【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ


















    Powered By 我RSS


























    タグ:高橋一生

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    2014-1201_oms-0224


    1: 名無しさん 2017/03/14(火) 00:09:05.09 _USER9

    ドラマ『カルテット』(TBS系)が、3月21日の放送でついに最終回を迎える。主役の高橋一生(36)は、理屈っぽいビオラ奏者。どこか切ない役どころを見事に演じきり、女性の間で大ブレークしている。その人気ぶりは“ポスト星野源(35)”と呼ばれるほどだ。


    これまでの地道な努力が実って人気俳優の座を射止めた高橋。しかしその人気が生まれた背景には、過酷な試練を乗り越えてきたつらい過去があった。

    子役として8歳でデビューしてから19年。なかなか芽が出なかった高橋。だが07年、大河ドラマ『風林火山』と『医龍2』出演がきっかけで注目の若手俳優の1人に。翌08年には連続ドラマ2本、映画1本、舞台3本と引っ張りだこだったのだが――。

    「病魔が高橋さんを襲ったのは、そのころ。彼にはずっと鼻の右側にデキモノがありました。彼はそれが気になって08年秋に病院に行ったそうです。そしたら『すぐに手術して腫瘍を摘出する必要があります』と深刻な診断が。鼻の内側ではなく表面からメスを入れる手術だったため、傷痕が残ってしまう可能性も指摘されたそうです」(演劇関係者)

    “役者生命”に関わる手術だけに、相当な葛藤があったことだろう。しかし予断を許さない状態だったため、高橋は苦渋の決断を強いられたという。

    「09年に摘出手術をうけたそうです。手術は無事成功したそうですから安心したとか。でも、鼻に大きい手術痕が残ってしまって……」(前出・演劇関係者)

    役者としての成功が目前に近づいていた高橋は人生の岐路に立たされていた。

    「手術直後は、今よりも傷痕が目立っていたそうです。病気が完治するのかという不安を抱えての半年間の闘病生活。まだこれからの俳優としては、絶望してもおかしくない状況だったと思います」(前出・演劇関係者)

    よほど大変な手術だったのだろう。術後8年経った今でも高橋の鼻には傷痕が残っている。

    「写真だと修整しているからか分からないのですが、テレビなどの映像は修正ができないので傷痕が分かります。事務所は写真掲載に気をつかいリタッチすることも。話題になった『an・an』のグラビアは手術痕が隠れるような角度の写真ばかりでした」(芸能関係者)

    再発の不安と鼻の手術痕。だが手術から半年後、仕事を徐々に取り戻していった。手術をした09年には10月に『ガス人間第一号』という舞台の仕事が1本しか入っていなかったが、10年3月にはドラマ『SOIL』で復帰できるほど鼻の傷痕も目立たなくなっていった。

    「手術後はじめての仕事は舞台でした。テレビや映画になるとどうしても顔がアップになり傷痕が見えてしまいますが、舞台なら観客が遠いから平気だという理由です。早すぎる復帰に『まだゆっくり休んだほうがいいんじゃないか』と、みんな彼の体調を心配していました。でも、彼の回復力は凄まじいものでした。一見ナイーブに見えますが、精神的にも強い人なんだと感心しましたね」(前出・演劇関係者)

    復帰後はどんどん仕事が増え、そしていまや、大河ドラマ『直虎』の準主役を張るまでに。 病を乗り越えた高橋に芽生えたのは“不屈の役者魂”だった。
    RANKING


    no title
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170314-00010004-jisin-ent



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489417745/

    【【芸能】高橋一生、役者生命の危機!鼻の手術痕に刻まれた極秘闘病半年!「高須がいっちょカミしそう」「良い役者だから気にならん」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    2065825_201601250499398001453698014c


    1: 名無しさん 2016/07/28(木) 08:23:26.17 _USER9

    芸能界では、実力とは関係なく事務所の力によって露出を増やす“ゴリ押し”も珍しくなく、そんなゴリ押しタレントの象徴となってしまった一人が女優・剛力彩芽である。2011年のドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』(フジテレビ系)の出演を機に、他ドラマやCMに続々と起用。

    しかし、あからさまなゴリ押しは世間に嫌われ、最近は深夜ドラマ出演が続いている。このまま消えていくのか…と思いきや、業界内では「今後“大化け”するかも」と話題になっているという。



    「そもそも剛力を猛プッシュしていたのは、所属事務所・オスカープロモーションに他ならないのですが、結果的に逆効果でした。剛力の容姿は手足が長くて超小顔と“芸能人体型”ではあるものの、両目の間隔が離れすぎていることなどから明らかに美人ではなく、いわゆる“雰囲気美人”。それも相まって、ブレーク当初のゴリ押しには批判が殺到していました」(テレビ局プロデューサー)
     

     事務所は今でこそ同性ウケが最悪な状況を理解しているというが、当初はゴリ押しを強行。2013年にはドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』(フジ系)で月9初主演を果たした剛力だったが、最終話の平均視聴率は8.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と撃沈。そんななか、同年から歌手活動も展開され、世間のバッシングは強くなる一方だった。


    「近頃は目立った話題もなくなり、徐々にフェードアウトしていくのかとも思われた。しかし今、実は剛力本人主導のプロモーションに切り替わっていて、それが業界内でも話題になっているのです」(同)
     

     剛力は世間の声も踏まえた上で、芸能活動継続を選択。今年4月クールの『ドクターカー』(日本テレビ系)や、現在放送中の『グ・ラ・メ!〜総理の料理番〜』(テレビ朝日系)など深夜ドラマの主演が続き、“深夜落ち”といった皮肉も聞かれるが、


    「7月22日に放送された『グ・ラ・メ!』の初回は平均視聴率7.2%を記録。金曜の深夜帯ということを考えると、これはかなりの高視聴率と言えます」(同)
     

     と、関係者も驚きの声。


    「また、剛力の最大の失敗は“歌がド下手なのにCDをリリースしたこと”でしたが、ミュージックビデオで披露した風変わりなダンスはネットで受け、YouTubeの再生数が爆発。2013年のデビュー曲『友達より大事な人』は、2016年7月現在で2000万回を突破しています。さらに、ショップジャパンの腹筋マシン『ワンダーコア』のユニークなCMも、“敢えて剛力がやるから”という点で高評価を得ている。

    事務所が目論んでいた『かわいい、美人、カッコいい』といったキーワードからはかけ離れたが、批判にも負けずネタに昇華することで、新しい芸能人のスタイルを築いたという声も少なくありません」(同)
     

     このように、業界の期待値が上がっている剛力。現在23歳でまだまだ若手だが、30歳を過ぎる頃には大きな成長を遂げているかもしれない。
    RANKING


    no title

    no title

    no title
    http://dailynewsonline.jp/article/1170934/



    引用元: 【芸能】“深夜落ち”した剛力彩芽が芸能界のやや微妙なポジションで復活気味

    【【芸能】“深夜落ち”した剛力彩芽!芸能界のやや微妙なポジションで復活気味!ドラマ「グ・ラ・メ!」初回視聴率7.2%と高記録!】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    015_size6


    1: 名無しさん 2016/05/26(木) 15:57:43.44 _USER9

    おんな城主 直虎:柴咲コウ主演の17年大河ドラマ いいなずけ役に三浦春馬、柳楽優弥は初出演



    柴咲コウさんが主演する2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の新たなキャストが26日、同局で発表され、柴咲さん演じる主人公・井伊直虎のいいなずけ・亀之丞(後の井伊直親)を三浦春馬さん、父・直盛を杉本哲太さん、母・千賀を財前直見さん、オリジナルキャラクターの盗賊団のかしらを柳楽優弥さんが演じることが明らかになった。柳楽さんは初の大河出演となる。

     このほか、曽祖父の井伊直平を前田吟さん、菩提寺の住職南渓和尚を小林薫さん、井伊家筆頭家老の鶴丸(後の小野政次)を高橋一生さん、直親の妻・しのを貫地谷しほりさん、豪商の瀬戸方久をムロツヨシさん、亀之丞の父・井伊直満を宇梶剛士さん、鶴丸の父・小野政直を吹越満さん、千賀の兄・新野左馬介を苅谷俊介さん、井伊家重臣の奥山朝利をでんでんさん、重臣の中野直由を筧利夫さん、語りを中村梅雀さんが担当する。

     出演者らはこの日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われた発表会に登場し、三浦さんは


    「今回で大河ドラマ3回目。いずれも子役時代に『武蔵』、『功名が辻』と経験をさせてもらったのですけど、成人を迎えてからこうして大河ドラマにまたお世話になるということは本当に本当にありがたいことだなと感じています。子役時代にお世話になった分、26歳になった今、この作品に貢献できたら。精進して参ります」
     

    とあいさつした。

     ドラマは、激動の戦国時代に男の名を名乗り、井伊家の家督を継ぎ“おんな城主”となった女性・井伊直虎の生涯を描く。主人公・直虎は、幕末の大老・井伊直弼の先祖で、徳川家康の重臣・井伊直政の養母。井伊家当主・井伊直盛の一人娘として生まれるが、戦のたびに当主を殺され、男の名で家督を継ぎ、駿河の今川、甲斐の武田、三河の徳川と三つの大国が虎視眈々(たんたん)と領地を狙う中、己の知恵と勇気を頼りに、仲間と力を合わせて国を治め、幼い世継ぎの命を守ってたくましく生き延びていく。

     オリジナル作品で、脚本は「世界の中心で、愛をさけぶ」「白夜行」「JIN−仁−」「とんび」「天皇の料理番」などの森下佳子さんが担当する。放送は17年1月から。
    RANKING



    no title

    no title
    http://mantan-web.jp/2016/05/26/20160526dog00m200003000c.html


    引用元: 【ドラマ】柴咲コウ主演の2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」、三浦春馬や柳楽優弥ら新キャスト発表

    【【ドラマ】柴咲コウ主演、2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」三浦春馬や柳楽優弥ら新キャスト発表!→「盗賊団のかしらとか地雷すぎ」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ