【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ














































    タグ:スコットランド

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20090715092918a20


    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/06/26(金) 23:30:51.95 ID:???*.net

    横浜F・マリノスの中村俊輔は今月24日で37歳になった。

    報道陣から差し入れられたケーキを前になぜか比嘉祐介とともに現れた俊輔…。怪我もありファーストステージではほとんどプレーできなかったが、来月からのセカンドステージで本領を発揮して欲しいところ。

    さて、その俊輔といえばセルティックでの活躍が今もまだ鮮烈に印象に残っている。

    そして、このほど誕生日を迎えた俊輔に向けてスコティッシュ・プレミアシップ公式はTwitterでお祝いのメッセージを送るとともに、セルティックでの好プレーをまとめた映像まで公開していた。

    あの伝説的なループシュートに、オールドファームでの弾丸ミドルまで収録されている動画のタイトルは、「Scottish Football Legends - Shunsuke Nakamura」。

    動画の説明も「日本のスター、シュンスケ ナカムラはセルティック時代、そのスキルでスコットランド・フットボールを照らした。アーカイブからすごいナカの動画を掘り出してみた」といった感じで、いまだスコットランドではレジェンド的な扱いのようだ。
    RANKING

    https://www.youtube.com/watch?v=phq1Q0hVg5o

    http://qoly.jp/2015/06/25/scottish-football-legends-shunsuke-nakamura


    【サッカー】中村俊輔、「ウルトラマンDASH」で走る屋台への神業FKの精度がスゴすぎる!今後海外でも大きな反響を呼びそう!
    http://m9now.blog.jp/archives/51924755.html

    【サッカー】中村俊輔、セルティックでの功績!今もグラスゴーで語り継がれる、2本のFKの奇跡!「あのFK2本は永遠に語り継ぐべき伝説」
    http://m9now.blog.jp/archives/51922607.html

    【サッカー】中村俊輔、英ウェブサイトのセットプレー「スペシャリスト・ベストイレブン」に選出!ベッカム、デル・ピエロ、ペルナンブカーノ と共に
    http://m9now.blog.jp/archives/51918888.html


    引用元: 【サッカー】37歳中村俊輔、今もスコットランドではレジェンド!リーグ公式が動画アップ

    23: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/06/26(金) 23:40:41.86 ID:M10cssoN0.net
    >>1
    この動画キックばかりだな
    サッカーの上手さではないよなー

    2: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/06/26(金) 23:31:59.33 ID:oMZa2VFJ0.net
    実際伝説になるようなこと何度もしたからなぁ

    3: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/06/26(金) 23:32:11.63 ID:rIERn8hI0.net
    2ゲット

    4: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/06/26(金) 23:32:17.99 ID:Zr+WrAqM0.net
    スコットランドではって…日本でもレジェンドだろ

    5: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/06/26(金) 23:32:42.51 ID:4E1WW9TO0.net
    比嘉さんすげえええええレジェンドとマブダチ

    6: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/06/26(金) 23:32:58.91 ID:Dd812QkO0.net
    華はあるからな

    7: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/06/26(金) 23:35:31.46 ID:nc+i6Art0.net
    見たけどやっぱハンパねーな
    これは伝説だわ
    RANKING
    by カエレバ

    UEFA Champions League ウイニングイレブン フリック - KONAMI 【【サッカー】37歳の誕生日を迎えた中村俊輔、今もスコットランドではレジェンド!リーグ公式がYouTubeに祝いのメッセージ動画アップ!】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20090715092918a20
    セルティック時代の中村俊輔(横浜Fマリノス所属)

    1: そして誰もいなくなったヽ(`Д´)ノφ ★@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 13:22:51.36 ID:???0.net

    いまだ多くのファンの脳裏に刻まれる俊輔の功績


     キックオフは午後1時だから、12月14日の午後1時45分過ぎには、グラスゴーのセルティック・パークで万雷の拍手と歓声が巻き起こることだろう。

     そしてその拍手と歓声の中心には中村俊輔がいる。

     2005年8月7日の夕刻、筆者はBBCラジオ・スコットランドからの電話を待っていた。その前日、ダンディー・ユナイテッドとのホーム戦で、中村俊輔はセルティックでのデビューを飾っていた。

     2−0でセルティックが完勝した試合、はじめてスコットランドのピッチに立った俊輔はシンプルなプレーを心がけていた印象だった。

     先発して後半39分まで悠々と、軽快にプレーしていた。いつもよりやや深めの位置で、自分を窮屈にしない形を作ってパスを受け、ボール離れも早かったと思う。しかしファーストタッチの精度は高く、どんな強いボールでもいとも簡単に足元に収めてしまうと、的確なパス相手を瞬時に選択してボールを動かした。

     だからその印象をそのままBBCの番組で話した。

    「フィジカルが強いスコットランドでのデビュー戦、いつもよりシンプルなプレーを心がけていたと思う。本来の俊輔はもう少しfancy(サッカーでは自在性を表し、または”派手”という意味もある言葉)な選手だ」


    と。

     すると、電話の向こう側で「WOW!」と短い歓声が上がるのが聞こえた。続いて「あれ以上にfancyな選手なのか!?」というつぶやきが聞こえてきた。

     あの日から9年2か月が過ぎた2014年の10月23日、日本人MF瀬戸貴幸が所属するFCアストラとのヨーロッパ・リーグ戦を取材するため、筆者は久々にセルティック・パークを訪れた。2009年6月に中村俊輔がエスパニョールへ移籍してからも、すでに5年4か月の月日が流れていた。


    「日本人かい?」


     グラスゴー・セントラル駅からセルティック・パークに向うタクシーの中、運転手がそうたずねてきた。

    「誰がキーパーでも止められない、ものすごいフリーキックだった」
     “そうだ”と答えると、マットと名乗った運転手はすかさず「俊輔はどうしてる?」と聞いた。

     とはいっても、彼は中村俊輔が2013年シーズン、J1のMVPに輝いたことを知っていた。俊輔の基本的な動向は今でも追っているという。ただ、もう少し生の様子が知りたいのだ。

     そして、


    「もう36歳だろ? それでMVPとはすごい。ところで今でもあのフリーキックの切れ味はそのままなのかい?」


    と、物心ついた時にはセルティックが大好きになっていたという、還暦間近のタクシー運転手が最も気になることをたずねてきた。

     あのフリーキック。それはグラスゴーのセルティック・サポーターにとっては2006年9月13日にオールド・トラフォード、11月21日にセルティック・パークでゴールラインを割った2本のフリーキックに特定される。

     それは欧州CLグループ戦、同組最強のマンチェスター・U相手に、その決めた順序でいうと、アウェイ&ホームで炸裂した2発のフリーキックだ。


    「アウェイのフリーキックはテレビで見たが、ホームの2発目は生で見たんだ。あんなことってあるのかい!? ディジャブかと錯覚するほど、全く同じ位置だったよ。距離は35ヤード。右サイドの深い位置。誰もが思ったはずさ、『なんてこった、オールド・トラフォードと全く同じ位置だ!』って。

     あのオールド・トラフォードのフリーキックは完璧だったね。ニアの右サイドのトップコーナーぎりぎりに飛び込んだんだ。壁の頭の上をすれすれで通過したから、ファンデルサールには蹴り出しが見えなかった。それにあの球速だろ、だから一歩も動けなかった。あのフリーキックにはさすがのオランダ代表GKもノーチャンス(全くチャンスなし)だった。いや、誰がキーパーでも止められない、ものすごいフリーキックだった。

     あの試合は俊輔のフリーキックで一旦2−2に追いついたけど、最終的には2−3で惜敗して、あのゴールが活かされなかった。

     だからみんなが思ったはずさ。こんなことになるなら、あの完璧なフリーキックをこの瞬間までとっておけば良かったのにとね」


    今も変わらない日本人レジェンドへのリスペクトと好意

     ところが中村俊輔は2度目も決めた。しかも今度は欧州CLトーナメント・ステージがかかり、後半36分、0−0が81分も続いた緊迫した場面だった。

     ファンデルサールだって、前回のイメージがあったはずだ。同じような位置からまた同じようなゴールを決められるわけにはいかない。今度は動いた。ニアのトップコーナーに2メートル近い長身を思い切り伸ばし、左手を伸ばした。けれども俊輔はまたも、世界中のどんなゴールキーパーにだって止められない、ノーチャンスのフリーキックを蹴った。


    「もうこの目が信じられかったよ。おれにとっては間違いなく最高のフットボール・モーメント(最高のサッカーの瞬間)だったね。興奮したよ。あまりにも感動して涙が止まらなくなった。これが奇跡かと思ったよ。“本物の奇跡を見た”って、そういう厳かな気持ちにさえなったんだ。あの日を境に中村俊輔はレジェンドになった。あのフリーキック2本は、我々セルティック・サポーターにとって、永遠に語り継ぐべき伝説なんだ」


     まるで昨夜に起こった出来事を聞いているようだった。マットの話にはそんな生々しい興奮と喜びがあった。英国でサッカー、いやフットボールは宗教だといわれるが、神が奇跡を起こして人間を感動させると同時に畏怖させ、永遠の信心を誓わせるのと同様、あの2発のフリーキックで中村俊輔というひとりの日本人フットボーラーは、セルティック・サポーターの神殿に祭られる神となった。

     駅からスタジアムの車中はわずかに15分ほどの時間だった。しかしそこには俊輔に対する濃密なセルティック・サポーターの思いが充満した。

     そんなマットに送られて、日本人の神が祭られたセルティック・パークに到着すると、球場のスタッフに「こんばんわ」と挨拶された。それも日本人レジェンドに対する、永遠のリスペクトと好意の表れだろう。

     所属していた欧州クラブに公式戦に招待され、そのハーフタイムでサポーターとの再会を果たす。そんな待遇を受けた日本人選手はこれまでにいなかった。

     しかし、グラスゴーにはマットのように、熱く伝説を語り継ぐ俊輔信者がそれこそごまんといるのだ。

     だからして、中村俊輔が5年半振りに訪れるセルティック・パークで万雷の歓迎を受けること、それは火を見るより明かなことなのである。
    RANKING

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141212-00010001-soccermzw-socc&p=1

    引用元: 【サッカー】中村俊輔の功績 今もグラスゴーで語り継がれる、2本のFKの奇跡。


       

    【サッカー】中村俊輔、退団後初めてセルティック・パーク登場へ!ハーフタイムで挨拶する予定!レジェンドNAKAにファン歓喜必至!
    http://blog.livedoor.jp/no1_only1/archives/51921993.html

    【サッカー】中村俊輔、英ウェブサイトのセットプレー「スペシャリスト・ベストイレブン」に選出!ベッカム、デル・ピエロ、ペルナンブカーノ と共に

    http://blog.livedoor.jp/no1_only1/archives/51918888.html



    【【サッカー】中村俊輔、セルティックでの功績!今もグラスゴーで語り継がれる、2本のFKの奇跡!「あのFK2本は永遠に語り継ぐべき伝説」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20090715092918a20
    セルティック時代の中村俊輔(横浜Fマリノス所属)

    1: まさと ◆RHASHorGAg @ターンオーヴァーφ ★@\(^o^)/ 2014/12/07(日) 00:05:50.77 ID:???0.net

     中村俊輔、退団後初めてセルティック・パークのピッチへ


    横浜F・マリノス所属のMF中村俊輔が2009年の退団後初めて、古巣セルティックの本拠地セルティック・パークに帰ってくる。セルティック公式ウェブサイトが5日に発表した。

     中村は現地時間14日13:00(日本時間の22:00)キックオフのセント・ミレンとの一戦で、ハーフタイムにサポーターの前に姿を見せる予定となっている。サポーターにとっては、クラブの”レジェンド”と再会できるまたとない機会となりそうだ。

     中村は2005年の夏にイタリア・レッジーナからセルティックへ移籍。1年目からリーグとリーグカップの2冠達成に貢献。

     その後も、チャンピオンズリーグでマンチェスター・ユナイテッドから決めた2本のFKや、レンジャーズとの”オールドファーム・ダービー”で決めた、左足のドライブシュートなど記憶に残るゴールを数々決めた中村。

     2006−07シーズンはリーグ連覇と共に自身はMVPを獲得。09年夏にスペイン・エスパニョールへ移籍するまでの4年間、ファンからは絶大な支持を受けていた。

     現在のチームに中村がプレーしていた当時を知る選手は、主将のスコットランド代表スコット・ブラウンのみとなった。それでもサポーターは彼のことを忘れてはいないはずだ。実に5年半振りとなる、”NAKAMURA”の帰還を暖かく迎えてくれることだろう。
    RANKING

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141206-00010026-footballc-socc


    引用元: 【サッカー】中村俊輔、退団後初めてセルティック・パーク登場へ ハーフタイムで挨拶する予定 レジェンドNAKAにファン歓喜必至

    42: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/12/07(日) 00:14:42.57 ID:ax0th8roO.net
    >>1
    〜だろう
    〜はずだ
    願望全開記事でワロタ

    まあでも俊さんはセルティックで活躍したから歓迎してくれるだろう

    外国とのこういう繋がりは大事にしたいね

    48: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/12/07(日) 00:15:46.51 ID:9P9t4KVL0.net
    >>42
    よく読めよ

    2: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/12/07(日) 00:06:52.66 ID:jC396J060.net
    ナカミュラ

    3: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/12/07(日) 00:07:28.76 ID:NqymZRDS0.net
    なんでレジェンドなの?
    なんか成績残したのか?

    18: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/12/07(日) 00:10:29.38 ID:QogPWDDy0.net
    >>3
    優勝したしな。
    俊介の全盛期はセルティック時代かも。
    Jじゃ見られないようなミドルとかバンバン入れてたし。

    74: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/12/07(日) 00:22:28.79 ID:6cdCwrAj0.net
    >>3
    はあ?ニワカはレスすんじゃねえよ

    194: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/12/07(日) 00:59:52.41 ID:H359Dlen0.net
    >>3
    無知の涙

    4: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/12/07(日) 00:07:38.28 ID:ROCGvdHa0.net
    セルティックて最近落ちぶれまくりなんだな
    今年はCLに出場もしてないし、所属選手も無名ばかり

    84: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/12/07(日) 00:25:54.14 ID:3szfPiQE0.net
    >>4
    所属選手はもともと無名ばっかだそ。
    ラーション以外
    RANKING
    【サッカー】中村俊輔、英ウェブサイトのセットプレー「スペシャリスト・ベストイレブン」に選出!ベッカム、デル・ピエロ、ペルナンブカーノ と共に
    http://blog.livedoor.jp/no1_only1/archives/51918888.html



    【【サッカー】中村俊輔、退団後初めてセルティック・パーク登場へ!ハーフタイムで挨拶する予定!レジェンドNAKAにファン歓喜必至!】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    俊輔の横浜M復帰準備に待った!セルティックは復帰認めない!

    中村俊輔 2008年カレンダー

    FANTASISTA
    Shunsuke Nakamura
    IN SCOTLAND GLASGOW


     来夏のJ1横浜M復帰が取りざたされている
    日本代表MF中村俊輔(29)について、
    所属のスコットランドプレミアリーグ・セルティック
    日本復帰を認めない方針を固めていることが
    30日、明らかになった。
    ピーター・ローウェル最高経営責任者(46)が
    すでに来夏の契約延長オプション行使を決意。
    複数年での新契約を年明けにも提示する。

     “至宝”は手放さない
    セルティックが俊輔のJリーグ復帰を
    断固認めない方針であることが分かった。

     「われわれに中村を手放す意思はない。
    日本側の期待は実現しないだろう」と
    セルティックのクラブ幹部が明かした。

     欧州CLでの活躍、リーグ2連覇を牽引するなどピッチ上で活躍。
    さらに、昨季のCL・マンチェスターU戦で放ったFK弾が
    クラブに45億円超の経済効果をもたらしたことが
    英紙タイムスで報じられるなど、
    運営面でもなくてはならない存在となった
    日本のファンタジスタに対し、ローウェル最高経営責任者も
    最高級の評価をしているという。

    中村俊輔FK 対マンチェスター


     29日にJ1・横浜Mが復帰準備を進めていることが判明。
    セリエA・レッジーナ移籍の際に尽力した
    中村勝則強化担当取締役が来年2月にも渡欧し、
    本人とセルティック側の考え方を聞く予定が明らかになっていた。

     しかし、セルティックは素早く対応。
    本契約は来年6月までだが、1年間の契約延長オプションが
    クラブ側にあるため、これを行使。
    その上で複数年契約を提示し、引き留めに出ることを決めた。
    年明けにも代理人側に意向を伝えるもよう。
    最低500万ユーロ(約8億円)はかかる高額な移籍金を
    横浜Mが用意できても、保有権を持つセルティック側の意思は絶対。
    交渉の難航が予想される状況となった。

     俊輔は今季、左ひざじん帯を痛めたことで出場機会が激減し、
    不完全燃焼が続いている。
    夢のスペインリーグ移籍への最後のチャンスでもあり、
    本人の最終決断も重要な要素となりそうだ。

     06−07年シーズンのスコットランド最優秀選手をめぐる攻防は、
    早くもヒートアップ。今後の交渉の行方が注目される。
    ---------------------
    【関連リンク】
    【横浜M】セルティック・中村俊輔獲得の為に、
    横浜Mが用意した金額はなんと10億円!

    --------------------
    俊輔は日本には帰ってこないと思うけどなぁ〜
    サッカーそのもののレベルが、日本とじゃ違いすぎるし…
    お金の問題じゃないと思う。
    次はドイツ・イタリア・スペインの
    クラブチームに移籍すると思う。

    と以前に書きましたが、セルティックや俊輔も
    同じ気持ちなのでは?
    やはり俊輔の気持ちを、第一に考えて欲しいですね。


    1000記事を2007/12/12に達成し、今回で1092記事目です。

    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ

    にほんブログ村 ニュースブログ 芸能ニュースへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能一般情報へ

    ブログ王

    navibana6

    ブログランキング
    人気ブログランキング【ブログの殿堂】
    ブログランキング ドット ネット
    ブログランク参加中なので良ければクリックして下さい



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スコットランドからのニュースです
    中村俊輔の所属するセルティックはリーグ2連覇

    中村俊輔がロスタイムにフリーキックで、
    優勝弾を放ちMVPに名前を列ねている事は、
    深夜の超速報ニュースで書きましたが、
    日本国民として嬉しい事に、
    なんと日本人初の偉業で、MVP獲得と成りました。

    さすが踊る様なレフティーですね
    それだけに勝利した試合後にシャツを、脱ぎたく成りますよね

    MVPの授賞式は、さすがに中村俊輔も照れくさそうでした。
    中田英寿も成し遂げ無かった、MVPと言う権威…

    さすが「ナカムラ」ですね。
    サポーターが凄い騒ぎ様だったみたいです

    ブログ王

    人気ブログランキング【ブログの殿堂】
    ブログランキング ドット ネットブログランク参加中なので良ければクリックして下さい



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ