【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ














































    タグ:菅田将暉

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Cu4oroeUsAAWW-h


    1: 名無しさん 2017/03/09(木) 09:30:01.06 _USER9

    三軒茶屋や下北沢といった若者の街を好む二階堂ふみ(22)が、この日は都内屈指の高級住宅街を歩いていた。胸元には、真っ赤なセーターを着せた柴犬が抱きかかえられている。その横には丸メガネをかけた長身のイケメンが寄り添っていた。地面に下ろすと、柴犬は大ハシャギ。二階堂がその様子を愛おしそうに見つめ、つられてイケメンも笑顔になった。時折、顔を見合わせて笑う二人。幸せな光景だ。

     散歩を終え、マンションに戻ると、事務所の送迎車が近くで待っていた。二階堂はそのまま車で仕事に向かったのだが、イケメンは、柴犬を連れてそのマンションの中へ入って行った。

     実はここ、このイケメン―一昨年まで人気ファッション誌『メンズノンノ』でモデルを務めていた米倉強太(22)の自宅マンションなのだ。

    「米倉はモデルをするかたわら、多摩美術大学で映像を学び、映像制作会社を起業した映像作家です。二階堂は坂口健太郎らメンノンのモデルと親しくしていましたから、その線でつながったのかもしれませんね」(芸能プロスタッフ)

     2月下旬のある日には、買い物を終えた二階堂がこのマンションに帰宅し、翌朝、事務所の送迎車に乗って仕事に出かける姿も本誌は確認している。事務所公認の半同棲ということだろう。

     FRIDAY最新号では、二人のツーショットも掲載している。
    RANKING


    大量の荷物を抱えて米倉のマンションから仕事へ向かう二階堂
    no title
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170309-00010000-friday-ent


    【芸能】雑誌「プレイボーイ」の二階堂ふみ効果?今年のハロウィンはバニーガールを選ぶ女子が急増中?→「いい尻だ」「昭和のお尻」
    http://m9now.blog.jp/archives/51985954.html

    【テレビ】ぐるナイ「ゴチになります」新メンバーは女優の二階堂ふみ!「なんでオファー受けたの」→「知名度を広めたくて」にメンバー爆笑!
    http://m9now.blog.jp/archives/51967890.html




    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489019401/

    【【FRIDAY】二階堂ふみ、また熱愛報道!イケメン映像作家・米倉強太と半同棲!「aikoから星野源を奪った女」「こいつ男の話題ばっか」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スクリーンショット_082716_085354_AM


    1: 名無しさん 2017/01/10(火) 10:01:19.53 _USER9

    女優の柴咲コウ(35)が主演を務めるNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(日曜後8・00)が8日に15分拡大でスタートし、初回の平均視聴率は16・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが10日、分かった。


     昨年の「真田丸」初回19・9%は下回ったものの、15年の「花燃ゆ」初回16・7%を上回る好発進となった。近年の大河ドラマ初回は14年「軍師官兵衛」が18・9%、13年「八重の桜」が21・4%、12年「平清盛」が17・3%。

     大河ドラマ56作目。男性の名で家督を継ぎ、戦国時代を生き抜いた女性城主・井伊直虎の激動の生涯を描く。脚本はNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」で向田邦子賞、橋田賞に輝いた森下佳子氏(45)。TBS「世界の中心で、愛をさけぶ」「白夜行」「JIN―仁―」「とんび」「天皇の料理番」などで知られ、初の大河脚本。演出は渡辺一貴氏ら。

     第1話は「井伊谷の少女」。天文13年(1544年)、遠江の国・井伊谷。後に井伊直虎という勇ましい名で戦国の世を生き抜く少女・おとわ(新井美羽)は、井伊家当主の父・直盛(杉本哲太)と母・千賀(財前直見)の元で幸せな日々を過ごしていた。おてんば娘・おとわの遊び相手は、幼なじみの亀之丞(藤本哉汰)鶴丸(小林颯)。ある日、おとわに亀之丞との縁談話が舞い込む。当主の座を継ぐつもりだった彼女は戸惑うが、やがて亀之丞の妻として井伊家を支えようと心に決める。その折、亀之丞の父・井伊直満(宇梶剛士)が主家・今川義元(春風亭昇太)に謀反の疑いを掛けられ、駿府に呼び出される…という展開だった。
    RANKING 


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00000071-spnannex-ent



    引用元: 【大河ドラマ】柴咲コウ主演「おんな城主 直虎」好発進 初回視聴率は16・9%

    【【大河ドラマ】柴咲コウ主演「おんな城主 直虎」好発進!初回視聴率は16.9%!→「花燃ゆコース」「今川義元しか話題になってない」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    4dVpGF4OffKdYvZ_5xoCh_115


    1: 名無しさん 2016/11/08(火) 12:37:29.78 _USER9

    映画『デスノート Light up the NEW world』が10月31日、公開初週に大ヒット映画『君の名は。』を抜いて、興行成績1位に躍り出た。好調なスタートを切ったものの、いち早く同作を鑑賞したファンからは、頭脳戦が肝の本シリーズにもかかわらず「出演者がバカばっかり」などと予想外の酷評が相次いでいる。日本を代表する人気漫画の実写化にいったい何が起きているのか?


    ■ネームバリューで勝ち取った1位?

     かつて松山ケンイチ(31)と藤原竜也(34)のコンビで人気を博した「デスノート」の実写映画シリーズ。今回の最新作では下界に落ちた6冊のデスノートをめぐって、新たな殺人事件が巻き起こっていく。10月29日に公開されるや否や、2日間で興行収入4億5千万円以上を稼ぎ出して大ヒットしていた『君の名は。』の10週連続1位を阻止。好調な滑り出しとなった。

     しかし観客の評価がどうも冴えない。SNSや映画評価サイトでは「ネームバリューで勝ち取った1位」という酷評のみならず「今年ワースト、二度と観たくない」という烙印も押され、さらには「バカだらけの頭脳戦」と本シリーズのコンセプトを一刀両断する意見も目立つ。そんな酷評祭りを見たユーザーから「バカばっかの心理戦と聞いて逆に見たくなってる」などと笑えない皮肉も飛んでいる。

    「登場キャラクターが多すぎて、135分の尺に収めるためにストーリー展開が荒くなり、肝心の頭脳戦が丁寧に描かれていない。『アクション映画として見たほうがいい』という評価も多く本末転倒です。利益優先で『デスノート』をムリヤリ復活させた弊害でしょう」(映画ライター)

    こうした酷評祭りを受け、再評価されているのが旧映画版。松山の演じたLは「ハマり役だった」という声は絶えず、"マンガを実写化するなら藤原"という定評も変わらない。

    「テレビドラマ版では、窪田正孝(28)はドラマ史に残る怪演を披露して難を逃れたが、Lを演じた山崎賢人(22)は酷評されている。たとえ新キャラだとしても、一度ファンに認められた作上で別の役者が演じれば比較されがちで、アラ探しに発展しやすい。今回はとくに、東出昌大(28)の演技のマズさも相まって猛批判を浴びています」(前出・ライター)

     "天才たちの頭脳戦"というシリーズの持ち味を破壊した新作「デスノート」は、このまま興行収入を伸ばしていくことができるのか。はたまたファン同士の酷評祭りの影響で、急ストップするのか……?
    RANKING


    no title

    no title
    http://dailynewsonline.jp/article/1223010/


    【映画】新作映画「デスノート」に怒り爆発!登場人物が全員バカで観客失笑!「特にLが激烈馬鹿w」「バカが頭脳戦をする映画」
    http://m9now.blog.jp/archives/51986687.html

    【芸能】映画「デスノート」東出昌大主演に反対したスタッフが役名にこめた嫌味!「EXILEの大根は越えられない」「喋る仕事に向いてない」
    http://m9now.blog.jp/archives/51971100.html

    【芸能】主演を窪田正孝に戻せ!再劇場版「デスノート2016」にファンが今年最大のガッカリ!「頼むから東出昌大だけはやめて!」
    http://m9now.blog.jp/archives/51958537.html




    引用元: 【映画】東出昌大の”棒演技”に騒然?新作「デスノート」は本年度ワースト映画か [無断転載禁止]c2ch.net

    【【映画】東出昌大の「棒演技」に騒然?新作「デスノート」は本年度ワースト映画か?→「聖の青春で松山ケンイチと直接対決じゃんw」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    news_xlarge_deathnote2016_201607_02


    1: 名無しさん 2016/11/01(火) 01:19:19.72 _USER9

    「デスノート Light up the NEW world」が2016年10月29日から公開され、大きな話題となっている。しかし、作品に対する評価は賛否両論。「大絶賛」と「大不評」にハッキリと分かれた評価となっており、物議をかもしている。


    実際に映画を観た人たちの声に耳を傾けると、不評意見のほうが多いと感じる。「登場人物が全員バカ」や「バカが頭脳戦をやろうとする映画」など、あまりにも低レベルな頭脳戦に不満の声があがっているのがわかる。以下は、観客やインターネット上の声の一部である。

    ・デスノート新作映画に対する声

    「登場人物が馬鹿ばっかり」
    「馬鹿なキラもどきが馬鹿なLもどきとノートを争ったってだけの駄作」
    「原作が天才同士の戦いに対し今回のは馬鹿同士の戦い」
    「デスノート、普通に馬鹿すぎワロタって感じ」
    「予想出来なくて面白かったけど新キャラはみんな馬鹿に見えて魅力なかった」
    「登場人物全員馬鹿ばっかりだ」
    「デスノート 馬鹿にでも分かりやすい頭脳ゲームを展開してくれててありがとう」
    「要するに各人物の行動が馬鹿」
    「登場人物全員頭悪いし、特にLの馬鹿っぷりが半端じゃない」
    「馬鹿VS馬鹿」

    ・バカと言われている登場人物

    主人公 …… バカ
    L …… 激烈バカ
    キラ …… バカ
    松田 …… バカ
    ミサ …… バカ
    紫苑 …… バカ
    ほか多数 …… バカ

    まだこの作品を観ていない人からは「新しいデスノートが馬鹿3人が心理戦するだけって叩かれてるけど逆に見たい」や「馬鹿ばっかなら観に行かなくてもいいかな」との声が出ている。

    ・原作同様のクオリティを求めるファン

    原作の「デスノート」は非常に緻密に練られた頭脳戦が繰り広げられる展開で、日本のみならず、世界中で読者を夢中にさせた。それゆえ、映画を観に行く人たちも同様のクオリティと展開を求めてしまうのは予想できる。

    ・面白い作品にはなり得る

    しかしながら、一部からは絶賛する声が出ているのも事実。よくよく考えてみれば、いくら登場人物が全員バカだったとしても、それが直接「つまらなさ」につながるとはいえない。バカだらけでも面白い作品にはなり得る。

    ちなみに「おれバカだから頭脳戦はわかりやすいほうが嬉しいわ」という声も出ていた。バカの頭脳戦はバカには嬉しいのだろうか。とりあえず判断するには観るしかない。
    RANKING


    no title

    no title

    maxresdefault (2)



    http://buzz-plus.com/article/2016/10/31/death-note-lightup-the-new-world/



    引用元: 【映画】新作映画「デスノート」に怒り爆発! 登場人物が全員バカ! 観客失笑「バカが頭脳戦をする映画」★2

    【【映画】新作映画「デスノート」に怒り爆発!登場人物が全員バカで観客失笑!「特にLが激烈馬鹿w」「バカが頭脳戦をする映画」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2075748_201607270353129001469578273c


    1: 名無しさん 2016/10/20(木) 18:44:30.12 _USER9

    10月スタートのドラマが出そろった中で、異例の大逆転を遂げたのが、新垣結衣主演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)だ。初回視聴率10.2%から12.1%と、約2ポイントも躍進した。


     しかし、“アラサー女優対決”として注目されていた石原さとみ主演ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(日本テレビ系)は、初回視聴率12.9%の好発進だったのにも関わらず、第2話は11.2%と後退してしまった。

     その原因を探るべく、視聴者たちの意見を見てみると、石原に対しては「ぶりっ子が鼻につく」「石原の演技って、なんかギャーギャーうるさい感じで苦手」など、アンチの意見が目立った。

     一方、新垣に対しては「ガッキーに癒される」「ガッキーかわいい」「ガッキーって天使だ」など、男女問わず好意的なコメントが多かった。

     芸能記者は「石原と新垣の人間性が、視聴率に反映されたかもしれない」と言ってこう続ける。

    「今回の役柄設定も影響していると思いますが、石原の可愛さにはなんとなく“媚びている感”があるんですよ。バラエティ番組での振る舞い方を見ていてもそうですが、そんなところを視聴者は敏感に見透かしているのではないでしょうか。それに比べ新垣は、自然体。その可愛さに惹かれるんだと思います。また、ドラマの設定として『地味に〜』は、“ありえない設定”と校閲に従事する人たちからブーイングが殺到している。一方、『逃げる〜』は、“こんな形の結婚があってもいいかな”と共感できることもポイントが伸びた理由だと思います」

    “アラサー女優対決”は、新垣圧勝となるか、今後さらに注目されそうだ。
    RANKING


    bandicam 2016-10-14 20-47-25-310

    no title
    http://dailynewsonline.jp/article/1214417/


    【芸能】水野美紀が力説!女優はモテない!新垣結衣の名前を出し「超かわいい。でもガッキーよ?付き合ってって言う?」
    http://m9now.blog.jp/archives/51986201.html

    【ドラマ】石原さとみ主演『校閲ガール』初回視聴率12.9%も、あまりの現実離れに批判殺到!現役校閲者「放送事故レベル」
    http://m9now.blog.jp/archives/51985443.html

    【ドラマ視聴率】新垣結衣主演「逃げるは恥だが役に立つ」2話12.1%!TBS火ドラ歴代最高記録!「入浴シーンまだか」「ガッキー可愛すぎる」
    http://m9now.blog.jp/archives/51986097.html

    【芸能】新垣結衣、身長180cm説払拭!星野源と「ほぼ1日2人」な濃い関係に嫉妬の嵐!「ギャラ貰うなよ」「星野と代わりたい」
    http://m9now.blog.jp/archives/51985747.html

    【芸能】剛力彩芽のパクリ?新垣結衣主演ドラマ「逃げ恥」ダンスに視聴者が疑惑の眼差し!「ランチパックダンスはやめて」
    http://m9now.blog.jp/archives/51985744.html

    【ドラマ視聴率】新垣結衣主演「逃げるは恥だが役に立つ」初回視聴率は2桁発進10.2%!「ただただガッキーが可愛い」「親戚になりたい」
    http://m9now.blog.jp/archives/51985622.html




    引用元: 【芸能】新垣結衣が「自然体の可愛さ」で石原さとみの「媚びた可愛さ」を逆転撃破!

    【【芸能】新垣結衣が「自然体の可愛さ」で石原さとみの「媚びた可愛さ」を逆転撃破!→「ガッキーに癒やされる」「まあどっちも可愛い」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ