクラブサイトで明かした。


     「3年間パートナーとして共に歩んできた彼と、それぞれ別の道へ進むことになりました。彼は彼の想(おも)う道を。私は私の想う道を。」と報告。理由など詳細は明言せず、「引き続きツアーのリハと新曲のレコーディングに集中して突き進みますっ!!!」としている。

     関係者によると「離婚届はまだ提出していないが別居をしている」という。所属事務所は「プライベートは本人に任せております。コメントは控えさせていただきます」とした。

     浜崎は11年の元日にオーストリア国籍の俳優と結婚するも、約1年で離婚。この時は結婚の手続きに不備があり、戸籍上は未婚のままだった。現在の夫とは13年12月に婚約。翌年1月に仏パリで行われた映画のレッドカーペットでツーショットを披露したあと、同3月に婚姻届を提出した。

     その後、拠点を米ロサンゼルスに移していたが、昨年7月に雑誌のインタビューで「仕事がしにくかった。軸がずれてる感じ」という理由で、すでに日本に軸足を戻していることを告白していた。
    RANKING


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160911-00000167-spnannex-ent



    引用元: 【芸能】浜崎あゆみ離婚へ 結婚3年、10歳下の米国人院生とすでに別居中

    【【芸能】浜崎あゆみ離婚へ!結婚3年、10歳下の米国人院生とすでに別居中!「それぞれ別の道へ」→「想定内」「迷走してるなあ」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    20160714-00010000-friday-000-1-view


    1: 名無しさん 2016/08/09(火) 22:52:36.01 _USER9

    「能年玲奈」なのか、それとも「のん」なのか――。2016年7月に芸名を変更した女優・能年玲奈さん(本名)の「呼び方」をめぐり、マスコミ各社の「表記」が話題を集めている。


     各社記事をみると、「のん(本名・能年玲奈)さん」などと、いずれも2つの名前を「併記」する形をとっている。こうした表記を、前事務所との契約トラブルの渦中にある能年さんへの「後押し」として受け取る人も多かったようで、ネット上には「これなら前の事務所も文句なし」との声も相次いでいる。


    ■所属事務所との契約が切れ、芸名を変更
     

     13年放送のNHK連続ドラマ小説「あまちゃん」の出演で一躍ブレークした能年さんだが、その後は所属事務所との契約トラブルなどの理由から徐々に露出が減少。一時はぱったりと表舞台から姿を消し、「引退説」が囁かれたこともあった。

     そんな能年さんは16年7月、前所属事務所との契約が切れたとして、芸名を「のん」に変更して「再出発」すると宣言した。改名の理由については、「能年玲奈の名前で契約していた所属事務所との関係を考慮した」との報道も出ている。

     こうした状況の中、能年さんは8月8日に「あまちゃん」の舞台となった岩手県の達増拓也知事を表敬訪問。8か月ぶりに公の場に姿を見せた。能年さんにとっては3年ぶりとなる岩手訪問に、達増知事は「おかえりなさい」と迎えたとツイッターで報告している。

     「のん」への改名後、初めて公の場に姿を見せた能年さんについて、マスコミ各社の「表記」にはブレが生じることになった。今回の件を報じた新聞各社の電子版記事をみると、


    「のん(本名・能年玲奈)さん」(朝日、読売)

    「本名の能年玲奈から改名した女優、のんさん」(毎日)

    「芸名を『のん』に改名して活動することを宣言した女優の能年玲奈」(デイリースポーツ)
     

    などと、いずれもどこか「苦労」が見て取れる表記となっている。また、岩手県広聴広報課と達増知事のツイッターは、どちらも「のん(本名:能年玲奈)」としていた。


    「この表記いいね。前事務所に負けずにがんばれ」
     

    このように、「のん」と「能年玲奈」を併記する形で対応したマスコミ各社の動きには、ネット上で歓迎の声が出ている。前所属事務所のトラブルで「干された」との見方も強い能年さんに対し、同情的な意見を示すネットユーザーが多いためだ。

     さらに、能年さんが改名した理由をめぐっては「『能年玲奈』として活動できないよう、事務所側から圧力をかけられているのでは...」との噂も、真偽は定かでないがまことしやかに囁かれている。

     そのため、改名後の「のん」を使いつつも、これまで通り「能年玲奈」の名前も併記した今回の報道について、ツイッターやネット掲示板には、


    「のん(本名能年玲奈)、これなら前の事務所も文句なし?」

    「俳優のん(本名・能年玲奈)さんという表記が定着したら、事務所側も差し止めできないんだろうな」

    「この表記いいね。前事務所に負けずにがんばれ」
     

    といった声が相次いで寄せられている。

     なお、達増知事は8日のツイッターで、「岩手県は、県庁内に『プロジェクトN』を立ち上げ、のん活躍の場を作ります」と能年さんの活動を支援すると表明。翌9日にも、


    「岩手は、東日本大震災からの復興にあたり、ドラマ『あまちゃん』から非常に大きな力をもらっています。のん(本名:能年玲奈)さん無くして『あまちゃん』は無く、とても感謝しており、恩返しができればと思っています」
     

    との思いをつづっていた。
    RANKING


    photo1-2
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160809-00000009-jct-ent



    引用元: 【芸能】<芸名変更>マスコミは全部「能年玲奈」表記! やっぱり「のん」ではわからない…

    【【芸能】マスコミは全部「能年玲奈」表記!芸名を変更も、やっぱり「のん」では分からない?「のんはNON」「ネットで名前を募集したら?」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    20160714-00010000-friday-000-1-view


    1: 名無しさん 2016/07/14(木) 08:54:05.26 _USER9

    能年玲奈が「のん」に改名して再出発


    能年……ではなく「のん」になりました。ちょっとトボけた感じですが、ひらがなで「のん」です――。
     
     NHKの朝の連続ドラマ小説『あまちゃん』で一世を風靡し、その後、映画にも多数出演。しかし突然、独立・引退騒動が起こり姿を見ることがなくなった能年玲奈。今回、芸名を「のん」に改め活動を再開する。

     再出発にあたり、元気で楽天家な母親が上京して挨拶回りをしてくれたという。「休養中」にはクラシックバレエや洋服作り、モノマネや作曲に没頭していた。そんな毎日についてフライデー最新号(7月15日発売)で熱く語っている。

     グラビア撮影にも挑戦しており、「久しぶりで緊張します〜」と言いながら、自前の衣装で『あまちゃん』ばりの大ジャンプまで披露した。

    「楽しくて、顔が開きっぱなしでした〜!」

     と素直な感想をこぼし、白い歯を見せたのだった。


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160714-00010000-friday-ent


    【芸能】能年玲奈、独立騒動で所属事務所「レプロ」と完全決裂!実父がマネジャーに!→「終わりの始まり。鈴木亜美と同じ道」
    http://m9now.blog.jp/archives/51945549.html




    引用元: 【芸能】能年玲奈、芸名を「のん」に改名して芸能活動再開へ ★2

    【【芸能】能年玲奈、芸名を「のん」に改名して芸能活動再開へ!「レプロ」から「三毛andカリントウ」へ独立?→「名付け親はやっぱり生ゴミか」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    006293_04


    1: 名無しさん 2016/06/22(水) 08:09:52.24 _USER9

    フジテレビがついに大英断を下すのか――。


    「電気の無駄遣い」などと散々批判を浴びてきた『27時間テレビ』を、来年は『AKB48選抜総選挙』と合体させて放映させるプランを検討し始めた。


    「当初は『今年で最後の27時間テレビ』と銘打つ予定でしたが、後番組がないことにフジ幹部がいまさらのように気が付いたわけです。すでにAKB運営元のAKSやAKB総合プロデューサーの秋元康サイドにも内々に打診をしています」(テレビ局関係者)
     

     フジが27時間テレビとAKB総選挙を合体させることを思い立った理由は、後者の高視聴率にあるという。


    「18日に放送された今年の総選挙の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)は、第1部(午後6時30分〜6時59分)は6.2%、第2部(7時〜8時50分)は8.7%、第3部(8時51分〜9時24分)は17.6%。

    今年の4月編成が大失敗しテレビ東京にまで純売上で負けるなか、この数字は大金星だ。しかも、総選挙の数字が良かったのは今回だけではなく昨年も同様で、いまやフジが誇る鉄板コンテンツになりつつあるんです」(フジ関係者)
     

     さらに仰天プランも取り沙汰されている。2012年にAKBを卒業し現在は女優として活動中の前田敦子が、スーパー・プロデューサーに就任しAKBに復帰するというのだ。


    「総合プロデューサーだった秋元康氏が間もなく引退を発表する。後継者に指名するのが前田です。前田の位置づけは、たとえていえば読売ジャイアンツの長嶋茂雄・名誉監督のような存在です。どんなかたちでAKBと絡むのかは現在、思案中です」(別のフジ関係者)
     

     どんなかたちにせよ、早くもAKBへの復帰話が浮上した前田。背景にあるのはファン離れが止まらない上に仕事量がAKB時代の半分以下に激減したという厳しい現実だ。かつてグループの “絶対的エース”として君臨していた頃の勢いは感じられない。


    「いまでこそ女優と名乗っているが、いまだにヒット作はなし。ここ最近も連続テレビドラマ『ど根性ガエル』(日本テレビ系/15年)でヒロインを演じたが今ひとつ。

    今クールの深夜帯の連ドラ『毒島ゆり子のせきらら日記』(TBS系)では過激ベッドシーンを披露したものの評判はイマイチ。女優としてはかなり限界なところに達しているんです。前田にとってAKBは故郷のようなもの。プロデューサー招聘を断る理由はありません」(別のテレビ局関係者)
     

     いずれにせよ、今後も当分はAKBの動向から目が離せない。
    RANKING



    no title
    http://dailynewsonline.jp/article/1149528/
     

    引用元: 【芸能】前田敦子、女優活動限界でAKB復帰を検討…秋元康P、近々引退発表へ

    【【芸能】前田敦子、女優活動限界でAKB48復帰?秋元康P、近々引退発表へ!「27時間テレビ」とAKB48選抜総選挙の合体プランも!】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    img_129857_23000110_0


    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/03/29(火) 16:47:09.55 _USER*.net

    かつては芸能界を席巻する勢いもあったAKB48グループも、現在はその勢いにも陰りが出てきた。だが、そんな状況にあっても各番組から引っ張りだこのメンバーがいる。HTK48のメンバーである指原莉乃だ。

     現役メンバーの中では最も顔と名前が売れており、売れっ子と呼ぶに相応しい活躍を見せているが、それぞれの現場における彼女の印象はどのようなものなのか、関係者に話を聞いた。


    「自身のスキャンダルによってHKT48に飛ばされた形になった彼女ですが、結果的には良かったと思いますよ。今の彼女は支配人を兼任していますが、実質的なHKT48の総合プロデューサーになっており、仕事をしているときの目は輝いていますから」(福岡番組関係者)
     

     指原莉乃はHKT48のメンバーとしての活動だけではなく、劇場支配人も兼任している。この仕事をしている彼女は活き活きしているという。


    「通常、こうした肩書きは有名無実化していることが多いです。でも、彼女の場合には本当にプロデュース業務をしているんです。

    HKT48のメンバーが番組出演する際には、その打ち合わせなどに番組スタッフが出向きますが、そこで応対するのが指原さんなんです。

    まさか指原さんが出てくるとは思っていなかったので最初は驚きましたが、彼女はHKT48のマネージャーのように、細かい打ち合わせもこなして、グループを支えているんです」(同)
     

     たしかに芸能人の場合、肩書きだけ与えられ、実作業は何もないケースも多いが、彼女の場合はそうではないようだ。しかも、その仕事ぶりに関しても評価は高かった。


    「彼女は打ち合わせ時に積極的に意見を言ってきますが、その内容も出演者目線のしっかりとしたものです。適当なことを言っているわけでもなく、HKT48のタレントをより良く見せるためのアイディアなので、こちらも受け入れることが多々あります。

    彼女はAKBグループの中で頭のいいタレントとして知られていますが、同時にプロデュース能力にも長けているんです。だからこそ秋元康さんも彼女に本気で実務まで任せているんだと思います」(制作会社プロデューサー)
     

     タレントとしてだけではなく裏方としても高い評価を得ているようだ。


    逆転力 ~ピンチを待て~ (講談社 MOOK)


    しかし、そうなると気になるのは彼女のスケジュールだ。


    「打ち合わせは、指原さんのタレント業務が終わったあと、深夜に行われることも多いです。僕らは深夜だろうと早朝だろうと構いませんが、彼女は翌朝も早くから仕事があるわけですし、何より出演者ですから本番中に眠い顔をするわけにもいきません。

    それでも完璧に打ち合わせ仕事などの裏方業務をこなすので、偉いなと思っていますよ」(番組関係者)
     

     このようなスケジュールのため、プライベートな時間は皆無の状態となっているが、本人としては今の状況を楽しむことができており、不満もなさそうだという。

     次に卒業するメンバーとして時折名前が挙がる彼女だが、仮に卒業したとしても裏方として辣腕を振るうのかもしれない。
    RANKING

    http://dailynewsonline.jp/article/1109064/?page=all


    引用元: 【芸能】オワコン化したAKBで“一人勝ち”、指原莉乃の真実を関係者が語った! 「劇場支配人も兼任しているが…」

    【【芸能】指原莉乃、オワコン化した「AKB48」で一人勝ち!関係者が真実語る!「劇場支配人も兼任しているが」→「AKBを食いつぶした張本人」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ