【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ


















    Powered By 我RSS


























    タグ:視聴率

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    3e50638ab91c9f23246bcacf1bd008a2


    1: 名無しさん 2017/03/21(火) 09:48:32.72 _USER9

    フジテレビの連続ドラマ「突然ですが、明日結婚します」(月曜後9・00)の最終回(第9話)が20日に放送され、平均視聴率は6・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが21日、分かった。

     全9話の期間平均視聴率は6・7%。「月9」全話平均の従来の最低は「カインとアベル」(昨年10月クール、全9話)の8・2%。これを下回り、月9ワースト記録を塗り替えた。

     第4話=6・6%、第5話=6・2%と、昨年4月クール「ラヴソング」の6・8%(第6話=5月16日、第7話=5月23日)を下回り、月9史上最低を更新。第6話=5・0%と、月9史上初の5%台に落ち込み、3週連続して月9ワースト記録を塗り替えた。

     テレビ視聴のスタイルの変化もあり、人口の少ない若年層を狙った作品はリアルタイムの世帯視聴率に反映されにくく、数々の名作・ヒット作を生み出した看板枠ながら昨年から苦戦。一方、それを裏付けるかのように、FOD(フジテレビオンデマンド、動画配信)は若年層に圧倒的に支持された。

     原作は月刊コミック誌「プチコミック」(小学館)で連載中の宮園いづみ氏の同名漫画。専業主婦になりたい女=OLの高梨あすか(西内まりや)と、絶対に結婚したくない男=イケメン人気アナウンサーの名波竜(flumpool山村隆太)が繰り広げるラブストーリー。脚本は山室有紀子氏、倉光泰子氏。演出は並木道子氏、石井祐介氏。プロデュースは後藤博幸氏、大木綾子氏。

     最終回は、あすか(西内)はプロジェクトの報告会を成功させ、神谷(山崎育三郎)と一緒に会食。役員たちは米ニューヨーク支店とのテレビ会議に参加するよう、あすかたちに指示する。一方、名波(山村)は、訪ねて来た小野(森田甘路)にロシア・モスクワ支局への転勤を打ち明ける。三上(沢村一樹)と会った夕子(高岡早紀)も、名波があすかと別れたことを知る。あすかは夕子に誘われて一緒に食事。その席で夕子は、名波から頼まれて付き合っているかのような芝居をしたこと、彼がモスクワへ行ってしまうことを告げる…という展開だった。
    RANKING


    no title
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00000086-spnannex-ent


    【ドラマ】月9史上初の視聴率5%台!西内まりや主演 「突然ですが、明日結婚します」3週連続でワーストを更新!→「来週には4%台だなw」
    http://m9now.blog.jp/archives/51992487.html

    【テレビ】新月9ドラマは相葉雅紀主演「貴族探偵」!豪華キャスト起用で人気復活?「久々のミステリー系だし楽しみだわ」
    http://m9now.blog.jp/archives/51992058.html

    【ドラマ】フジテレビ関係者が嘆く!「このままでは『月9』に出演したいという俳優がいなくなってしまう」→「もういないんだよ」
    http://m9now.blog.jp/archives/51992851.html




    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490057312/

    【【ドラマ/視聴率】西内まりや主演「突然ですが、明日結婚します」最終回は6.0%!期間平均は月9史上最低を更新!→「歴史に名を刻んだな」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    3e50638ab91c9f23246bcacf1bd008a2


    1: 名無しさん 2017/03/07(火) 09:01:39.96 _USER9

    80年代、「楽しくなければテレビじゃない」をスローガンに掲げ、ドラマやバラエティでヒットを連発したフジテレビ。それが今では「嫌いな局」の代表格となり、看板「月9ドラマ」は最低視聴率を更新と、負の連鎖が止まらない。放送されない「地割れ」寸前のお台場危機と、「涙の内幕」をレポート!


    「このままでは『月9』に出演したいという俳優がいなくなってしまう‥‥」

     寂しそうにこう嘆くのは、フジテレビ関係者だ。「月9」といえば、80年代後半には20%超えが当たり前のフジの看板枠。ところが、現在放送中の「突然ですが、明日結婚します」は瀕死の状態に追い込まれている。初回視聴率が8.5%でつまずくと、立て直せないまま2月20日放送の第5話では6.2%と、月9史上最低視聴率を更新したのだ。前出・フジ関係者が、企画段階からのバタバタ模様を明かす。

    「本当は竹野内豊(46)を主演に迎える予定でしたが、企画がつまらなくて最終段階で断られてしまった。急遽、別企画を立て、スケジュールのあいていた西内まりや(23)に主演の白羽の矢が立ったんです。共演者も慌ててキャスティングしたのですが、これほど知名度の低い役者が集まった月9は初めてでしょう」

     華やかな時代は遠ざかったが、ドラマ内容は「あの頃のまま」というのが惨敗の原因のようである。美男美女2人のリアルな「結婚観」をテーマしたという今作は、キャリアウーマンの西内が結婚して専業主婦になることに憧れる中、生涯独身を貫くイケメンアナと恋に落ち、しだいに引かれ合うラブストーリー。

    元テレビプロデューサーで上智大学教授(メディア論)の碓井広義氏はこう指摘する。

    「ストーリーを聞いただけで、情けないほど薄っぺらなバブル感が漂います。月9枠は昨年もひどくて、福山雅治さん主演の『ラブソング』はヒロインとの年齢差が離れすぎて恋愛ドラマとしてリアリティがなかった。視聴者の目も肥えていますから、まず大事なのはどれだけ練られた脚本なのかということです。今回のように陳腐な話とチープな役者では‥‥。西内さんも、月9のヒロインとしては弱い。出演者ありきで物語を乱造するフジと、視聴者の感覚は大きくかけ離れている。若い世代には、『いまだに月9“なんか”見てるの?』と嘲笑される“看板”になってしまった」

     視聴率回復の兆しは見えず、危険水域に突入したが、今のところ月9からの「撤退」は聞かれない。元日本テレビプロデューサーの村上和彦氏は語る。「恋愛モノの作品が多いので、F1層(20歳から34歳の女性)に人気があります。F1層は流行に敏感で購買につながるので、月9の放送時間枠はスポンサーが集まりやすいんです」

     日テレの「笑点」は高視聴率だが、視聴者のシニア層の購買行動が弱いため、放送時間枠のCMは高く売れないという。

    「フジは視聴率がよかった時の単価でCMを売ろうとしているので、言い値での販売に苦戦している話も聞きます。それでも他の番組より高く売れる月9を簡単に終わらせることはないでしょう」(前出・村上氏)

     “腐っても月9”にまだ価値はあるということか。
    RANKING


    no title
    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170307/Asagei_76448.html


    【ドラマ】月9史上初の視聴率5%台!西内まりや主演 「突然ですが、明日結婚します」3週連続でワーストを更新!→「来週には4%台だなw」
    http://m9now.blog.jp/archives/51992487.html




    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488844899/

    【【ドラマ】フジテレビ関係者が嘆く!「このままでは『月9』に出演したいという俳優がいなくなってしまう」→「もういないんだよ」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    3e50638ab91c9f23246bcacf1bd008a2


    1: 名無しさん 2017/02/28(火) 09:50:46.32 _USER9

    フジテレビ「突然ですが、明日結婚します」(月曜後9・00)の第6話が27日に放送され、平均視聴率は5・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが28日、分かった。3週連続で月9ワースト記録を塗り替えた。


     第4話(13日)=6・6%、第5話(20日)=6・2%と、昨年4月クール「ラヴソング」の6・8%(第6話=5月16日、第7話=5月23日)を下回り、2週連続で月9史上最低を更新していたが、今回も、さらに1・2ポイント下落。初の5%台となる月9ワースト記録となった。

     初回=8・5%から第2話=6・9%と急落。第3話=7・6%と持ち直したが、以降は下降線。テレビ視聴のスタイルの変化から、若年層を狙った作品はリアルタイムの世帯視聴率に反映されにくくなっていることもあり、数々の名作・ヒット作を生み出した看板枠ながら昨年から苦戦を続けている。

     亀山千広社長(60)が今月24日の定例会見で「FOD(フジテレビオンデマンド、動画配信)では圧倒的に、ある層には支持を得ている」と一定の成果が出ているとした。

     原作は月刊コミック誌「プチコミック」(小学館)で連載中の宮園いづみ氏の同名漫画。専業主婦になりたい女=OLの高梨あすか(西内まりや)と、絶対に結婚したくない男=イケメン人気アナウンサーの名波竜(flumpool山村隆太)が繰り広げるラブストーリー。脚本は山室有紀子氏、倉光泰子氏。演出は並木道子氏、石井祐介氏。プロデュースは後藤博幸氏、大木綾子氏。
    RANKING


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-00000094-spnannex-ent



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488243046/

    【【ドラマ】月9史上初の視聴率5%台!西内まりや主演 「突然ですが、明日結婚します」3週連続でワーストを更新!→「来週には4%台だなw」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    rankingshare-f1a5dcf089c111e4807906cfc7d1632bf4beabd423b45c2f3c


    1: 名無しさん 2017/01/17(火) 10:55:13.95 _USER9

    16日に地上波で初放送された小栗旬(34)主演の映画「信長協奏曲」(フジテレビ系・後9時)の平均視聴率が9・5%だったことが17日分かった。

     「信長―」は2014年10月に月9ドラマとして初の時代劇として放送され、最高視聴率15・8%を記録した作品を映画化したもの。昨年1月に公開され、興行収入40億円突破のヒット作となった。

     戦国時代にタイムスリップした高校生・サブロー(小栗旬)が偶然にも同じ顔をした織田信長と出会い、信長として生きることになってしまうSF時代劇。はじめは逃げ腰だったサブローだったが、戦の惨状を目の当たりにするにつれ、織田信長として生きる覚悟を決め、戦のない世をつくろうと思い始めるというストーリーだった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。
    RANKING


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000065-sph-ent



    引用元: 【テレビ】地上波初放送、小栗旬主演映画「信長協奏曲」視聴率9・5%

    【【テレビ】小栗旬主演映画「信長協奏曲」地上波初放送で視聴率9.5%!月9ドラマ初の時代劇を映画化!「案外本気で作ってたのが好感」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    スクリーンショット_082716_085354_AM


    1: 名無しさん 2017/01/10(火) 10:01:19.53 _USER9

    女優の柴咲コウ(35)が主演を務めるNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(日曜後8・00)が8日に15分拡大でスタートし、初回の平均視聴率は16・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが10日、分かった。


     昨年の「真田丸」初回19・9%は下回ったものの、15年の「花燃ゆ」初回16・7%を上回る好発進となった。近年の大河ドラマ初回は14年「軍師官兵衛」が18・9%、13年「八重の桜」が21・4%、12年「平清盛」が17・3%。

     大河ドラマ56作目。男性の名で家督を継ぎ、戦国時代を生き抜いた女性城主・井伊直虎の激動の生涯を描く。脚本はNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」で向田邦子賞、橋田賞に輝いた森下佳子氏(45)。TBS「世界の中心で、愛をさけぶ」「白夜行」「JIN―仁―」「とんび」「天皇の料理番」などで知られ、初の大河脚本。演出は渡辺一貴氏ら。

     第1話は「井伊谷の少女」。天文13年(1544年)、遠江の国・井伊谷。後に井伊直虎という勇ましい名で戦国の世を生き抜く少女・おとわ(新井美羽)は、井伊家当主の父・直盛(杉本哲太)と母・千賀(財前直見)の元で幸せな日々を過ごしていた。おてんば娘・おとわの遊び相手は、幼なじみの亀之丞(藤本哉汰)鶴丸(小林颯)。ある日、おとわに亀之丞との縁談話が舞い込む。当主の座を継ぐつもりだった彼女は戸惑うが、やがて亀之丞の妻として井伊家を支えようと心に決める。その折、亀之丞の父・井伊直満(宇梶剛士)が主家・今川義元(春風亭昇太)に謀反の疑いを掛けられ、駿府に呼び出される…という展開だった。
    RANKING 


    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00000071-spnannex-ent



    引用元: 【大河ドラマ】柴咲コウ主演「おんな城主 直虎」好発進 初回視聴率は16・9%

    【【大河ドラマ】柴咲コウ主演「おんな城主 直虎」好発進!初回視聴率は16.9%!→「花燃ゆコース」「今川義元しか話題になってない」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ