【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ


















    Powered By 我RSS


























    タグ:生瀬勝久

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    wrhwrh


    1: 名無しさん 2017/04/02(日) 09:02:19.10 _USER9

    各局とも春ドラマの番組宣伝に必死だが、“異様”な陣容なのがフジテレビの看板枠“月9”だろう。1月クールは西内まりや、山村隆太の「突然ですが、明日結婚します」が月9史上最低の視聴率5%(第6回)を記録する大コケになり、4月クールで捲土重来を期す。その作品が「嵐」の相葉雅紀(34)主演の「貴族探偵」で、共演が実に豪華なのだ。


     相葉が従える共演者は女優は武井咲(23)、中山美穂(47)、仲間由紀恵(37)、井川遥(40)、男優は生瀬勝久(56)、滝藤賢一(40)、松重豊(54)らである。とくに女優はいずれも主役を張れる存在。俳優としては実績が乏しい相葉にとってはちょっとビビってしまうほどの陣容だ。

     そこで気になるのはギャラ。推定だが、主演の相葉は300万円〜、女優では武井が100万円〜、格上の中山が200万円〜、仲間が180万円〜、井川が110万円〜、男優は生瀬と松重は110万円〜、滝藤は90万円〜。なんと1回の主要どころの総額だけで1000万円を超える。これはギャラが500万円〜の木村拓哉のドラマ以外ではあまり考えられず、視聴率低迷でピンチに陥っているフジにとっては、まさに大盤振る舞いといっていいものだ。

    「全体の出演者のギャラは2000万円超、制作費1億円といわれ相葉がジャニーズの中でトップグループの嵐のメンバーだからの待遇です。フジの亀山千広社長が6月退任を否定しましたが、もしコケたらさらに批判の矛先が向かうのではないか」(テレビ関係者)

     春の一番の話題作であることは間違いない。
    RANKING


    no title
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/202716



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491091339/

    【【月9ドラマ】相葉雅紀主演「貴族探偵」のギャラ総額は?武井咲、仲間由紀恵、中山美穂ら主役級女優がズラリ出演!→「学習能力皆無」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    w342c-e


    1: 名無しさん 2017/03/27(月) 09:59:20.38 _USER9

    芳根京子主演の朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』(NHK)が、終盤になって視聴率が落ちてきている。


    第23週(3月6〜11日)の平均視聴率は19.7%、直近の第24週(3月13〜18日)が19.7%。これまで視聴率が最も低かった放送開始直後の第2週(10月10〜15日)の19.8%を下回っている状況だ。

    「21%台に乗ったのが3回、あとは全部20%台。このままでは大ヒットの目安とされる22%、ヒットといわれる21%になることは難しく、合格点とされる20%台を守るのに必死でしょう。単日ですが、3月18日には17.9%にまで落ちています。これは単日のワーストです」(テレビ雑誌編集者)

    最終回は第26週の4月1日。後半になって視聴率が落ちているというのは、視聴者が「見ていたがつまらない」と見切ったことも考えられる。

    「最後はハッピーエンドで終わるのがNHKの朝の連続テレビ小説ですが、物語の中盤の間延びは避けられません。ゴール目前で岩佐栄輔役の松下優也が小野明美役の谷村美月に結婚を申し込むのですが、すぐに了承をしませんでした。最終回は幸せの象徴・四葉のクローバーまで出るというネタバレも出ているのに、意味もない引き伸ばしには見ていて飽きてしまいます」(ドラマライター)


    視聴率低下の原因は芳根か?

    3月に発売した一部週刊誌が、べっぴんさんの人気が出ない理由を分析していた。その主因は、主人公の坂東すみれ役の芳根だとしている。

    「芳根は上品といえば聞こえもいいが、華がない。最近のテレビ小説の主演女優は、例えば『花子とアン』(2014年上半期=視聴率22・6%)の吉高由里子、前回『とと姉ちゃん』(2016年上半期=22・8%)が高畑充希と、どちらも存在が印象的です。それに比べると芳根は印象が薄いのです」(同・ライター)

    どうして芳根は人気が出ないのだろうか。

    「男性誌が芳根のことを取り上げていません。男性誌は下品な記事を書きますが、それも宣伝になるのです。男性誌に取り上げられず、インターネット上でも話題にならない。話題にならないので、出演作品もつまらないという判断になってしまうのでしょう」(同・ライター)

    これまでテレビ小説からは多くの人気女優が生まれてきた。次作『ひよっこ』に主演する有村架純などが好例だ。

    「有村は『あまちゃん』の脇役で認知度が上がり、一気に人気女優になりました。アイドルのようなかわいらしさが出演中から話題で、男性誌にも多く取り上げられていました。この差でしょう」(週刊誌記者)

    芳根の前途は多難の様相だが、男性誌が食いつきそうな話題を所属芸能事務所が仕込めば一発逆転は可能かもしれない。
    RANKING


    no title
    http://myjitsu.jp/archives/19142



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490576360/

    【【朝ドラ】芳根京子主演「べっぴんさん」が終盤に視聴率急落した原因!→「記事は正しく書きましょう」「最初から描き方が雑」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    wrhwrh


    1: 名無しさん 2017/02/19(日) 20:46:39.95 _USER9

    次の月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)で、嵐の相葉雅紀(34)が主演を務めることが明らかになった。相葉の他にも豪華キャストが顔をそろえており、低迷を続ける月9ドラマが4月からは話題を独占するかもしれない。


     フジテレビの月9ドラマ枠は1987年4月にスタートし、今回の『貴族探偵』で30周年を迎える。『貴族探偵』は、累計部数13万3000部の麻耶雄嵩氏による本格ミステリー小説シリーズが原作。相葉が演じるのは自身を「貴族」と名乗る、“一切推理せずに事件の謎を解き明かす”青年の役だ。そんな「貴族」から推理を命じられる使用人役を、中山美穂(46)や遠藤賢一(40)、松重豊(54)らが担当。さらに、新米探偵の愛香役に武井咲(23)、愛香の師匠の切子役に井川遥(40)、刑事役に生瀬勝久(56)、そして“謎の役”として仲間由紀恵(37)がキャスティングされるという豪華さだ。

     現在放送中の月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』は初回8.5%という低視聴率でスタートし、今も低迷状態が続いている。さらに、昨年の月9枠で放送された『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『ラヴソング』、『好きな人がいること』、『カインとアベル』は、いずれも平均視聴率一桁台と、視聴者の“月9離れ”は歴然だ。

    「月9が苦戦する中で、今回の相葉の起用は、フジテレビの名誉挽回への意気込みの表われでしょう。このドラマには、2015年に相葉が主演を務めた月9ドラマ『ようこそ、わが家へ』のスタッフが再集結するんです。脚本は『僕のヤバイ妻』など、サスペンスものに定評のある黒岩勉氏が担当しますし、見ごたえのあるドラマに仕上がるんじゃないかと期待されています」(芸能ライター)

     最近ヒットした月9ドラマの傾向として、恋愛ものより『ガリレオ』や『鍵のかかった部屋』といったミステリーものが目立つ。人気ミステリーを原作に選んだあたりにも、フジテレビが今回の作品に力を入れていることが分かる。

     今回の発表はさまざまなメディアで伝えられており、ネットニュースのコメント欄などには、「最近の月9は全然興味なかったけど、これは見るしかないな!」「キャスト豪華すぎ! 久々のミステリー系だし楽しみだわ〜」「こういうのが見たかったんだよ〜!」といったコメントが上がっている。30周年という記念すべき年に、フジテレビの看板“月9ドラマ”がかつての栄光を取り戻すことはできるのだろうか。
    RANKING


    no title
    http://taishu.jp/detail/26667/



    引用元: 【テレビ】相葉雅紀&豪華キャスト起用『貴族探偵』で、「月9ドラマ」人気復活

    【【テレビ】新月9ドラマは相葉雅紀主演「貴族探偵」!豪華キャスト起用で人気復活?「久々のミステリー系だし楽しみだわ」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    245577


    1: 名無しさん 2016/10/28(金) 09:33:42.42 _USER9

    女優の米倉涼子(41)が主演を務めるテレビ朝日の人気ドラマ第4シリーズ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(木曜後9・00)第3話が27日に放送され、平均視聴率は24・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したことが28日、分かった。

     初回は20・4%で、今年の民放連続ドラマ初の20%超えを達成して1位を記録し、第2話は19・7%と抜群の安定感。今回は、前枠の「日本シリーズ 日本ハム×広島 第5戦」の生中継が延び50分遅れの放送開始となったが、3・9ポイント上昇して今シリーズの最高視聴率を叩き出した。日本シリーズ第5戦の関東地区の平均視聴率は17・4%だった。

     孤高の天才外科医・大門未知子(米倉)が金と欲にまみれた病院組織にメスを入れる人気医療サスペンス。2年ぶりのシリーズ第4弾は天敵・蛭間重勝(西田敏行)率いる国内最高峰「東帝大学病院」が舞台。医療の本質を見失い、病院の格付けに躍起になる“白い巨塔”に立ち向かう。

     第3話は、財布を拾ってくれた大門未知子(米倉)を訪ね、須山三佐江(松下由樹)という女性が「東帝大学病院」にやって来る。三佐江は財布のお礼に、最高ランクの人間ドックを予約するという。しかし、「東帝大」で最高ランクの人間ドッグは超VIP待遇の3日間コースで、とてつもなく高額。副院長の久保東子(泉ピン子)は、素性のよく分からない三佐江の予約を勝手に入れた未知子に激怒し、三佐江が支払いを怠る可能性も考え、後見人となって責任を取るよう命じる…という展開だった。
    RANKING


    ドクターXトップ
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161028-00000094-spnannex-ent


    【ドラマ視聴率】米倉涼子主演「ドクターX」第4弾、初回視聴率20.4%!今年の民放連ドラ1位!→「当たり役」「メロンです。視聴率です」
    http://m9now.blog.jp/archives/51985731.html




    引用元: 【ドラマ視聴率】米倉涼子主演「ドクターX」24・3% 日本シリーズで50分遅れも今シリーズ最高視聴率

    【【ドラマ視聴率】米倉涼子主演「ドクターX」第3話は24.3%!日本シリーズで50分遅れも今シリーズ最高視聴率!→「テレ朝の作戦勝ち」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    23054_main


    1: 名無しさん 2016/10/14(金) 09:12:36.41 _USER9

    女優の米倉涼子(41)が主演を務めるテレビ朝日の人気ドラマ第4シリーズ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(木曜後9・00)が13日、15分拡大でスタートし、初回の平均視聴率は20・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが14日、分かった。


     4月クールのTBS日曜劇場「99・9―刑事専門弁護士―」(日曜後9・00)の19・1%(第2話、最終回)を上回り、今年の民放連ドラ1位。20%の大台超えは初。人気シリーズとはいえ、平均視聴率2桁を獲得するも容易とは言えない現在のテレビ界において“異次元”の、貫禄の好発進となった。

     瞬間最高視聴率は午後10時7分の25・0%。番組のラスト、未知子が未知子が蛭間院長の回診の前で「いたしません」コールをし、回診の列の間を縫い、闊歩するシーンだった。

     第1弾(2012年10月クール)は全8話平均19・1%、最終回24・4%。第2弾(13年10月クール)は全9話平均23・0%、最終回26・9%。第3弾(14年10月クール)は全11話平均22・9%、最終回27・4%と大ヒットを記録。7月3日に放送されたシリーズ初のスペシャルも22・0%だった。

     孤高の天才外科医・大門未知子(米倉)が金と欲にまみれた病院組織にメスを入れる人気医療サスペンス。2年ぶりのシリーズ第4弾は天敵・蛭間重勝(西田敏行)率いる国内最高峰「東帝大学病院」が舞台。医療の本質を見失い、病院の格付けに躍起になる“白い巨塔”に立ち向かう。

     初回は、米ニューヨークの中華料理店を訪れた未知子(米倉)の前で突然、客の妊婦が倒れる。未知子は客の1人・東子(泉ピン子)が清掃作業員として働いているという近所の病院へ妊婦を運び、迅速かつ的確な処置で命を救う。その直後、未知子に日本最高峰の「東帝大学病院」から声が掛かる…という展開だった。
    RANKING


    ドクターXトップ
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161014-00000083-spnannex-ent



    引用元: 【視聴率】「ドクターX」第4弾 初回20・4%の好発進!今年の民放連ドラ1位

    【【ドラマ視聴率】米倉涼子主演「ドクターX」第4弾、初回視聴率20.4%!今年の民放連ドラ1位!→「当たり役」「メロンです。視聴率です」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ