【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ


















    Powered By 我RSS


























    タグ:シン・ゴジラ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    singozilla_sashikae2


    1: 名無しさん 2017/03/13(月) 16:29:21.70 _USER9

    「ガッズィーラ!」


    石原さとみのエキセントリックな英語も話題となるなど、昨年大ヒットした映画「シン・ゴジラ」。国内では興収82億円を売り上げ、日本が誇る“世界的モンスター”に新たな生命を吹き込んだことも評価されたのか、5日に発表された日本アカデミー賞では本命といわれた「怒り」を抑え、作品賞や監督賞など主要部門を独占。合計で7部門を獲得するに至った。

    配給会社も出演者もホクホクといったところだが、実は日本での大ヒットに隠れる形でかなり残念な話もあるという。世界的に名の通っているこの“シン・ゴジラ”が、海外で予想以上の大爆死を繰り返しているというのだ。

    「今作は、日本の国防をテーマにしたとてもドメスティックな作品でした。会話も多く翻訳もしづらかったでしょうし、それだけに海外でウケるかどうか半信半疑だった人も多かった。それでもゴジラの知名度と海外でも人気の『エヴァンゲリオン』の庵野秀明監督ということもあり、海外配給も順調にいったと聞いていたのですが‥‥」(映画専門誌ライター)

    しかし、フタを開ければ台湾、香港といったアジアで不発、北米では大規模ではない都市型興行だったが、ランキングで初登場19位も翌週から36位⇒59位と急降下。最終的に興収も約2億1000万円程度と、話題にすら上らなかった。さらにゴジラになじみの薄いヨーロッパではスペインで何とか公開にこぎつけたが、なんと約91万円という残念すぎる売り上げ。つまり、ほとんど話題になっていない。だからといって国内での評価が下がるわけではないが、「国防を怪獣を使ってでしか説明できないのは幼稚」など、欧米では辛らつな意見も少なくなかっただけに、やはりテーマがウケなかったことは間違いない。

    「ハリウッド大作も同じくですが、ここ最近の大作映画は中国を筆頭にアジアでヒットさせなければ儲けが出ないとさえ言われています。ところが、『シン・ゴジラ』の惨敗は実写邦画の未来を暗くするのではと関係者が顔をしかめていますね。欧州でこそコケましたが、『君の名は。』が中国で約95億円を売り上げアニメの強さを見せつけただけによけいです。国内だけでしか稼げないなら、実写邦画で予算をかけていいものを作ろうという空気にはならないというわけです」(前出・映画専門誌ライター)

    国内で低予算のスイーツ映画ばかりが量産される理由でもあるが、こん身の巻き舌を駆使した石原さとみの“ゴジライングリッシュ”を持ってしても、実写邦画の海外進出は今後も困難を極めそうだ‥‥。
    RANKING


    shin_eva_150_e5z_016
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0312/asg_170312_0243856061.html


    【映画】日本アカデミー賞、最優秀作品賞は庵野秀明の「シン・ゴジラ」最多7冠達成!樋口真嗣監督「みんな怒ってませんか?」
    http://m9now.blog.jp/archives/51992685.html

    【映画】庵野秀明監督「シン・ゴジラ」が最高すぎて泣く人が続出!観客「鳥肌が立った」「日本映画離れしてた」「今日まで生きていて良かった」
    http://m9now.blog.jp/archives/51981449.html




    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489390161/

    【【映画】「シン・ゴジラ」欧州で大コケ!売上91万円の大爆死!「国防を怪獣を使ってでしか説明できないのは幼稚」→「公務員のボーナスかと」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    singozilla_sashikae2


    1: 名無しさん 2017/03/03(金) 22:54:37.20 _USER9

    「第40回日本アカデミー賞」の授賞式が3日、東京都内で開かれ、怪獣映画「シン・ゴジラ」(庵野秀明総監督・脚本、樋口真嗣監督・特技監督)が最優秀作品賞を受賞した。同作は、作品賞に加え、監督賞、編集賞、録音賞、照明賞、撮影賞、美術賞の7部門で最優秀賞を受賞し、7冠を達成した。

     「シン・ゴジラ」は、怪獣映画「ゴジラ」シリーズの約12年ぶりとなる日本版新作。人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野監督が総監督を務め、脚本も担当。「進撃の巨人」の樋口監督が特技監督も兼任した。

     受賞のスピーチで樋口監督は「みんな怒ってませんか?」と笑わせると、「ずっと今までやってきて、こんなことが待っているのかと思うと、毎日映画を作ったりして、寝られなかったり過酷な条件の中、作っているスタッフのみんなも『いつか、こういうときが来るよ』って声を大にして言いたいと思います。みんな頑張ろう!」と喜びを語った。

     また主演の長谷川博己さんも「皆さん引いている感じがしたんですが、大丈夫ですか?」と心配し、「特撮映画、怪獣映画で作品賞って今までなかなかなかったと思います。この映画の一つのテーマであるチームワーク、みんなで力を合わせて何かを倒すっていうのは、日本映画をこれからどうにかするっていうのにも通じるんじゃないかと思って、そういう意味でもこの作品が作品賞をとったということは、何かいいことだったんじゃないかって勝手に思っています」と話した。

     石原さとみさんは「庵野さんの脚本が本当に面白かったんです」と振り返り、「本当に面白くて、一文字一文字が魅力的で。それを私が汚してしまう……と震えていたんですけど、庵野さんに最後に『カヨコが石原さんでよかった』と言ってくださって、本当に涙が出ました。『シン・ゴジラ』で関わった2年間、胃が痛い毎日だったんですけれど、今日こういう場で終わることができて救われました。本当にうれしいです」と目を潤ませながら心境を語った。

     改めて最後に樋口監督は「何となく皆さんがムッとした感じに見えるのは気のせいかもしれないのですが、ムッとしている皆さんも、こういう映画も素晴らしいので、いいと思ったら一緒にお仕事したいなって思います」と授賞式を締めくくった。

     同賞は日本の映画芸術、技術、科学の向上発展のために設けられ、選考は日本アカデミー賞協会員の投票で行われる。

     ◇各賞は以下の通り(敬称略)

     最優秀作品賞「シン・ゴジラ」▽最優秀監督賞:庵野秀明/樋口真嗣「シン・ゴジラ」

     最優秀助演女優賞:杉咲花「湯を沸かすほどの熱い愛」▽最優秀助演男優賞:妻夫木聡「怒り」▽最優秀主演女優賞:宮沢りえ「湯を沸かすほどの熱い愛」▽最優秀主演男優賞:佐藤浩市「64-ロクヨン-前編」

     最優秀外国作品賞「ハドソン川の奇跡」▽最優秀アニメーション作品賞:「この世界の片隅に」▽最優秀脚本賞:新海誠「君の名は。」▽最優秀音楽賞:RADWIMPS「君の名は。」

     最優秀美術賞:「シン・ゴジラ」▽最優秀撮影賞:「シン・ゴジラ」▽最優秀照明賞:「シン・ゴジラ」▽最優秀録音賞:「シン・ゴジラ」▽最優秀編集賞:「シン・ゴジラ」

     話題賞・作品部門:「君の名は。」(新海誠監督)▽話題賞・俳優部門:岩田剛典(「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」)
    RANKING


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00000038-mantan-ent&p=2



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488549277/

    【【映画】日本アカデミー賞、最優秀作品賞は庵野秀明の「シン・ゴジラ」最多7冠達成!樋口真嗣監督「みんな怒ってませんか?」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    SnapCrab_NoName_2015-12-13_34o-01-1


    1: 名無しさん 2016/07/29(金) 23:18:20.78 _USER9

    2016年7月29日から公開されている、庵野秀明監督の映画「シン・ゴジラ」が、予想以上に大絶賛されている。なかには感動で泣き出したファンもおり、歴史に名を残す名作であることが判明した。

    ・終電がない時間でも大盛況 

    「TOHOシネマズ新宿」では、2016年7月28日深夜から「シン・ゴジラ」を上映。巨大スクリーンTCX、IMAX、MX4Dの3スクリーンでほぼ同時に公開し、終電がない時間にもかかわらず、多くのファンがかけつけた。以下は、実際に「シン・ゴジラ」を鑑賞した観客たちがインターネット上に書き込みした声である。

    ・観客たちの声 

    「私は観た!確かにゴジラだった!」
    「絶対ネタバレ食らう前に見た方がいいです」
    「シンゴジラおわた! 拍手喝采!」
    「シンゴジラはすごい。書いても書いても文章が出てくる」
    「いいよ!! めちゃくちゃいいよ!」
    「シン・ゴジラめちゃくちゃ面白いぞ!! 2周目行ってくる!」
    「やはり歴代最高に心に訴えるゴジラですたね」
    「ありがとう庵野監督。 今日まで生きていてよかった」
    「凄まじく新しいもの凄いゴジラがやってきました。この脳が弾け飛ぶような驚愕と興奮は是非劇場で体感してほしい」
    「ゴジラすごいよ」

    ・次回作に対する期待の声

    また、ストーリーが続編に繋がりそうな結末であった事から、「続編ある作りだな」「早くシン・ゴジラ2観たい」など、次回作に対する期待の声も出ていた。辛口な意見として「俳優のセリフが棒読みすぎる」という声も出ているようだが、「むしろ棒読みなのが日本の特撮映画っぽくていい」との意見もある。以下は、ゴジラファンの男性(81歳)の声である。

    ・ゴジラファンの声 

    「そもそもゴジラは想像上の生物ですが、長い歴史があるため、すでに命ある生物として世界の人たちに無意識に認識されているんですよ。それゆえ、ときおり見せる生物っぽさに鳥肌が立つのです。ああ、これは映画だけど「命あるゴジラ」がそこに実在してるんだなって。○○○を○したシーンなんて背筋がゾゾゾッとしますよ」

    ・幕開けを体験するべき 

    公開初日から大絶賛の「シン・ゴジラ」だが、皆さんは観に行く予定はあるだろうか? 特撮映画はあまり見ないという人も、古くて新しい「シン・ゴジラの幕開け」を体験して損はないだろう。
    RANKING


    no title
    http://buzz-plus.com/article/2016/07/29/shin-godzilla/



    引用元: 【映画】<大絶賛>庵野秀明監督「シン・ゴジラ」が最高すぎて泣く人が続出 / 観客「今日まで生きていて良かった」「鳥肌が立った」

    【【映画】庵野秀明監督「シン・ゴジラ」が最高すぎて泣く人が続出!観客「鳥肌が立った」「日本映画離れしてた」「今日まで生きていて良かった」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ