【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ














































    タグ:松山ケンイチ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    4dVpGF4OffKdYvZ_5xoCh_115


    1: 名無しさん 2016/11/08(火) 12:37:29.78 _USER9

    映画『デスノート Light up the NEW world』が10月31日、公開初週に大ヒット映画『君の名は。』を抜いて、興行成績1位に躍り出た。好調なスタートを切ったものの、いち早く同作を鑑賞したファンからは、頭脳戦が肝の本シリーズにもかかわらず「出演者がバカばっかり」などと予想外の酷評が相次いでいる。日本を代表する人気漫画の実写化にいったい何が起きているのか?


    ■ネームバリューで勝ち取った1位?

     かつて松山ケンイチ(31)と藤原竜也(34)のコンビで人気を博した「デスノート」の実写映画シリーズ。今回の最新作では下界に落ちた6冊のデスノートをめぐって、新たな殺人事件が巻き起こっていく。10月29日に公開されるや否や、2日間で興行収入4億5千万円以上を稼ぎ出して大ヒットしていた『君の名は。』の10週連続1位を阻止。好調な滑り出しとなった。

     しかし観客の評価がどうも冴えない。SNSや映画評価サイトでは「ネームバリューで勝ち取った1位」という酷評のみならず「今年ワースト、二度と観たくない」という烙印も押され、さらには「バカだらけの頭脳戦」と本シリーズのコンセプトを一刀両断する意見も目立つ。そんな酷評祭りを見たユーザーから「バカばっかの心理戦と聞いて逆に見たくなってる」などと笑えない皮肉も飛んでいる。

    「登場キャラクターが多すぎて、135分の尺に収めるためにストーリー展開が荒くなり、肝心の頭脳戦が丁寧に描かれていない。『アクション映画として見たほうがいい』という評価も多く本末転倒です。利益優先で『デスノート』をムリヤリ復活させた弊害でしょう」(映画ライター)

    こうした酷評祭りを受け、再評価されているのが旧映画版。松山の演じたLは「ハマり役だった」という声は絶えず、"マンガを実写化するなら藤原"という定評も変わらない。

    「テレビドラマ版では、窪田正孝(28)はドラマ史に残る怪演を披露して難を逃れたが、Lを演じた山崎賢人(22)は酷評されている。たとえ新キャラだとしても、一度ファンに認められた作上で別の役者が演じれば比較されがちで、アラ探しに発展しやすい。今回はとくに、東出昌大(28)の演技のマズさも相まって猛批判を浴びています」(前出・ライター)

     "天才たちの頭脳戦"というシリーズの持ち味を破壊した新作「デスノート」は、このまま興行収入を伸ばしていくことができるのか。はたまたファン同士の酷評祭りの影響で、急ストップするのか……?
    RANKING


    no title

    no title
    http://dailynewsonline.jp/article/1223010/


    【映画】新作映画「デスノート」に怒り爆発!登場人物が全員バカで観客失笑!「特にLが激烈馬鹿w」「バカが頭脳戦をする映画」
    http://m9now.blog.jp/archives/51986687.html

    【芸能】映画「デスノート」東出昌大主演に反対したスタッフが役名にこめた嫌味!「EXILEの大根は越えられない」「喋る仕事に向いてない」
    http://m9now.blog.jp/archives/51971100.html

    【芸能】主演を窪田正孝に戻せ!再劇場版「デスノート2016」にファンが今年最大のガッカリ!「頼むから東出昌大だけはやめて!」
    http://m9now.blog.jp/archives/51958537.html




    引用元: 【映画】東出昌大の”棒演技”に騒然?新作「デスノート」は本年度ワースト映画か [無断転載禁止]c2ch.net

    【【映画】東出昌大の「棒演技」に騒然?新作「デスノート」は本年度ワースト映画か?→「聖の青春で松山ケンイチと直接対決じゃんw」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    news_xlarge_deathnote2016_201607_02


    1: 名無しさん 2016/11/01(火) 01:19:19.72 _USER9

    「デスノート Light up the NEW world」が2016年10月29日から公開され、大きな話題となっている。しかし、作品に対する評価は賛否両論。「大絶賛」と「大不評」にハッキリと分かれた評価となっており、物議をかもしている。


    実際に映画を観た人たちの声に耳を傾けると、不評意見のほうが多いと感じる。「登場人物が全員バカ」や「バカが頭脳戦をやろうとする映画」など、あまりにも低レベルな頭脳戦に不満の声があがっているのがわかる。以下は、観客やインターネット上の声の一部である。

    ・デスノート新作映画に対する声

    「登場人物が馬鹿ばっかり」
    「馬鹿なキラもどきが馬鹿なLもどきとノートを争ったってだけの駄作」
    「原作が天才同士の戦いに対し今回のは馬鹿同士の戦い」
    「デスノート、普通に馬鹿すぎワロタって感じ」
    「予想出来なくて面白かったけど新キャラはみんな馬鹿に見えて魅力なかった」
    「登場人物全員馬鹿ばっかりだ」
    「デスノート 馬鹿にでも分かりやすい頭脳ゲームを展開してくれててありがとう」
    「要するに各人物の行動が馬鹿」
    「登場人物全員頭悪いし、特にLの馬鹿っぷりが半端じゃない」
    「馬鹿VS馬鹿」

    ・バカと言われている登場人物

    主人公 …… バカ
    L …… 激烈バカ
    キラ …… バカ
    松田 …… バカ
    ミサ …… バカ
    紫苑 …… バカ
    ほか多数 …… バカ

    まだこの作品を観ていない人からは「新しいデスノートが馬鹿3人が心理戦するだけって叩かれてるけど逆に見たい」や「馬鹿ばっかなら観に行かなくてもいいかな」との声が出ている。

    ・原作同様のクオリティを求めるファン

    原作の「デスノート」は非常に緻密に練られた頭脳戦が繰り広げられる展開で、日本のみならず、世界中で読者を夢中にさせた。それゆえ、映画を観に行く人たちも同様のクオリティと展開を求めてしまうのは予想できる。

    ・面白い作品にはなり得る

    しかしながら、一部からは絶賛する声が出ているのも事実。よくよく考えてみれば、いくら登場人物が全員バカだったとしても、それが直接「つまらなさ」につながるとはいえない。バカだらけでも面白い作品にはなり得る。

    ちなみに「おれバカだから頭脳戦はわかりやすいほうが嬉しいわ」という声も出ていた。バカの頭脳戦はバカには嬉しいのだろうか。とりあえず判断するには観るしかない。
    RANKING


    no title

    no title

    maxresdefault (2)



    http://buzz-plus.com/article/2016/10/31/death-note-lightup-the-new-world/



    引用元: 【映画】新作映画「デスノート」に怒り爆発! 登場人物が全員バカ! 観客失笑「バカが頭脳戦をする映画」★2

    【【映画】新作映画「デスノート」に怒り爆発!登場人物が全員バカで観客失笑!「特にLが激烈馬鹿w」「バカが頭脳戦をする映画」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    img_higashidemasahiro_port2_vol2


    1: ダークホース ★@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 10:11:58.66 ID:CAP_USER*.net

    2月5日、秋公開の映画「デスノート 2016」で、俳優の東出昌大が主演を務めることが発表された。これを受け、「東出なら観ない」という声が相次いでいるという。芸能関係者が語る。


    「彼は以前から『演技が下手』と言われていますからね。セリフが棒読みで、感情を込めて叫ぶシーンは、単に大きな声を出しているようにしか見えません。なぜ彼が話題作にキャスティングされてきたかというと、事務所のゴリ押しでしょう。

    所属する『ユマニテ』は、満島ひかりや安藤サクラ、過去には寺島しのぶが在籍するなど、演技派揃いで業界の実力者と太いパイプがある事務所なんです。演技指導には力を入れていますが、喜怒哀楽を激しくせず、淡々とした中で感情を表現する手法を基礎としているので、才能がなければただの棒読みです」
     

     確かに、以前所属していた椎名桔平、小西真奈美、南果歩らも一見、棒読みトーンの演技。彼らのように名俳優になるには今後の成長しだいというわけだが、そんな中、東出が演じる役名について、業界内である噂が流れているという。映画関係者が語る。


    「東出さん演じる『三島創』という名前は、原作者の大場つぐみさんではなく、映画製作スタッフのAさんの案だと聞いています。

    Aさんは別の演技派俳優をキャスティングしようと動いていたのですが、日本テレビ上層部が東出さんに決めてしまった。それで今回、役名に思いを込めたという噂なんです。

    Aさんの出身地は静岡県三島市で、有名な特産品といえば、『三島大根』。要は『大根役者』という意味です」
     

     あくまで噂だが、制作スタッフからの評価が低いことは間違いなさそうな東出。これを覆せるような好演を期待したいが‥‥。
    RANKING

    http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_52574/



    【芸能】主演を窪田正孝に戻せ!再劇場版「デスノート2016」にファンが今年最大のガッカリ!「頼むから東出昌大だけはやめて!」
    http://m9now.blog.jp/archives/51958537.html


    引用元: 【芸能】 映画「デスノート」東出昌大主演に反対したスタッフが役名にこめた“嫌味”

    【【芸能】映画「デスノート」東出昌大主演に反対したスタッフが役名にこめた嫌味!「EXILEの大根は越えられない」「喋る仕事に向いてない」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    death_note


    1: 依頼@Egg ★@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 20:14:28.26 ID:???*.net

    放映中は賛否ありながら、最終的には視聴率も盛り返しおおむね高評価で終了したのが、ドラマ版「デスノート」。初回に記録した視聴率16.9%が一時は半減したものの2ケタまでに戻したことで、主人公の夜神月(ライト)役を怪演した窪田正孝の評価もうなぎ上りとなった。


     その余勢をかってか否か、再び来年公開で映画化されることも大きく報道された。ストーリーもドラマの続編ではなく新たなものになるということで、原作ファンやドラマファンのみならず期待が集まっているという。ところが、再劇場版のキャスティングにファンから叫びに似た悲鳴が上がっているというのだ。


    「ストーリーが続編でないならキャスティングが一新されても当然といえば当然ですが、窪田が演じたライト役に東出昌大が抜擢されたということで一斉バッシングが起こっています」(エンタメ誌編集者)
     

     人気女優である杏との挙式も話題となり、ハリウッド俳優・渡辺謙の義理の息子にもなってしまった東出の置かれた状況は、まさに誰もがうらやむ状況。ところが、映画やドラマを熱心に見るユーザーたちには「日本でいちばん下手クソな俳優」としての評価が確立してしまっているから大変だ。


    COzHIHIUwAIVb82


    「頼むから東出だけはやめて!」「手遅れにならないうちに再考すべき」「今年の映画ニュースで最大級のガッカリ」など、東出以外なら誰でもいいという意見もあるほど、期待する声は皆無といっていいほど散々だ。


    「ドラマ版で山崎賢人が演じたL役は、『紙の月』などで映画専門誌などの助演男優賞を総なめにした池松壮亮にバトンタッチのようですが、こちらに関しては演技力大幅アップと期待が高まっています。

    ところが主人公のライトがドラマでの怪演がみごとだった窪田から東出では、まるでプロから素人へのシフトチェンジといってもいい。

    このライトとLの演技バランスが悪くなることは必至で、熱烈なデスノートファンに同情せざるをえませんね」(前出・エンタメ誌編集者)
     

     06年公開の「デスノート」は興収70億円を記録する特大ヒットとなり社会現象にもなったが、くしくも10年後に公開となる今回のリブート版も2016年の目玉の一つとして大プッシュされる可能性が高い。このファン無視のキャスティングが、つまずきの一歩めとならなければよいのだが‥‥。
    RANKING

    http://www.asagei.com/excerpt/44732



    【ドラマ】窪田正孝主演「デスノート」ミサミサ役・佐野ひなこに「ブサブサ」の大合唱!テレビ映りの悪さは、女優として致命傷か!
    http://m9now.blog.jp/archives/51948244.html

    【テレビ/視聴率】窪田正孝主演ドラマ「デスノート」第2話視聴率12.3%!4.6ポイント下落も2桁をキープ!「相当脱落したな」
    http://m9now.blog.jp/archives/51948074.html

    【ドラマ/視聴率】窪田正孝主演ドラマ「デスノート」第3話平均視聴率は8.7%に急落!「最高の素材をここまで酷く料理するとは」
    http://m9now.blog.jp/archives/51949134.html

    【芸能】歴史的原作レ◯プ?ドラマ版「デスノート」酷評の一方で再評価が高まる藤原竜也!「映画版はストーリーも原作越えしたからな」
    http://m9now.blog.jp/archives/51947843.html

    【テレビ】日本のドラマ 「デスノート」を見た中国人ネットユーザーが相次いで怒りの声 「デスノートは死んだ。私の愛するLを返せ!」
    http://m9now.blog.jp/archives/51945347.html

    【芸能】平野綾、19歳当時の「デスノート」ミサミサコスプレ写真公開!「かわいすぎる」「あーやのミサミサは神」と絶賛の声
    http://m9now.blog.jp/archives/51945293.html

    【ドラマ/視聴率】窪田正孝主演ドラマ「デスノート」初回視聴率16.9%!「ミサミサ酷すぎる」「戸田恵梨香のミサミサは神だった」
    http://m9now.blog.jp/archives/51945282.html

    【ドラマ】「デスノート」 主人公・夜神月はアイドルオタクの平凡な大学生設定!原作ファンから悲鳴!→「この設定で知能戦とかwww」
    http://m9now.blog.jp/archives/51944867.html

    【テレビ】窪田正孝主演ドラマ「デスノート」ミサミサ役に佐野ひなこ、夜神総一郎役は松重豊!「爆死確定」「視聴率諦めてる?」
    http://m9now.blog.jp/archives/51940998.html

    【テレビ】漫画「デスノート」連続ドラマ化決定!新キャストでオリジナルストーリー用意、日テレ7月期!「始まる前から終わった」
    http://m9now.blog.jp/archives/51935836.html

    【テレビ】ドラマ版「デスノート」が波紋!原作とのズレに批判相次ぐ!「ライトが平凡な大学生とかw」「似せる気がない」
    http://m9now.blog.jp/archives/51940348.html

    【VIP】藤原竜也の結婚式にありがちなこと!交際10年目のミーアキャット似な一般女性と年内結婚!
    http://m9now.blog.jp/archives/51859399.html

    【映画/テレビ】実写化されて満足だった「アニメ・漫画」ランキング!4位Tにナニワ金融道、るろうに剣心、20世紀少年、ごくせん!
    http://m9now.blog.jp/archives/51945074.html


    引用元: 【芸能】主演を窪田正孝に戻せ!劇場版「デスノート」にファンが「今年最大のガッカリ」

    194: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 21:15:45.36 ID:Lrt4Ow9N0.net
    >>1
    何が何だか分からない・・・

    2: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 20:15:32.27 ID:ajyYvgDv0.net
    でもLが山崎は嫌だから、藤原竜也に戻せばいいんじゃないかな

    3: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 20:15:38.50 ID:8oCDVnIr0.net
    見ない

    4: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 20:15:45.07 ID:VDHKf2Mh0.net
    あのバカリズムのどこが良かったの?

    5: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 20:16:24.23 ID:Pfkd4aL90.net
    窪田と池松でいいじゃん

    6: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 20:16:36.68 ID:B7eA5bE+0.net
    今までの月役がうますぎた
    RANKING

    【【芸能】主演を窪田正孝に戻せ!再劇場版「デスノート2016」にファンが今年最大のガッカリ!「頼むから東出昌大だけはやめて!」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 08:11:33.26 ID:???*.net
    no title


    キムタクや堺雅人ならともかく、平面ガエルの“ピョン吉”に苦杯を嘗めるなんて……。他局の編成担当の嘆息を尻目に、今夏の“ドラマダービー”は日テレのひとり勝ちムードが漂う。まさかの実写化や、禁断の炎上商法でヒットを飛ばす掟破りの戦略とは――。

     ***

     その好調ぶりは数字を見れば明らか。7月19日時点で、なんと日テレの連ドラが平均視聴率トップ3を押さえているのだ。

     筆頭格は、杏が主演する『花咲舞が黙ってない』。このところ大人気の池井戸潤原作の続編で、初回は14・7%と、期待通りの滑り出しを見せた。

     だが、特筆すべきは、放映前から賛否両論を巻き起こした2作品の大健闘だろう。

     芸能担当記者も驚きを隠せない。

    「単なるイロモノと目されていた『ど根性ガエル』が初回に13・1%という高視聴率を叩き出しましたからね。『デスノート』に至っては、前クールの目玉だったキムタク主演の『アイムホーム』の初回を上回る16・9%。初回視聴率としては今年最高の数字です」

     しかし、映画版も記憶に新しい『デスノート』はまだしも、『ど根性ガエル』は初めてのアニメ化から40年以上が経過している。“奇策”とはいえ、あまりにリスキーな賭けに思えたのだが、

    「今回はうちの戦略がハマりましたね」

     と、ほくそ笑むのは日テレ幹部だ。

    「“月9”に代表される、キャスティングありきの王道ドラマから客足が遠ざかっているのは事実。そこでうちは、テレビ離れが顕著な20〜30代前半のF1層と呼ばれる女性を敢えてターゲットから外してみた。その象徴が『ど根性ガエル』で、初めてピョン吉に触れる小中学生と、原作に思い入れのある40〜50代の親世代に狙いを絞っています」


    ■批判は想定内


     ちなみに、ドラマ版は原作の16年後が舞台で、松山ケンイチ演じる“ひろし”は30歳のニート、前田敦子はバツイチ出戻りの“京子ちゃん”役だ。

     大河ドラマ『平清盛』を外してから、松ケンは子供の通院にまで付き添う“主夫”状態にあったが、今回のひろし役で吹っ切れた感がある。CG合成のピョン吉には違和感がなく、声優に起用された満島ひかりのべらんめえ口調も好評。ドタバタコメディ風の脚本を『ちゅらさん』で名を馳せた岡田惠和が手掛けるなど、手堅い一面も覗かせる。

     一方の『デスノート』は、

    「主人公のキャラクターを天才青年から、アイドルおたくの平凡な大学生に変更しました。原作ファンからの批判は想定内で、放映に先立って情報を小出しにしていた番組プロデューサーのツイッターは見事に炎上。結果、高視聴率に結びついたので作戦勝ちです。また、日曜22時半からの『デスノート』の枠は、『世界の果てまでイッテQ!』や『行列のできる法律相談所』といった、数字の取れるバラエティ番組から引き続き観てもらえる。前クールからこのドラマ枠を設けたことも功を奏しています」(同)

     この夏、他局を“怪談”ばりに震え上がらせたのは、Tシャツに取り憑いた平面ガエルの大活躍だった。
    RANKING 


    no title
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150802-00010000-shincho-ent

    引用元: 【テレビ】まさかの「ど根性ガエル」大好評で夏ドラ3連勝の「日テレ」戦略〈週刊新潮〉

    4: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 08:13:51.01 ID:nGaZFu9S0.net
    >>1
    土【21】ど根性ガエル
    13.1__*8.5__*6.4__


    何が好調だって?w

    19: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 08:20:30.08 ID:e9AxT/Rg0.net
    >>4
    これまじ?

    36: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 08:27:06.99 ID:InVHkQCB0.net
    >>4
    右肩下がりだな

    40: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 08:28:05.42 ID:3qs6PvE10.net
    >>4

    右肩下がりはダメドラマの典型

    43: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 08:29:06.19 ID:EUB5Zz/40.net
    >>4
    ま、3回目はうじのアレが最も数字獲ったSMAPのだったしなー

    てか数字なんか抜きにおもろいで
    中年引きこもりには観るの辛いかも知らんけど

    46: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 08:29:34.38 ID:z3CDTMC80.net
    >>4
    落ち方半端ないw

    47: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 08:29:35.90 ID:MOoMdWtrO.net
    >>4
    なんで今さら>>1みたいな記事出すのかね
    ちょっと調べりゃすぐわかることで、印象操作にもなりゃしないってのに

    52: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 08:30:54.66 ID:2ljVNavF0.net
    >>4
    今の時期なら素晴らしいウォータースライダーというべき数字w

    54: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 08:31:59.28 ID:QmVfVKDz0.net
    >>4が本当なら、>>1の記者は赤っ恥だな

    ざまぁかんかん、カッパのヘ〜w

    59: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 08:34:11.85 ID:65ZYOpJ2O.net
    >>4
    初回から半分も数字下げてるじゃん

    187: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 09:57:09.14 ID:mc/KZLyn0.net
    恥ずかしい記事だな
    >>4
    こんな糞推移なかなかないってくらいなのに
    初回は原作への関心でしかないと思う
    RANKING

    民王 (文春文庫)

    池井戸 潤 文藝春秋 2013-06-07
    売り上げランキング : 212
    by ヨメレバ
    【【テレビ】松山ケンイチ主演ドラマ「ど根性ガエル」まさかの大好評で夏ドラ3連勝の「日テレ」戦略!「満島ひかりの上手さが報われた」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ