【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ














































    タグ:橋本奈々未

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    BvdE_kdCEAItA7d


    1: 名無しさん 2017/03/09(木) 13:49:44.37 _USER9

    CDの売上もよく絶好調な乃木坂46。今や「公式ライバル」として設定していたAKB48をも抜いてしまうほどの人気だとか。


    「数年前までは、AKB48とももいろクローバーZを表紙にすると雑誌や書籍が売れるという神話がありましたが、現在は乃木坂46を表紙にすると必ず前号を上回る売上になると言われ、争奪戦が起きています。西野七瀬、白石麻衣、橋本奈々未の順で人気が高く、中には半年以上も前からスケジュールを押さえられているメンバーもいる」(雑誌編集者談)

     そんな絶好調の乃木坂46だが、つい先日さいたまスーパーアリーナで行われた橋本奈々未の卒業コンサートで異変が起き始めているとか。

    「取材陣の数が少なかったんです。翌日に行われた、小嶋陽菜の卒業コンサートの方が取材陣が多かったほどです。しかも、小嶋に関してはこの日で卒業というわけでもなく、本当の卒業日はだいぶ先です。橋本は、この卒コンで芸能界からも卒業という記念すべき日だったにもかかわらず、非常に寂しいものでした」(スポーツ新聞記者談)

     決して橋本の人気が低いというわけではないが、実は乃木坂46は他のアイドルとは違い、特殊な人気の高さがあるようだ。

    「一般的な知名度で言うと、AKB48やももクロと比べると格段に低い。CDの出荷枚数で100万枚を越えたり、各雑誌の表紙を飾るなどしていますが、ようは他のグループよりもファンがより多く商品を複数購入しているんです。乃木坂46は握手会の人気が非常に高く、AKB48のグループよりも倍近く1人が同じ商品を購入をすると言われる。

     その現状を表すデータとして、民間企業が集計した知名度ランキングでは、握手会の人気が低い生駒里奈が4割近くの知名度で圧倒的に1位、次点が白石麻衣なのですが2割ほどの知名度しか無いことがわかった。西野七瀬に至っては、ほとんど一般的知名度はない。なのに、その西野が握手人気で圧倒的に1位なのだからつじつまが合わない。

     結局は国民的アイドルグループというには知名度がなさすぎるということに尽きます。ニュースを報じる立場としては、橋本の引退よりも知名度の高い小嶋陽菜のコンサートのほうが優先度が高くなるということなんです。つまりは、乃木坂46がやっていることは地下アイドルと同じで、どれだけ“太客”と呼ばれる金を落とすファンを獲得しているか、とおう小さな範囲でしか勝負ができていないということなんです」(アイドル雑誌ライター談)

     AKB48のようにカラオケ人気の高い代表曲もなく、特殊な人気に支えられる乃木坂46。複数買いに支えられるグループに、崩壊の影が見え始めているという。

    「今回卒業した橋本は、乃木坂46の現状に不満を抱き意見を言い続け、運営にも扱いづらいと言われ続けてきたメンバーです。劇場公演もなく、LIVEも少ない乃木坂46は、仕事のあるメンバーと無いメンバーの格差がひどい。中には、1カ月間レッスンしかなかったメンバーもいるほど。そういった仕事が無いメンバーが全体の6割ほどで、激務なのは1割程度の超選抜のみ。その現状を、スタッフが少ないからと改善しない運営に橋本は散々不満を漏らしていたようです。

     また、メインマネージャーである人物が、TV局関連以外の電話を全く取らず、そういった不満も橋本の耳に入っていた。橋本もせっかくのチャンスを受けない運営に、激怒を通り越して呆れていたようです。人気のないメンバーは橋本を姉のように慕って頼りにしてきたのですが、その橋本が辞めることで他に運営に意見を言えるようなメンバーがほとんどいなくなる。現在は、生駒里奈くらいしか意見を言えるメンバーはおらず、不人気メンバーの不満はマグマのようにたまってきているそうです」(アイドルライター談)

     しかも、ほとんどの人気メンバーが、ある爆弾を抱えているという。

    「橋本とともに御三家と呼ばれた人気メンバーの白石、松村沙友理は共に24歳となり、アイドルの定年と言われる25歳に近づいている。白石に関しては、モデル業などで女性人気もあるためグループを卒業したがっているそうで、不倫スキャンダルで人気の落ちている松村も、橋本の完全引退を聞いて心が揺らいでいるという。

     現状は運営側が給料アップや休みを与えることでつなぎとめているようですが、来年までには2人共卒業か引退は確実と言われる。白石、松村共に雑誌撮影などで他の事務所のモデルやタレントと意見交換する機会も増えているため、自分たちの仕事量に対しての給料の安さに驚かれているとか。外部での仕事に加え、CD発売、コンサート、握手会も任されると本当に休日は無いですからね。白石がセミヌード写真集を出したのも、モデル仲間に後押しされてのことだったようですから、完全に気持ちは乃木坂46からは離れている。さらにさらに、二人揃って直近の握手会を欠席するなどいままでにない動きもあるため、Xデーは近いようです」(スポーツ新聞記者談)

     全く知名度のない西野七瀬を主軸にしても地下アイドルのような活動しかできなくなるだけに、白石、松村が卒業をしたらあっけなく乃木坂46は崩壊することだろう。
    RANKING


    no title
    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170309-02309109-tocana



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489034984/

    【【芸能】乃木坂46が崩壊の危機!橋本奈々未の卒業コンサートから異変!白石麻衣、松村沙友理も引退に心揺らぐ!Xデーは近い?】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    photo06


    1: 名無しさん 2017/02/27(月) 16:38:43.13 _USER9

    俳優の山田孝之さんが2月26日、推しアイドルである「つりビット」のライブに行ったことをInstagramで報告しています。守りたい、この笑顔……!


     山田さんは2016年9月、「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系列)にゲストととして出演した際、「山田孝之が本気で選ぶコンセプトがしっかりしたアイドル」として今回ライブに行った「つりビット」を紹介。番組ではコールを叫んだり振り付けを完璧にこなすなどして、スタジオを爆笑の渦に包み込みました。

     そんな推しアイドルである「つりビット」のライブに参加した山田さん。「エサをもらいに行きました」のコメントが添えられた写真には、地面にひざまずきながらアイドルの垂らす釣り餌に満面の笑みで食いつこうとする山田さんの姿と、冷たい視線を送るお笑いコンビ「初恋タロー」の初恋タローさんが激写されており、2人の温度差がより一層の笑いを誘います。初恋タローさんも目の前のエビに食いついていいのよ?

     先日は橋本奈々未さんのラストコンサートに参加するなどアイドルの“推し事”で注目を集める山田さん。今回の写真には「やっと行けたんですね」「有言実行だ〜〜!つりビットのメンバー嬉しそう〜〜!」と昨年の番組を思い出したファンからのコメントや「顔やばいww」「見事に釣られてますね」「顔!顔!!かわいいかよ!」といった絶賛するコメントが多数寄せられており、中には「わたしも餌付けしたい」という人までいました。
    RANKING


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000073-it_nlab-ent



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488181123/

    【【話題】山田孝之、アイドルに釣り上げられる!戯れ中の満面の笑顔にファン「顔やばい」「かわいいかよ!」「私も餌付けしたい」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    tumblr_n8ul3vHZEG1qki7kio9_1280


    1: 名無しさん 2016/10/03(月) 09:25:38.73 _USER9

    「おしゃれイズム」(日本テレビ系)10月2日放送に、乃木坂46生駒里奈、白石麻衣、西野七瀬が出演をした。この番組に女性アイドルグループが出演するのは2012年6月のももいろクローバーZ以来、4年ぶり2組目となるという。ここ最近の乃木坂46の女性人気の高さを証明した。

    この日、白石麻衣が得意のモノマネを披露、生駒里奈はAKB48との兼任時代に感じた、乃木坂46とAKB48の違いをダンスを実際に披露することで解説した。

    そして、「公式ライバル」であるAKB48から渡辺麻友がコメントVTRに出演。渡辺は乃木坂46の魅力を「PVとか好きでよく観るんですけどみんながあまりにも可愛すぎて、生きていくのが辛くなった時があって、何でみんなこんなに可愛いんだろうって思って」と話し、スタジオの笑いを誘った。

    また、AKB48メンバーも乃木坂46の楽曲が好きなメンバーが多く、楽屋で聞いたり歌ったりしていることが多いといい「公式ライバルだけどそんなにバチバチしている感じとかは全然ないですね」とコメント。兼任時代に生駒里奈と仲良くしていた渡辺は、食事に生駒がリクエストしたイタリアンに連れていき「いっぱい食べてね、元気になってねと本当に我が子を見守るような気持ちになって」と話した。

    最後には、先輩だからって気を使っちゃう感じもあるかもしれないけど、むしろわたしなんかに気を使わなくていいからどんどん、もっとフレンドリーに。私たちもまだまだ頑張るぞ、乃木坂ちゃんに負けないように切磋琢磨していい刺激を受けあってお互いグループどんどん成長していきたいなと思います」とさすがのコメント。

    生駒は「麻友さんのアイドル力が一番あると思っているのでリスペクトしている」と憧れの存在であることを話した。白石麻衣は憧れのAKB48メンバーを聞かれ、「指原さんとかは同い年なんですけど、色んな番組に出て活躍されているのを観るとスゴいなと思うので、やっぱり指原さんはちょっと違うなと感じますね」と意外なメンバーの名前を出した。

    そんな白石は、メンバーの松村沙友理から直して欲しいところとして「何の前触れもなくお尻の線にそってなぞってくるので凄く恥ずかしいです」という意見が。実際に生駒にその触り方を実践するが、生々しすぎる触り方にMCのくりーむしちゅー上田晋也から「ガチじゃんか触り方」とツッコミが入った。
    RANKING


    「おしゃれイズム」 乃木坂46白石麻衣、西野七瀬、生駒里奈
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    http://news.infoseek.co.jp/article/newsdwango_106725/



    引用元: 【乃木坂46】渡辺麻友、乃木坂46を大絶賛「あまりにも可愛すぎて、生きていくのが辛い」

    【【AKB48】渡辺麻友、乃木坂46を大絶賛!「あまりにも可愛すぎて、生きていくのが辛い」→「×乃木坂が可愛すぎる◯AKBが不細工すぎる」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    img_2


    1: 名無しさん 2016/09/01(木) 14:44:02.97 _USER9

    人気アイドルグループ「乃木坂46」が8月30日、東京・明治神宮野球場で「真夏の全国ツアー2016」ファイナル公演を行った。


     全国6都市、全16公演で18万人を動員した今年の全国ツアー。同月28、29、30日の3日間の東京公演のチケットは即完売で、10万5000人を動員。アンコールで、11月9日に16枚目シングル(タイトル未定)を発売することを発表した。

    「シングル連続1位獲得作品数」は2枚目の「おいでシャンプー」から14作。ライブ動員数も増え続け、グループの勢いは増すばかりだ。

     乃木坂の人気について音楽関係者は「アイドルファンは男性が多数だったが、乃木坂が大ブレークしてから女性ファンが急増中。乃木坂の握手会では女性ファンが3割近くになる時もある。これまでのアイドルグループに見られない現象が起きている」と指摘する。

     握手会で人気を二分する白石麻衣(24)、西野七瀬(22)を筆頭に橋本奈々未(23)、衛藤美彩(23)、齋藤飛鳥(18)、松村沙友理(24)ら多くのメンバーに女性ファンが並んでいるという。

    「白石は『LARME』『Ray』の女性ファッション誌の専属モデル、西野も『non―no』の専属モデルを務める。橋本と松村も『CanCam』の専属モデルなど、他のメンバーも女性を対象にしたメディアに露出する機会が多い。他のメンバーもルックスのレベルが高く、若い女性の憧れの存在。興味を持った女性がライブにも足を運んでいる」(前同)

     乃木坂の“妹分グループ”欅坂46、AKB48グループ、ももいろクローバーZなども女性ファンが多いことで知られるが「乃木坂は握手会などで若い女性がメークやファッションなど美の秘訣を聞く姿が多く見られる」(前同)という。

     世界でも類を見ないほど盛り上がる日本のアイドル業界だが、女性ファンも取り込んでさらに発展しそうだ。
    RANKING


    no title

    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160901-00000015-tospoweb-ent



    引用元: 【芸能】乃木坂46、女性ファン急増…「これまでのアイドルグループに見られない現象」「ルックスのレベルが高い」と音楽関係者

    【【芸能】乃木坂46、女性ファン急増!「ルックスのレベルが高い」「これまでのアイドルグループに見られない現象」と音楽関係者】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    AS20140213001762_comm


    1: 名無しさん 2016/06/19(日) 02:10:54.90 _USER9

    6月18日、人気アイドルグループ・AKB48としては45枚目となるシングル曲(8月発売予定)の選抜メンバーなどを選出する「AKB48 45thシングル 選抜総選挙」の開票結果発表がHARD OFF ECOスタジアム新潟で行われた。昨年は前年の1位から3位へ順位を落とした渡辺麻友の1位奪還はならず、昨年渡辺に代わって1位に輝いた指原莉乃が連覇を果たすなどして、会場は大きな盛り上がりをみせた。


     今回もトップを逃した格好となった渡辺だが、2位でその名前を呼ばれた際には、所属事務所であるプロダクション尾木関係者も落胆していたという。


    「これまで渡辺は卒業の意向をAKB運営サイドに対し再三にわたり訴えていました。要領の良さでトップに上りつめた指原は、渡辺の目にはAKBの“がん”に映っているのです。

    しかし、正統派アイドルの代表格であり握手会でも実力を発揮できる渡辺は、AKBにとって必要な存在とあって、関係者は必死に引き止めてきました。

    しかし、今回の1位の指原との7万という得票数差は、もはや渡辺の心を折るのに十二分な結果といえます。彼女の卒業を引き止めることはもう不可能でしょう」(尾木プロ関係者)
     

     ヒール役で自身を「ブス」だと公言する指原の増長を許してきたのは、ほかならぬ秋元康・AKB総合プロデューサー。そして、いまや本家を超える人気を誇る乃木坂46にとって、「ブスで下品なAKB」像は最適な競合相手なのだという。


    「ルックスや品性で勝負する乃木坂の引き立て役に、須田亜香里や指原は最適の存在といえます。両グループの魅力、そして人気や売上を最大限に引き出すために、秋元さんはAKBにあえて“汚れ役”の道を歩ませているのです。

    しかし、当初から正統派アイドルを志す渡辺にとって、これは屈辱以外の何物でもない。昨年の総選挙後に渡辺は『私の好きだったAKBはもうなくなってしまった』と親しい関係者に涙ながらに話していましたが[記事]、今回の結果は渡辺に対して“AKBとの決別”を突きつけたといっても過言ではありません」(同)
     

     渡辺の動向から目が離せない。
    RANKING


    no title
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160619-00010001-bjournal-ent



    【HKT48】AKB48選抜総選挙、指原莉乃が史上初の2連覇!前田敦子&大島優子超え!2位渡辺麻友、3位松井珠理奈、4位山本彩!
    http://m9now.blog.jp/archives/51979128.html

    【HKT48】AKB48選抜総選挙、1位指原莉乃の得票数「243011」を逆から読むと「1位をさっしーに」偶然のメッセージが話題!
    http://m9now.blog.jp/archives/51979131.html


    引用元: 【芸能】渡辺麻友、関係者にAKB引退の意向訴え…指原に大差で敗北という屈辱

    【【AKB48】渡辺麻友、関係者にAKB48引退の意向訴え!AKB48選抜総選挙、指原莉乃に大差で敗北という屈辱!→「AKB抜けたら需要ない」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ