【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ














































    タグ:西郷隆盛

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    RSZ_20151111000506


    1: 名無しさん 2017/03/27(月) 16:13:49.06 _USER9

    鈴木亮平さんが主演の2018年NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」の新キャストが27日、NHK放送センター(東京都渋谷区)で開かれた会見で発表された。大久保一蔵(利通)役を瑛太さんが演じるほか、西郷3人目の妻となる運命の女性、岩山糸を黒木華さんが演じる。


     さらに西郷の妹、琴を大河初出演となる桜庭ななみさん、弟の吉二郎を渡部豪太さん、父の吉兵衛を風間杜夫さん、母の満佐子を松坂慶子さん、大久保の父、次右衛門を平田満さんがそれぞれ演じる。西郷家に親子代々仕える熊吉役で塚地武雅さんも出演する。

     「西郷どん」は、明治維新から150年となる18年に放送される、57作目の大河ドラマで、維新の立役者の一人として知られる西郷隆盛が主人公。薩摩の貧しい下級武士の家に生まれた西郷隆盛(小吉、吉之助)は、両親を早くに亡くし、家計を補うため役人の補佐として働くが、困った人を放っておけず、自分の給金も弁当も全部与えてしまう始末。だが、そんな愚直な姿に、カリスマ薩摩藩主・島津斉彬が目を留める。西郷は斉彬の密命を担い、江戸へ京都へ奔走。そして、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき革命家へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく……。

     原作は人気作家・林真理子さんの「西郷どん!」で、脚本は連続テレビ小説(朝ドラ)「花子とアン」や人気ドラマ「ドクターX」シリーズなどの中園ミホさんが担当。維新の“ヒーロー”として知られる西郷隆盛は、2度の島流し、3度の結婚を経て、類いまれな「勇気と実行力」で徳川幕府を転覆し、維新を成し遂げるが、最後は明治新政府と戦い、命を散らす。肖像写真は一枚も残っておらず、その謎に満ちた西郷の生涯に、林さん、中園さんという女性コンビが「女の視点」で切り込んでいく。

     放送は18年1月からで全50回。
    RANKING


    no title

    no title
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00000003-mantan-ent


    【NHK】2018年大河ドラマは「西郷どん(せごどん)」原作は「不機嫌な果実」林真理子、脚本は「花子とアン」中園ミホ!主役は未定!
    http://m9now.blog.jp/archives/51983752.html




    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490598829/

    【【大河ドラマ】鈴木亮平主演「西郷どん」新キャスト正式発表!大久保利通役に瑛太、運命の女性役は黒木華!→「吉高由里子が良かったのに」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    img_0 (1)


    1: 名無しさん 2016/09/08(木) 15:13:58.34 _USER9

    NHKが8日、第57作目となる2018年の大河ドラマが西郷隆盛を主人公にした「西郷どん」(せごどん)に決まったと、会長の定例会見で発表した。

     原作は林真理子氏、脚本は「花子とアン」、「Doctor−X 外科医・大門未知子」などの作品で知られる中園ミホ氏が務める。

     同局の籾井勝人会長は「西郷さんってこれだけ有名で幕末に活躍したことはご存じの通りですが、過去に1度、西郷さんをテーマにした大河はあるのですが、あらためまして(明治維新から)150年ということで、西郷さんを取り上げることにします」と西郷隆盛をテーマにした理由を説明した。

     主演俳優については、「(報道陣の)鋭い取材力がありますので、我々もあわてまくって発表しているのですが、主役は決まっておりません」とした。さまざまな報道があることは把握した上で、「決まり次第、ご報告させていただきたいと思っておりますので、あまりかぎまわらないでいただきたい」と冗談まじりに語った。

     林氏、中園氏のコンビについては「従来と違った視点で西郷さんを描いてくれるのではないかと期待しております」と期待した。
    RANKING


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160908-00000048-dal-ent


    【NHK】2018年の大河ドラマは維新三傑の「西郷隆盛」に内定との情報!→「また幕末か」「鹿児島県民として嬉しい」「主演は武蔵丸?」
    http://m9now.blog.jp/archives/51983149.html

    【ドラマ】堤真一、西郷隆盛役で2018年NHK大河主演!7作目の大河出演に内定!「幕末物は当たらない」ジンクス跳ね返せるか?
    http://m9now.blog.jp/archives/51983450.html

    【大河ドラマ】堺雅人主演、真田丸「犬伏の別れ」に称賛殺到!大泉洋の演技に感嘆の声!「涙が止まらない」「大泉に泣かされるとは」
    http://m9now.blog.jp/archives/51983519.html




    引用元: 【NHK】2018年大河ドラマは「西郷(せご)どん」 原作は林真理子氏、主役未定

    【【NHK】2018年大河ドラマは「西郷どん(せごどん)」原作は「不機嫌な果実」林真理子、脚本は「花子とアン」中園ミホ!主役は未定!】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    img_0 (1)


    1: 名無しさん 2016/09/03(土) 05:03:51.24 _USER9

    俳優の堤真一(52)が2018年のNHK大河ドラマの主演に内定したことが2日、分かった。明治維新の立役者の一人として知られる西郷隆盛を演じる。

     堤は03年の「武蔵 MUSASHI」以来、7作目の大河出演となる。NHKでは14年後期の連続テレビ小説「マッサン」で、サントリーの創業者をモデルにした役どころを熱演し話題を呼んだ。三枚目から重厚な役まで演じ分ける硬軟自在な演技力と存在感を武器に、幅広い分野で活躍。ドラマ、映画、舞台で欠かせない存在となっている。

     演じる西郷隆盛は大久保利通、木戸孝允とともに「維新の三傑」と呼ばれる人物。薩摩藩(現在の鹿児島県)のリーダーとして薩長同盟を成立させ、武力倒幕を実現。江戸攻めでは無血開城させたことでも知られる。

     大河では90年の「翔ぶが如く」で大久保利通とともに主人公として取り上げられたことがある。

     来年が西郷隆盛の没後140年。18年が明治維新150年にあたる。文学界では林真理子さんの「西郷どん!」、佐藤賢一さんの「遺訓」、葉室麟さんの「大獄」と西郷隆盛を題材にした小説が次々に発表されている。

     現在、堺雅人(42)主演で放送中の「真田丸」は好調な視聴率をキープ。来年は柴咲コウ(35)主演の「おんな城主 直虎」が放送される。「幕末物は当たらない」というジンクスの中、どこまで数字を伸ばせるか注目される。
    RANKING


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160902-00000146-spnannex-ent


    【NHK】2018年の大河ドラマは維新三傑の「西郷隆盛」に内定との情報!→「また幕末か」「鹿児島県民として嬉しい」「主演は武蔵丸?」
    http://m9now.blog.jp/archives/51983149.html




    引用元: 【ドラマ】堤真一、西郷隆盛役で18年NHK大河主演!7作目出演内定

    【【ドラマ】堤真一、西郷隆盛役で2018年NHK大河主演!7作目の大河出演に内定!「幕末物は当たらない」ジンクス跳ね返せるか?】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    img_0 (1)


    1: 名無しさん 2016/08/29(月) 18:48:29.50 _USER9

    三谷幸喜・脚本の大河ドラマ『真田丸』(主演・堺雅人)は、中盤の見せ場となる関ヶ原の戦いが迫るなか、視聴率18%(8月21日放送回、関東地区)を記録した。長州藩士・吉田松陰の妹・文(井上真央)が主人公となった前年の『花燃ゆ』が史上最低視聴率(平均12.0%)を記録したのとは対照的に堅調を維持している。

     そうしたなかで全国の自治体関係者が注視しているのが、「2018年の大河ドラマ」の制作発表である。

    「『真田丸』の制作発表は2014年5月でしたし、例年、放送2年前の春から夏にかけて発表されています。2017年の『おんな城主 直虎』(主演・柴咲コウ)も昨年の今頃に発表されていた。

     近年は地元の観光への影響が大きいので、自治体側の準備も考慮して早めに発表する流れがある。そろそろ決まらないとおかしいのですが……」(NHK関係者)

     そんな状況下で駆け巡ったのが「2018年の大河は『西郷隆盛』に内定した」という情報である。NHK関連の作品に携わった経験を持つ脚本家がいう。

    「2018年は明治維新150年にあたる年だから、維新三傑の一人である西郷隆盛を取り上げるということだと聞いています」

     西田敏行が主人公・西郷隆盛を演じた大河『翔ぶが如く』(1990年)や薩摩藩島津家が舞台となった『篤姫』(2008年)で時代考証を担当した鹿児島県立図書館の原口泉・館長(鹿児島大名誉教授)も、「西郷隆盛は海外からの興味も高い人物。維新150年の区切りの年に、ぜひ取りあげてもらいたい」と話す。

    「最近になって、佐藤賢一さんの『遺訓』や葉室麟さんの『大獄』、林真理子さん『西郷どん!』など、直木賞作家がこぞって西郷を題材に小説を書いているのは、現代人の興味に合致するからでしょう。時代考証の依頼? まだきていませんが、手伝えることがあるならやらせてもらいたい」(原口氏)

     そうした声がある一方で、西郷内定情報の裏には「官邸と明治維新の呪縛があるのでは」という見方がある。

    「大河誘致は地元への大規模な振興策となるので、過去にも大物政治家が自分の選挙区を舞台とする作品をねじ込もうとしてきた。西郷隆盛が主人公となれば、安倍首相の地元である山口県の長州藩士も、ともに維新を成し遂げた英雄として扱われる作品になっていく。維新150年というタイミングで、予算の国会承認が必要なNHKが官邸の顔色をうかがったか、“天の声”があったとしても不思議ではない」(前出の脚本家)

     何よりも、安倍首相が明治維新の精神的支柱といわれる長州藩士・吉田松陰を「尊敬する人物」と公言しているのは周知の事実だ。
    RANKING


    no title
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160829-00000018-pseven-ent



    引用元: 【NHK】2018年の大河ドラマ「西郷隆盛」に内定との情報

    【【NHK】2018年の大河ドラマは維新三傑の「西郷隆盛」に内定との情報!→「また幕末か」「鹿児島県民として嬉しい」「主演は武蔵丸?」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ