【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ


















    Powered By 我RSS


























    タグ:黒木華

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    Cu4oroeUsAAWW-h


    1: 名無しさん 2017/03/12(日) 06:13:55.08 _USER9

    ドラマや映画で華々しく咲き誇る女優たち。目を引くのはその美しさだけではありません。さまざまな役を演じる彼女たちの演技に魅せられてしまいます。


     そこで女子SPA!では、今回は30代の女性を対象に、「この人、演技が上手いな〜」と思う若手女優を聞いてみました(※)。

    ===============

    演技力があると思う女優ランキング(複数回答)

    10位 二階堂ふみ 11.5%

    9位 真木よう子 13.0%

    8位 黒木華 14.5%

    7位 沢尻エリカ 15.0%

    6位 多部未華子 15.0%

    5位 蒼井優 15.5%

    4位 尾野真千子 17.5%

    ===============

     10位には若手実力派、二階堂ふみがランクイン。映画『ヒミズ』でヴェネツィア国際映画祭新人賞、映画『私の男』でニューヨーク・アジア映画祭ライジングスター・アワードなど数々の賞を受賞しました。彼女はあの若さでとても艶っぽいんですよね。同世代として映画『桐島、部活やめるってよ』などで同じく演技力に定評がある松岡茉優が15位に。

     23歳でベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞した8位黒木華は、今最も将来を嘱望される女優の一人。先日発表された日本アカデミー賞では、映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』で優秀主演女優賞を受賞しました。映画『小さいおうち』に代表される和装が似合うしっとりとした演技もさることながら、昨年はドラマ初主演を飾った『重版出来!』(TBS系列)の女性編集者役がとても可愛らしかったです。

     なお、昨年日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞を受賞した安藤サクラは14位。彼女もドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系列)で初めてヒロインを演じ話題になりました。

     さて、黒木華と雰囲気がよく似ていると言われる蒼井優は5位。彼女も日本アカデミー賞をはじめとする数々の映画賞の常連。映画『フラガール』『ハチミツとクローバー』などの透明感のある女の子役で光っていましたが、近年は映画『るろうに剣心』シリーズや映画『岸辺の旅』などで演じた芯の強い大人の女性役がハマっています。

    ◆3位 宮あおい 21.5%

     宮あおいも毎年のように日本アカデミー賞にノミネートされる本格派。今年は映画『怒り』で優秀主演女優賞を、映画『バースデーカード』で優秀助演女優賞を受賞しました。

    『怒り』では役作りのために7kg増量したとか。訳ありのハスッパな女性も彼女が演じるとなんとも可愛くて魅力的。そして、恋人に対する愛情と疑念の間で激しく葛藤する姿が胸に突き刺さりました。いつまでも変わらないみずみずしさがあり、今の日本映画界になくてならない女優ですよね。

    ◆2位 菅野美穂 27.0%

    『イグアナの娘』(テレビ朝日系列)に始まり、『働きマン』(日本テレビ系列)、『曲げられない女』(日本テレビ系列)など数多くの人気ドラマで主演を務めてきた菅野美穂。

     堺雅人との結婚・出産を経て昨年4年ぶりに『砂の塔〜知りすぎた隣人』(TBS系列)で連続ドラマの主演を務め、二人の子を持つ母親を熱演。そのダメ親っぷりに本気でイライラさせられたり、涙を誘われたり、衰えない迫真の演技で画面に引き付けられました。

    ◆1位 満島ひかり 43.5%

     堂々の1位にランクインしたのが、映画『愛のむきだし』で絶賛されて以来こちらもさまざまな賞を総なめにしている満島ひかり。

     昨年放送のドラマ『トットてれび』(NHK総合)では黒柳徹子を演じ、その完璧な役作りが注目されました。見た目はもちろん佇(たたず)まいも話し方もそっくり。アドリブは黒柳徹子本人に「いかにも私が言いそう」と評価され、彼女の演技にすっかりハマってしまった人が多かったよう。

     現在、ドラマ『カルテット』(TBS系列)に出演中。彼女の口から発せられるセリフは、抑揚や表情とともに惹きつけられます。

     優しくもタフな名女優たちの演技は見ていると思わず全神経を注いでしまいます。これからもうっとりしてしまう素敵な演技を期待!

    ※【調査概要】

    調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(30代女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

    調査期間:2017年2月18日〜2月19日

    有効回答者数:30代女性200名

    <TEXT/林らいみ>
    RANKING


    6091_original
    https://news.infoseek.co.jp/article/joshispa_20170310_00670404/



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489266835/

    【【芸能】「演技力があると思う女優」ランキング!4位尾野真千子、5位蒼井優、6位多部未華子、7位沢尻エリカ!「珍しく納得のランキング」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    w342_7e9720b723e5b9aeefc275ba9eb7d107768008226e5308f9


    1: 名無しさん 2016/11/12(土) 16:28:24.88 _USER9

    “昭和顔”の女優が軒並みブレイク そのワケとは?


    太めの“ナチュラル”眉、重めのボブヘア……といった女性の“昭和風”ファッションやメイクが目立っている。芸能界でも“昭和顔”の女優たちが台頭してきており、お笑い界でも一周回ったバブルネタを武器に平野ノラが人気で、改めて“昭和”の良さが見直されているようだ。昭和顔の女優と言えば、多部未華子、有村架純、松岡茉優、黒木華らがブレイクしている。さらに、現在放送中のNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』(NHK総合)で、ヒロインの女学校時代からの友人・田坂(結婚後は村田)君枝役を演じている土村芳(つちむらかほ)も、次世代“昭和顔”としてブレイクを控えている。なぜ、これほどまでに“昭和顔”の女優が軒並みブレイクしているのだろうか?


    no title


    ◆“絶滅種”だった太眉や無修正のネイティヴ眉の流行も昭和への回帰思考

     近年のモデル顔とは異なる魅力を持つ、素朴さやナチュラルさが際立つ“昭和顔”の女優が注目されている。この“昭和顔”とは、“昭和の町並みや生活スタイルが似合いそうな素朴な顔立ち”でありながらも、昭和を知らない平成世代が支持する顔立ち。リアルタイムで昭和を過ごしてきた人にとっては、安心感や癒しを感じるが、平成生まれの人々にとっては、ある種の新鮮さを与えているようだ。

     「最近では、メイクが濃いギャル系は少なくなり、どちらかと言うとナチュラルめの素肌美人が人気を博しています。数年前まではバブルの象徴として“絶滅種”だった太眉や無修正のネイティヴ眉が、流行っています。昭和から平成を生きてきた世代にとっては、古く感じるものも、“新鮮”であり、逆にチャームポイントとなっているのでしょう。昭和世代が思っている以上に平成世代にとっては、“昭和顔”は“今の時代”に適した顔なのかもしれません」(エンタメ誌編集者)

    ◆“昭和顔”女優の和風美人のたたずまいは、視聴者に印象を残す

     その“昭和顔”の代表とも言われる黒木華は、NHKの朝ドラ『花子とアン』(2014年)でヒロインの花子(吉高由里子)の妹役を和服姿で好演し、注目された。その後、映画『小さいおうち』(同)で昭和初期の女中役を演じると、完全に“昭和的”“純日本的”という評価が定着し、今年はついに『重版出来!』(TBS系)で、連続ドラマ初主演を飾るまでになるのである。

     有村架純もやはり『あまちゃん』で1980年代の女子高生役を演じ、“聖子ちゃんカット”を披露してブレイクのきっかけとした。また、松岡茉優も同作に出演しており、今ではバラエティ番組のMCなどでも活躍している。朝ドラ出演で言えば先輩格にあたる多部未華子にしても、お茶の間との親和度が高く、女優としての評価を定着させている。こうしてみると、確かに“昭和顔女優”の活躍には目を見張るものがあるようだ。

     「昭和顔とされる女優さんは、みなさん黒髪が似合う、眉毛が太めだなどの共通点が指摘されますが、どちらかと言えば“地味”な顔立ち。女優としてはパンチの効いた“華”がないのですが、温かみや素朴さを感じる“和風美人”のたたずまいや演技力の高さから、逆に視聴者の印象に強く残るんです。有村さんなどは、もはや昭和顔というよりは、石川秀美さんあたりを彷彿とさせる“昭和アイドル顔”ですから(笑)。若い世代にとっては、“昭和風”ファッションやメイクが流行っているため、逆に今風で、中高年にとっても懐かしさや親しみやすさが起きやすいんじゃないでしょうか」(前出の編集者)

    ◆“昭和顔の登竜門”とも言える朝ドラで、次のブレイク女優は?

     そんな彼女たちに続く昭和顔として注目されているのが、『べっぴんさん』に出演中の土村芳で、“ネクスト黒木華”とも言われている。主人公・坂東すみれ(芳根京子)の女学校時代の友人役で、結婚後も同じ友人役の百田夏菜子(ももいろクローバーZ)とともに過ごす……という役どころで、舞台は戦前の女学校だけに、ヘアスタイルもおさげやおかっぱ。なかでも土村は病弱な“お嬢さま”であり、生真面目で潔白というキャラがおかっぱ頭とも相まって、まさに“昭和的”なのである。『べっぴんさん』での土村は、「おかっぱヘアがかわいい」「柔らかい表情で笑う姿に癒やされる」と早くも視聴者の心を掴んでいるようだ。

     「岩手県出身の土村さんは、3歳で地元の子ども劇団に所属します。京都造形芸術大学映画学科俳優コースへ進むと、在学時代から舞台や自主制作映画で活躍しますが、同大学の教授・林海象監督に見い出されて、林監督の映画『彌勒 MIROKU』で永瀬正敏さんとともに初主演を務めました。とは言え、一般的な知名度はほとんどなかった。でもその分、“新鮮度”はピカイチで、最近の朝ドラで言えば、『まれ』主演の土屋太鳳さんや同級生役の清水富美加さん、『あさが来た』主演の波瑠さんと親友役の吉岡里帆さんなどのように、朝ドラをきっかけに、土村さんがブレイクする可能性は十分にあるでしょう」(前出の編集者)

     “昭和顔の登竜門”とも言えるNHK連続テレビ小説自体、大部分の作品は昭和が舞台。昭和顔女優が重宝されるのもごく自然とも言える。『べっぴんさん』での土村の演技に、「すごく好き。夫が帰還したときの演技にうっとりした」などの声もあるように、ルックスや雰囲気だけではなく、確かな演技力があるからこそ、視聴者からの高評価を得ている。時代、時代により、様々な流行や回帰思考が生まれるものだが、しばらくは“昭和顔”の女優たちが主流となってエンタメシーンをけん引していくだろう。
    RANKING


    松岡茉優
    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161111-00000369-oric-ent



    引用元: 【芸能】“昭和顔”の女優が軒並みブレイク そのワケとは?

    【【芸能】「昭和顔」の女優、有村架純・松岡茉優・黒木華ら軒並みブレイク!朝ドラ「べっぴんさん」から土村芳も!そのワケとは?】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    CilPL-3U4AAIuXm


    1: 名無しさん 2016/06/23(木) 10:38:20.46 _USER9

    6月14日に最終回を迎えた黒木華(26)主演ドラマ『重版出来』(TBS系)。その打ち上げが同日、港区内のレストランで行われていた。200人ほどが続々と会場入りしていくなか、共演者のオダギリジョー(40)や坂口健太郎(24)の姿も。黒木は白いシャツに黒のパンツという控えめな装いだった。


    「黒木さんは、今作がドラマ初主演。ロケではスタッフにアイスを差し入れしてくれるなど、慣れないなかでも“座長”として現場にとけこもうとしていました。役作りにも余念がありませんでした。

    彼女は体育大学で柔道に打ち込んでいた新人漫画編集者という役柄だったため、昨年から柔道教室にも通い始めていたんです。最終的には初段並みに上手になったらしく、柔道シーンの撮影でも『本物の柔道選手みたい』と絶賛されていました」(ドラマスタッフ)
     

     打ち上げ自体は質素な印象。そんななか、黒木はこう短く挨拶を切り出した。

    「このメンバーと過ごせて楽しかったです。ありがとうございました」

     前出のドラマスタッフがこう語る。


    「彼女は照れ屋で口下手なんです。現場でも饒舌に話しかけたりはしていなかったし、みんなを積極的にまとめあげたりもしていなかった。でも彼女がいちばん作品に打ち込んでいたことは、誰もが知っていました。だからみんな彼女のことを応援したくなったし、この日の短い挨拶を聞いても『華ちゃんらしいね』と言って涙ぐむ人がいたほどでした」
     

    今作は平均視聴率が8.02%と今ひとつ振るわなかったが、現場はいつも団結していた。そのため、この日の打ち上げでも感動的な空気が流れていたという。だがそんな雰囲気を壊すかのように、オダギリジョーからこんな仰天の言葉が!


    「オダギリさんは『やっぱり僕にはあまりドラマは向いていないというか。良いものを作っても数字だけで評価されてしまうんで、それがちょっと合わないです』と言っちゃったんです。まさか、ドラマの打ち上げの挨拶でそんなことを言うなんて……。一瞬にして場が凍っていましたね」
     

     オダジョーと言えば近年、出演ドラマの視聴率不振が報じられてきた。そのトラウマから出た照れ隠しだったのかもしれないが……。そんな仰天ハプニングもあって、一次会は約2時間で終了。2次会は少し離れたダイニングバーで行われたが、黒木は最後まで笑顔を絶やさなかったという。

    映画では賞を総なめにしているのは、オダジョーも黒木も同じ。試練を乗り越え、次こそは大ヒットを!
    RANKING


    写真
    no title
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160623-00010007-jisin-ent


    引用元: 【ドラマ】<黒木華>凍った!打ち上げでのオダギリジョーKY発言「良いものを作っても数字だけで評価されてしまう」

    【【ドラマ】黒木華主演「重版出来」打ち上げ!オダギリジョーのKY発言に場が凍る!「良いものを作っても数字だけで評価されてしまう」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    o065009151116151_650


    1: 名無しさん 2016/06/05(日) 05:09:39.29 _USER9

    女優、黒木華(26)が初写真集「黒木華写真集 映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』より」(10日発売、リトルモア)を発売することが3日、分かった。


     写真集では2014年11月から翌15年7月にかけて行われた公開中の主演作「リップヴァンウィンクル−」(岩井俊二監督)の撮影に密着。

     同作では、綾野剛(34)演じる“何でも屋”との出会いをきっかけに数奇な運命をたどる派遣教員を演じており、写真集には劇中で披露しているメイド服やウエディングドレスなどさまざまなコスプレ姿に加え、貴重なオフショットを掲載している。

     主演中のTBS系「重版出来!」(火曜後10・0)では元気いっぱいの漫画編集者を好演。“素”の表情が詰まった作品に黒木は「まさか、写真集が出る日が来るとは…。少しでもみなさんに喜んでいただければ幸せです」とアピールした。
    RANKING



    ・人生初の写真集を発売する黒木華は“和風美人”のイメージを覆すウエディングドレス姿などで新たな魅力を表現
    no title

    no title
    http://www.sanspo.com/geino/news/20160604/geo16060403270003-n1.html
     

    引用元: 【芸能】黒木華、初写真集でウエディングドレス披露「喜んでいただければ」

    【【芸能】黒木華、初写真集でウエディングドレス披露!「喜んでいただければ幸せ」→「ブサカワ界のブサカワ」「どんな層に需要があるんだ」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    _1_rect255_340_m


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2016/05/03(火) 12:26:48.33 _USER9

    人気大河ドラマ『真田丸』(NHK)において、堺雅人演じる真田信繁の初恋の相手である梅を演じた黒木華が早くも死亡してしまった。これが、同じく信繁の幼なじみであるきり役を演じる長澤まさみの“差し金”ではないかと話題となっている。

    「不仲説などがささやかれていますが、さすがに脚本まで変えられるということはないでしょう。黒木華は4月から始まったドラマ『重版出来!』(TBS系)で主演を務めていますし、出演時期はあらかじめ決まっていたと見るべきでしょう」(芸能関係者)

    “昭和顔”ともいわれるしっとりとした黒木華と時代劇の相性は抜群でファンが多かったことは確かだ。ハードスケジュールを縫うようになんとか黒木をキャスティングしたのが実情なのだろう。こうした例は過去のドラマでも見られる。

    「大家族ものの連続ドラマとして知られた『天までとどけシリーズ』(TBS系)では、次男役を演じた河相我聞が途中からブレイクしたため、医学部へ進学しほとんど戻ってこない、という設定になりました。これは大人の事情といえるでしょう」(同)

     さらにキャストの死亡というやむを得ない事情で設定が変わることもある。『ショムニシリーズ』(フジテレビ系)では、野々村課長役を演じた伊藤俊人がクモ膜下出血のため死亡したため、海外出張中という設定に切り替えられた。

    『渡る世間は鬼ばかりシリーズ』(TBS系)では、母親役の山岡久乃が亡くなると、ドラマの中でも亡くなった。対して父親役の藤岡琢也が亡くなると、同役は宇津井健に引き継がれた。宇津井も亡くなったため、ドラマ中でも2014年に死亡という設定となった。

     はからずもドラマのキャラクターは、芸能人その人の人生遍歴を映し出すこともあるのだ。
    RANKING


    maxresdefault
    http://dailynewsonline.jp/article/1124526/
     

    引用元: 【テレビ】『真田丸』はなぜ、黒木華を殺したか──脚本を左右する俳優の“出演”事情とは?

    【【テレビ】堺雅人主演ドラマ「真田丸」は、なぜ黒木華を殺◯たか?脚本を左右する俳優の「出演事情」とは?長澤まさみとの不仲説まで!】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ