【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ














































    タグ:女子アナ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20161207-00006860-sbunshun-000-2-view


    1: 名無しさん 2016/12/08(木) 09:57:15.49 _USER9

    テレビ朝日の報道・情報番組「グッド!モーニング」(月〜金曜、前4・55)のサブMCを務める田中萌アナウンサー(25)と加藤泰平アナウンサー(33)が8日、同番組への出演を取りやめた。


     2人の不倫疑惑を8日発売の「週刊文春」が報道。同局は事実関係について「プライベートなことですので、お答えは控えさせていただきます」とする一方で、2人の出演については「報道・情報番組ということもあり、出演を当面見合わせることにしました」と説明していた。

     田中アナは入社2年目で、昨年9月から番組サブMCに抜てきされた期待の星。メインMCの松尾由美子アナ(37)、フリーアナの新井恵理那(26)とともに番組の“3姉妹”として人気だが、この日の番組冒頭に田中アナの姿はなく、代わって島本真衣アナ(32)の姿が…。田中アナの“欠席”については触れなかった。

     2006年入社の加藤アナは2013年9月から同番組に出演し「明快!まとめるパネル」などのコーナーを担当。また、スポーツ実況などでも活躍している。この日の「明解…」は吉野真治アナウンサー(38)が代役を務めた。

     その後も一貫して、両人の欠席について触れられることはなかったが、番組の最後はMCの坪井直樹アナウンサーが「グッド!モーニング、これからもよろしくお願いします」と締めくくった。
    RANKING


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161208-00000082-spnannex-ent


    【女子アナ】テレ朝・田中萌アナ、加藤泰平と不倫!番組で「次の文春砲はいつですか?」→自身に降りかかる!→「自業自得」「ブーメラン命中」
    http://m9now.blog.jp/archives/51988685.html




    引用元: 【テレビ】不倫疑惑のテレ朝・田中萌&加藤アナ「グッド!モーニング」出演せず★2

    【【女子アナ】不倫疑惑のテレ朝・田中萌&加藤泰平アナ!「グッド!モーニング」出演せず!田中は加藤にLINEで「嫉妬するほど好きなの」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20161207-00006860-sbunshun-000-2-view


    1: 名無しさん 2016/12/08(木) 10:00:29.91 _USER9

    テレビ朝日の報道・情報番組「グッド!モーニング」(月〜金曜前4・55)のサブMCを務める田中萌アナウンサー(25)と加藤泰平アナウンサー(33)が8日、同番組への出演を取りやめた。


     8日発売の「週刊文春」が2人の不倫疑惑を報道。同局は事実関係について「プライベートなことですので、お答えは控えさせていただきます」とする一方で、2人の出演については「報道・情報番組ということもあり、出演を当面見合わせることにしました」と説明していた。

     番組は今月2日、「2016ユーキャン新語・流行語大賞」のニュースを伝えた際、「ゲス不倫」「センテンススプリング」「文春砲」がノミネートされながら大賞を逃した「週刊文春」記者・文春(ふみはる)君にインタビューしたVTRを流した。

     (VTRからスタジオに戻り)

     田中アナ「いや〜、本当に今年は文春の記事が話題になりましたね」

     吉野真治アナ「そうですよね。そこで取材記者の方に、あらためてですね、今後、いつ文春砲が発動されるのか、聞いたんです。そうすると、気になる内容だったんですね。その時のやり取りを再現してみます。田中アナは質問したディレクター役をお願いします」

     (やり取りが文字表示され)

     田中アナ「(番組ディレクター役)次の文春砲はいつですか?」

     吉野アナ「(週刊文春記者役)まぁ、来週号で1個大きいの、あるんじゃないですか」

     田中アナ「(番組ディレクター役)えっ?内容は?」

     吉野アナ「(週刊文春記者役)ん…現場を震撼させるような…」

     田中アナ「(番組ディレクター役)現場?ちょっとヒントを頂けませんか?」

     吉野アナ「(週刊文春役)ん…何ですかね…」

     田中アナ「(番組ディレクター役)何でしょうか?」

     吉野アナ「(週刊文春記者役)ん…最後に逃げられたくないんで。勘弁して」


     この時点で「週刊文春」の取材は大詰めだったといい、田中アナは自身に降りかかるとは予想だにしなかったのか…。
    RANKING


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161208-00000091-spnannex-ent



    引用元: 【テレビ】<テレ朝・田中萌アナ>「次の文春砲はいつですか?」自身に降りかかる

    【【女子アナ】テレ朝・田中萌アナ、加藤泰平と不倫!番組で「次の文春砲はいつですか?」→自身に降りかかる!→「自業自得」「ブーメラン命中」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    480x640xb731f4a494355384654e9a2d


    1: 名無しさん 2016/12/04(日) 13:21:55.46 _USER9

    06年に入社して以来、「報道畑」を歩んできた秋元アナが一躍注目を浴びたのは、入社4年目で滝川クリステル(39)の後任として、報道番組「ニュースJAPAN」のキャスターに起用された時だった。

    「『ニュースJAPAN』は机に対して斜めに座ってニュースを読む滝川さんの印象が強い番組ですが、実は秋元さんのほうが数字を取れていました。秋元時代に入って平均視聴率は5%を超え、彼女の『Fカップの童顔巨乳』と『パンチラ一歩手前の美脚』が番組を支えていたんです」(フジ局員)

     生まれ育った毛並みはよく、父親は元外務官僚で在ロシア日本国大使館公使などを歴任したエリート。妹の秋元玲奈(31)もテレビ東京の局アナとして、スポーツ番組を中心に活躍している。

    「プロ野球の取材でスタジアムに行くと、『玲奈ちゃ〜ん』と選手から親しく呼ばれ、笑った顔はお姉さんに似ていますね」(テレ東関係者)

     お嬢様として育てられた秋元アナが生田アナと結婚したのは、4年前のクリスマス。もともと気の合う先輩後輩の関係から交際に発展していた。ほとんど前例のない人気局アナ同士の結婚だが、意外にも祝福の声は少なかったという。

    「デキ婚だったと言われ、それを耳にした安藤優子さん(58)が『秋元は自己管理がなってない。プロ失格だ』と激怒していました」(番組スタッフ)

     そもそも、2人の交際が発覚した直後から、フジ上層部では、秋元アナに対する怒りが大きかったようだ。

    「結婚前に『婚前ハワイ旅行』を週刊誌にすっぱ抜かれ、生田さんの女性視聴者の人気が見込めなくなった。本当はジャニーズの『生田斗真の弟』として、『数字が取れる男性アナ』に育てる計画だったのです。結果、秋元さんは懲罰人事で『ニュースJAPAN』を降板。若手芸人が出演する深夜のネタ番組『ロケットライブ』に飛ばされました。この左遷で秋元さん本人もひどくプライドを傷つけられ、『何で私がネタ番組に‥‥』と周囲に漏らしていました」(前出・フジ局員)

     年上女房に振り回され続けた生田アナは、11月7日付の自身のブログに、

    〈私が一体何をしたと言うんだい。。。ただただ真面目に生きてきただけなのに。。。理不尽な世の中です。。。何もなかったあの頃に戻りたい、ただそれだけです。〉(全文ママ)

     と意味深なコメントをつづっていた。今も精神的にかなり追い詰められているようだ。

    「妻の不倫が発覚してから、『自殺してしまうのではないか』と、周囲は心配しきり。面倒見がいい先輩の榎並大二郎アナ(31)を中心にスタッフらが励ましていますが、生田さんは『何もかも信じられなくなった』と言い、復調の兆しはありません。ついには、『本当に僕の子供なのかな‥‥』と漏らすことも。仕事にも支障が出ていて、デキ婚と不貞で“将来有望だった生田さんを完全に潰した”と、秋元さんに批判のホコ先が向いています」(前出・フジ局員)

     場面を冒頭のシーンに戻そう。不倫騒動の真相を聞くため、記者は実家の前で秋元アナを直撃した。


    ──生田アナとの離婚の事実関係についてお聞きしたいのですが。

    「テレビ局から話さないように言われているので、すみません」


    ──不倫報道についてもお聞きすることは‥‥。

    「(局に)話さないように言われているので」

    しっかりと記者の目を見て会釈をすると、父親の運転する車に乗って、出かけていくのだった。
    RANKING


    no title
    http://www.asagei.com/excerpt/71165


    【女子アナ】フジテレビ・秋元優里アナに不倫疑惑!夫の生田竜聖アナと別居中、離婚へ!→「ワイドナショーの呪い半端ない」
    http://m9now.blog.jp/archives/51987424.html




    引用元: 【テレビ】<フジ・秋元優里アナに「局内元カレ不貞」>同局の夫・生田アナは「人間不信」に「私が一体何をしたと言うんだい。。。」

    【【女子アナ】フジテレビ・秋元優里アナ、局内元カレ不倫問題!同局の夫・生田竜聖アナは人間不信に!「私が一体何をしたと言うんだい。。。」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2073894_201606230883014001466655598c


    1: 名無しさん 2016/12/02(金) 12:17:27.54 _USER9

    ORICON STYLEは、毎年恒例の『好きな女性アナウンサーランキング』を今年も発表。13回目となる今回は、昨年に続き日本テレビの【水卜麻美】アナウンサーが1位に選ばれ、2013年から4年連続で王者の座に輝いた。08年に5連覇を達成し殿堂入りを果たした、元フジテレビ・高島彩アナウンサーとは対照的なタイプのアナウンサーといえるが、アヤパンに次ぐ同ランキング史上2人目となる殿堂入りの大記録がすぐそこまで迫ってきた。


    ■唯一無二の“食いしんぼう”キャラを確立 一方でアナウンス技術も一級品

     2010年の入社から今年で7年目、すっかり日テレの“顔”として板についてきた水卜麻美アナ。水卜アナのすごさは、才色兼備でどこか近寄りがたかったこれまでの女性アナウンサーのイメージを壊し、まったく新しいタイプの女子アナ像を作り上げてしまったことだろう。放送スタート時からアシスタントを担当している『ヒルナンデス!』では食レポを極め、“食いしんぼうキャラ”を確立。その“頑張り”によって入社後、最大7キロ増量したことがある彼女は、いつしか女子アナとしては珍しいぽっちゃり体型をいじられるようになるが、持ち前の明るさを武器に柔軟に対応しタレント顔負けの存在感を発揮していく。

     スムーズな司会進行もさることながら、そういった親しみのある人柄やキャラクターが男女・世代を問わず多くの人から支持されている。寄せられた回答には、「彼女の食べっぷりを見ていると幸せな気持ちになれる」(北海道/30代・女性)、「健康的で可愛い笑顔に癒される」(東京/50代・女性)、「仕事を全力で頑張り、また楽しんでいるのが伝わってくる」(長野/20代・男性)、「いつも明るくて元気がもらえる」(大阪/40代・男性)とのコメントが目立ち、“ミトちゃん”がお茶の間の人々に元気を与えるビタミン剤、はたまた太陽のような存在になっていることが伺える。

     担当番組としてはバラエティが多いことから、どうしても明るいキャラクターに目が行きがちだが、もちろんアナウンス技術にも定評がある。ナレーションでは番組のタイプによって声色を使い分け、先錬された大人たちが集う恵比寿エリアを紹介する『街活ABC』ではスタイリッシュに、親子向けの『ママモコモてれび』ではキャラクターのように愛らしく声入れをしており、「本当にミトちゃん?って思うくらい、ナレーションがすごくうまい! ニュース読みもとても聞きやすいです」(東京/20代・女性)との声も多い。水卜アナ自身、「アナウンス技術では絶対にイジられない!」というポリシーを持っており、誇り高く活動するその姿には「バラエティ以外でももっと見たい!」(岩手/30代・女性)、「報道系も担当してくれれば、ニュース離れしている人たちがもっと関心を持てるようになるのでは?」(岡山/30代・女性)などと、さらなる活躍を期待する声も寄せられている。

    ■フリー転身も“鬼門”にならず、活躍の場を広げるカトパン

     2位はこの春にフリーアナウンサーとなり、活動の場をグッと広げた【加藤綾子】アナ。これまで通りバラエティやスポーツ番組などでMCを務めつつ、ファッション誌やCM、ラジオ番組に出演したり、初の著書『あさえがお』(小学館)を発売したり、“ゲスト”として番組やイベントに出演することも多くなった。持ち前のアナウンス技術や頭の回転の速さ、そしてこれまでの経験が大きな武器となり、「コメントにユーモアがある。フリーでも大活躍していると思うし見ていて楽しい」(岐阜/20代・女性)、「フリーになってもすごく安定感がある」(奈良/30代・男性)、「適度におもしろくてバランスも良い」(東京/50代・男性)、「すごくイキイキしてきた」(大阪/20代・女性)と転身後の活躍ぶりが高く評価されている。アナウンサーにとってフリーになることは鬼門となりうることもあるが、昨年と同じ順位をキープし根強い人気を示す結果となった。

    ■ついに“みんなの人気者”に! 田中みな実アナが初TOP10入り

     続く3位には、昨年8位から大きく順位を上げたフリーアナウンサーの【夏目三久】がランクイン。フリーとなり6年目に突入した今年、転身後初めてのレギュラー番組で『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)を卒業。同番組で見出されたユーモアセンスと持ち前のルックスを強みに、引き続き『はくがぁる』(テレビ朝日系)などのバラエティ番組も担当しつつも、現在は『あさチャン!』(TBS系)、『真相報道 バンキシャ!』(日本テレビ系)という情報・報道番組を中心に活躍しており、フリーアナとしては最も本筋を極めている存在といえる。今年は夏に有吉弘行との交際・妊娠が報じられ、結果的に誤報であったものの好感度を左右する熱愛報道だけに、夏目にとってはマイナスになりかねない出来事であった。それでも同ランキングで大きく順位を上げた夏目は、改めてフリーアナウンサーとしての“質の高さ”を証明した。

     今年初TOP10入りしたのは、フリーアナウンサーの【田中みな実】アナ(7位)と、テレビ朝日の【大下容子】アナ(9位)。TBS在籍時から“ぶりっ子”キャラで知られるみな実アナは、これまで大衆的な人気者というタイプではなかった。しかし、フリー3年目となる今年、「生きていても全然いいことがない」、「結婚への焦りが出始めた」などと、プライベートを赤裸々に語ったり、マイナス発言をしたり、“人間らしさ”を覗かせることでそれが好感度につながり、「アナウンス力が高くバラエティの進行も上手だから」(神奈川/10代・男性)との技術の評価に加え、「サバサバしていて面白い」(東京/20代・女性)、「一生懸命でかわいい」(神奈川/10代・女性)との声を集めた。

     テレビ朝日の大下アナは、情報番組『ワイド!スクランブル』からバラエティ番組『SmaSTATION !!』まで、幅広くこなす入社24年目のベテランアナ。シーンによって柔軟に立ち振る舞う対応力が支持されているが、特に今年は『SmaSTATION !!』で長年コンビを組んできた香取慎吾の“SMAP解散”報道にまつわるコメントが大きな話題を呼び、ユーザーからは「出過ぎる事はないけど、ご自身の意見をしっかりと持っていらっしゃる」(岡山/30代・女性)、「芯が通っている。視野が広く、きちんと自分で考えた温かな発言が印象的」(神奈川/40代・女性)などのコメントが多く寄せられている。

     第13回目を迎えた今年、いよいよ日テレ・水卜麻美アナが殿堂入りに大手をかけた。各局には毎年のように新人が加わり、一方で局を離れフリーとして活躍していくアナウンサーも年々増加傾向にある。混戦を極める女子アナ界だが、果たして水卜アナがこのまま殿堂入りを果たすのか、はたまた新勢力が台頭するのか。来年以降も女性アナたちの活躍から目が離せない。

    【第13回好きな女性アナウンサーランキングTOP10】

    1位 水卜麻美日本テレビ
    2位 加藤綾子フリー
    3位 夏目三久フリー
    4位 有働由美子NHK
    5位 大江麻理子テレビ東京
    6位 赤江珠緒フリー
    7位 田中みな実フリー
    8位 竹内由恵テレビ朝日
    9位 大下容子テレビ朝日
    10位 桑子真帆NHK
    RANKING


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161125-00000371-oric-ent



    引用元: 【女子アナ】第13回 好きな女性アナウンサーランキング 日テレ・水卜麻美アナが4連覇!

    【【女子アナ】第13回好きな女性アナウンサーランキング!日テレ・水卜麻美アナが4連覇!殿堂入り大手!→「狩野アナは結婚したから落ちた」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title


    1: 名無しさん 2016/11/30(水) 19:55:55.00 _USER9

    ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ・Hey!Say!JUMPの伊野尾慧(26)に、2人の女子アナとの二股交際疑惑が浮上した。相手女性は「あさチャン!」担当TBSアナと、「めざましテレビ」担当フジテレビアナ。

    2人ともに朝の情報番組を担当し、伊野尾は「めざましテレビ」の木曜レギュラーでもある。「週刊文春」では2人の女子アナが伊野尾の自宅マンションを訪れる姿などを撮影した。

     当事者たちが所属する3社はこうコメントを寄せた。

    「共演者として伊野尾氏を含む複数で食事をしたことは事実です。ただ交際の事実はございません」(フジテレビ)

    「社員のプライベートについては、従来お答えしておりません」(TBS)

    「本人は、憶測を招くような軽率な行動により、関係各位に多大なご迷惑とご心配をお掛けしましたことを深くお詫びしておりました」(ジャニーズ事務所)

     詳細を記録したカラー写真は「週刊文春デジタル」で12月1日(木)朝5時に公開する。

    <週刊文春2016年12月8日号『スクープ速報』より>
    RANKING


    TBS「あさチャン」担当アナ、宇垣美里
    cap1414529743060
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161130-00006836-sbunshun-ent


    【芸能】「Hey!Say!JUMP」伊野尾慧、明日花キララと熱愛発覚!人気セクシー女優とシンガポールの高級ホテルで密会デート!
    http://m9now.blog.jp/archives/51984739.html

    【芸能】「Hey!Say!JUMP」伊野尾慧の熱愛報道!明日花キララを直撃!ジャニ「現地で偶然出会った」明日花側「そう言った事実はない」
    http://m9now.blog.jp/archives/51984740.html




    引用元: 【週刊文春】ジャニーズ伊野尾慧が「めざまし」「あさチャン」女子アナと“ザッピング二股愛” ★3

    【【週刊文春】「Hey!Say!JUMP」伊野尾慧にまた熱愛報道!女子アナとザッピング二股愛!お相手はTBS・宇垣美里、フジテレビ・三上真奈!】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ