【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ














































    タグ:リオ五輪

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    38163172


    1: 名無しさん 2016/08/22(月) 01:20:10.00 _USER9

    畠山愛理が現役引退へ「最後と決めていた」 新体操


    <リオ五輪:新体操>◇21日◇団体決勝

     フェアリージャパンの主将も務めた畠山愛理(あいり、22=東京ジュニアク)が、涙で現役引退を宣言した。「私は今回の五輪で最後にすると決めていた。これで、試合に出ることは最後にしたい」。8位に終わった決勝直後、心境を明かした。

     初のメダル獲得を目指して5位で団体決勝に進出した日本(杉本、松原、畠山、横田、熨斗谷)は、1種目目のリボンの大技「4本投げ」が乱れ、予選の得点より1点近くも低い16・550で8位と出遅れた。2種目目のフープ・クラブで上位を狙いミスのない演技を披露して17・650の高得点をマークしたが、2種目合計34・200点で最下位は変わらなかった。

     畠山は6歳から新体操を始め、09年からは日本代表としてチームに2大会連続の入賞に貢献してきた。「苦しいこと、つらいこと、楽しいこと、たくさんあったけれど、あっという間でした。決勝ではリボンはミスしてしまいましたが、決勝の舞台に立てたことは幸せなこと」とやりきった表情。

    2020年東京五輪は後輩に託す。

    「東京に日本チームがこの悔しさをぶつけてくれたらいいと思う。私もまた違う形で関われたらいい。このリオ五輪は、絶対に次につながります」。真っ赤な艶やかな衣装が最後の勇姿。「新体操をずっと続けてきてよかったです」。最後は笑顔で、競技生活に別れを告げた。
    RANKING


    no title

    892d925c

    958c1a46

    no title

    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160822-00000006-nksports-spo


    【リオ五輪】大会記事まとめ!競泳、体操男子、卓球女子、レスリング女子、バドミントン女子、陸上競歩、400mリレー、テニス等!【順次更新】
    http://m9now.blog.jp/archives/51982729.html




    引用元: 【五輪・新体操】畠山愛理が現役引退

    【【リオ五輪】新体操団体決勝、日本はリボンの「4本投げ」乱れ8位!可愛すぎる主将・畠山愛理が現役引退!「最後と決めていた」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160822-00000504-san-000-1-view


    1: 名無しさん 2016/08/22(月) 00:21:04.36 _USER9

    ◆リオデジャネイロ五輪 ▽陸上 マラソン男子(21日・サンボドロモ)



     陸上のマラソン男子が行われ、カンボジア代表でお笑いタレント・猫ひろし(本名・滝崎邦明、38)は2時間45分55秒で139位で完走した。

     両手を広げゴールした猫は、23秒遅れでゴールした最下位のヨルダン選手を迎え入れると、会場に巻き起こった「カンボジア」コールに応えてダンスを披露。何度も頭を下げて声援に感謝した。

     日本代表は佐々木悟(30)は2時間13分57秒で16位、石川末広(36)は2時間17分08秒で36位、北島寿典(31)は2時間25分11秒で94位だった。

     佐々木悟「16位というのはあまり納得できるものではないが。自分の力を出し切るのが目標だったが、それができたかというとまだまだかなと。結果を求めてもっと上を目指したかった」

     石川末広「入賞すると大きな口を叩いていたが、36位。惨敗のような結果。自分の力不足かなと思う。思った以上に前半で足を使った感じだった。そこがだめなところだったかなと。ここまで続けてきてみなさんの支えがあってこの場に立てた。みなさんにお礼がいいたい。42・195キロ、気持ちを切らさずに走りきることができた」

     北島寿典「結果はこんなんですけど、よかったです。やり遂げたという気持ち。勝負としてはふがいない感じだが、最後まで出しつくそうと走りきることができた。みんなの支えをすごく感じる大会だった」
    RANKING


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160821-00000279-sph-spo


    【リオ五輪】大会記事まとめ!競泳、体操男子、卓球女子、レスリング女子、バドミントン女子、陸上競歩、400mリレー、テニス等!【順次更新】
    http://m9now.blog.jp/archives/51982729.html




    引用元: 【五輪・マラソン】猫ひろし 139位で完走

    【【リオ五輪】マラソン男子、佐々木悟が日本勢最高16位!メダル遠く!カンボジア代表・猫ひろし(本名・滝崎邦明)は139位で完走!】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    svg


    2016年、ブラジル・リオデジャネイロで行われた、夏季オリンピック「リオオリンピック」

    参加国・地域数 206
    参加人数 11,000人以上 

    競技施設の建設の遅れ、治安、ジカ熱、プールの水質問題、選手村での盗難被害、選手による性的暴行被害などなど、様々な問題が事前や大会中に起こりましたが、ようやく最終日を迎えました


    様々な競技のメダリストが生まれ、感動シーンもありました


    中国選手の公開プロポーズ(ちなみに成功)、陸上女子5000m予選での転倒、サッカー男子決勝・PK戦でのネイマール。色々なドラマが生まれました。

    当然のように、吉田沙保里さん決勝の現地観客の中に江頭2:50さんがいたり。ちなみに江頭さんは北京大会、ロンドン大会でもテレビに写り込んでいます

    日本代表もメダルラッシュ!

    競泳、柔道に始まり、レスリング女子・伊調馨さんの4連覇。テニス男子・錦織圭、体操男子・内村航平、卓球女子団体、卓球男子・水谷隼、バドミントン女子・タカマツペアと奥原希望!

    そんな快挙の裏で霊長類最強女子・吉田沙保里さん、涙の4連覇ならず


    img1471259093

    help

    no title

    thumb-12144-275660-entame


    ここで当ブログで取り上げた「リオ五輪」に関する記事を、まとめてみたいと思います。なるべく競技ごとにリンクをまとめてみましたので、ぜひご覧ください
    RANKING

     
    【【リオ五輪】大会記事まとめ!競泳、体操男子、卓球女子、レスリング女子、バドミントン女子、400mリレー、サッカー男子、閉会式など!【順次更新】】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160821-00000026-jijp-000-3-view


    1: 名無しさん 2016/08/21(日) 08:11:16.58 _USER9

    ブラジル 1-1 ドイツ

    27' 1-0 Neymar
    59' 1-1 Max Meyer

    PK
    GER ○○○○×
    BRA ○○○○○

    http://www.livescore.com/soccer/summer-olympics-2012/final/brazil-u23-vs-germany-u23/1-2356258/


    ブラジル、悲願の初金メダル獲得! ネイマールが先制FK弾&最後のPK決める



    リオデジャネイロ・オリンピック・男子サッカー競技の決勝が20日に行われ、ブラジル代表とドイツ代表が対戦した。

     悲願の金メダル獲得を目指すブラジルはグループステージ最初の2試合で無得点に終わったが、第3戦でデンマークに4−0と快勝すると、準々決勝ではコロンビアを2−0、準決勝ではホンジュラスを6−0で破り、ファイナルまで勝ち進んだ。ブラジルは2014年のワールドカップ準決勝でドイツ相手に1−7と大敗を喫しており、リベンジを果たすためにも絶対に負けられない戦いとなる。先発にはFWネイマール、FWガブリエウ・ジェズス、FWガブリエウ・バルボーザらが起用された。

     一方のドイツはグループステージを2位で通過すると、準々決勝ではポルトガルを4−0で撃破。準決勝では、資金難に苦しみながらも快進撃を続けていたナイジェリアを2−0で下し、初の決勝進出を果たした。前日には同国女子代表が一足早く金メダルを獲得しており、これに続けば五輪サッカー史上初の男女アベック優勝となる。先発にはアーセナルでプレーするMFセルジュ・ニャブリやスヴェン・ベンダーとラース・ベンダーのベンダー兄弟らが名を連ねた。

     大歓声を味方につけるブラジルが試合を優位に進めるかに思われたが、先にゴールへ迫ったのはドイツだった。11分、エリア手前左でボールを持ったユリアン・ブラントが右足でミドルシュートを放つと、弧を描いたボールがゴール右上に飛んだが、惜しくもクロスバーを直撃した。

     ブラジルは14分、エリア手前中央でパスを受けたネイマールが左サイドに展開。これを受けたドウグラス・サントスが左足でクロスを上げると、エリア内に走り込んだルアンが右足ダイレクトで合わせる。だが、このシュートはDFにブロックされてしまった。

     試合が動いたのは27分。ブラジルがエリア手前左でFKを獲得すると、ネイマールが直接狙う。GKから逃げるようにカーブがかかったボールが、ゴール左上のクロスバーをかすめてネットを揺らした。

     先制を許したドイツは31分、右CKのこぼれ球をエリア内中央で拾ったマックス・マイヤーが左足ボレーで狙う。シュートは枠の左を捉えたが、GKの好セーブに阻まれた。さらに35分、右サイドからのFKにS・ベンダーが頭で合わせたが、またもクロスバーに嫌われ、同点とはならない。

     前半はこのままブラジルの1点リードで折り返す。

     後半に入り59分、ドイツは高い位置でボールを奪うと右サイドから攻撃を展開。イェレミー・トリャンからのクロスをエリア内中央のマイヤーが右足ダイレクトでゴール左隅に決め、試合を振り出しに戻した。

     追いつかれたブラジルは65分、カウンターで右サイドを駆け上がったレナト・アウグストがグラウンダーで折り返し、ニアサイドに走り込んだG・ジェズスが右足で合わせたが、シュートはわずかに枠の右へ逸れた。

     ドイツは67分、接触プレーで足を痛めたL・ベンダーが負傷交代を余儀なくされ、代わってグリシャ・プレメルが投入された。一方のブラジルは70分、G・バルボーザに代えてフェリペ・アンデルソンをピッチへ送り出す。

     78分、ブラジルはエリア手前右のネイマールがDFをかわすと、右足で狙いすましたシュートを放つ。しかし惜しくもゴール左へ外れた。結局90分では決着がつかず、試合は延長戦へ突入する。

     95分、ブラジルはロングパスでディフェンスラインの裏に抜けだしたルアンがエリア内右に侵入。カットインから左足で狙ったが、戻ったDFにブロックされた。ドイツはその1分後、ニルス・ペーターゼンがエリア内に浮き球のパスを送ると、ブラントが右足アウトで合わせたが、シュートは枠の右へ外れた。

     延長後半にはブラジルが決定機を迎える。106分、ネイマールからのスルーパスに抜け出したF・アンデルソンがGKと一対一となったが、GKティモ・ホルンに阻まれてしまった。両チームともに最後までゴールを目指したが得点が生まれることはなく、勝敗の行方はPK戦へ委ねられることとなった。

     PK戦では4人全員が決めて迎えた5人目で先攻のドイツが失敗。後攻のブラジルはネイマールがゴール右に決めて勝負あり。PK戦を制したブラジルが悲願の五輪初優勝を果たした。

    【スコア】
    ブラジル代表 1−1(PK:5−4) ドイツ代表

    【得点者】
    1−0 27分 ネイマール(ブラジル)
    1−1 59分 マックス・マイヤー(ドイツ)
    RANKING


    no title

    no title

    no title
    http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160821-00482347-soccerk-socc


    【リオ五輪】大会記事まとめ!競泳、体操男子、卓球女子、レスリング女子、バドミントン女子、陸上競歩、400mリレー、テニス等!【順次更新】
    http://m9now.blog.jp/archives/51982729.html




    引用元: 【五輪】ブラジルがドイツとのPK戦を制し金メダル 男子サッカー

    【【リオ五輪】サッカー男子決勝戦、ドイツとのPK戦制しブラジルが初金メダル!ネイマールが先制弾&5人目のPK決める!】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160820-00000535-sanspo-000-6-view


    1: 名無しさん 2016/08/20(土) 22:35:19.10 _USER9

    ケンブリッジ飛鳥、ボルトにバトンが当たり「やべえと思った」 ボルトに次ぐ2位一問一答 陸上/リオ五輪


    リオデジャネイロ五輪第15日(19日=日本時間20日、五輪スタジアム)陸上男子400メートルリレーの決勝を行い、予選と同じ山県亮太(24)=セイコーホールディングス、飯塚翔太(25)=ミズノ、桐生祥秀(20)=東洋大、ケンブリッジ飛鳥(23)=ドーム=のオーダーで臨んだ日本は、37秒60の日本新&アジア新記録で銀メダル。銅だった2008年北京五輪以来、2大会ぶりのメダルを獲得した。ジャマイカが37秒27で金メダルを手にした。

     日本は自己ベストが桐生は10秒01、山県が10秒05、ケンブリッジが10秒10で飯塚は10秒22。日本の五輪史上最強ともいえるカルテットだった。

     ウサイン・ボルト(29)に次いで2位でゴールしたアンカーのケンブリッジは、ボルトにバトンが当たったことを明かし「やべえと思った」と振り返った。


     −−ボルトと接触した


     「バトンが当たってしまった。走る途中で僕が寄ってしまってバランスを崩した。あまり覚えていない。いままでの100メートルで一番短かった」


     −−銀メダル


     「ボルトにどこまでついていけるのかなと思って走った。やったなという感じ。今までで一番最高。(2位に)入ったかなという自信はあったけど、電光掲示板を見てよしっと思った」


     −−桐生とはレース前に何を話した


     「走る前に『絶対いい位置でゴールするから後ろから追いかけてきて』といった。全然緊張はしなかった。『来た、来た、来た』と思った」


     −−ボルトと走って


     「最後はグンといかれて悔しかったけど、メダルを取れてよかった。前だけを見ていた。バランスを崩したときはやばいと思った。そこで一度、スピードが落ちてしまったので。(ボルトと)当たったときにやべえと思った。力みにはならなかったけど、最後はうまく加速できなかった」


     −−レース前はチームで何を話した


     「チャンスがあるから絶対にメダルを取って帰ろうと口々に話した」


     −−レース後は場内を1周した


     「気持ちよかった。あそこを1周走れる機会はなかなかない。いい体験だった。ボルトが出迎えてくれてうれしかった。あこがれでもあり目標でもある選手から祝福されたので。入場のポーズは飯塚さんが考えた」


     −−決勝へ向けて何かしたことは


     「もともと仲がよかったので、特別何かしたことはない。チームワークがすごくいい。ハイタッチして入場した。4人とも緊張感は少なかった。笑顔が多かった。みんな前向きにレースに挑めていた」


     −−銀メダルの要因は


     「予選もそうだし合宿でもいいタイムが出ていた。個人の力がついてきたのが大きい。リレーは陸上で唯一、みんなで力を合わせてやれる種目。いろんな感情を共有できる」


     −−トラック種目では1928年アムステルダム大会女子800メートルの人見絹枝に並ぶ日本勢の最高順位タイ


     「最高ですね。気持ちいい。3人のメンバーに感謝している。一緒に競えあえてよかった」


     −−3人のメンバーの性格は

     「桐生が一番負けず嫌いで、山県さんと飯塚さんはマイペース」


    ◆ケンブリッジ 飛鳥(けんぶりっじ・あすか)

    1993(平成5)年5月31日生まれ、23歳。ジャマイカ出身。ジャマイカ人の父と日本人の母を持つ。中学で陸上を始める。東京高から日大に進学。2013年の東アジア大会200メートルで優勝し、自身初の国際タイトルを獲得。昨年の織田記念国際100メートルで桐生祥秀らを破り初優勝。今年5月の東日本実業団選手権100メートル予選で自己ベストとなる10秒10を記録し、リオ五輪参加標準記録(10秒16)を突破。ドーム所属。1メートル80、77キロ。
    RANKING


    no title

    no title
    http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160820-00000535-sanspo-spo


    【リオ五輪】大会記事まとめ!競泳、体操男子、卓球女子、レスリング女子、バドミントン女子、400mリレー、サッカー男子、閉会式など!【順次更新】
    http://m9now.blog.jp/archives/51982729.html




    引用元: 【リオ五輪陸上】ケンブリッジ飛鳥「正直に言うけど、実はバトンがボルトに...」

    【【リオ五輪】陸上男子400mリレー、日本がアジア新記録で銀メダル!ケンブリッジ飛鳥「正直に言うけど、実はバトンがボルトに...」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ