【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ














































    タグ:SMAP

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    F2011083115064800656


    1: 名無しさん 2016/10/29(土) 18:06:45.07 _USER9

    SMAP分裂騒動以降、観覧客を入れられないほど緊迫した『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の収録現場で、驚きの光景が目撃されていた。


    「ある歌のリハーサル中、メンバーが歌詞を間違えて、いったん演奏中止となったんです。 中居正広(44才)さんは“またかよ〜”と苦笑い。そこに、木村拓哉(43才)さんが“前にも同じミスあったよなぁ”と乗ってきたら、中居さん“そうだよなぁ!”と2人で笑い合って。

     長く“犬猿”といわれたSMAPの長兄同士の談笑シーンに、スタッフも目が点、驚きを隠せませんでした。

     現場の空気がパッと明るくなっただけでなく、ふたりの雑談をきっかけに昔の歌唱ミスの思い出に触れ、久しぶりにメンバー間の会話が弾んだ。収録はこれまでになく和やかなムードで進みました」(テレビ関係者)

     10月24日放送の『スマスマ』でも、中居の発言が話題になった。

     この日の「ビストロSMAP」のゲストは、芸人の横澤夏子、トレンディエンジェル、メイプル超合金、平野ノラの4組。

     中居はオンエアで、ゲストの4組を知っているかどうか、事前にメンバーに聞いてみたことを明かした。

    「稲垣さん、全員知らないって。木村も会ってないの? そうなんだーって」

     木村と会話していたこと以上に、「楽屋での会話は一切ない」と報じられてきた5人が、打ち合わせで雑談していたという事実にネット上のファンは沸いた。

    《みんなちゃんと話してるんじゃん!》

    《中居さん、木村さんと会話してる事、さりげなく言ってる。しかも木村呼び》

     頑なだった香取慎吾(39才)もこんな様子も見せていた。

     9月7日放送の『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)で、香取はゲストのヒロミ(51才)とのドライブの最中、SMAPの昔話に花を咲かせた。

    「CDがずっと1位とれなくて、行き場がなくなって。それでバラエティーみたいな…」

     今でこそバラエティーのできるアイドルの元祖といわれるSMAPだが、当時は本意でなかったことを告白。

    「そこから始まって中心になってったのは、こいつら本当すごいと思うんだよね」

     ヒロミがそう話し、中居と香取が自宅に遊びにきた時の思い出に触れた時、香取は目元をぬぐった。

    「オンエアでは数秒でしたが、あの時、香取さんは本気で泣き出してしまったんです。バラエティーのイロハもわからず、メンバーと苦楽を共にした昔の記憶がよみがえり、感極まったようです。SMAPの思い出は、彼にとってもかけがえのないものだったのでしょう」(別のテレビ関係者)

     4対1となり修復不可能だといわれていたメンバーだったが、ここに来て何があったのか。SMAPと縁深い音楽関係者が明かす。

    「SMAPの契約は毎年9月で1年ごとの更新です。次の1年はどうするか、どんな仕事をしていきたいかを話し合う。今年も各メンバーと事務所が話し合ったようです。解散発表後、今後の仕事のあり方にメンバーも不安を持っていました。来年1月1日以降“元SMAP”になった後もどういうスタイルで仕事をしていくかクリアになったようです。メンバーそれぞれが納得のいく形で。

     霧が晴れたといいますか、自分たちの先行きがハッキリしたことで、残りの少ない時間、わだかまりを抱えたまま過ごしても仕方がないと、ある意味開き直り、気持ちをリセットすることができたんでしょう」

     分裂騒動以降、メンバーは行き場のない不安、やり場のない怒りを常に抱えてきた。ギスギスした空気は、それゆえに生まれたものだった。未来が描けるようになった今、メンバー間でも各々の“その後”を尊重し合い、壁も取り払われつつあるという。

    「問題解決に奔走したのは、中居さんでした。解散後も、誰とでもわだかまりなく活動できるよう各所に頭を下げて回ったそうです。

    結果、あれだけの大騒動とは思えぬほどの円満な着地点になったようです」(前出・音楽関係者)
    RANKING


    e93543050f70061dd12c7
    http://news.livedoor.com/article/detail/12212626/


    【ジャニーズ】「SMAP解散」に関する記事まとめ!木村拓哉・中居正広・香取慎吾・草なぎ剛・稲垣吾郎・森且行のその後【順次更新】
    http://m9now.blog.jp/archives/51983521.html




    引用元: 【芸能】関係修復しつつあるSMAP 解散後も視野に中居は頭を下げる

    【【芸能】関係修復しつつあるSMAP!解散後も視野に中居正広は問題解決に奔走!各所に頭を下げて回る!→「真実は藪の中」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    F2011083115064800656


    1: 名無しさん 2016/10/23(日) 12:57:42.03 _USER9

    SMAP解散騒動でキムタク人気が急落しているが、ジャニーズ事務所所属のジャニタレが出演する番組視聴率も軒並み暴落。視聴者の間で“ジャニーズ離れ”が加速している。


     「解散発表後に放送されたジャニタレが出演する番組の数字(視聴率)が不調なのです。騒動の煽りを食ったとしか思えません。この夏にフジテレビで放送された中島裕翔の主演ドラマもその一面が影響したのかも」(民放局ディレクター)

     “ポストキムタク”と期待されている『Hey!Say!JUMP』の中島裕翔主演ドラマ『HOPE〜期待ゼロの新人社員〜』(フジテレビ系)は、平均視聴率が6.1%と予想外の惨敗。

     「ほかの原因の一つに挙げられたのが、4月に発覚した吉田羊の自宅マンション“7連泊”。7連泊の翌日には、泥酔した中島が30代女性に路上で抱きついたことも。女性は110番通報して、事情を聴かれるという騒動が報じられたにもかかわらず、フジは中島のドラマを強行したのが視聴者から反感を買ったとも言われていた」(ドラマ関係者)

     中島だけではない。9月25日日曜日に放送された『Hey!Say!JUMP』メンバーが出演する『スクール革命!』(日本テレビ系)は6.9%。同日、『嵐』の二宮和也がMCを務める『ニノさん』(同)6.4%…。

     「もっと深刻なのは『関ジャニ∞』ですよ。これも日テレ系の番組なんですが、9月10日に放送された『今景気イイ芸能事務所に潜入!関ジャニ特命捜査班7係』はゴールデン帯の放送で9.5%と一桁でした。ちなみに、1月放送の前回は12.4%。また、『関ジャム完全燃SHOW』(テレビ朝日系)という深夜音楽トーク番組は3.7%ですからね。一般視聴者の関心が薄れているのは間違いない」(制作会社プロデューサー)

     ジャニーズの内情に詳しい大手プロ幹部が言う。

     「SMAP解散を正式発表してからというもの、ジャニーズの“女帝”とされるメリー喜多川副社長は、批判の矢面に立たされている。メリー副社長は“なんで私だけが悪者にされなければいけないの!”と開き直っているといいますが、その後、メリー副社長ら一族の超リッチな生活ぶりも明らかになった。ジャニーズ一族だけがいい思いをしている。視聴者の反発が視聴率に表れたんですよ」

     ジャニーズ帝国崩壊が始まったようだ。
    RANKING


    e93543050f70061dd12c7
    http://wjn.jp/article/detail/2350122/


    【ジャニーズ】「SMAP解散」に関する記事まとめ!木村拓哉・中居正広・香取慎吾・草なぎ剛・稲垣吾郎・森且行のその後【順次更新】
    http://m9now.blog.jp/archives/51983521.html




    引用元: 【テレビ】 視聴者の間で“ジャニーズ離れ”が加速・・・事務所所属タレント 出演番組視聴率、軒並み暴落

    【【テレビ】視聴者の間で「ジャニーズ離れ」が加速!事務所所属タレント、出演番組視聴率、SMAP解散報道後から軒並み暴落!】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    tubasa02


    1: 名無しさん 2016/10/14(金) 20:03:47.87 _USER9

    SMAP相手でも臆さない。ジャニーズ事務所にも無敵状態の“文春砲”が、今回は今井翼(34)にさく裂した。『週刊文春』(文藝春秋)によると、今井翼はSMAPの解散についてメリー喜多川副社長(89)に責任がある、と言い放っていたという。


     同誌は、今井が銀座で行きつけにしているクラブで酒浸りの日々を送っていると伝え、酔いが回った時には、同期の滝沢秀明(34)とのユニット・タッキー&翼についても「解散したい」と不満を訴えていたとのこと。

     また、今井は以前からSMAP・中居正広(44)のことを慕っていたことから、一連の騒動に動揺していたといい、ついに解散が発表されると、

    「SMAP解散はメリーさんのせいだ。俺はもう事務所を辞めるしかない」

     と、酒をあおりながら漏らしていたと報じている。

    「滝沢はもともとジャニー喜多川社長(84)のお気に入りとして有名だし、長年主演を務める『滝沢歌舞伎』のほか、今年は7月期のドラマ『せいせいするほど、愛してる』(TBS系)にも出演するなど、ソロでも順風満帆。ユニットを組んでいる今井としては、相方とのギャップに不満を募らせていたと見られます」(スポーツ紙記者)

     その一方で、同誌には気になる記載もあった。

    ■ジャニタレは文春を愛読している?

    「今井がSMAP解散をメリー副社長のせいだと言っていたのは、まさに『文春』を愛読しているからだというのです。同誌2015年1月発売号では、メリー副社長がSMAPのことを“踊れないグループ”と見下したインタビュー内容を掲載するなどしており、今井もこうした記事を読んで怒りを感じていたのかもしれません」(芸能プロ関係者)

     ジャニーズアイドルと言えども、今井のような“文春読者”は複数いるという。

    「中には連続ドラマで主演を張るクラスの、第一線で活躍するジャニタレも存在しますよ。過去には、同僚のスキャンダルが出ていたのに対し、『またバカなところ撮られてるよ』なんて吐き捨てた人気メンバーもいました」(前出・スポーツ紙記者)

     今井も自分の“失言”が載ってしまった『文春』をチェックしているのだろうか。
    RANKING


    e93543050f70061dd12c7
    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20161014-77753489-dailynewsq


    【ジャニーズ】「SMAP解散」に関する記事まとめ!木村拓哉・中居正広・香取慎吾・草なぎ剛・稲垣吾郎・森且行のその後【順次更新】
    http://m9now.blog.jp/archives/51983521.html




    引用元: 【週刊文春】「SMAP解散はメリーさんのせいだ」今井翼の漏らした”本音”が波紋

    【【週刊文春】今井翼の漏らした本音が波紋!滝沢秀明とのギャップに不満も?「SMAP解散はメリーさんのせい。俺は事務所を辞めるしか」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    default_516f9c5c1ebbdf41e2d79ba97b033efb


    1: 名無しさん 2016/10/02(日) 08:31:55.22 _USER9

    「この10月から動き出さないと、普通は間に合わないんですけどね」

     語るのはプロダクション幹部。来年1月、TBS系で放送が予定されている木村拓哉(43)主演のドラマについて漏らした本音だ。

     次回作で木村は医師役に挑むそうだが、肝心のヒロインがまだ決まらないという。その理由は言うまでもない。

    「これまでならキムタク相手であれば、人気女優が毎回抜擢されるはずでした。ですが、今回のSMAP解散騒動で『悪者』というレッテルを押された影響からか、大手芸能プロダクショはどこも“エース格”を出すのに腰が引けているらしいんです」(芸能プロ幹部)

     さて、そこで思い出されるのが今年、福山雅治(47)主演で放送された月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)だ。

    ラヴソング DVD BOX

    ■福山雅治「ラヴソング」と同じ失敗の構図?

     福山にとって月9と言えば『ひとつ屋根の下』『いつかまた逢える』、最近では『ガリレオ』とヒット作を飛ばしてきた、絶対当てなければいけない枠だった。だがギリギリまで肝心のヒロイン役が見つからず、結局、同じアミューズ所属の藤原さくら(20)という無名歌手を抜擢。結果は全話平均8.4%と、月9史上最低の結果を記録してしまった。

    「この『ラヴソング』は、当初はもっとラブストーリーを主軸にしていたらしいのですが、27歳年下の藤原さくらに決まってから急きょ、ヒューマンものに寄せたそうです。それを考えれば、来年1月のキムタクのドラマも、相手の知名度や年齢次第で、ストーリーも変える必要が出てくる」(芸能ライター)

     結婚以来、ファン離れが著しく、ブランドイメージも失墜した結果、ヒロインを同じ事務所から選ばざるを得なかった福山。それと同じような事態が今、キムタクの身にも起こりつつあるようだ。

    「福山はなんとか自分の事務所から探せたが、ジャニーズ事務所に女性タレントはいない。この状況で、キムタクのヒロイン役に手を挙げるプロダクションは果たして現れるのか。大いに疑問です」(前出・芸能プロ幹部)

     いずれにしても解散後の木村拓哉にとって来年は、前途多難な幕開けになってしまいそうだ。
    RANKING


    【ジャニーズ】「SMAP解散」に関する記事まとめ!木村拓哉・中居正広・香取慎吾・草なぎ剛・稲垣吾郎・森且行のその後【順次更新】
    http://m9now.blog.jp/archives/51983521.html
     

    no title
    http://dailynewsonline.jp/article/1204231/



    引用元: 【芸能】ヒロインが決まらない!木村拓哉の新ドラマが早くも難航中

    【【芸能】木村拓哉の新ドラマ、早くも難航中!ヒロインが決まらない!「福山雅治はアミューズから探せた」「ジャニーズに女性タレントはいない」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    F2011083115064800656


    1: 名無しさん 2016/09/24(土) 17:53:41.43 _USER9

    今も解散騒動の様々な情報が飛び交う中、SMAPのベストアルバム「SMAP 25 YEARS」が12月21日発売されることが決定した。

     ベストアルバムは、ファンからのリクエストを募集し決定する方式で、これまでのSMAPの400曲以上の中から選び、約50曲がCD3枚組に収録される予定。また、ベストアルバムの他に、DVD・ブルーレイの映像作品「Clip! Smap! コンプリートシングルス」が12月28日に発売されることも決定し、シングル55作品の両A面曲を含む、全63曲の映像が収録されるという。

     これまでSMAPは、ベストアルバム5枚発売。今回のベストアルバムで6枚目となる。全アルバムの中で、売り上げ最高記録をマークしているのは、2001年3月23日発売の3枚目の2枚組ベストアルバム「Smap Vest」。約178万枚を売り上げ、ミリオンヒットを記録。「らいおんハート」、「夜空ノムコウ」、「SHAKE」、「青いイナズマ」、「がんばりましょう」、「オリジナルスマイル」、「笑顔のゲンキ」、「心の鏡」など人気曲が収録されている。同じジャニーズ事務所の嵐のベストアルバム「All the BEST! 1999-2009」(2009年8月発売)が累計売り上げを上回るまでは、ジャニーズ所属アーティストのアルバムの中で、最高売り上げを記録していた。ちなみに、嵐のベストアルバムは約195万枚を売り上げている。

     「皮肉な事ですが、解散の影響もあり、相当な売り上げを記録するでしょう。なんたって、最後のアルバムになりますからね。ファンのみならず、普段買わないような一般層もSMAPの最後の作品となれば、購入する方も増えそうです。嵐の記録は超えると予測できますし、ダブルミリオンも期待できますね」(レコード会社関係者)

     とんでもない金字塔を打ち立てそうなSMAP。記憶にも記録にも残る伝説的なスーパーアイドルとなりそうだ。
    RANKING


    e93543050f70061dd12c7
    http://dailynewsonline.jp/article/1200914/


    【ジャニーズ】「SMAP解散」に関する記事まとめ!木村拓哉・中居正広・香取慎吾・草なぎ剛・稲垣吾郎・森且行のその後【順次更新】
    http://m9now.blog.jp/archives/51983521.html




    引用元: 【芸能】嵐超えなるか? ラストアルバムで金字塔を打ち立てそうなSMAP

    【【芸能】SMAP、ラストアルバムで嵐超えなるか?解散日直前に「SMAP 25 YEARS」「Clip!Smap!」発売!ダブルミリオンも狙う!】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ