【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ














































    タグ:北京五輪

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ブログネタ
    オリンピック に参加中!
     北京五輪女子柔道48キロ級で3連覇を果たせずその去就が注目されていた谷亮子(32=トヨタ自動車)は24日、現役を続行し4年後の「ロンドンを目指す」と述べた。

    「(メダルの)可能性だけが目標ではなく、ずっと頑張る姿を応援してもらうのがスポーツ選手として幸せなこと」と谷は出演した日本テレビの北京五輪特別番組で語った。

    谷は北京五輪の準決勝で指導ひとつの差で敗れたが、3位決定戦でロシアの選手に一本勝ちし銅メダルを獲得!今大会目標にしていた五輪3連覇はかなわなかったが、5大会連続のメダル獲得という偉業を成し遂げた。

    今後については家族など周囲と相談すると述べ明言していなかった。

    引用・ロイター

    ようやくって感じの、現役続行発言ですね。北島康介も延ばし延ばしにしないでほしいです。



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ブログネタ
    マラソン・駅伝 に参加中!
     北京五輪は最終日の24日、男子マラソンを行い、ケニアのワンジルが2時間06分32秒の五輪新記録で優勝した。2位はモロッコのガリブ、3位はエチオピアのケベデ。

    日本代表の尾方剛と佐藤敦之は序盤で大きく遅れ、尾形は13位、佐藤は最下位の76位ながら完走した。1992年の森下広一(銀メダル)以来のメダル獲得は果たせなかった。
    【【男子マラソン】ケニアのワンジルが、五輪新記録で優勝!金メダリストは日本育ち!ワンジル「我慢教わった」日本代表の尾形剛は13位、佐藤敦之は最下位の76位完走!=北京五輪(大会最終日)】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ブログネタ
    陸上競技 に参加中!
     日本陸上競技連盟は23日、北京五輪男子マラソン日本代表の大崎悟史が故障のため、24日のレースを欠場すると発表した。

    練習過多による左股関節の痛みが原因とのこと。

    琵琶湖毎日で3位だった大崎は今回が初の五輪代表。大崎の欠場により、日本代表は佐藤敦之と尾方剛の2選手のみでの出場となる。
    今大会では、女子マラソンでも2連覇を狙っていた野口みずきが故障でレースを欠場した。

    引用・ロイター

    本当にあきれます。プロならプロらしく、体調管理もしっかりしてほしい!



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ブログネタ
    オリンピック に参加中!
     [北京五輪・シンクロ]◇23日◇チームフリールーティン

    日本が五輪史上初めてメダルを逃した。五輪種目で採用された1984年のロサンゼルス五輪から6大会連続で全種目のメダルを獲得してきたが、今大会ではデュエットこそ鈴木・原田組が銅メダルを死守したが、チームは5位に終わった。優勝はロシア、2位スペイン、3位中国。

    金子正子チームリーダーは「(メダルを)取れなかったのは悔しいし残念。力が足りなかった。キレも悪かった」と、本来の力が出せなかったことを悔やんだ。演技終了後にはリフトで飛んだ小林寛美(浜寺水練学校)が気を失って担架で運ばれる事態も起きた。デュエット3位もチームでメダルを逃した原田は「先輩たちが築いてきたメダルを落としたのは申し訳ないし、情けない気持ちです」と肩を落としていた。

    引用・日刊スポーツ

    ロシア、すごいですね。満点の演技をはじめてみました。



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ブログネタ
    星野JAPAN! に参加中!
     [北京五輪・野球:日本4-8米国]◇23日◇3位決定戦

    星野ジャパンは米国に敗れ、4位に終わった。試合後星野監督は「選手は必死にやってくれ1つになった。申し訳ない。ただ、そのひと言です」とテレビを通してファンに謝罪した。

    この日もミスが失点に絡み、序盤4-1とリードしながら逆転負け。最後まで歯車が噛み合わなかった。「ある意味、選手がかわいそうだった。野球そのものが不思議でしょうがない。最初のゲーム(キューバ戦)で恐々しているというか、(ストライク)ゾーンがまったく他の世界でやっているというのか、それでおかしくなった」星野監督は敗因を説明した。

    北京五輪が野球は最後の大会。2000年シドニーからプロ野球選手が参加したが、結局一度も金メダルを取ることなく終わった。

    引用・日刊スポーツ
    【【野球日本代表】星野ジャパン、銅メダルならず!3位決定戦で、米国に4対8と逆転負け!星野監督「申し訳ない」テレビを通しファンに謝罪!韓国はキューバに勝利し、初の金メダルを獲得!=北京五輪(大会16日目)】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ