【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ














































    タグ:金メダリスト

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ブログネタ
    ちょっと許せないこのニュース! に参加中!
    20111206_uchishiba_01
    金メダルを握り締める内柴正人容疑者

    <内柴容疑者>熊本県が県民栄誉賞取り消し 知事厳しく批判 - 毎日新聞

    五輪柔道男子の金メダリスト、内柴正人容疑者(33)が準強姦(ごうかん)容疑で警視庁に逮捕された事件で、熊本県の蒲島郁夫知事は8日記者会見し

    「栄誉を著しく失墜させ、受賞者としてふさわしくない」

    として内柴容疑者に授与した県民栄誉賞を同日付で取り消した。  


    自らも筑波大、東大で教授を務めた経験のある蒲島知事は

    「教育者という立場にありながら、
    未成年の教え子に飲酒させ関係を結んだことは本人も認めている。
    準強姦容疑で逮捕されたことで県民に大変な衝撃を与えた。
    とても想像ができない行為だ」


    と内柴容疑者を厳しく非難。

    県民栄誉賞表彰要項に新たに取り消しの規定を設け適用した。

    RANKING


    アテネオリンピック 日本代表選手 活躍の軌跡 [DVD] 【【柔道】内柴正人容疑者、デヴィ夫人の「なぜ逮捕する」に賛否両論!紫綬褒章は実刑確定なら「はく奪」!】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ブログネタ
    ちょっと許せないこのニュース! に参加中!
    20111206_uchishiba_01

    柔道「金」の内柴容疑者を逮捕=少女に酒飲ませ暴行容疑―「合意」と否認・警視庁 - 時事通信

    10代の少女に酒を飲ませ暴行したとして、警視庁捜査1課は6日、準強姦(ごうかん)容疑で、アテネ、北京両五輪の柔道金メダリストで会社経営、内柴正人容疑者(33)=熊本県玉名市築地=を逮捕した。同課によると、「納得できない。合意の上だった」と容疑を否認しているという。


    内柴容疑者は両五輪の柔道男子66キロ級で金メダルを獲得し、2010年から九州看護福祉大(同市)の女子柔道部のコーチとなり、同大客員教授も務めていた。


    同大によると、今年9月19日に学外のホテルで、未成年の部員の飲酒を黙認し、セクハラ行為をしたとして、11月29日に懲戒解雇された。  


    逮捕容疑は9月下旬の深夜、東京都内のホテル室内で、酒を飲んで寝ていた10代少女に乱暴した疑い。  


    同大によると、被害者の少女は部員だという。
    RANKING

    ------------------------------------
    ◆準強姦罪(主補足)

    暴行・脅迫によらない場合も、女性の心神喪失・抗拒不能に乗じ、又は女性を心神喪失・抗拒不能にさせて姦淫した場合は、準強姦罪が成立する(刑法178条2項)。

    心神喪失とは、精神的な障害によって正常な判断力を失った状態をいい、抗拒不能とは、心理的・物理的に抵抗ができない状態をいう。睡眠・飲酒酩酊のほか、著しい精神障害や、知的障害にある女性に対して姦淫を行うことも準強姦罪に該当する(福岡高判昭和41年8月31日高集19・5・575)。医師が、性的知識のない少女に対し、薬を入れるのだと誤信させて姦淫に及ぶのも準強姦罪となる(大審院大正15年6月25日判決刑集5巻285頁)。

    なお、犯人が暴行や脅迫を用いて被害女性を気絶(心神喪失)させ、姦淫に及んだ場合は、準強姦罪ではなく強姦罪となる。ただし、「準強姦罪」と「強姦罪」は共に同一の法定刑となっているため、区分にあまり大きな意味はない

    RANKING


    アテネオリンピック 日本代表選手 活躍の軌跡 [DVD] 【【2ch】柔道金メダリスト内柴正人容疑者、準強姦容疑で逮捕!JOC「話にならない」「本当に情けない」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ブログネタ
    北京五輪閉幕 に参加中!
     石井慧の発言にヒヤヒヤ…全柔連が取材止めた

    【北京五輪 柔道】北京五輪日本選手団解団式が26日に都内で行われ、柔道男子100キロ超級金メダルの石井慧(さとし、21=国士舘大学)ら349人が出席。金メダリストともなれば帰国後はテレビ出演が相次ぐものだが、石井は「自分では受けるつもりで予定を空けていたのに、ストップがかかってしまった。専門誌の取材しか入っていません」と寂しそうに明かした。

    これまでも自由奔放な発言で周囲をヒヤヒヤさせてきた石井。生放送では何が起きるか分からないだけに、全柔連がストップをかけた形だ。この日も「ゆっくり休めましたか?」の問いに「ボクが休むのは死ぬ時です」と返答。プロ格闘家・小川直也が主催する小川道場に金メダルを寄贈する意志を示したり、「(男子ハンマー投げの)室伏さんと握手したけど自分の方が強い」と不適な笑みを浮かべるなど“石井ワールド”は全開。戦国武将・上杉謙信の生まれかわりを自任する21歳は、どこまでもわが道を行く。

    引用・スポーツニッポン

    我が道を…以前の問題です。まるで調子に乗った子供だ。同じ日本人として恥ずかしいです。全柔連の処置は当然だろう。すべて自業自得と思えばよい。
    試合直後には「遊びたいです」とか言ってたな。あれが石井の本心だろな。報奨金でクラブに行って、出てきたところを、週刊誌にでも撮られてしまえ!それで柔道一筋になればよい。



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    多英またお騒がせ、全日本合宿を欠席

     長野五輪フリースタイルスキー・モーグル
    女子金メダリストの里谷多英(30=フジテレビ)
    が、
    またもや騒動を起こした
    11日から長野県白馬村で行われている全日本合宿に
    明確な理由がない状態で欠席
    しているもの。
    全日本スキー連盟にはひじの手術とリハビリのため渡米」と
    説明しているが、所属のフジテレビは故障について
    情報はないと断言。ちぐはぐな状況に
    全日本連盟も頭を抱える事態
    になってしまった。

     「長野の女王の不可解な合宿欠席だ
    全日本合宿の公開練習が行われた18日、
    林辰男フリースタイル部長は合宿参加リストに入っていた
    里谷の不在について
    10日前に連絡がきた。ひじを手術して
    リハビリのため米国にいるという。
    ただ、手術の理由は聞けなかった
    と説明したが、困惑は隠せなかった

     今回の合宿直前に里谷から一報が入った際、
    林部長は会議中で短時間しか話せず、メールでの詳細報告を課した。
    だが、メールはこの日までに届いていない。
    現時点で手術したひじは左右どちらで、その原因は何なのかなど、
    基本的な情報すら得ていない状況
    だ。

     最大の問題は里谷の所属するフジテレビ側の説明と
    全日本連盟が持つ情報が食い違う点
    だ。
    フジテレビは担当者が里谷本人と連絡を取り
    故障の情報は聞いていない。現在は米国には行っていないが、
    外国で練習中。場所は申し上げられない
    」と話している。

     里谷は05年2月に六本木で起こした泥酔事件以降、
    自業自得とはいえ多くの苦労を背負ってきた

    林部長によると全日本連盟、里谷、フジテレビの3者で話し合い、
    個人コーチと契約し単独で行動していたスタイルを変更。
    チーム帯同を基本線に密に連絡を取る約束
    もしていたという。

     6月下旬の全日本合宿に参加した里谷は、
    新コーチのラハテラ氏への期待感も表していた。
    林部長は「前回の一件もあって
    チームに帯同することになっていたのに…。
    もう1回話して厳しく言わないといけない
    と断言
    女王」はより苦しい立場に立たされそうだ。
    --------------------
    これって「女王の行動」とは言えませんよね。
    というか、今の里谷さんの「実力」って
    女王の実力」と言えるんでしょうか
    今の「日本国内の女王」は、上村愛子さんだと思うのですが…

    エンタメ@BlogRanking
    ブログランキング ドット ネット
    この記事に手応えありならクリックぽん



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ