【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ














































    タグ:山本耕史

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20130210_strawberry_29


    1: 名無しさん 2017/03/01(水) 10:11:48.01 _USER9

    女優の堀北真希(28)が2月末をもって芸能界を引退することが発表された。



    堀北真希コメント全文

    この度、これまでやってまいりました
    お仕事から離れることを決意致しました。

    現在私は母になり、
    愛する家族と幸せな日々を送っています。
    このあたたかで、かけがえのない幸せを
    全力で守っていきたいと思います。

    夫とも話し合い、私の気持ちを尊重してくれました。
    これからも2人で力を合わせ、愛情いっぱいの家庭を築いていきたいと思います。

    いつも応援してくださったファンの皆様、
    お世話になりました関係者の皆様、
    素晴らしい14年間を
    本当にありがとうございました。

    2017年2月28日
    堀北真希


    所属事務所コメント全文

    2月末日をもちまして、堀北真希が芸能界を引退することとなりました。
    長い間応援して下さった皆様には、突然のご報告となってしまい大変申し訳ございません。
    デビュー以来14年、皆様のお陰でたくさんの仕事に恵まれ、感謝の気持ちでいっぱいです。
    今後、家庭に専念し暮らしていきたいという本人の思いを尊重して、彼女の人生を温かく応援して頂けますと幸いです。
    RANKING


    no title
    https://mdpr.jp/news/detail/1667463



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488330708/

    【【芸能】堀北真希、芸能界引退を発表!本人・所属事務所のコメント全文!「素晴らしい14年間を本当にありがとうございました」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    393285_615


    1: 名無しさん 2016/09/12(月) 13:21:59.57 _USER9

    天下分け目の決戦、関ヶ原の戦いがたった50秒ほどで描かれた。NHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)の大胆な演出にはどんな舞台裏があったのか。制作統括の屋敷陽太郎チーフプロデューサー(CP)に聞いた。


     第5話「窮地」(2月7日放送)で描かれた本能寺の変(天正10年、1582年)がわずか20秒で済まされ、当時衝撃を持って受け止められたが、関ヶ原の戦いも実にあっさりしたものだった。

     番組終盤、「9月15日、石田三成率いる8万の軍勢は関ヶ原に陣を張った」と有働由美子アナウンサー(47)のナレーション。石田三成(山本耕史)が「いよいよだな」と言うと、大谷刑部(片岡愛之助)は「いよいよだ」と応じる。

     次のシーン。再び有働アナのナレーションは「対する徳川家康軍は9万。天下分け目の大戦さが今、始まろうとしている」。徳川家康(内野聖陽)の陣が映し出された。

     いよいよ合戦が始まるのかと思いきや、次のシーンは第二次上田合戦で徳川軍を退けた真田軍の祝宴(上田城)。そこへ佐助(藤井隆)が現れ、真田昌幸(草刈正雄)や信繁(堺雅人)らに関ヶ原の戦いの結果を報告し、第36話は終了。関ヶ原の戦いは実質たった2シーン、約50秒。合戦シーンはなかった。

     屋敷CPは「今回の関ヶ原の描き方は本能寺以上の衝撃をもって受け取っていただけるんじゃないかと思います」と自信を口にし、「真田家にとったらそうだったかもしれないなという、ものすごいリアリティーがあります。長野で戦争をやってた人が、岐阜と滋賀の県境ですかね?そこであったことを当時の伝達手段で知るというのはそういうこと」と作品の芯である「真田家目線」を貫いたらこうなると説明した。

     とは言え、脚本を担当する三谷幸喜氏(55)から台本を受け取った時は「ここまで潔ぎのいい…すごいな」と衝撃を受けたという。関ヶ原の“当事者”を演じた内野や山本らがどう受け取ったか尋ねてみると「戦う場面にドラマがあるときもありますけど、そういうことを求められているドラマではないことは皆さんわかっているんじゃないですかね。プロセスというか、過程に皆のドラマがあるっていう三谷ワールドのことを出演者の方はわかっていると思うんですよね。そこを楽しんでらっしゃると思います」と話した。
    RANKING


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160912-00000098-spnannex-ent


    【視聴率】NHK大河ドラマ「真田丸」第36回は視聴率16.5%!第2次上田合戦で真田兄弟が敵味方に!超高速関ヶ原の戦いも話題に!
    http://m9now.blog.jp/archives/51983990.html

    【ドラマ】NHK大河ドラマ「真田丸」関ヶ原の戦いは超高速!ネット驚きも真田家目線に納得!→「大坂の陣で予算使うんだろ」
    http://m9now.blog.jp/archives/51983944.html

    【大河ドラマ】堺雅人主演、真田丸「犬伏の別れ」に称賛殺到!大泉洋の演技に感嘆の声!「涙が止まらない」「大泉に泣かされるとは」
    http://m9now.blog.jp/archives/51983519.html

    【NHK】2018年大河ドラマは「西郷どん(せごどん)」原作は「不機嫌な果実」林真理子、脚本は「花子とアン」中園ミホ!主役は未定!
    http://m9now.blog.jp/archives/51983752.html

    【NHK】2018年の大河ドラマは維新三傑の「西郷隆盛」に内定との情報!→「また幕末か」「鹿児島県民として嬉しい」「主演は武蔵丸?」
    http://m9now.blog.jp/archives/51983149.html

    【ドラマ】堤真一、西郷隆盛役で2018年NHK大河主演!7作目の大河出演に内定!「幕末物は当たらない」ジンクス跳ね返せるか?
    http://m9now.blog.jp/archives/51983450.html




    引用元: 【ドラマ】「50秒関ヶ原」の舞台裏は?真田家目線貫いた三谷氏脚本

    【【大河ドラマ】真田丸「超高速関ヶ原の戦い」の舞台裏!天下分け目の決戦も「真田家目線」貫いた三谷幸喜の脚本に関係者も衝撃!】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    mig (3)


    1: 名無しさん 2016/09/12(月) 10:19:37.79 _USER9

    堺雅人さん主演のNHK大河ドラマ「真田丸」の第36回「勝負」が11日、放送され、平均視聴率は16.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録した。


     「真田丸」の平均視聴率は、初回が19.9%で、第2回が「八重の桜」以来、3年ぶり大台乗せの20.1%を記録。その後も高視聴率を記録している。

     「真田丸」は、堺さんが真田幸村の名でも知られている戦国時代の人気武将・真田信繁を演じ、戦国時代に信州の小さな領主のもとに生まれた信繁が、家族とともに知恵と勇気と努力で乱世を生き抜く姿を描いている。三谷幸喜さんが2004年放送の「新選組!」以来、12年ぶりに大河ドラマの脚本を手がけ、長澤まさみさんや大泉洋さん、草刈正雄さんらが出演している。

     第36回「勝負」では、第2次上田合戦が描かれ、真田信繁(堺さん)と兄の信幸(大泉さん)が敵味方となった。「真田丸」はNHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。
    RANKING


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160912-00000005-mantan-ent


    【ドラマ】NHK大河ドラマ「真田丸」関ヶ原の戦いは超高速!ネット驚きも真田家目線に納得!→「大坂の陣で予算使うんだろ」
    http://m9now.blog.jp/archives/51983944.html

    【大河ドラマ】堺雅人主演、真田丸「犬伏の別れ」に称賛殺到!大泉洋の演技に感嘆の声!「涙が止まらない」「大泉に泣かされるとは」
    http://m9now.blog.jp/archives/51983519.html

    【NHK】2018年大河ドラマは「西郷どん(せごどん)」原作は「不機嫌な果実」林真理子、脚本は「花子とアン」中園ミホ!主役は未定!
    http://m9now.blog.jp/archives/51983752.html

    【NHK】2018年の大河ドラマは維新三傑の「西郷隆盛」に内定との情報!→「また幕末か」「鹿児島県民として嬉しい」「主演は武蔵丸?」
    http://m9now.blog.jp/archives/51983149.html

    【ドラマ】堤真一、西郷隆盛役で2018年NHK大河主演!7作目の大河出演に内定!「幕末物は当たらない」ジンクス跳ね返せるか?
    http://m9now.blog.jp/archives/51983450.html




    引用元: 【視聴率】「真田丸」第36回は視聴率16.5% 第2次上田合戦で真田兄弟が敵味方に

    【【視聴率】NHK大河ドラマ「真田丸」第36回は視聴率16.5%!第2次上田合戦で真田兄弟が敵味方に!超高速関ヶ原の戦いも話題に!】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    mig (3)


    1: 名無しさん 2016/09/11(日) 21:28:47.75 _USER9

    NHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)は11日、第36話「勝負」で天下分け目の関ヶ原の戦い(慶長5年、1600年)を描いた。


     番組終盤、「9月15日、石田三成率いる8万の軍勢は関ヶ原に陣を張った」と有働由美子アナウンサー(47)のナレーション。石田三成(山本耕史)が「いよいよだな」と言うと、大谷刑部(片岡愛之助)は「いよいよだ」と応じる。

     次のシーン。再び有働アナのナレーションは「対する徳川家康軍は9万。天下分け目の大戦さが今、始まろうとしている」。徳川家康(内野聖陽)の陣が映し出された。

     いよいよ合戦が始まるのかと思いきや、次のシーンは第二次上田合戦で徳川軍を退けた真田軍の祝宴(上田城)。そこへ佐助(藤井隆)が現れ、真田昌幸(草刈正雄)や信繁(堺雅人)らに関ヶ原の戦いの結果を報告し、第36話は終了した。

     第36話は第二次上田合戦に時間を割き、関ヶ原の戦いは実質たった2シーン、約50秒。合戦シーンはなかった。本能寺の変(天正10年、1582年)も第5話「窮地」(2月7日放送)で描かれたが、燃え盛る本能寺とナレーションで、放送時間は約20秒だった。有名な史実といえども、脚本・三谷幸喜氏(55)の筆は真田家目線を貫き、ブレない。

     インターネット上には「天下分け目の大戦が『え?』という感じで終わった」などの驚きの声とともに「こんな描き方があったのかと、感動。 確かに関ヶ原に参戦していない人々にとって、戦の展開は青天の霹靂だったのかな」「関ヶ原のドンパチを描かず、昌幸や信繁らの驚きが見ている方にまでダイレクトに伝わるのが凄い」「まさか、ここまで大胆にやるとは。最高」などと納得、絶賛の声も相次いだ。
    RANKING


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160911-00000158-spnannex-ent


    【NHK】2018年大河ドラマは「西郷どん(せごどん)」原作は「不機嫌な果実」林真理子、脚本は「花子とアン」中園ミホ!主役は未定!
    http://m9now.blog.jp/archives/51983752.html

    【NHK】2018年の大河ドラマは維新三傑の「西郷隆盛」に内定との情報!→「また幕末か」「鹿児島県民として嬉しい」「主演は武蔵丸?」
    http://m9now.blog.jp/archives/51983149.html

    【ドラマ】堤真一、西郷隆盛役で2018年NHK大河主演!7作目の大河出演に内定!「幕末物は当たらない」ジンクス跳ね返せるか?
    http://m9now.blog.jp/archives/51983450.html

    【大河ドラマ】堺雅人主演、真田丸「犬伏の別れ」に称賛殺到!大泉洋の演技に感嘆の声!「涙が止まらない」「大泉に泣かされるとは」
    http://m9now.blog.jp/archives/51983519.html




    引用元: 【ドラマ】NHK大河ドラマ「真田丸」関ヶ原は“超高速”ネット驚きも真田家目線に納得

    【【ドラマ】NHK大河ドラマ「真田丸」関ヶ原の戦いは超高速!ネット驚きも真田家目線に納得!→「大坂の陣で予算使うんだろ」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    img_0 (1)


    1: 名無しさん 2016/08/29(月) 18:48:29.50 _USER9

    三谷幸喜・脚本の大河ドラマ『真田丸』(主演・堺雅人)は、中盤の見せ場となる関ヶ原の戦いが迫るなか、視聴率18%(8月21日放送回、関東地区)を記録した。長州藩士・吉田松陰の妹・文(井上真央)が主人公となった前年の『花燃ゆ』が史上最低視聴率(平均12.0%)を記録したのとは対照的に堅調を維持している。

     そうしたなかで全国の自治体関係者が注視しているのが、「2018年の大河ドラマ」の制作発表である。

    「『真田丸』の制作発表は2014年5月でしたし、例年、放送2年前の春から夏にかけて発表されています。2017年の『おんな城主 直虎』(主演・柴咲コウ)も昨年の今頃に発表されていた。

     近年は地元の観光への影響が大きいので、自治体側の準備も考慮して早めに発表する流れがある。そろそろ決まらないとおかしいのですが……」(NHK関係者)

     そんな状況下で駆け巡ったのが「2018年の大河は『西郷隆盛』に内定した」という情報である。NHK関連の作品に携わった経験を持つ脚本家がいう。

    「2018年は明治維新150年にあたる年だから、維新三傑の一人である西郷隆盛を取り上げるということだと聞いています」

     西田敏行が主人公・西郷隆盛を演じた大河『翔ぶが如く』(1990年)や薩摩藩島津家が舞台となった『篤姫』(2008年)で時代考証を担当した鹿児島県立図書館の原口泉・館長(鹿児島大名誉教授)も、「西郷隆盛は海外からの興味も高い人物。維新150年の区切りの年に、ぜひ取りあげてもらいたい」と話す。

    「最近になって、佐藤賢一さんの『遺訓』や葉室麟さんの『大獄』、林真理子さん『西郷どん!』など、直木賞作家がこぞって西郷を題材に小説を書いているのは、現代人の興味に合致するからでしょう。時代考証の依頼? まだきていませんが、手伝えることがあるならやらせてもらいたい」(原口氏)

     そうした声がある一方で、西郷内定情報の裏には「官邸と明治維新の呪縛があるのでは」という見方がある。

    「大河誘致は地元への大規模な振興策となるので、過去にも大物政治家が自分の選挙区を舞台とする作品をねじ込もうとしてきた。西郷隆盛が主人公となれば、安倍首相の地元である山口県の長州藩士も、ともに維新を成し遂げた英雄として扱われる作品になっていく。維新150年というタイミングで、予算の国会承認が必要なNHKが官邸の顔色をうかがったか、“天の声”があったとしても不思議ではない」(前出の脚本家)

     何よりも、安倍首相が明治維新の精神的支柱といわれる長州藩士・吉田松陰を「尊敬する人物」と公言しているのは周知の事実だ。
    RANKING


    no title
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160829-00000018-pseven-ent



    引用元: 【NHK】2018年の大河ドラマ「西郷隆盛」に内定との情報

    【【NHK】2018年の大河ドラマは維新三傑の「西郷隆盛」に内定との情報!→「また幕末か」「鹿児島県民として嬉しい」「主演は武蔵丸?」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ