【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ


















    Powered By 我RSS


























    タグ:石原さとみ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    51339020-800x1024


    1: 名無しさん 2017/03/14(火) 14:41:07.26 _USER9

    3月14日は男性から女性に秘めていた想いや感謝の気持ちを贈るホワイトデー。“義理”でもらっていたバレンタインチョコの返礼として、密かに恋心を募らせていた相手に愛を語ることもできる、とっておきの日でもある。春も近づき、気分も高揚してくる季節にちなみ、ORICON NEWSでは毎年恒例の『恋人にしたい女性有名人ランキング2017』を発表。第10回目となる今年は、女優の【新垣結衣】が、昨年までのV3を達成していた綾瀬はるかを抑え、4年ぶりに1位を獲得した。

    ■『逃げ恥』効果で首位奪還!! 改めてガッキーの魅力を再認識した視聴者も

     1位にランクインしたのは【新垣結衣】。新垣と言えば、“清楚”という文字を体現したかのような清廉潔白なイメージで長年に渡り世の男性を虜にしてきた存在。だが、ここ最近の更なる人気上昇ぶりは、昨年10月期放送のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で“契約結婚”を行う森山みくり役に間違いなく起因している。

    同作は「ムズムズするけど胸キュンする」という“ムズキュン”の恋愛模様だけでなく、主題歌である星野源「恋」を出演者が踊る“恋ダンス”も話題に。新垣といえば、ほぼ10年前に「ポッキー」(江崎グリコ)のCMでダンスをする姿で世間的知名度を勝ち取ったことで知られている。そんな新垣とダンスの親和性は業界内でも注目され、つい先日、新垣がユニクロ新CMで「ゆるりと着て、凛とする」がテーマの“ゆるりんダンス”を披露すると発表されたばかり。大人しいイメージの新垣が踊るインパクトは大きく、昨年の『紅白歌合戦』(NHK総合)に新垣は審査員として出演。星野が「恋」を歌う際には、“マジ照れ”しながら審査員席で手の振りだけを披露したことも話題を呼んだ。

     新垣のそんな奥ゆかしい姿に、「嫌みがなくてナチュラルなところが好き。出しゃばらなくて控えめで真面目な性格も良い」(奈良県/30代)と、世の男性たちは好評価。さらに「とりあえず、そこに存在してくれるだけでいい」(神奈川県/50代)、「全てが理想的」(愛媛県/20代)など、もはや、すべての男性を癒す崇拝の対象とさえ見られているような意見も散見され、その絶大な人気ぶりが理解できる。

    ■大人の魅力増した綾瀬はるかも磐石の強さを証明

     昨年まで3年連続首位を記録していた【綾瀬はるか】が2位にランクイン。彼女にしか出せない、無垢でピュアな魅力を見せてきた彼女だが、30代に突入し、大人の色香を漂わせた、より表現力が求められる演技にも挑戦。『放送90年 大河ファンタジー 「精霊の守り人」』(NHK総合)では、女用心棒・バルサ役で、凄腕の槍使い役としてアクションシーンにも果敢に挑むなど新たなチャレンジを続けている。その一方、映画『海賊とよばれた男』では、社長の妻として住み込みで働く社員を我が子のように面倒を見る国岡ユキ役を好演。この役のように気骨さを持ちながらも、優しく周囲を見守る“強い女性”を演じる姿も堂々たるものとなってきた。

     彼女の主な支持理由は、「凛とした感じがいい」(石川県/40代)、「裏表がなく性格もよさそう。よく笑うので一緒にいて楽しそうだから」(埼玉県/20代)と、内面から出る彼女の芯がありながらも柔和なイメージが世の男性を魅了している。だが、バラエティ番組などで垣間見せるキュートな“天然発言”でも知られる綾瀬だけに「天然なところがまたかわいい」(兵庫県/30代)、「かわいいのはもちろんだけれど、いっしょにいるだけで楽しくて、癒されそう」(愛知県/40代)と、裏表のないナチュラルな美しさが大きな魅力となっているようだ。

    ■何色にも染まれる、多彩な演技力を持つ若手女優・有村架純が存在感

     3位には女優【有村架純】がランクイン。2016年だけで主演映画『夏美のホタル』など4本の映画に出演。さらに、今年は、“悪女”役に挑む映画『3月のライオン』など3本がスタンバイ中。その上、4月3日スタートの連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK総合)のヒロインに選ばれるなど、まさに“旬の女優”として八面六臂の活躍を見せている。CMでは「KDDI au三太郎シリーズ」でかぐや姫(かぐちゃん)を演じるなど、愛嬌があって、どんな役にも染まれる多彩な演技力は折り紙付きだ。

     昨年は『紅白歌合戦』の司会を務めて知名度を向上させたこともあり、40代、50代の男性たちも支持し、「おじさん殺しの笑顔が良いですね」(鳥取県/50代)との声も。もちろん同世代も多く「可愛いし若いのにしっかりしてるし明るいから」(大阪府/30代)など有村はまだ24歳ながら今後の演劇界を背負っていく人材だと男性からも注目を集めている。また、「ハムスターに似ていて可愛いから」(京都府/20代)と動物になぞらえてエールを送る意見もあった。


    ■新たな魅力を開花させた深キョン、アイドルから唯一TOP10の乃木坂46・白石麻衣にも注目

     5位に入賞した女優【深田恭子】は、ここに来ての人気が急浮上。34歳を迎えて、ドラマ『下剋上受験』(TBS系)では、中学受験を目指す小学6年生の母親役を演じたことも話題に。さらに昨年は、2種類の写真集『AKUA』、『This is Me』を発売。ハワイでサーフィンに挑む小麦肌を披露し、変わらぬ美しさを証明。さらに、Instagramを積極的に更新するなど、かつての“お姫様”的な存在からよりリアルな等身大の女優として新たな魅力を開花させた。その姿勢を「大人になって色気が増したから」(埼玉県/40代)など、同世代や年長者からの支持が集まった。

     また、タレントのDAIGOと結婚したことで世間を驚かせた【北川景子】は7位にランクイン。ドラマ『家売るオンナ』(日本テレビ系)では「私に売れない家はありません!」と豪語する自信家の三軒屋万智をコミカルに演じ、その役柄とも相まって「美人で有りながら、愛嬌やユーモアも持ち合わせる理想型」(兵庫県/50代)との意見も挙がるなど、結婚しても変わらないエヴァーグリーンな美しさを世に誇示している。

    さらに、女性アイドルグループからは乃木坂46【白石麻衣】が10位にランクイン。アイドルのランクインは2013年のAKB48・柏木由紀以来となるTOP10入賞となった。白石は2ndソロ写真集『パスポート』が、女性ソロ写真集として初の週間10万部突破し、歴代最高記録を達成。「隣で歩いていたら自慢できる」(愛知県/30代)など、その類まれなる美貌を評価する声が多かった。

     アンケートを読み解いていくと、やはり世の男性が女性に求めるものは表層的な美しさだけでなく、新垣が象徴するように内面的な癒しのオーラや清楚で奥ゆかしい姿勢。そこに綾瀬や有村のような愛嬌を持っていれば、まさに鬼に金棒。男性にとって女性芸能人たちは、 “永遠の憧れ”であることはいつの時代も変わらないのだ。

    【第10回 恋人にしたい女性有名人ランキングTOP10】

    1位 新垣結衣
    2位 綾瀬はるか
    3位 有村架純
    4位 石原さとみ
    5位 深田恭子
    6位 広瀬すず
    7位 北川景子
    8位 桐谷美玲
    9位 長澤まさみ
    10位 白石麻衣
    RANKING


    no title
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0314/ori_170314_1038974460.html



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489470067/

    【【話題】第10回「恋人にしたい女性有名人」ランキング!4位石原さとみ、5位深田恭子、6位広瀬すず、7位北川景子!「メイドに欲しい」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    singozilla_sashikae2


    1: 名無しさん 2017/03/13(月) 16:29:21.70 _USER9

    「ガッズィーラ!」


    石原さとみのエキセントリックな英語も話題となるなど、昨年大ヒットした映画「シン・ゴジラ」。国内では興収82億円を売り上げ、日本が誇る“世界的モンスター”に新たな生命を吹き込んだことも評価されたのか、5日に発表された日本アカデミー賞では本命といわれた「怒り」を抑え、作品賞や監督賞など主要部門を独占。合計で7部門を獲得するに至った。

    配給会社も出演者もホクホクといったところだが、実は日本での大ヒットに隠れる形でかなり残念な話もあるという。世界的に名の通っているこの“シン・ゴジラ”が、海外で予想以上の大爆死を繰り返しているというのだ。

    「今作は、日本の国防をテーマにしたとてもドメスティックな作品でした。会話も多く翻訳もしづらかったでしょうし、それだけに海外でウケるかどうか半信半疑だった人も多かった。それでもゴジラの知名度と海外でも人気の『エヴァンゲリオン』の庵野秀明監督ということもあり、海外配給も順調にいったと聞いていたのですが‥‥」(映画専門誌ライター)

    しかし、フタを開ければ台湾、香港といったアジアで不発、北米では大規模ではない都市型興行だったが、ランキングで初登場19位も翌週から36位⇒59位と急降下。最終的に興収も約2億1000万円程度と、話題にすら上らなかった。さらにゴジラになじみの薄いヨーロッパではスペインで何とか公開にこぎつけたが、なんと約91万円という残念すぎる売り上げ。つまり、ほとんど話題になっていない。だからといって国内での評価が下がるわけではないが、「国防を怪獣を使ってでしか説明できないのは幼稚」など、欧米では辛らつな意見も少なくなかっただけに、やはりテーマがウケなかったことは間違いない。

    「ハリウッド大作も同じくですが、ここ最近の大作映画は中国を筆頭にアジアでヒットさせなければ儲けが出ないとさえ言われています。ところが、『シン・ゴジラ』の惨敗は実写邦画の未来を暗くするのではと関係者が顔をしかめていますね。欧州でこそコケましたが、『君の名は。』が中国で約95億円を売り上げアニメの強さを見せつけただけによけいです。国内だけでしか稼げないなら、実写邦画で予算をかけていいものを作ろうという空気にはならないというわけです」(前出・映画専門誌ライター)

    国内で低予算のスイーツ映画ばかりが量産される理由でもあるが、こん身の巻き舌を駆使した石原さとみの“ゴジライングリッシュ”を持ってしても、実写邦画の海外進出は今後も困難を極めそうだ‥‥。
    RANKING


    shin_eva_150_e5z_016
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0312/asg_170312_0243856061.html


    【映画】日本アカデミー賞、最優秀作品賞は庵野秀明の「シン・ゴジラ」最多7冠達成!樋口真嗣監督「みんな怒ってませんか?」
    http://m9now.blog.jp/archives/51992685.html

    【映画】庵野秀明監督「シン・ゴジラ」が最高すぎて泣く人が続出!観客「鳥肌が立った」「日本映画離れしてた」「今日まで生きていて良かった」
    http://m9now.blog.jp/archives/51981449.html




    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489390161/

    【【映画】「シン・ゴジラ」欧州で大コケ!売上91万円の大爆死!「国防を怪獣を使ってでしか説明できないのは幼稚」→「公務員のボーナスかと」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    singozilla_sashikae2


    1: 名無しさん 2017/03/03(金) 22:54:37.20 _USER9

    「第40回日本アカデミー賞」の授賞式が3日、東京都内で開かれ、怪獣映画「シン・ゴジラ」(庵野秀明総監督・脚本、樋口真嗣監督・特技監督)が最優秀作品賞を受賞した。同作は、作品賞に加え、監督賞、編集賞、録音賞、照明賞、撮影賞、美術賞の7部門で最優秀賞を受賞し、7冠を達成した。

     「シン・ゴジラ」は、怪獣映画「ゴジラ」シリーズの約12年ぶりとなる日本版新作。人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野監督が総監督を務め、脚本も担当。「進撃の巨人」の樋口監督が特技監督も兼任した。

     受賞のスピーチで樋口監督は「みんな怒ってませんか?」と笑わせると、「ずっと今までやってきて、こんなことが待っているのかと思うと、毎日映画を作ったりして、寝られなかったり過酷な条件の中、作っているスタッフのみんなも『いつか、こういうときが来るよ』って声を大にして言いたいと思います。みんな頑張ろう!」と喜びを語った。

     また主演の長谷川博己さんも「皆さん引いている感じがしたんですが、大丈夫ですか?」と心配し、「特撮映画、怪獣映画で作品賞って今までなかなかなかったと思います。この映画の一つのテーマであるチームワーク、みんなで力を合わせて何かを倒すっていうのは、日本映画をこれからどうにかするっていうのにも通じるんじゃないかと思って、そういう意味でもこの作品が作品賞をとったということは、何かいいことだったんじゃないかって勝手に思っています」と話した。

     石原さとみさんは「庵野さんの脚本が本当に面白かったんです」と振り返り、「本当に面白くて、一文字一文字が魅力的で。それを私が汚してしまう……と震えていたんですけど、庵野さんに最後に『カヨコが石原さんでよかった』と言ってくださって、本当に涙が出ました。『シン・ゴジラ』で関わった2年間、胃が痛い毎日だったんですけれど、今日こういう場で終わることができて救われました。本当にうれしいです」と目を潤ませながら心境を語った。

     改めて最後に樋口監督は「何となく皆さんがムッとした感じに見えるのは気のせいかもしれないのですが、ムッとしている皆さんも、こういう映画も素晴らしいので、いいと思ったら一緒にお仕事したいなって思います」と授賞式を締めくくった。

     同賞は日本の映画芸術、技術、科学の向上発展のために設けられ、選考は日本アカデミー賞協会員の投票で行われる。

     ◇各賞は以下の通り(敬称略)

     最優秀作品賞「シン・ゴジラ」▽最優秀監督賞:庵野秀明/樋口真嗣「シン・ゴジラ」

     最優秀助演女優賞:杉咲花「湯を沸かすほどの熱い愛」▽最優秀助演男優賞:妻夫木聡「怒り」▽最優秀主演女優賞:宮沢りえ「湯を沸かすほどの熱い愛」▽最優秀主演男優賞:佐藤浩市「64-ロクヨン-前編」

     最優秀外国作品賞「ハドソン川の奇跡」▽最優秀アニメーション作品賞:「この世界の片隅に」▽最優秀脚本賞:新海誠「君の名は。」▽最優秀音楽賞:RADWIMPS「君の名は。」

     最優秀美術賞:「シン・ゴジラ」▽最優秀撮影賞:「シン・ゴジラ」▽最優秀照明賞:「シン・ゴジラ」▽最優秀録音賞:「シン・ゴジラ」▽最優秀編集賞:「シン・ゴジラ」

     話題賞・作品部門:「君の名は。」(新海誠監督)▽話題賞・俳優部門:岩田剛典(「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」)
    RANKING


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00000038-mantan-ent&p=2



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488549277/

    【【映画】日本アカデミー賞、最優秀作品賞は庵野秀明の「シン・ゴジラ」最多7冠達成!樋口真嗣監督「みんな怒ってませんか?」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    int_main1


    1: 名無しさん 2016/12/28(水) 09:07:38.36 _USER9

    米映画サイト・TC Candler が日本時間28日、毎年恒例の「世界で最も美しい顔100人」2016年版を発表し、女優の石原さとみが日本人トップとなる6位に選出された。

     今年で27回目を迎えた同リスト。石原が選ばれるのはこれで4度目で、昨年も日本人トップの19位にランクインしていた。今年はほかに日本から桐谷美玲が38位(昨年31位)、AKB48島崎遥香が92位(昨年74位)に選出された。昨年まで6年連続で入っていた佐々木希の名前はなかった。

     1位に英モデルのジョーダン・ダン、2位にフィリピンのリザ・ソベラーノ、3位に昨年まで2年連続で1位だった韓国のガールズグループ・AFTERSCHOOLのナナが選ばれた。

     同サイトはアメリカの映画評論家 TC Candler さんが運営するサイト。1990年よりスタートした「世界で最も美しい顔100人」は、読者から寄せられた提案を受けて、同サイトが作成するもので、あくまでも世論を反映するものではなく、主観的なものだとしている。
    RANKING


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161228-00000003-flix-movi


    【芸能】2015年度版「世界で最も美しい顔」発表!石原さとみが日本人トップ19位!31位桐谷美玲、74位AKB48の島崎遥香、84位佐々木希!
    http://m9now.blog.jp/archives/51967388.html

    【海外】2014年度版「世界で最も美しい顔100人」8位に桐谷美玲!1位は韓国人のナナ!石原さとみ、佐々木希、AKB48の島崎遥香も!
    http://m9now.blog.jp/archives/51924259.html

    【芸能】2013年度版「世界で最も美しい顔100人」発表!日本からは石原さとみ、佐々木希、桐谷美玲、島崎遥香、浜崎あゆみ、上戸彩の6人が選出!
    http://m9now.blog.jp/archives/51882273.html

    【海外】2012年「世界で最も美しい顔100人」12位に桐谷美玲、25位に佐々木希、54位に黒木メイサがランクイン!
    http://m9now.blog.jp/archives/51834654.html




    引用元: 【芸能】<世界で最も美しい顔>石原さとみが、日本人トップとなる6位に!桐谷美玲、島崎遥香もランクイン

    【【芸能】2016年度版「世界で最も美しい顔」発表!石原さとみが日本人トップ6位!38位桐谷美玲、92位島崎遥香、佐々木希は圏外へ!】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    2075748_201607270353129001469578273c


    1: 名無しさん 2016/10/20(木) 18:44:30.12 _USER9

    10月スタートのドラマが出そろった中で、異例の大逆転を遂げたのが、新垣結衣主演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)だ。初回視聴率10.2%から12.1%と、約2ポイントも躍進した。


     しかし、“アラサー女優対決”として注目されていた石原さとみ主演ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(日本テレビ系)は、初回視聴率12.9%の好発進だったのにも関わらず、第2話は11.2%と後退してしまった。

     その原因を探るべく、視聴者たちの意見を見てみると、石原に対しては「ぶりっ子が鼻につく」「石原の演技って、なんかギャーギャーうるさい感じで苦手」など、アンチの意見が目立った。

     一方、新垣に対しては「ガッキーに癒される」「ガッキーかわいい」「ガッキーって天使だ」など、男女問わず好意的なコメントが多かった。

     芸能記者は「石原と新垣の人間性が、視聴率に反映されたかもしれない」と言ってこう続ける。

    「今回の役柄設定も影響していると思いますが、石原の可愛さにはなんとなく“媚びている感”があるんですよ。バラエティ番組での振る舞い方を見ていてもそうですが、そんなところを視聴者は敏感に見透かしているのではないでしょうか。それに比べ新垣は、自然体。その可愛さに惹かれるんだと思います。また、ドラマの設定として『地味に〜』は、“ありえない設定”と校閲に従事する人たちからブーイングが殺到している。一方、『逃げる〜』は、“こんな形の結婚があってもいいかな”と共感できることもポイントが伸びた理由だと思います」

    “アラサー女優対決”は、新垣圧勝となるか、今後さらに注目されそうだ。
    RANKING


    bandicam 2016-10-14 20-47-25-310

    no title
    http://dailynewsonline.jp/article/1214417/


    【芸能】水野美紀が力説!女優はモテない!新垣結衣の名前を出し「超かわいい。でもガッキーよ?付き合ってって言う?」
    http://m9now.blog.jp/archives/51986201.html

    【ドラマ】石原さとみ主演『校閲ガール』初回視聴率12.9%も、あまりの現実離れに批判殺到!現役校閲者「放送事故レベル」
    http://m9now.blog.jp/archives/51985443.html

    【ドラマ視聴率】新垣結衣主演「逃げるは恥だが役に立つ」2話12.1%!TBS火ドラ歴代最高記録!「入浴シーンまだか」「ガッキー可愛すぎる」
    http://m9now.blog.jp/archives/51986097.html

    【芸能】新垣結衣、身長180cm説払拭!星野源と「ほぼ1日2人」な濃い関係に嫉妬の嵐!「ギャラ貰うなよ」「星野と代わりたい」
    http://m9now.blog.jp/archives/51985747.html

    【芸能】剛力彩芽のパクリ?新垣結衣主演ドラマ「逃げ恥」ダンスに視聴者が疑惑の眼差し!「ランチパックダンスはやめて」
    http://m9now.blog.jp/archives/51985744.html

    【ドラマ視聴率】新垣結衣主演「逃げるは恥だが役に立つ」初回視聴率は2桁発進10.2%!「ただただガッキーが可愛い」「親戚になりたい」
    http://m9now.blog.jp/archives/51985622.html




    引用元: 【芸能】新垣結衣が「自然体の可愛さ」で石原さとみの「媚びた可愛さ」を逆転撃破!

    【【芸能】新垣結衣が「自然体の可愛さ」で石原さとみの「媚びた可愛さ」を逆転撃破!→「ガッキーに癒やされる」「まあどっちも可愛い」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ