【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ














































    タグ:引退

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    奥菜恵 芸能界引退

    ビギナー 完全版 DVD-BOX
    出演:ミムラオダギリジョー奥菜恵堤真一
    我修院達也横山めぐみ北村総一朗松雪泰子
    (8人合わせて「アホヤンズ」)


     女優の奥菜恵(27)が芸能界を引退すると、
    30日の一部スポーツ紙が伝えている。

     奥菜は今春あたりから「業界に疲れた」と周囲に漏らしていて、
    所属事務所も「本人からの申し入れがあり、
    辞めるのは事実」とコメント。
    「自分をリセットする意味で引退を含めて考えたい」と
    話していたという。

     奥菜は92年にデビュー。
    演技評価は高かったものの、スキャンダル女優としても有名で、
    01年には月刊誌「BUBKA」が
    俳優の押尾学(29)
    とのベッド写真を掲載。
    04年にはIT企業「サイバーエージェント」の
    藤田晋社長(34)と結婚したが、わずか1年半で離婚している。
    その後も舞台俳優との熱愛などが度々報じられた。

    ----------------------------
    <関連サイト>
    ・奥菜恵芸能界引退「真っ白な状態に」
    ・奥菜恵が所属事務所と契約解除「引退も含めて考えたい」
    ・奥菜恵「引退」騒動 真相は「しばらく休養」
    ------------------------
    3月から撮影していたハリウッド映画「シャッター」
    (落合正幸監督、全米来春公開、日本調整中)
    進出までを今月27日までに終えて、契約を満了した。

    こんな噂が世間に広まったが、真相が分からない…
    そんな中、奥菜さん自身が「引退説」を否定してみせた。
    5月31日朝に放送されたフジテレビの情報番組
    「めざましテレビ」が奥菜さんとのコンタクトに成功したもので、
    奥菜さんは以下のコメントを寄せた。

     「4月末で事務所を辞めさせていただいたのですが、
    今回の報道についてはニュースを見て初めて知って驚きました。
    疲れたから引退するという相談を誰かにした
    という事実もありません。自分の言葉ではありません。
    引退宣言もしていません」

    事務所を辞める=引退ではないのかね

    ブログ王

    人気ブログランキング【ブログの殿堂】
    ブログランキング ドット ネットブログランク参加中なので良ければクリックして下さい



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    あの超人イアン・ソープ(24)が、引退を表明しました
    00年シドニー五輪、04年アテネ五輪での競泳男子自由形で、
    計5個の金メダルを受賞し、まだまだやれると思う超人にも限界がある

    イアン・ソープは「水泳は人生で最も重要なものではない」と発言している
    人生って事は結婚か、なにか考えているのかな

    イアン・ソープと言えばB'zのultra soulですねよくで聞きましたね

    さて、イアン・ソープの今後はどうなる



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    昨日、当然の様に「HERO 特別版」を見ていました。
    すると画面上に「ピコーン♪ピコーン♪」と
    ニュース速報が流れてきた…

    「なんだよ〜、せっかくのHEROなのにぃ〜」と思った瞬間、
    頭が真っ白になった…
    サッカー日本代表、中田英寿選手現役引退を表明!
    おもわず大声を出してしまった。

    工工工工エエエエエエエエェェェェェェェェ(゚Д゚;ノ)ノェェエエエエ工!!!

    丁度、隣に住んでいる人が帰ってきた時だけど、
    お構いなしに大声w
    「嘘だろ〜」とも言った…

    みんなの「HERO」久利生公平検事が復活したと思ったら、
    これまたヒーロー「中田英寿選手」と言う
    日本サッカー界の先駆者が1人去っていった

    この引退は「nakata.net」にもあるように、
    半年前から既に決めていた様だ。

    半年ほど前からこのドイツワールドカップを最後に
    約10年間過ごしたプロサッカー界から引退しようと決めていた。

    何か特別な出来事があったからではない。
    その理由もひとつではない。
    今言えることは、プロサッカーという旅から卒業し
    “新たな自分”探しの旅に出たい。
    そう思ったからだった


    この決心は堅いようだ
    印象に残ったのはここだ。
    「しかし最後の最後、俺の心に存在した壁は崩れ
    すべてが一気に溢れ出した。

    ブラジル戦の後、最後の芝生の感触を心に刻みつつ
    込み上げてきた気持ちを落ち着かせたのだが、
    最後にスタンドのサポーターへ
    挨拶をした時、もう一度その感情が噴き上がってきた。

    そして、思った。

    どこの国のどんなスタジアムにもやってきて
    声を嗄らし全身全霊で応援してくれたファン――。
    世界各国のどのピッチにいても聞こえてきた「NAKATA」の声援――。
    本当にみんながいたからこそ、
    10年もの長い旅を続けてこられたんだ、と…」

    あのブラジル戦に敗退した後の、
    中田英の心情がここにあった。
    オイラもサッカーは好きだし中田英も好きだから、
    もちろん辞めて欲しくない…
    しかしここまでの中田英、本人の決意があれば、
    妨害はしたくない。
    今後は選手を育てる側にも立って欲しいです。

    やはりあのブラジル戦、ピッチに倒れ込んだ姿が、
    とても印象的だ。
    今、話題の「オシム日本代表監督候補」は、
    どう捕らえているのか

    エンタメ@BlogRanking

    ブログランキング ドット ネット
    この記事に手応えありならクリックぽん



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ