【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ


















    Powered By 我RSS


























    タグ:Mother

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    CW6WS9kUkAE3JQg


    1: 名無しさん 2017/04/14(金) 18:34:01.55 _USER9

    4月12日に放送された沢尻エリカ主演のテレビドラマ「母になる」(日本テレビ系)の視聴率が、10.6%だったことがわかった。同ドラマは水曜22時ドラマとして、久しぶりに低視聴率を記録してしまう可能性があるという。


    「日テレの水曜ドラマといえば、昨年4月期の嵐・大野智主演『世界一難しい恋』以降、すべての作品が全話平均視聴率で2ケタを記録し続けています。それほど好調な枠だったのですが、『母になる』は初回にもかかわらず10.6と2ケタギリギリでした。そのため、次回は早くも1ケタ転落の危機となっています」(テレビ誌記者)

     沢尻が女優として久々に主演を務めた「母になる」は、誘拐された当時3歳の息子が、9年ぶりに発見され、そこから母子関係を再構築していくという物語である。

     そして1話では、沢尻演じる母親と成長した息子による感動の再会シーンが描かれたのだが、息子を演じたあるジャニーズメンバーの演技に、視聴者からは厳しい声が飛び交っていたという。

    「同ドラマで息子役を演じたのは、関西ジャニーズJr.の道枝駿佑です。登場した瞬間は、まるで人形のような端正な顔立ちに『イケメンすぎる』と女性視聴者からは歓喜の声が殺到。しかしセリフを話し出したとたん、SNSやネット掲示板では『え、沢尻エリカのうまさに反比例するかのような衝撃的な演技』『演技派の子役が大勢いるのに、あえてジャニーズを使うからこうなる』『今世紀最大級の棒!』と、過去に類を見ないほど、子役の演技に言及する意見が殺到しました。しかし道枝は今回、連ドラ初出演ということですから、今後慣れていくことで、演技レベルが上昇する可能性も十分あるでしょう」(前出・テレビ誌記者)

     日テレ水曜ドラマといえば過去、「Mother」にて娘役を演じた芦田愛菜の演技が世間から絶賛された。それだけに今回も、一定の演技力を求めた視聴者が多かったのかもしれない。
    RANKING


    no title

    o0600045013896974152
    http://www.asagei.com/79263



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1492162441/

    【【ドラマ】沢尻エリカ主演「母になる」出演のジャニーズ、道枝駿佑の演技が「今世紀最大級の棒」と酷評!「マキダイより棒なのか」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    最新!芸能ニュース_65 に参加中!
    JFHRNA8Q1A
    天才子役・芦田愛菜

    バッシングされても消えない芦田愛菜 人気はどこまで続く?

    子役ブームの頂点に君臨し、テレビで見ない日はないほどの活躍を続ける芦田愛菜ちゃん(7)。ドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系)でブレークした彼女は、「子役は一発屋が多い」という定説を覆し、ドラマやバラエティーに引っ張りだこに。


    特に広告業界にウケが良く、2011年のCM契約本数は女性単独でトップとなる15本。週刊誌の今年度の女性タレントCM契約料ランキングでも、前年の3倍以上となる推定6,500万円という驚異の数字を叩きだし、吉永小百合(67)に次ぐ2位につけている。


    バラエティーの出演料もブレイク前は「1時間当たり3〜5万円」(テレビ関係者)だったが、今では「70〜90万円」(前同)と跳ね上がった。ドラマの出演料もトップ女優クラスとなる200万円の大台に近付いている。

    RANKING


    http://www.menscyzo.com/2012/05/post_4012.html


    【【芸能】バッシングされても消えない芦田愛菜!人気はどこまで続く?】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ