【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ














































    タグ:西内まりや

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3e50638ab91c9f23246bcacf1bd008a2


    1: 名無しさん 2017/03/21(火) 09:48:32.72 _USER9

    フジテレビの連続ドラマ「突然ですが、明日結婚します」(月曜後9・00)の最終回(第9話)が20日に放送され、平均視聴率は6・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが21日、分かった。

     全9話の期間平均視聴率は6・7%。「月9」全話平均の従来の最低は「カインとアベル」(昨年10月クール、全9話)の8・2%。これを下回り、月9ワースト記録を塗り替えた。

     第4話=6・6%、第5話=6・2%と、昨年4月クール「ラヴソング」の6・8%(第6話=5月16日、第7話=5月23日)を下回り、月9史上最低を更新。第6話=5・0%と、月9史上初の5%台に落ち込み、3週連続して月9ワースト記録を塗り替えた。

     テレビ視聴のスタイルの変化もあり、人口の少ない若年層を狙った作品はリアルタイムの世帯視聴率に反映されにくく、数々の名作・ヒット作を生み出した看板枠ながら昨年から苦戦。一方、それを裏付けるかのように、FOD(フジテレビオンデマンド、動画配信)は若年層に圧倒的に支持された。

     原作は月刊コミック誌「プチコミック」(小学館)で連載中の宮園いづみ氏の同名漫画。専業主婦になりたい女=OLの高梨あすか(西内まりや)と、絶対に結婚したくない男=イケメン人気アナウンサーの名波竜(flumpool山村隆太)が繰り広げるラブストーリー。脚本は山室有紀子氏、倉光泰子氏。演出は並木道子氏、石井祐介氏。プロデュースは後藤博幸氏、大木綾子氏。

     最終回は、あすか(西内)はプロジェクトの報告会を成功させ、神谷(山崎育三郎)と一緒に会食。役員たちは米ニューヨーク支店とのテレビ会議に参加するよう、あすかたちに指示する。一方、名波(山村)は、訪ねて来た小野(森田甘路)にロシア・モスクワ支局への転勤を打ち明ける。三上(沢村一樹)と会った夕子(高岡早紀)も、名波があすかと別れたことを知る。あすかは夕子に誘われて一緒に食事。その席で夕子は、名波から頼まれて付き合っているかのような芝居をしたこと、彼がモスクワへ行ってしまうことを告げる…という展開だった。
    RANKING


    no title
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00000086-spnannex-ent


    【ドラマ】月9史上初の視聴率5%台!西内まりや主演 「突然ですが、明日結婚します」3週連続でワーストを更新!→「来週には4%台だなw」
    http://m9now.blog.jp/archives/51992487.html

    【テレビ】新月9ドラマは相葉雅紀主演「貴族探偵」!豪華キャスト起用で人気復活?「久々のミステリー系だし楽しみだわ」
    http://m9now.blog.jp/archives/51992058.html

    【ドラマ】フジテレビ関係者が嘆く!「このままでは『月9』に出演したいという俳優がいなくなってしまう」→「もういないんだよ」
    http://m9now.blog.jp/archives/51992851.html




    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490057312/

    【【ドラマ/視聴率】西内まりや主演「突然ですが、明日結婚します」最終回は6.0%!期間平均は月9史上最低を更新!→「歴史に名を刻んだな」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3e50638ab91c9f23246bcacf1bd008a2


    1: 名無しさん 2017/03/07(火) 09:01:39.96 _USER9

    80年代、「楽しくなければテレビじゃない」をスローガンに掲げ、ドラマやバラエティでヒットを連発したフジテレビ。それが今では「嫌いな局」の代表格となり、看板「月9ドラマ」は最低視聴率を更新と、負の連鎖が止まらない。放送されない「地割れ」寸前のお台場危機と、「涙の内幕」をレポート!


    「このままでは『月9』に出演したいという俳優がいなくなってしまう‥‥」

     寂しそうにこう嘆くのは、フジテレビ関係者だ。「月9」といえば、80年代後半には20%超えが当たり前のフジの看板枠。ところが、現在放送中の「突然ですが、明日結婚します」は瀕死の状態に追い込まれている。初回視聴率が8.5%でつまずくと、立て直せないまま2月20日放送の第5話では6.2%と、月9史上最低視聴率を更新したのだ。前出・フジ関係者が、企画段階からのバタバタ模様を明かす。

    「本当は竹野内豊(46)を主演に迎える予定でしたが、企画がつまらなくて最終段階で断られてしまった。急遽、別企画を立て、スケジュールのあいていた西内まりや(23)に主演の白羽の矢が立ったんです。共演者も慌ててキャスティングしたのですが、これほど知名度の低い役者が集まった月9は初めてでしょう」

     華やかな時代は遠ざかったが、ドラマ内容は「あの頃のまま」というのが惨敗の原因のようである。美男美女2人のリアルな「結婚観」をテーマしたという今作は、キャリアウーマンの西内が結婚して専業主婦になることに憧れる中、生涯独身を貫くイケメンアナと恋に落ち、しだいに引かれ合うラブストーリー。

    元テレビプロデューサーで上智大学教授(メディア論)の碓井広義氏はこう指摘する。

    「ストーリーを聞いただけで、情けないほど薄っぺらなバブル感が漂います。月9枠は昨年もひどくて、福山雅治さん主演の『ラブソング』はヒロインとの年齢差が離れすぎて恋愛ドラマとしてリアリティがなかった。視聴者の目も肥えていますから、まず大事なのはどれだけ練られた脚本なのかということです。今回のように陳腐な話とチープな役者では‥‥。西内さんも、月9のヒロインとしては弱い。出演者ありきで物語を乱造するフジと、視聴者の感覚は大きくかけ離れている。若い世代には、『いまだに月9“なんか”見てるの?』と嘲笑される“看板”になってしまった」

     視聴率回復の兆しは見えず、危険水域に突入したが、今のところ月9からの「撤退」は聞かれない。元日本テレビプロデューサーの村上和彦氏は語る。「恋愛モノの作品が多いので、F1層(20歳から34歳の女性)に人気があります。F1層は流行に敏感で購買につながるので、月9の放送時間枠はスポンサーが集まりやすいんです」

     日テレの「笑点」は高視聴率だが、視聴者のシニア層の購買行動が弱いため、放送時間枠のCMは高く売れないという。

    「フジは視聴率がよかった時の単価でCMを売ろうとしているので、言い値での販売に苦戦している話も聞きます。それでも他の番組より高く売れる月9を簡単に終わらせることはないでしょう」(前出・村上氏)

     “腐っても月9”にまだ価値はあるということか。
    RANKING


    no title
    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170307/Asagei_76448.html


    【ドラマ】月9史上初の視聴率5%台!西内まりや主演 「突然ですが、明日結婚します」3週連続でワーストを更新!→「来週には4%台だなw」
    http://m9now.blog.jp/archives/51992487.html




    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488844899/

    【【ドラマ】フジテレビ関係者が嘆く!「このままでは『月9』に出演したいという俳優がいなくなってしまう」→「もういないんだよ」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3e50638ab91c9f23246bcacf1bd008a2


    1: 名無しさん 2017/02/28(火) 09:50:46.32 _USER9

    フジテレビ「突然ですが、明日結婚します」(月曜後9・00)の第6話が27日に放送され、平均視聴率は5・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが28日、分かった。3週連続で月9ワースト記録を塗り替えた。


     第4話(13日)=6・6%、第5話(20日)=6・2%と、昨年4月クール「ラヴソング」の6・8%(第6話=5月16日、第7話=5月23日)を下回り、2週連続で月9史上最低を更新していたが、今回も、さらに1・2ポイント下落。初の5%台となる月9ワースト記録となった。

     初回=8・5%から第2話=6・9%と急落。第3話=7・6%と持ち直したが、以降は下降線。テレビ視聴のスタイルの変化から、若年層を狙った作品はリアルタイムの世帯視聴率に反映されにくくなっていることもあり、数々の名作・ヒット作を生み出した看板枠ながら昨年から苦戦を続けている。

     亀山千広社長(60)が今月24日の定例会見で「FOD(フジテレビオンデマンド、動画配信)では圧倒的に、ある層には支持を得ている」と一定の成果が出ているとした。

     原作は月刊コミック誌「プチコミック」(小学館)で連載中の宮園いづみ氏の同名漫画。専業主婦になりたい女=OLの高梨あすか(西内まりや)と、絶対に結婚したくない男=イケメン人気アナウンサーの名波竜(flumpool山村隆太)が繰り広げるラブストーリー。脚本は山室有紀子氏、倉光泰子氏。演出は並木道子氏、石井祐介氏。プロデュースは後藤博幸氏、大木綾子氏。
    RANKING


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-00000094-spnannex-ent



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488243046/

    【【ドラマ】月9史上初の視聴率5%台!西内まりや主演 「突然ですが、明日結婚します」3週連続でワーストを更新!→「来週には4%台だなw」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    fit_99766bd5fbfdb808ef57b24a0840d32ef4f01dc0


    1: 名無しさん 2017/02/14(火) 04:59:48.55 _USER9

    才能ありすぎ!歌でも成功している俳優・女優ランキング


     日頃見ているドラマの主題歌やCMソングなど、実は役者が歌っていた!なんてことありますよね。

     俳優・女優として高く評価されている人の中には歌でも成功している人が多く存在します。

     そこで今回は「歌でも成功していると思う俳優・女優」を調査・ランキングにしてみました。

     どんな有名人がランク・インしているのでしょうか?

     1位 福山雅治
     2位 星野源
     3位 柴咲コウ

    【1位は1,034票で「福山雅治」!】

     2015年に女優の吹石一恵さんと結婚した福山雅治さん。俳優としては『ひとつ屋根の下』のチイ兄ちゃん役で大ブレイク。その後『龍馬伝』をはじめとした数々の作品での見事な演技はみなさんご存じの通り。

     音楽でも俳優と同様に大成功を収めており、名曲『桜坂』はオリコンの集計で累計229万枚の売上を記録。2009年には武道館コンサートを成功させています。

    【2位は1,015票で「星野源」!】

     俳優業だけでなく、エッセイストやコラムニストとしても活動するマルチタレントの星野源さん。

     昨年放映された大人気ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に出演と同時に主題歌も担当。作品のヒットと相まって彼の認知度は一気にアップしました。

     『第67回NHK紅白歌合戦』では恋ダンスと共に逃げ恥主題歌の『恋』を披露し会場は大盛り上がり。さらに同曲が第89回選抜高等学校野球大会の入場曲に選ばれるなど俳優業だけでなくミュージシャンとしても評価されています。

    【3位は414票で「柴咲コウ」!】

     演技力が常に評価されている柴咲コウさんも歌でも成功を収めている女優のひとり。

     自身も出演する映画『黄泉がえり』の主題歌『月のしずく』はミリオンセラーを記録した他、2008年にリリースしたベストアルバムはオリコン初登場1位を記録。

     澄んだ歌声と自身が手がけることが多い作詞と共に広く評価されています。

     このように俳優・女優の中には歌でも成功している芸能人が少なくありません。


    1位 福山雅治 1,034票

    2位 星野源 1,015票

    3位 柴咲コウ 414票

    4位 松たか子 266票

    5位 桐谷健太 256票

    6位 新垣結衣 135票

    7位 西内まりや 131票

    8位 薬師丸ひろ子 125票

    9位 寺尾聰 115票

    9位 篠原涼子 115票

     調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
     投票数合計:4,815票
     調査期間:2016年12月29日〜2017年01月12日
    RANKING


    no title
    http://www.zakzak.co.jp/smp/zakjyo/gooranking/news/20170213/gor1702130754001-s1.htm



    引用元: 【芸能】才能ありすぎ!歌でも成功している俳優・女優ランキング

    【【芸能】才能ありすぎ!歌でも成功している俳優・女優ランキング!4位松たか子、5位桐谷健太、6位新垣結衣、7位西内まりや!】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    E_talentbank_15919_4283_1


    1: 名無しさん 2016/09/30(金) 17:43:20.49 _USER9

    斬新な発想と個性的なストーリーで日本の漫画界に多大なる功績を残した永井豪。数多くの傑作漫画の中でも代表作の一つとしてあげられる『キューティーハニー』が『CUTIE HONEY -TEARS-』(監督:A.T. ヒグチリョウ)として2016年、実写映画化された。これまでのハニーとはまったく違う世界観で描かれた本作に「すごく良かった」と満面の笑顔を浮かべて語った永井だが、彼にとって、原作を映像作品に提供するということはどんな思いなのだろうか……。


    「映画は監督のもの、原作はお嫁に出したと思ってください」

    永井の代表作は枚挙にいとまがないが、その多くがアニメ化や実写映画化などのメディアミックス展開を遂げている。『キューティーハニー』も、これまでさまざまな形の表現方法で視聴者を魅了してきたが、本作もまったく新しい世界観となっている。そのことについて永井は、

     「漫画と映画はまったく媒体が違うので、思い切って発想や切り口を変えたほうがいいものができると思っています。なまじ原作と似せて作ったりすると、色々なところが気になってしまうんですよ」と苦笑い。

     作品がアニメ化や映像化される際、原作者の立場としては、

     「自分が直接作らないのであれば、一切口出しはせず、すべてお任せするようにしています」と永井は断言する。こんな考えにたどり着くまでには色々なことがあったという。

     「以前、とある実写映画化のとき、シナリオや設定が当初の話とどんどん変わっていったんですね。その際、色々な話をさせていただいたのですが、なかなかうまく進まなくて……。そんなときにあるパーティーで大林(宣彦)監督と話す機会があり『映画というものは監督のもの。(原作は)お嫁さんに出したと思ってください』って言われて吹っ切れたんです。お嫁にいったならしょうがないってね(笑)」

    『ハレンチ学園』や『デビルマン』は「世の中の常識を疑ってみよう」という発想から生まれた

     多くのクリエイターが永井の作品に魅了され、時代にアジャストした表現で映像化を望んでいる。

     「常にその時代の中で新しいスタイルを打ち出したいと思ってやってきましたので、そういう評価はうれしいですね」と笑顔を見せる。それぞれの着眼点や発想法について尋ねると、

     「世の中の常識を疑ってみようという発想。逆立ちして世の中をみたらどう見えるんだろうという感覚」と永井は即答する。

     「『ハレンチ学園』は当時『先生は偉いもの』というのは常識でした。だったら最低の先生を登場させようとね。『キューティーハニー』はアンドロイドというものは感情などもっていないものでしたが、感情と永遠の命を持ったらどうなるか。『マジンガーZ』も『鉄腕アトム』や『鉄人28号』とは違ったロボットものを描きたいと思っていたときに、人が乗って操縦できたら面白いなっていう発想から思いついたんです。『デビルマン』や『バイオレンスジャック』なども思いついたときは興奮しました。『バイオレンス〜』は『マッドマックス』よりも先に発想したものですからね」

    『キューティーハニー』の着替えシーンは苦肉の策?

     そんな斬新な発想で作り上げた世界観の漫画が、あらたな切り口でさらなる進化を遂げる。『CUTIE HONEY -TEARS-』もスタイリッシュというコンセプトのもと、ある意味“生まれ変わった”作品となった。

     「原作の世界観やハニー像は違いますが、ハニーの持つポリシーはしっかりと備えていて、観終わったあと確かに『キューティーハニーだ』って思いました」と絶賛する。

     主演を務めた西内まりやについても、

     「良かったですね。これまでのハニーのイメージには全然寄せていなかったのですが、そのぶん、キリっとした佇まいで、演技も自然。悲しみと強さ、父親である博士への愛情深い思いをうまく体現していました」と評価した。

     また『キューティーハニー』誕生当時を振り返ってもらうと、

     「どこまでも優しく、いつまでもきれい。しかも自分を守ってくれるような母性を持つ女性……。とにかく男にとって理想の女性像を全部入れてしまおうという思いがあったんです。アニメーションで注文された際には『色っぽいシーンを毎回入れてください』といわれたんです。毎回シナリオにそういうシーンを入れるのって難しいので、色々考えた結果、変身するときに着替えシーンを入れれば大丈夫かなと思ってああなったんです」と裏話を披露してくれた。
    RANKING


    23934_original

    no title
    https://thepage.jp/detail/20160927-00000002-wordleaf?pattern=6&utm_expid=90592221-74.LdrGpjcWS4Czgnu3l9N7Eg.3&utm_referrer=https%3A%2F%2Fthepage.jp%2F



    引用元: 【映画/マンガ】漫画家・永井豪「キューティーハニーは嫁に出した」実写と原作は全く別物

    【【映画/マンガ】漫画家・永井豪「キューティーハニーは嫁に出した」実写と原作は全く別物!「これまでのハニーのイメージに全然寄せていない」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ