【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ


















    Powered By 我RSS


























    タグ:女子大生

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    1-40


    1: 名無しさん 2017/03/18(土) 13:32:54.85 _USER9

    「女子高生棋士」として知られる女流棋士でタレントの竹俣紅(たけまた・べに、18)が、4月に早稲田大学政治経済学部に進学することが17日、明らかになった。都内の名門私立高校に在学していた竹俣は、将棋部の強い早大、それも最難関の政経学部を私学の第一志望として受験勉強に励んでいた。「大学で得たことを今後の活動に生かしていきたい」と大学生活に意気込む竹俣。春からは学問を探究しながら、“女子大生棋士”として活躍する。


     フジテレビ系「ワイドナショー」の「ワイドナ女子高生」として美少女ぶりが注目された“女子高生棋士”が“女子大生棋士”に進化する。

     幼い頃から非凡な将棋の才能で注目された竹俣は、都内の名門中高一貫校に通いながら、棋士として活躍してきた。14歳でプロに。高校進学後にクイズ番組やワイドナショーに出演するようになり、美貌と知性が広く知られるようになってからも、成績は学校でも常にトップクラス。学校生活では勉強だけでなく、温かい人柄から友人や後輩にも慕われるなど、芸能活動、将棋、学業の“三足のわらじ”をはいてきた。

     多忙さから受験の準備開始が遅れたが、“学びたい学問が学べ、将棋が強い大学”という観点から、志望校を国立は東京大学文科三類、私大は早稲田大学政治経済学部に決定。猛勉強の末、東大は残念ながら不合格となったものの、多くの政治家や著名人を輩出してきた私大最難関・早大政経学部に合格した。

     今月3日には高校を卒業。竹俣は「他の受験生よりだいぶ受験勉強のスタートが遅れてしまい、本番に間に合うか不安もありました」と振り返ったが、「私大の第一志望である早稲田大学政治経済学部に合格でき、大変うれしく思います」と晴れ晴れ。「かねてより興味があった経済学やメディア論を学べる学部であり、大学将棋部も強いので、大学で得たことを今後の活動に生かしていきたいと思います」と大学生活に胸を躍らせていた。
    RANKING


    no title
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/03/18/0010010069.shtml



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489811574/

    【【芸能】「ワイドナ女子高生」竹俣紅が早大合格!テレビ出演で美少女ぶり話題の女子高生棋士!→「変なサークルに入んなよ」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    matumotohitosi


    1: 名無しさん 2017/03/05(日) 12:49:23.10 _USER9

    お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(53)が、5日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00〜11:15)で、小金井市女子大生刺傷事件の被害者への思いを語った。

    昨年5月、音楽活動をしていた女子大生・冨田真由さんが東京・小金井市で首や胸など34カ所を刺された事件で、東京地方裁判所立川支部は殺人未遂罪などに問われているファンの男・岩埼友宏被告に懲役14年6カ月の判決を言い渡した。岩埼被告は判決を不服とし、控訴した。

    先週の放送でもこのニュースが取り上げられ、「34回刺したんでしょ? 34人、人を殺したと思っていいぐらいやと思いますよ」「終身刑でも足りない」と怒りをにじませていた松本。この日は、「本当にひどい判決。34回も刺されて、最後は裁判官にもう1発刺された感じがします」と納得がいかない様子で、「かわいそすぎてね……」と言葉を失った。

    また、「彼女は今のところ芸能生活うんざりなのかもしれないですけど、もしやりたいと思うのであれば」と冨田さんが復帰する可能性に触れ、「俺も何かしてあげられることないのかなと思ってしまう」。神妙な面持ちで、冨田さんの力になる方法を探っていた。
    RANKING


    fc2blog_201605220645363a6
    http://news.mynavi.jp/news/2017/03/05/064/


    【小金井女子大生刺傷事件】岩埼友宏被告に判決!懲役14年6月!被害女性の冨田真由さん「(被告は)ファンではなくストーカー」
    http://m9now.blog.jp/archives/51992484.html

    【小金井女子大生刺傷事件】岩埼友宏被告、被害女性の冨田真由さんに怒鳴り退廷!「じゃあ殺せよ!」「殺すわけないだろう」
    http://m9now.blog.jp/archives/51992222.html




    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488685763/

    【【小金井女子大生刺傷事件】松本人志「(被害者の冨田真由さんに)俺も何かしてあげられる事ないのかな」→「松ちゃんがここまで言うの珍しい」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    oLY_mbVkqy


    1: 名無しさん 2017/02/28(火) 15:09:30.46 _USER9

    東京都小金井市で昨年5月、芸能活動をしていた大学生の冨田真由さん(21)を刃物で刺して殺害しようとしたとして、殺人未遂罪などに問われた群馬県伊勢崎市、無職、岩埼(いわざき)友宏被告(28)に対する裁判員裁判で、東京地裁立川支部(阿部浩巳裁判長)は28日、懲役14年6月(求刑・懲役17年)を言い渡した。

     公判では被害者参加制度を利用した冨田さんが、法廷でついたて越しに意見陳述し、「(被告は)ファンではなくストーカー。大切に積み重ねた時間を奪われた。傷のない元の体を返してほしい。頭がおかしくなるぐらい悔しい」などと時折言葉を詰まらせながら訴えていた。

     冨田さんが「絶対同じことをする。野放しにしてはいけない」と厳しい処罰を求めたところ、被告が「じゃあ殺せよ」と大声でさえぎる場面もあった。冨田さんは「思い通りにならないと殺そうとする。恨んで殺しに来る」と涙声で陳述を続けたが、被告は「殺すわけないだろう」と叫んで退廷を命じられた。

     岩埼被告は22日の被告人質問で、冨田さんを刺した後、「生きたいの、生きたくないの」と問いかけ、「『生きたい』と答えたように思ったので助けたいと思い、119番をした」と述べていた。

     事件の約1週間前にナイフを購入したことについては「(冨田さんに)直接会って話せるか分からないので、(自分が)逃げ出さないように、精神的な支えとしてお守り代わりに買った」と主張し、事件の計画性を否定。冨田さんを刺した理由については「なぜかは分からない。拒絶の態度を取られて、絶望や悲しみ、怒りを感じた」としていた。

     検察側は論告で「一定の計画性があり殺意も強固。類例のない悪質性、反社会性がある」と指摘していた。

     起訴状などによると、岩埼被告は昨年5月21日午後5時5分ごろ、小金井市本町6のライブハウス前で、折りたたみ式ナイフにより首などを多数回突き刺すなどして、冨田さんを殺害しようとしたとされる。冨田さんは一時意識不明の重体となった。
    RANKING


    fc2blog_201605220645363a6
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-00000061-mai-soci


    【小金井女子大生刺傷事件】岩埼友宏被告、被害女性の冨田真由さんに怒鳴り退廷!「じゃあ殺せよ!」「殺すわけないだろう」
    http://m9now.blog.jp/archives/51992222.html




    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488262170/

    【【小金井女子大生刺傷事件】岩埼友宏被告に判決!懲役14年6月!被害女性の冨田真由さん「(被告は)ファンではなくストーカー」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    oLY_mbVkqy


    1: 名無しさん 2017/02/23(木) 18:07:53.72 _USER9

    東京都小金井市で昨年5月、音楽活動をしていた冨田真由さん(21)の首などをナイフで刺したとして、殺人未遂などの罪に問われた群馬県伊勢崎市の無職岩埼(いわざき)友宏被告(28)の裁判員裁判が23日、東京地裁立川支部であった。冨田さんが出廷し、「被告はまた同じことをするので、絶対に野放しにしてはいけません」と述べたところで、岩埼被告が不規則発言を繰り返し、退廷を命じられた。


     検察側は「常軌を逸した身勝手な犯行だ」として、被告に懲役17年を求刑。冨田さんの代理人弁護士は、無期懲役にするべきだと訴えた。一方、被告の弁護側は「衝動的な犯行で計画性はない」と述べ、同じような刺傷事件での刑の重さを考慮すべきだと述べた。公判は結審し、判決は28日に言い渡される。

     冨田さんが証言する様子は、被告や傍聴席から見えないように、ついたてが設けられた。冨田さんは「絶対に許してはいけません。一方的に感情を抱いて、思い通りにならなければまた人を殺そうとする人です」と涙声で語った。

     岩埼被告は当初、無表情で聞いていたが、「野放しにしてはいけない」という冨田さんの発言に「じゃあ殺せよ」と怒鳴り、阿部浩巳裁判長が不規則発言をしないよう注意。だが、冨田さんが「また人を殺そうとする」と話したところで「殺すわけないだろう」と怒鳴ったため、開廷から約20分後に、退廷を命じられた。審理は一時中断し、再開後は検察官が被害者の思いを代読した。
    RANKING


    fc2blog_201605220645363a6
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000061-asahi-soci



    引用元: 【小金井刺傷】「じゃあ殺せよ!」岩埼友宏被告、被害女性冨田真由さんに怒鳴り退廷

    【【小金井女子大生刺傷事件】岩埼友宏被告、被害女性の冨田真由さんに怒鳴り退廷!「じゃあ殺せよ!」「殺すわけないだろう」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    tori


    1: 名無しさん 2016/07/20(水) 15:54:30.84 _USER9

    ジャーナリストであり、東京都知事選に出馬した事でも注目を集めている鳥越俊太郎氏(76歳)に関する、とんでもないスキャンダル情報が入ってきた。なんと、女子大生に対する淫行疑惑記事が、最新の「週刊文春」(2016年7月21日発売号)に掲載されるというのだ。



    ・事実ならば驚きの事実
     

    鳥越俊太郎氏といえば、優しい表情と天然系の性格で話題を集める人物だが、そんな人物に女子大生に対する淫行疑惑が浮上するとは驚きである。事実ならばとんでもない犯罪行為である。以下は、この情報を伝えてくれたマスコミ関係者の声である。


    ・マスコミ関係者の声
     

    「はい、確かに鳥越さんの淫行疑惑の記事が週刊文春に掲載されるはずです。鳥越さんは当時大学2年生だった女子を富士の別荘に連れ込み、「何もしないから」と言いつつ、あのプニュプニュでシワシワの唇で強引にキスをしたというのです。さらにエスカレートして行為をしようとしたらしいのですが、女子は徹底的に抵抗して、キス以外は未遂に終わったそうですよ。そのあともホテルに誘われたりしたらしく、まったくとんでもないオヤジです。絶対に許せない行為です。文春はよくやってくれました!」


    ・傷はいまだに癒えていない
     

    この情報は、女子大生がのちに結婚した夫が、週刊文春にタレコミした情報とのこと。鳥越俊太郎氏が東京都知事選に出馬することが判明し、いままで抑えていた怒りのボルテージがMAXに到達したらしい。いまでも女子は自殺をほのめかす言葉を口にするらしく、鳥越俊太郎氏から受けた傷はいまだに癒えていないようだ。
    RANKING


    http://buzz-plus.com/article/2016/07/20/shuntaro-torigoe/



    引用元: 【週刊文春】鳥越俊太郎の女子大生淫行疑惑 / 男性経験ない女子に強引キス → 女子は自殺を考える精神状態に

    【【週刊文春】鳥越俊太郎の女子大生淫行疑惑!男性経験ない女子に強引キス!→女子は自殺を考える精神状態に!→「ありがとう文春」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ