【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ














































    タグ:朝ドラ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    default_780aaee464d8962dd6da51deb7216e29


    1: 名無しさん 2016/09/04(日) 14:29:38.07 _USER9

    NHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主演を務める高畑充希(24)に、大晦日『紅白歌合戦』の司会説が浮上している。

     今年4月4日からスタートした同ドラマは、8月に入ってからも高視聴率を維持。全平均で22%以上。8月17日には25.9%と、これまでの最高視聴率を記録するなど絶好調だ。

     「朝の連続テレビ小説は、平均20%で合格点。21%となればヒットという見方になる。このままいけば、大ヒット作品となります。当然、紅白の司会になっても不思議はないでしょう」(NHK関係者)

     '12年の紅白の司会は『梅ちゃん先生』の主演・堀北真希(27)、'14年は『花子とアン』の主演・吉高由里子(28)など、その年に高視聴率を記録したドラマのヒロインが司会を務めている。しかし、今回の高畑の司会の風潮に対し、疑問の声が噴出しているという。

     「ドラマ好調の大きな要因は、宇多田ヒカルの5年ぶりのシングル『花束を君に』をテーマ曲にしたことです。実は前評判では、高畑主演よりも、歌の方で注目を集めていたことは事実ですから」(テレビ関係者)


    Fantome

     
    さらに、ネットの書き込みを見ても、高畑の演技に否定的な声が多い。


     「目をクリクリさせて明るくしゃべる姿は間違いなく好印象ですが、その反面、どこか大げさで喜劇女優のようにも見えるという不満が多いんです。その悪評の原因は出演過多。同ドラマが始まるまで、節操なくテレビに出まくっていましたから、視聴者は食傷気味になっているんです。紅白司会についても、『これ以上見たくない!』という怒りの声まで出るほどです」(ドラマ関係者)

     高畑は現在、チョーヤ梅酒やNTTドコモなど、大手CM7本に出演。今年一番ブレイクした女優といっても過言ではなさそうだが、大女優とは思えない理由が…。

     「8月7日に東京タワーで行われたミュージカル『わたしは真悟』の記者会見でのことです。高畑は自身のブレイクについて、『この間も電車でナンパされました。普通に声を掛けられました』と、30代前後の男性に声を掛けられたことを告白。しかし驚いたのは、その相手が高畑とは気付いていなかったこと。彼女は『私もまだまだだな』と笑っていましたが、相当悔しかったはず。つまり、あれだけテレビに出まくっていても、芸能人オーラがないのでしょう」(芸能記者)
    RANKING


    no title
    http://wjn.jp/article/detail/5180751/



    引用元: 【芸能】高畑充希 NHK紅白司会浮上で「これ以上見たくない」の声

    【【芸能】高畑充希、NHK「紅白歌合戦」司会浮上で「これ以上見たくない」の声!出演過多で視聴者は食傷気味!→「たまにぶちゃくなるしな」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160714-00010000-friday-000-1-view


    1: 名無しさん 2016/08/09(火) 22:52:36.01 _USER9

    「能年玲奈」なのか、それとも「のん」なのか――。2016年7月に芸名を変更した女優・能年玲奈さん(本名)の「呼び方」をめぐり、マスコミ各社の「表記」が話題を集めている。


     各社記事をみると、「のん(本名・能年玲奈)さん」などと、いずれも2つの名前を「併記」する形をとっている。こうした表記を、前事務所との契約トラブルの渦中にある能年さんへの「後押し」として受け取る人も多かったようで、ネット上には「これなら前の事務所も文句なし」との声も相次いでいる。


    ■所属事務所との契約が切れ、芸名を変更
     

     13年放送のNHK連続ドラマ小説「あまちゃん」の出演で一躍ブレークした能年さんだが、その後は所属事務所との契約トラブルなどの理由から徐々に露出が減少。一時はぱったりと表舞台から姿を消し、「引退説」が囁かれたこともあった。

     そんな能年さんは16年7月、前所属事務所との契約が切れたとして、芸名を「のん」に変更して「再出発」すると宣言した。改名の理由については、「能年玲奈の名前で契約していた所属事務所との関係を考慮した」との報道も出ている。

     こうした状況の中、能年さんは8月8日に「あまちゃん」の舞台となった岩手県の達増拓也知事を表敬訪問。8か月ぶりに公の場に姿を見せた。能年さんにとっては3年ぶりとなる岩手訪問に、達増知事は「おかえりなさい」と迎えたとツイッターで報告している。

     「のん」への改名後、初めて公の場に姿を見せた能年さんについて、マスコミ各社の「表記」にはブレが生じることになった。今回の件を報じた新聞各社の電子版記事をみると、


    「のん(本名・能年玲奈)さん」(朝日、読売)

    「本名の能年玲奈から改名した女優、のんさん」(毎日)

    「芸名を『のん』に改名して活動することを宣言した女優の能年玲奈」(デイリースポーツ)
     

    などと、いずれもどこか「苦労」が見て取れる表記となっている。また、岩手県広聴広報課と達増知事のツイッターは、どちらも「のん(本名:能年玲奈)」としていた。


    「この表記いいね。前事務所に負けずにがんばれ」
     

    このように、「のん」と「能年玲奈」を併記する形で対応したマスコミ各社の動きには、ネット上で歓迎の声が出ている。前所属事務所のトラブルで「干された」との見方も強い能年さんに対し、同情的な意見を示すネットユーザーが多いためだ。

     さらに、能年さんが改名した理由をめぐっては「『能年玲奈』として活動できないよう、事務所側から圧力をかけられているのでは...」との噂も、真偽は定かでないがまことしやかに囁かれている。

     そのため、改名後の「のん」を使いつつも、これまで通り「能年玲奈」の名前も併記した今回の報道について、ツイッターやネット掲示板には、


    「のん(本名能年玲奈)、これなら前の事務所も文句なし?」

    「俳優のん(本名・能年玲奈)さんという表記が定着したら、事務所側も差し止めできないんだろうな」

    「この表記いいね。前事務所に負けずにがんばれ」
     

    といった声が相次いで寄せられている。

     なお、達増知事は8日のツイッターで、「岩手県は、県庁内に『プロジェクトN』を立ち上げ、のん活躍の場を作ります」と能年さんの活動を支援すると表明。翌9日にも、


    「岩手は、東日本大震災からの復興にあたり、ドラマ『あまちゃん』から非常に大きな力をもらっています。のん(本名:能年玲奈)さん無くして『あまちゃん』は無く、とても感謝しており、恩返しができればと思っています」
     

    との思いをつづっていた。
    RANKING


    photo1-2
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160809-00000009-jct-ent



    引用元: 【芸能】<芸名変更>マスコミは全部「能年玲奈」表記! やっぱり「のん」ではわからない…

    【【芸能】マスコミは全部「能年玲奈」表記!芸名を変更も、やっぱり「のん」では分からない?「のんはNON」「ネットで名前を募集したら?」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20160714-00010000-friday-000-1-view


    1: 名無しさん 2016/07/14(木) 08:54:05.26 _USER9

    能年玲奈が「のん」に改名して再出発


    能年……ではなく「のん」になりました。ちょっとトボけた感じですが、ひらがなで「のん」です――。
     
     NHKの朝の連続ドラマ小説『あまちゃん』で一世を風靡し、その後、映画にも多数出演。しかし突然、独立・引退騒動が起こり姿を見ることがなくなった能年玲奈。今回、芸名を「のん」に改め活動を再開する。

     再出発にあたり、元気で楽天家な母親が上京して挨拶回りをしてくれたという。「休養中」にはクラシックバレエや洋服作り、モノマネや作曲に没頭していた。そんな毎日についてフライデー最新号(7月15日発売)で熱く語っている。

     グラビア撮影にも挑戦しており、「久しぶりで緊張します〜」と言いながら、自前の衣装で『あまちゃん』ばりの大ジャンプまで披露した。

    「楽しくて、顔が開きっぱなしでした〜!」

     と素直な感想をこぼし、白い歯を見せたのだった。


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160714-00010000-friday-ent


    【芸能】能年玲奈、独立騒動で所属事務所「レプロ」と完全決裂!実父がマネジャーに!→「終わりの始まり。鈴木亜美と同じ道」
    http://m9now.blog.jp/archives/51945549.html




    引用元: 【芸能】能年玲奈、芸名を「のん」に改名して芸能活動再開へ ★2

    【【芸能】能年玲奈、芸名を「のん」に改名して芸能活動再開へ!「レプロ」から「三毛andカリントウ」へ独立?→「名付け親はやっぱり生ゴミか」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    haru-11


    1: 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ 2016/04/27(水) 15:56:04.42 _USER9.net

    NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」でヒロインを務めた女優の波瑠が27日、朝ドラ撮影中に「人を信用できなくなり」、女優をやめたくなった一時期があったことをブログで明かした。

     波瑠はその書き込みで、26日に発表された日本テレビの「24時間テレビ39 愛は地球を救う」でチャリティーパーソナリティーを務めることを改めて報告。そして「取るに足らないことですが」と断ってから書き出した。

     それは「あさが来た」の放送開始直前で、昨年の夏が終わる頃だったという。


    「現場は、たくさんの人がいて成り立つものです。その中でささいな事の積み重ねで人を信用できなくなり、それを何度か経験しているうちに、誰にも何も話せなくなり、挙句に誰かと目を合わせるのも怖くなった時間すらありました」
     

     波瑠は当時の追い詰められた心境を明かしつつ、


    「そのなかで感じた孤独や不安は、思い出すだけで今でも涙がでてきて、わたしのなかで卒業できていない感情です」
     

    と、収録現場で体験したことがいまだに生々しい心の傷となっているようだ。

     波瑠はとうとう女優を続けることは難しいと思い、母親にそんな気持ちをメールで伝えたこともあった。

     しかし結局、白岡あさを勤め上げ、耐えきれなく思ったその際の感情は「人生の中の特別な試練」だったことを理解した。

     そして波瑠は、朝ドラのヒロインを務める中で受けたそんな体験を明かした理由を、


    「これから先にヒロインをつとめる方たちが、伸び伸びと心身ともに健やかで収録にのぞめること、これがわたしの小さな願いです」
     

    と説明した。
    RANKING


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160427-00000037-dal-ent


    引用元: 【芸能】波瑠、朝ドラ収録中「人を信用できなくなった」 女優断念も考え…思い出しても涙

    【【芸能】波瑠、主演朝ドラ「あさが来た」収録中「人を信用できなくなった」女優断念も考え思い出しても涙!「誰かと目を合わせるのも怖くなった」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1118729_1200


    1: オムコシ ★@\(^o^)/ 2015/09/26(土) 10:16:33.68 ID:???*.net

    NHKの連続テレビ小説(以下、朝ドラ)は、近年もっとも注目されているドラマ枠だ。それだけに毎回、激しい賛否が巻き起こるのだが、今週最終回を向かえる『まれ』は、主に物語のわかりにくさと登場人物の一貫性のない行動が、激しい批判にさらされた朝ドラだった。

     しかし、『まれ』は本当に不出来な作品だったのだろうか? そして何故、これほどまでに批判されたのか? 映像面と脚本面から総括してみたい。

     『まれ』は、能登で暮らす夢嫌いの少女・津村希(土屋太鳳)が、パティシエ(菓子職人)を目指す物語だ。物語は1994年からはじまり、2000年代を経て、2015年の現在に辿り着く。『ごちそうさん』『花子とアン』、『マッサン』と戦前・戦中・戦後(昭和)という時代を描く物語が三作続いた朝ドラだが、2013年の『あまちゃん』以来、久々に登場した現代が舞台の作品だ。

     『まれ』で秀逸なのは、パソコンや携帯電話などといった00年代以降、誰もが安価で使えるようになったデジタル機器の描写である。例えば、希の弟子である沢沙耶(飯豊まりえ)は、希が菓子を作る場面をスマートフォンで動画撮影する。おそらくこの場面は、若い人ほど当たり前の行為として受けとめただろう。実際、こういう形で動画撮影を利用することは多い。しかし少し前だったら、もっと異様なシーンとして映ったはずだ。

     これはあくまで一例だが、こういったデジタル機器の扱いから見える現代の切り抜き方が実に秀逸なのだ。これは劇中の映像にも強く反映されている。

     『まれ』を見ていてもっとも驚いたのは小型カメラを駆使していると思われる映像だ。特にそれは室内のシーンにおいて発揮されており、ホームドラマではやり尽くされた食卓を家族が囲む場面も、レイアウトに凝った躍動感のある映像となっている。

     こういった斬新な映像はNHKドラマの伝統で、『あまちゃん』でもすでに試みられていたものだ。しかし『あまちゃん』の映像が、斬新であるがゆえに作り手の意図を超えて、強い意味を持ちすぎていたのに対し、『まれ』の映像は女子高生がスマホで撮影したような気軽さがあり、その気負いのなさが、より現代的に感じる。

     つまり、かわいい女の子が最先端の映像で綺麗に撮られているという意味において優れたアイドルドラマだった。というのが、『まれ』に対する最大の評価だ。


    N2T8KQYeuVYklaM_11362


     では、物語面ではどうだったのか?

     朝ドラは、週6日×15分×6か月という長きにわたって放送されるために登場人物も多く描かれる要素も多岐にわたっているが、ほとんどの作品は女の一生を描いたものとなっている。

     『まれ』も幼少期からはじまり、学生時代、就職、恋愛、結婚、出産といった、女性が人生で出会う様々な出来事が描かれている。

     近年では様々な女性が登場しているが、朝ドラヒロインは基本的には明るくまじめな優等生だ。希も「夢嫌い」と口では言いながらも、パティシエという夢に向かっていく。

     ただ、希の行動は紆余曲折が激しく、公務員をやめてパティシエになったかと思ったら、結婚相手の都合で仕事をやめて女将の修行をしたり、自分の店をはじめたかと思ったら、妊娠して産休に入ったりと、すべての行動が行き当たりばったりに見える。また、本来丁寧に描くべき場面を省略してしまうので、一話だけ抜き出すと、実に中途半端な作品に感じてしまう。

     これが脚本上の狙いなのか、力量不足による構成力の不備なのかが、わからないため、多くの視聴者は序盤でイライラしてしまい、その印象が最後まで払拭できなかったことが『まれ』に対する批判の根底にあるのだろう。
    RANKING


    続く
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150924-00010002-realsound-ent

    引用元: 【批評】朝ドラ『まれ』はなぜ批判されたのか? 映像と脚本からその真価を検証

    2: オムコシ ★@\(^o^)/ 2015/09/26(土) 10:16:57.86 ID:???*.net
    >>1の続き

    実は、僕も当初は脚本を評価しておらず「お話はダメだが太鳳ちゃんがかわいいからOK」という、やや消極的な動機でドラマを見ていた。

     そのため、録画で2〜3週分をまとめてみるということを繰り返していたのだが、まとまった話数を連続で見ると、中途半端に見えた脚本が、実は入念に伏線を張ったドラマだとわかってくる。同時に行き当たりばったりにみえた一見わかりにくい人物描写こそが、脚本の篠ざき絵里子が描きたかった「人間の奥行き」だと気付かされる。

     例えば、希の師匠となる池畑大悟(小日向文世)は最初から最後まで口が悪く、希に対して辛辣だ、しかし、ずっと見続けていると辛辣な口調の裏側にある弟子としての希への期待や思いやりが透けて見えてくる。それは他の登場人物も同様で、最後の一か月となる9月の放送では、今まで散りばめてきた人物描写の伏線を回収している。

     その意味でも実に見事な脚本である。しかし、その力量が一般視聴者に理解されなかったのは、朝ドラというフォーマットの限界ではないかと思う。

     近年の朝ドラは、『純と愛』の遊川和彦、『あまちゃん』の宮藤官九郎、『ごちそうさん』の森下佳子といった民放ドラマで活躍した脚本家を積極的に起用することで、15分の中に民放ドラマ一時間分の密度を持ち込むようになってきた。

     『まれ』も、また物語の密度が濃く展開が速いのだが、人物や物語の一貫性がないように見えてしまう副作用が生まれてしまった。

     朝ドラは毎日放送されているため、即座に感想がSNSに書き込まれて盛り上がる。しかし、その弊害として脚本家が起承転結でいうと承や転として書いた話が、結として受け止められてしまうことが多い。

     篠ざきの脚本は、6か月を通して起承転結を組み立てたものだ。しかし、物語が終わってから語られる映画とは違い、リアルタイムの視線に常にさらされ続けているために全体を通しての評価が語られにくいのが、テレビドラマの難しさである。
    RANKING

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150924-00010002-realsound-ent



    【ドラマ】土屋太鳳主演、NHK朝ドラ「まれ」クランクアップ!涙で「言葉にならない」→「OPの変な踊りとおっ◯いしか印象にない」
    http://m9now.blog.jp/archives/51952308.html

    【テレビ】土屋太鳳主演、NHK朝ドラ「まれ」迷走で批判も!脚本家・篠崎絵里子だけが悪い?「田中泯、小日向文世も無駄遣い」
    http://m9now.blog.jp/archives/51951054.html

    【芸能】「ポスト能年玲奈」川島海荷が消えた理由!「川島自体にも問題があり」結果、清水富美加が猛プッシュされドラマでも重宝される!
    http://m9now.blog.jp/archives/51954246.html

    【ドラマ】波瑠、「4度目の正直」で朝ドラヒロインに!今秋スタートのNHK連続テレビ小説「あさが来た」→「純と愛の最終審査で落選は命拾い」
    http://m9now.blog.jp/archives/51932172.html

    【ドラマ】NHKの次期朝ドラ、波瑠主演「あさが来た」主題歌はAKB48の「365日の紙飛行機」に決定!山本彩が初センター!
    http://m9now.blog.jp/archives/51952086.html


    8: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/09/26(土) 10:20:08.83 ID:lqRY21GW0.net
    >>2
    まるで佐野エンブレムをベタ褒めしてたデザイン村の言いぐさみたい

    86: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/09/26(土) 10:46:25.61 ID:0maRLj7w0.net
    >>8
    あー、それだわw

    9: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/09/26(土) 10:21:06.46 ID:OiWueow60.net
    >>2
    もう明らかな敗戦処理

    表立って褒める部分がないと
    大概バカには分からないと言い出す

    49: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/09/26(土) 10:33:18.29 ID:c6znCjkU0.net
    >>1
    >かわいい女の子が最先端の映像で綺麗に撮られている

    え?

    155: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/09/26(土) 11:20:15.77 ID:xDlU3dM60.net
    >>1
    これは確かに有るな。
    だから2〜3時間ノンストップの映画なら、序盤 初回から何回かは「何グダグダと詰まらん事やってんだよ」と空虚感あっても
    エンディングのクライマックスに、そのグダグダも全て伏線として活きてきて、グッーと目頭が熱くなる感動の肥やしになってる事も多い。
    大河「花燃ゆ」も そんな点があって、最近まで 本当にオモロ無いと思ってたが、最近 楽しみになって来た。

    「まれ」は「あまちゃん」のコピーやパクリにも似た演出が各所にあるけど、あまちゃん程のインパクトがない。
    応援団となるコラボな世の中の出来事 現象ブームも 北陸新幹線開業ぐらい。
    あまちゃん は、東日本大震災 AKBブーム絶頂 昭和歌謡リバイバル 観光漁業と観光立国 撮り鉄と満載だった。

    176: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/09/26(土) 11:44:39.02 ID:Z2/RubX80.net
    >>1
    >リアルタイムの視線に常にさらされ続けているために全体を通しての評価が語られにくいのが、テレビドラマの難しさである。

    それは100年以上前から夏目漱石が新聞連載小説のフォーマットとして語っている
    だから『我輩は猫である』は断片的に読んでもおもしろいように書いたと述べている
    今さらしたり顔でフォーマットのせいにしてはいけない
    朝ドラなんか、何十年も前からフォーマット変わってないんだから

    177: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/09/26(土) 11:47:05.92 ID:ljCfpTgg0.net
    >>176
    最近新聞の連載小説でも1日分のど真ん中で章変えてくるとか平気でやるもんなあ
    RANKING

    【【ドラマ】土屋太鳳主演、NHK朝ドラ「まれ」はなぜ批判された?映像と脚本からその真価を検証!→「純と愛の方がまだネタになった」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ