【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ














































    タグ:日本テレビ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    h3850-CYBhqQuU0AAjdsB


    1: 名無しさん 2017/02/25(土) 11:42:06.22

    元乃木坂46メンバーの市來玲奈さんが日テレ内定でTBS金スマ社交ダンス部を辞退するも「学業優先のため」という説明にネットでは「自分勝手過ぎる」「番組サイドも怒ってるのでは」と話題になっています。


    (以下引用)

    2月24日に放送されたTBSの番組「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」の、「金スマ社交ダンス部」の企画でトラブルがありました。

    実は3週間ほど前、同企画に出演していた元乃木坂46のメンバー、市來玲奈さん(21)が日本テレビのアナウンサーに内定。2018年4月に日テレに入社することになったと報道されたのです。

    番組では、直接「日テレに内定」とは説明されなかったものの「市來さんの進路に関する報道があった」と説明されました。

    問題は、市來さんとダンスのペアを組む山本匠晃アナ(32)も、彼女の「進路」を報道で知ったということ。日テレ内定が本当であれば、ダンス企画の継続は不可能になります。

    この日の番組内で、山本アナと市來さんが面会。市來さんはダンス企画をやめることを一方的に告げました。しかも進路のことを伏せたまま「学業優先のため」という理由で。

    ネットではそんな市來さんの態度に、批判の声が殺到しています。

    (引用元 にんじ報告)

    この話題にネットでは

    「無責任やなあ」

    「結局、日テレに行く準備するってことね。今のは市來さんが酷い」

    「ちょっと、市來さん自分勝手すぎん?」

    「学業?? 白々しいわw」

    「事後報告www」

    「市來さんマジかよ……じゃあ最初から企画受けるなよ、本音語らないなら中途半端なことすんなよ…」

    「市來玲奈っていう人、そういう思惑があるならパートナーに相談したらいいのに。でも、そういう自分勝手な人が生き残るんだよね。世の中って。真面目なヤツがバカを見る。本当にこの典型的な例だよね。このアナ、ダンスのために太ってさー本当。ご愁傷様」

    「これは市來玲奈酷いな。日テレ行くのはかまわんが、ちゃんと山本と話し合いをしようや。あれはない。山本アナ可哀想だぞ」

    「TBSがアナウンサー確約してやれば良かったのに」

    「金スマの社交ダンス企画。市來ちゃんが日テレアナに内定ある故にペア解消するのはしょうがないと思うが、あのVTRの感じだと山本アナだけでなくて金スマサイドも話聞いてなくて怒ってるように感じだったな」

    「金スマ怒ってる?w 感じ悪いまま終わらせる気?」

    「流石。アナウンサーになるような女だわ」

    「まーダンスより将来の方が大事だよね」

    という声も。
    RANKING


    画像
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    http://sp.starblog.jp/news39/39113.php



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487990526/

    【【炎上】日テレ内定の元乃木坂46・市來玲奈、TBS「金スマ」を途中降板し批判殺到!「自分勝手」「無責任」→「ダンスの為に将来潰せと? 」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    matumotohitosi


    1: 名無しさん 2017/01/23(月) 17:17:19.59 _USER9

    K−1競技統括プロデューサーでタレントの角田信朗(55)が、ダウンタウン松本人志(53)との確執をブログで告白したことを23日、謝罪した。角田はブログで「この度は、私自身の思慮に欠ける突然の発信で、松本人志氏、そして関係各位の皆様に、大変不愉快な思いをさせてしまった事を、心よりお詫び申し上げます」と記した。


     事の発端は角田が16日のブログでダウンタウンの番組からの出演オファーを断ったことから“誤解”が生じて松本を怒らせてしまい、以降は出演NGの状態が続いていると告白。その後も、その誤解を解きたいと一方的に訴えていた。ブログ内には共演するはずだった歌手の和田アキ子(66)も登場。「あんた一体何があったん!?」と電話があったとの記述があり、そのことについて和田も21日のラジオ放送で言及するなど騒動は拡大していた。

     22日のフジテレビ系「ワイドナショー」では、松本側がついにこの騒動にコメント。「全然しゃべりますけど、こんなカビの生えたような8年前の話します? この話するくらいなら、マギーの話を(したい)」と苦笑。松本は、「僕どうこうじゃないと言っておきたい。ドタキャンだってことも。あと8年たってブログで急に(暴露)となってくると、ルール違反じゃないかな?」とやんわり角田側の非を指摘して、「会社通して」と自身の一連の発言に対して角田が再びブログで反論することもやめてほしいと呼びかけた。

     角田は「8年前に松本氏から最初に頂いたお仕事のオファーを一旦受けたにも関わらず、事務所を通じて私からお断りした事は事実です。それが収録直前であった事も当時の記録で判明しております。信義則違反をしておきながら、その事実を省みずに一方的に、ブログ記事中で、こちら側が被害にあったかのような表現をしてしまった事は、全くもって私の不徳の致すところです。また、私の中でくすぶっていたからと言って、8年も経ってからブログの記事という手段で一方的に伝達したことについては、今更ながら、恥じるべき自己中心的な行動だったと猛省しております。」としている。
    RANKING


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-01769114-nksports-ent



    引用元: 【芸能】角田信朗が松本人志との騒動謝罪「自己中心的だった」

    【【芸能】角田信朗、松本人志との騒動謝罪!「自己中心的だった」→「だから松ちゃんがブログに掲載するなって言ってるだろ」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    E784A1E9A18C (1)


    1: 名無しさん 2016/10/08(土) 13:53:16.95 _USER9

    かつて、メディアといえばマスメディア。テレビはその中でも、国民の注目を集める別格の存在だった。

    しかし、インターネットやソーシャルメディアの普及により、メディアという言葉はすでにマスメディアのみを指すものではない。

    ネットユーザーの中ではむしろ「マスゴミ」などという言葉もあり、テレビや新聞の報道や番組に否定的な声も目立つ。

    では、実際にどんなテレビ局が嫌われているのか? しらべぇ編集部は全国の20〜60代男女1,338名を対象に「もっとも嫌いなテレビ局」について調査。

    その結果をランキング形式で紹介しよう。

    ■男性がもっとも嫌いなのはNHK

    男性671名の結果を見ると、「もっとも嫌い」という声が最多だったのはNHKで3割を大きく超えた。2位はフジテレビが接戦で続く。

    その他の民放がもっとも嫌いと答えた人は、多くても1割ほど。この2局が集中的に嫌われていることがわかる。

    ■女性はフジテレビがNHK超え

    女性は、男性とはやや順位が異なる。ほぼ同率だが、もっとも嫌われているのはフジテレビで、NHKが続く。

    また、男女とも「嫌い」という声がもっとも少ないのは、TBSとなった。

    ■20代の4割がフジテレビ嫌い

    今回の調査結果を20代男女に絞って見ると、フジテレビを嫌う層が4割に迫った。2局に集中する構図は変わらないが、一方でもっとも少ないのはテレビ朝日となる。

    ■フジ・NHKの広報ともノーコメント

    しらべぇ取材班が、フジテレビとNHKの広報に話を聞いたところ…

    「こうしたデータについては、どのメディアにもお答えしていません」(フジテレビ広報)
    「この調査結果については、コメントできません」(NHK広報)


    とのこと。

    NHKは、受信料の徴収がネガティブイメージにつながっているのではないだろうか。フジテレビは、2011年に行われた大規模なデモがこうした印象のきっかけと考えられる。

    しかし、NHK大河ドラマの放送時間にツイッターが「#真田丸」のハッシュタグで祭り状態になることからも、NHKが徹頭徹尾嫌われているとは考えにくい。
    RANKING


    no title

    no title

    no title
    http://sirabee.com/2016/10/06/163242/



    引用元: 「嫌いなテレビ局」を調査 ダントツだったのはあの2局

    【【話題】「嫌いなテレビ局」をアンケート!男女別、総合で調査!20代の4割に迫る人が嫌いな局はあの2局!→「朝から晩までずっとCS」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    fuji_korea_400_4_110821 (1)


    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/12/03(木) 07:13:24.18 ID:CAP_USER*.net

    「数字を見た瞬間、その場にいた全員が凍りつきましたよ。まさかテレ東に抜かれるなんて……。前代未聞の事態です」(フジテレビ社員)
     

     フジテレビが大変なことになっている。11月23〜29日のゴールデン(19〜22時)の週間視聴率が7.6%を記録。8.0%だったテレ東に抜かれ、民放5位に転落してしまったのだ。「振り向けばテレ東」なんて言ってる場合ではない。今や「振り向けば誰もいない」という状況だ。

     かつて「ライバル」といわれた日テレは、同週のゴールデンで12%とぶっ千切りのトップ。全日(6〜24時)とプライム(19〜23時)も1位となり、週間視聴率で今年42回目の3冠を達成している。2年連続の年間3冠王は確定的で、フジテレビとの差は広がる一方だ。


    「全日とプライムでは何とかテレ東に勝ちましたが、ゴールデンで負けるのは致命的です。その週の視聴率ベスト30で、フジテレビの番組でランクインしたのは『サザエさん』のみ。

    バラエティーもドラマもダメ。ヒット番組が全くなく、当然の結果といえば当然の結果なのですが……。どうすればいいのか、社員もわからないんです」(前出のフジテレビ社員)
     

     フジテレビといえば、開局以来の初の赤字に転落したばかり。社内では「ボーナスが大幅にカットされるのではないか」などの臆測が乱れ飛ぶなど、雰囲気は最悪だ。かつての自由闊達だった雰囲気もなくなってしまったという。復活の糸口は見つかるのか。
    RANKING

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/170866


    引用元: 【テレビ】フジ震撼 ゴールデン帯の週間視聴率でテレ東に抜かれる

    39: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/12/03(木) 07:26:09.07 ID:260enH3z0.net
    >>1
    え?まだ給与カットすらしてないの?

    46: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/12/03(木) 07:27:45.09 ID:yRtrIddA0.net
    >>1
    馬鹿「ラテ欄で右端だから〜」

    87: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/12/03(木) 07:34:58.42 ID:JEdWDF9z0.net
    >>1
    正月早々に「韓国人が裁判官で日本人が火あぶりにされてる地獄絵図」を
    飾ったテレビ局だからねえ。。。( ^ω^ )

    お望み通りの「地獄」になったわけだな。ざまあみろ。

    2: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/12/03(木) 07:14:54.23 ID:x24ROB2o0.net
    ゴールデンザッピングしたらフジが1番つまらんのはわかる
    そりゃ拔かれるわ

    3: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/12/03(木) 07:14:59.46 ID:SPaYD4cj0.net
    全日ずっとサザエさん流しとけよもうw

    4: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/12/03(木) 07:15:12.55 ID:ri2dTs1+0.net
    次はMXに負けそうだな
    RANKING

    【【テレビ】フジテレビ震撼、前代未聞の事態!ゴールデン帯の週間視聴率でテレビ東京に抜かれる!→「次はMXに負けそうだな」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    c812509a
    フジテレビ代表取締役社長の亀山千広


    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 11:11:27.44 ID:???*.net

    30日にスタートしたフジテレビの昼の2時間情報番組「直撃LIVE グッディ!」(月〜金曜、午後1・55)の視聴率が、関東地区で第1部3・6%、第2部2・5%だったことが31日、ビデオリサーチの調べで分かった。またTBSが放送開始した系列の名古屋・CBC制作の「ゴゴスマ−GOGO!Smile!」(月〜金曜、午後1・55)は2・9%だった。

     いずれも日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」にぶつける形で“対抗番組”としてスタート。受けて立つ格好となった「ミヤネ屋」は30日は7・3%だった。


    20150331-00000031-dal-000-2-view


     フジテレビ「グッディ!」は今春改編で、フジテレビがドラマ再放送枠を、キャスターの安藤優子と、俳優の高橋克実をMCに起用した2時間生番組に切り替えた。TBSも系列局で実績があった「ゴゴスマ−」を放送する策で、「ミヤネ屋」に対抗した。

     平日昼間の情報番組戦争に注目が集まるが、ただ「グッディ!」「ゴゴスマ」ともに30日のスタートは、いずれも放送前のドラマ再放送枠などが獲得していた数字から大きな変化はなく、数字的には番組定着に時間がかかりそうな様相を呈している。

     一方のミヤネ屋は3月はおおむね8%〜9%台で推移してきた経緯があり、30日は微減となった。
    RANKING

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150331-00000031-dal-ent

    引用元: 【視聴率】フジ「グッディ!」3・6%、TBS「ゴゴスマ」2・9%…「ミヤネ屋」対抗番組が厳しいスタート











    62: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 11:41:49.11 ID:nQfzAUXW0.net
    >>1
    普通に再放送やればいいのに

    ゲス番組を見たくない人は初めからテレビつけないだろ

    159: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 12:45:34.11 ID:joR0kZT20.net
    >>1
    こんなおばさんとおっさんの司会する番組見ようと思わないだろ

    175: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 12:53:07.68 ID:4rT6wZcd0.net
    >>1
    テレ朝は恥ずかしげも無く相棒再放送をずっと垂れ流して高視聴率取ってるんだから
    TBSもまた水戸黄門再放送を延々垂れ流せばいいのに
    フジだって90年代トレンディドラマという資産が潤沢にあるんだから

    179: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 12:55:40.14 ID:SgWaYcDi0.net
    >>175
    ガキのころのアニメ再放送じゃないけど
    朝から夕方まで相棒ばかりは勘弁
    しかも土日は2〜3時間スペシャルばかりで飽きてきた

    裏返せばテレ朝って13年間そういうドラマしか作れなくなってたんだな

    2: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 11:13:16.71 ID:1nQG/fgc0.net
    いいんじゃない

    長い目で見ないと

    3: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 11:14:12.42 ID:uOQa9z3l0.net
    韓流やれよ そこそこ数字が取れるって言ってただろ?
    RANKING
    嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

    岸見 一郎,古賀 史健 ダイヤモンド社 2013-12-13
    売り上げランキング : 12
    by ヨメレバ
    【【視聴率】フジテレビ「グッディ!」初回視聴率3.6%、TBS「ゴゴスマ」2.9%!日テレ「ミヤネ屋」対抗番組が厳しいスタート!【ご祝儀視聴率】】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ