【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ


















    Powered By 我RSS


























    タグ:竹野内豊

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    singozilla_sashikae2


    1: 名無しさん 2017/03/13(月) 16:29:21.70 _USER9

    「ガッズィーラ!」


    石原さとみのエキセントリックな英語も話題となるなど、昨年大ヒットした映画「シン・ゴジラ」。国内では興収82億円を売り上げ、日本が誇る“世界的モンスター”に新たな生命を吹き込んだことも評価されたのか、5日に発表された日本アカデミー賞では本命といわれた「怒り」を抑え、作品賞や監督賞など主要部門を独占。合計で7部門を獲得するに至った。

    配給会社も出演者もホクホクといったところだが、実は日本での大ヒットに隠れる形でかなり残念な話もあるという。世界的に名の通っているこの“シン・ゴジラ”が、海外で予想以上の大爆死を繰り返しているというのだ。

    「今作は、日本の国防をテーマにしたとてもドメスティックな作品でした。会話も多く翻訳もしづらかったでしょうし、それだけに海外でウケるかどうか半信半疑だった人も多かった。それでもゴジラの知名度と海外でも人気の『エヴァンゲリオン』の庵野秀明監督ということもあり、海外配給も順調にいったと聞いていたのですが‥‥」(映画専門誌ライター)

    しかし、フタを開ければ台湾、香港といったアジアで不発、北米では大規模ではない都市型興行だったが、ランキングで初登場19位も翌週から36位⇒59位と急降下。最終的に興収も約2億1000万円程度と、話題にすら上らなかった。さらにゴジラになじみの薄いヨーロッパではスペインで何とか公開にこぎつけたが、なんと約91万円という残念すぎる売り上げ。つまり、ほとんど話題になっていない。だからといって国内での評価が下がるわけではないが、「国防を怪獣を使ってでしか説明できないのは幼稚」など、欧米では辛らつな意見も少なくなかっただけに、やはりテーマがウケなかったことは間違いない。

    「ハリウッド大作も同じくですが、ここ最近の大作映画は中国を筆頭にアジアでヒットさせなければ儲けが出ないとさえ言われています。ところが、『シン・ゴジラ』の惨敗は実写邦画の未来を暗くするのではと関係者が顔をしかめていますね。欧州でこそコケましたが、『君の名は。』が中国で約95億円を売り上げアニメの強さを見せつけただけによけいです。国内だけでしか稼げないなら、実写邦画で予算をかけていいものを作ろうという空気にはならないというわけです」(前出・映画専門誌ライター)

    国内で低予算のスイーツ映画ばかりが量産される理由でもあるが、こん身の巻き舌を駆使した石原さとみの“ゴジライングリッシュ”を持ってしても、実写邦画の海外進出は今後も困難を極めそうだ‥‥。
    RANKING


    shin_eva_150_e5z_016
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0312/asg_170312_0243856061.html


    【映画】日本アカデミー賞、最優秀作品賞は庵野秀明の「シン・ゴジラ」最多7冠達成!樋口真嗣監督「みんな怒ってませんか?」
    http://m9now.blog.jp/archives/51992685.html

    【映画】庵野秀明監督「シン・ゴジラ」が最高すぎて泣く人が続出!観客「鳥肌が立った」「日本映画離れしてた」「今日まで生きていて良かった」
    http://m9now.blog.jp/archives/51981449.html




    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489390161/

    【【映画】「シン・ゴジラ」欧州で大コケ!売上91万円の大爆死!「国防を怪獣を使ってでしか説明できないのは幼稚」→「公務員のボーナスかと」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    3e50638ab91c9f23246bcacf1bd008a2


    1: 名無しさん 2017/03/07(火) 09:01:39.96 _USER9

    80年代、「楽しくなければテレビじゃない」をスローガンに掲げ、ドラマやバラエティでヒットを連発したフジテレビ。それが今では「嫌いな局」の代表格となり、看板「月9ドラマ」は最低視聴率を更新と、負の連鎖が止まらない。放送されない「地割れ」寸前のお台場危機と、「涙の内幕」をレポート!


    「このままでは『月9』に出演したいという俳優がいなくなってしまう‥‥」

     寂しそうにこう嘆くのは、フジテレビ関係者だ。「月9」といえば、80年代後半には20%超えが当たり前のフジの看板枠。ところが、現在放送中の「突然ですが、明日結婚します」は瀕死の状態に追い込まれている。初回視聴率が8.5%でつまずくと、立て直せないまま2月20日放送の第5話では6.2%と、月9史上最低視聴率を更新したのだ。前出・フジ関係者が、企画段階からのバタバタ模様を明かす。

    「本当は竹野内豊(46)を主演に迎える予定でしたが、企画がつまらなくて最終段階で断られてしまった。急遽、別企画を立て、スケジュールのあいていた西内まりや(23)に主演の白羽の矢が立ったんです。共演者も慌ててキャスティングしたのですが、これほど知名度の低い役者が集まった月9は初めてでしょう」

     華やかな時代は遠ざかったが、ドラマ内容は「あの頃のまま」というのが惨敗の原因のようである。美男美女2人のリアルな「結婚観」をテーマしたという今作は、キャリアウーマンの西内が結婚して専業主婦になることに憧れる中、生涯独身を貫くイケメンアナと恋に落ち、しだいに引かれ合うラブストーリー。

    元テレビプロデューサーで上智大学教授(メディア論)の碓井広義氏はこう指摘する。

    「ストーリーを聞いただけで、情けないほど薄っぺらなバブル感が漂います。月9枠は昨年もひどくて、福山雅治さん主演の『ラブソング』はヒロインとの年齢差が離れすぎて恋愛ドラマとしてリアリティがなかった。視聴者の目も肥えていますから、まず大事なのはどれだけ練られた脚本なのかということです。今回のように陳腐な話とチープな役者では‥‥。西内さんも、月9のヒロインとしては弱い。出演者ありきで物語を乱造するフジと、視聴者の感覚は大きくかけ離れている。若い世代には、『いまだに月9“なんか”見てるの?』と嘲笑される“看板”になってしまった」

     視聴率回復の兆しは見えず、危険水域に突入したが、今のところ月9からの「撤退」は聞かれない。元日本テレビプロデューサーの村上和彦氏は語る。「恋愛モノの作品が多いので、F1層(20歳から34歳の女性)に人気があります。F1層は流行に敏感で購買につながるので、月9の放送時間枠はスポンサーが集まりやすいんです」

     日テレの「笑点」は高視聴率だが、視聴者のシニア層の購買行動が弱いため、放送時間枠のCMは高く売れないという。

    「フジは視聴率がよかった時の単価でCMを売ろうとしているので、言い値での販売に苦戦している話も聞きます。それでも他の番組より高く売れる月9を簡単に終わらせることはないでしょう」(前出・村上氏)

     “腐っても月9”にまだ価値はあるということか。
    RANKING


    no title
    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170307/Asagei_76448.html


    【ドラマ】月9史上初の視聴率5%台!西内まりや主演 「突然ですが、明日結婚します」3週連続でワーストを更新!→「来週には4%台だなw」
    http://m9now.blog.jp/archives/51992487.html




    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488844899/

    【【ドラマ】フジテレビ関係者が嘆く!「このままでは『月9』に出演したいという俳優がいなくなってしまう」→「もういないんだよ」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    SnapCrab_NoName_2015-12-13_34o-01-1


    1: 名無しさん 2016/07/29(金) 23:18:20.78 _USER9

    2016年7月29日から公開されている、庵野秀明監督の映画「シン・ゴジラ」が、予想以上に大絶賛されている。なかには感動で泣き出したファンもおり、歴史に名を残す名作であることが判明した。

    ・終電がない時間でも大盛況 

    「TOHOシネマズ新宿」では、2016年7月28日深夜から「シン・ゴジラ」を上映。巨大スクリーンTCX、IMAX、MX4Dの3スクリーンでほぼ同時に公開し、終電がない時間にもかかわらず、多くのファンがかけつけた。以下は、実際に「シン・ゴジラ」を鑑賞した観客たちがインターネット上に書き込みした声である。

    ・観客たちの声 

    「私は観た!確かにゴジラだった!」
    「絶対ネタバレ食らう前に見た方がいいです」
    「シンゴジラおわた! 拍手喝采!」
    「シンゴジラはすごい。書いても書いても文章が出てくる」
    「いいよ!! めちゃくちゃいいよ!」
    「シン・ゴジラめちゃくちゃ面白いぞ!! 2周目行ってくる!」
    「やはり歴代最高に心に訴えるゴジラですたね」
    「ありがとう庵野監督。 今日まで生きていてよかった」
    「凄まじく新しいもの凄いゴジラがやってきました。この脳が弾け飛ぶような驚愕と興奮は是非劇場で体感してほしい」
    「ゴジラすごいよ」

    ・次回作に対する期待の声

    また、ストーリーが続編に繋がりそうな結末であった事から、「続編ある作りだな」「早くシン・ゴジラ2観たい」など、次回作に対する期待の声も出ていた。辛口な意見として「俳優のセリフが棒読みすぎる」という声も出ているようだが、「むしろ棒読みなのが日本の特撮映画っぽくていい」との意見もある。以下は、ゴジラファンの男性(81歳)の声である。

    ・ゴジラファンの声 

    「そもそもゴジラは想像上の生物ですが、長い歴史があるため、すでに命ある生物として世界の人たちに無意識に認識されているんですよ。それゆえ、ときおり見せる生物っぽさに鳥肌が立つのです。ああ、これは映画だけど「命あるゴジラ」がそこに実在してるんだなって。○○○を○したシーンなんて背筋がゾゾゾッとしますよ」

    ・幕開けを体験するべき 

    公開初日から大絶賛の「シン・ゴジラ」だが、皆さんは観に行く予定はあるだろうか? 特撮映画はあまり見ないという人も、古くて新しい「シン・ゴジラの幕開け」を体験して損はないだろう。
    RANKING


    no title
    http://buzz-plus.com/article/2016/07/29/shin-godzilla/



    引用元: 【映画】<大絶賛>庵野秀明監督「シン・ゴジラ」が最高すぎて泣く人が続出 / 観客「今日まで生きていて良かった」「鳥肌が立った」

    【【映画】庵野秀明監督「シン・ゴジラ」が最高すぎて泣く人が続出!観客「鳥肌が立った」「日本映画離れしてた」「今日まで生きていて良かった」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    最新!芸能ニュース_56 に参加中!
    竹野内豊、9年ぶりの“月9”主演作  ドラマ『流れ星』初回視聴率は13.6%



    俳優・竹野内豊が主演で、

    女優・上戸彩がヒロイン役を務めるフジテレビ系

    新“月9”ドラマ『流れ星』の初回が18日に放送され、

    平均視聴率が13.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)

    だったことが19日、わかった。



    同作は竹野内にとって、2001年放送の

    『できちゃった結婚』(同局系)以来、

    9年ぶりの“月9主演作”となる。RANKING


    ビーチボーイズDVD BOX



    【秋ドラマ期待度ランキング】坂口憲二『医龍3』が1位!2ch「月9ブランド崩壊w」「相棒の一人勝ち」
    http://blog.livedoor.jp/no1_only1/archives/51487894.html
    【【竹野内豊】ドラマ『流れ星』初回視聴率で、月9史上最低記録更新!上戸彩のエロシーンで挽回?】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    ayaka's History 2006-2009


    水嶋ヒロ・絢香の独立問題で明るみに? テレビ局と芸能事務所の不協和音



    俳優の水嶋ヒロ(26)が、

    所属していた大手事務所「研音」を退社した騒動が

    意外な展開を見せている。



    一時は執筆活動に専念するため

    芸能界引退と報じられたが、

    水嶋と慶應義塾大学時代に同級生だった

    中村光宏アナウンサーが23日放送の

    『めざましテレビ』(フジテレビ系)の中で、

    水嶋とのメールのやり取りを紹介。



    それによると、

    水嶋は今後も俳優業および芸能活動をやめず、

    同じく研音を退社した妻で歌手の絢香(22)と共に

    独立するという。


    【水嶋ヒロ】芸能界引退の原因は絢香との結婚?所属事務所退社で個人事務所設立へ!
    http://blog.livedoor.jp/no1_only1/archives/51483199.html


    【水嶋ヒロ】絢香とスピード離婚間近?絢香の◯◯が原因で、竹内結子との月9主演も松本潤に?
    http://blog.livedoor.jp/no1_only1/archives/51430791.html



    RANKING
    【【水嶋ヒロ】妻・絢香との独立問題で明るみに!テレビ局と芸能事務所の力関係に変化?】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ