【2ch】芸スポまとめ

芸スポ、ニュー速、地下アイドル、VIPなどの話題を書いています。相互リンク・相互RSS、Twitterのフォローなど、お待ちしています(´∀`)








ブログパーツ


















    Powered By 我RSS


























    タグ:Twitter

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    木村佳乃_2010ブルーリボン賞


    1: 名無しさん 2017/04/15(土) 21:10:23.96 _USER9

    茨城県を舞台にしたNHK連続テレビ小説「ひよっこ」第11話の劇中セリフに、茨城県民が感涙している。


    木村佳乃さんの迫真の演技

    2017年4月14日放送の「ひよっこ」第11話では、出稼ぎ先の東京で行方不明となってしまったヒロイン(谷田部みね子(有村架純さん))の父・実(沢村一樹さん)を探しに、妻の美代子(木村佳乃さん)が上京し、宿舎や会社を訪ね歩く。このころ東京では出稼ぎ労働者の失踪が相次いでおり、警察署に捜索願を提出するも粗雑な対応を受ける。

    「『いばらぎ』ねえ。『いばらぎ』県、奥『いばらぎ』村か。『いばらぎ』も多いね、出稼ぎが」

    という警察官は続けて、出稼ぎ労働者の失踪者は腐るほどおり、発見を期待しないよう助言する。

    ハンカチを握りしめ警察官の話を聞いていた美代子だが、一粒の涙をこぼし、こう訴える。

    「『いばらき』です。『いばらぎ』じゃなくて、『いばらき』です。谷田部実といいます。私は、私は出稼ぎ労働者を一人探してくれと頼んでいるんではありません。ちゃんと名前があります。茨城の奥茨城村で生まれて育った谷田部実という人間を探してくださいとお願いしてます。ちゃんと、ちゃんと名前があります。お願いします。あの人は絶対に自分でいなくなったりするような人ではありません。お願いします。お願いします。探してください。お願いします」

    その迫真の演技は胸に迫るものがあり、視聴者の涙を誘ったようで、とりわけ茨城県民からは、

    「いばらぎ じゃなくて 『いばらき』です 号泣」
    「こんなに泣ける『いばらき』講座があっただろうか」
    「茨城県民を代表してくれた気がした〜〜」
    「すべての茨城県民に見てほしい」
    「あぁ...いばら『き』問題をこんな形で出してくるなんて。ふだん笑い話にされることが、心を揺さぶる話になる」

    とツイッターに感動の声が相次いでいる。

    県民も「いばらき」と発音できない?

    木村さんの名演は県外の人々にも届いており、

    「すみません、茨城県民の方々、いばらぎけんだと思っていました」
    「これを機に今後は気をつけよう」

    など、「いばらき」の普及活動に成功。その一方で、

    「でも、茨城(いばらき)の人が発音している『茨城』は『いばらぎ』にしか聞こえない」
    といった声も上がっている。

    たしかに、茨城県の訛りはカ行やタ行が濁音化するのが特徴で、本人は「いばらき」と発音しているつもりでも、「いばらぎ」と聞こえてしまうことがある。

    実際、県民のなかには発音に苦悩する人もおり、先月20日放送の「月曜から夜更かし」(日本テレビ系)では、県民が「いばらき」と発音できない様子が放送された。VTRでは「いばらき」と発音しようと、中年から初老の男性3人が

    「『いばらに』県」
    「『いばらに』ですね。『いばらに』」
    「『いばらぎ』だな、『いばらに』どっちだ?『に』にすっか」

    と苦戦する様子が映し出され、お茶の間の驚きを誘った。
    RANKING


    no title

    no title
    http://news.livedoor.com/article/detail/12935827/



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1492258223/

    【【テレビ】木村佳乃、朝ドラ「ひよっこ」のセリフに茨城県民が感涙!「『いばらぎ』じゃなくて、『いばらき』です」迫真の演技で胸に迫る!】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    matumotohitosi


    1: 名無しさん 2017/03/23(木) 17:38:39.40 _USER9

    元プロ野球選手でタレントの板東英二さん(76)が、新幹線における子ども連れの親の対応に不満を漏らした。


    板東さんは2017年3月21日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)に出演。番組では、先日話題になったJR北陸線内における車掌と少年のトラブルを取り上げた。車掌は切符確認時の少年の態度に腹を立て、胸ぐらをつかんで一喝したと報じられた。

    「僕らがあやすわけにいかんのだから」

    これを受け、スタジオではマナー違反を注意することの難しさが話題にのぼった。出演者からは自身が有名人であるために、なおさら注意しにくいという意見も出た。すると板東さんは「僕らはとりあえず我慢せにゃしょうがない」と嘆いた上で、次のように語った。

    「新幹線の中で、楽しいんでしょうけど、子供が泣いたら抱っこしてデッキぐらい行ったらいいじゃないですか。トイレでも(フタを)閉めとけば、ちゃんと便器に座れるんだから。そこでちょっとでもあやしてくれたらいいのに、それをしようとしませんもんね。泣くのは子どもの性(さが)というか。そうじゃないもん、周りは」

    「子どもは泣くのが仕事」とはよく言うが、狭い新幹線内において、周囲の乗客が皆そのように受け止めるとは限らない。であるからこそ、親は周囲に配慮して泣き出した子どもを連れてデッキ等に移動すべき...という主張のようだ。

    板東さんは

    「僕らが言うと(親は)『何だ!』っていうことになりますからね」
    「泣いてるんだから。僕らがあやすわけにいかんのだから、ご両親が何とかしてもらわないと!」

    とも続け、親の自主的な対応を求めた。

    「なんとかって言われてもなぁ」「快くは思ってないのも事実」

    坂東さんの発言に対しては、インターネット上にさまざまな意見が寄せられている。

    「なんとかって言われてもなぁ」
    「子供が育てにくい国、ニッポン」
    「新幹線の走っている音に赤ちゃんは怖がっているんじゃないかな。デッキにいったらもっとゴーってしていて、怖がる」

    といった反論が出る一方、

    「泣いてるのにスルーしてる親は腹立つ」
    「言い方はあれだけど、場所替えは有効だよね」
    「子供が泣くのは仕方ない、は事実だけど、内心快くは思ってないのも事実ではある」

    と、板東さんの意見に理解を示す声も上がっている。

    新幹線に限らず、公共の場における子どもの泣き声問題はインターネット上でも度々話題にのぼる。2015年にはダウンタウンの松本人志さん(53)がツイッターで「新幹線で子供がうるさい。。。子供に罪はなし。親のおろおろ感なしに罪あり。。。」(2月23日)と投稿し、注目を集めた。
    RANKING


    no title
    http://news.livedoor.com/article/detail/12837168/



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490258319/

    【【芸能】板東英二、新幹線で泣く子の親に「デッキくらい行ったら」松本人志「子供に罪はなし。親のおろおろ感なしに罪あり」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    ORG_20120120000804


    1: 名無しさん 2017/03/13(月) 11:05:58.73 _USER9

    有名脚本家、北川悦吏子さんがTwitterで脚本のリサーチを行っていると話題になっている。北川悦吏子さんは『ロングバケーション』、『ビューティフルライフ』、『あすなろ白書』『愛していると言ってくれ』など数々のドラマの脚本を担当し高視聴率を叩き出している。


    そんな北川悦吏子さんが2018年4月からNHKの連続テレビ小説『半分、青い。』の脚本を担当。北川悦吏子さんはTwitterで次のように質問。

    「すみません、怒られるかもしれない、と言った舌の根も乾かぬうちに、また質問です。(だって、どうしたってツイッターで聞くのが一番早い!!)。1971年前後生まれで、地方公立高校出身の方。兼部ってありました?体育系と文科系の兼部です。ふたつ入ってる。テニス部と美術部、とか」

    「1971年前後生まれの方に質問です。高校3年生の時、自分の部屋に(家族と共に暮らしていると想定します)、テレビってありましたか?音楽は、何で聞いてましたか?オーディオセットは自分の部屋にありましたか?」

    と様々な質問をぶつけている。これに対して賛否が挙がっており、「脚本家の好きにすればいいじゃん。 これが犯罪やってたり迷惑行為やってるとかならともかく、単に取材の方法が旧来のと違うってだけだろ?」という肯定的な意見や「北川悦吏子がTwitterで時代考証とかリサーチしてるみたいだけど、それって卒論をWikipediaだけ使って書くみたいなもんじゃないの?」「確かに、そんなドラマは見たくないわ。志低すぎ」「次次期の朝ドラ脚本家がTwitterでネタ募集してるのを見て、悲しい気持ち」という否定的な意見が挙がっている。

    来年の4月にこのドラマが放送されたときに「Twitterから得た情報なんだなあ」と思ってしまうのは確か。ただ何も調べずに過去の事を適当にドラマ化されるのも困ったものである。
    RANKING 

    no title
    http://gogotsu.com/archives/26979


    【芸能】成宮寛貴、芸能界引退!「オレンジデイズ」北川悦吏子氏、成宮起用は「唯一無二」「何もない人を、私が書くわけがない」【当て書き】
    http://m9now.blog.jp/archives/51988805.html




    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489370758/

    【【ドラマ】有名脚本家の北川悦吏子さん、ツイッターで脚本のリサーチに賛否両論!2018年4月スタート朝ドラ「半分、青い。」を脚本担当!】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    a0300074_6311956


    1: 名無しさん 2017/03/10(金) 13:29:29.97 _USER9

    ドラマのタイトルが秋田県名物「きりたんぽ」のイメージダウンにつながるとして、同県の抗議を受けたテレビ朝日が渡辺麻友さん主演ドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」のタイトル変更を決めた問題で、ネット上では「下品だ」「シモネタ程度」など賛否の声が上がった。


     ドラマは、渡辺さん演じる「桐山さおり」が自分を裏切った男性の局部を切断するなどして成敗する物語。タイトル中の「きりたんぽ」は「きり」を「切り」、「たんぽ」を男性器という意味に取らせるネーミングで、料理の「きりたんぽ」とは無関係だ。

     同県の抗議を受けてテレ朝がタイトル変更を決めるニュースが報じられると、ツイッター上では大きな反響を呼び、批判的な書き込みが続出。「秋田県民で無くとも余りの下品さに怒りを忘れ呆れ返る」「風評被害だ」「食べ物を男性器になぞらえるって本当、食べ物自体に対する蔑視」などと続いた。

     さらに局の制作姿勢に疑問を投げかけ、「局側のモラルや倫理って、ないんだな〜と思います。だから面白い番組も作れないのかもしれません」という書き込みもあった。

     一方、ツイッターには、「イメージ下がるとかいちいちそんなもんで下がらんわ 酔ったおっさんがシモネタで言う程度」との投稿も。「きりたんぽってこんなに美味ですよ!って上塗りしていった方が堅実的」と、話題になったことを建設的な方向につなげようとする意見もみられた。

     そして、最終的に収める策として、あるネットユーザーは「まゆゆ(渡辺さん)がきりたんぽ鍋を食べて秋田県をPRすれば、すべて解決するとおもいます!」と書き込んだ。

     騒動が報じられた後、秋田県に寄せられたメールや電話による意見は、「数件程度」(県観光戦略課あきたびじょん室)。県が抗議したことに賛意を示したり、タイトルの代替案を提案したりしているほか、渡辺さんのファンとみられる人から苦情もあったという。
    RANKING


    no title
    http://www.sankei.com/entertainments/news/170310/ent1703100015-n1.html



    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489120169/

    【【AKB48】渡辺麻友主演「サヨナラきりたんぽ」ツイッターで賛否真っ二つ!「下品だ」「シモネタ程度」秋田県の抗議でドラマタイトル変更!】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    nt_161215odentuntun04


    1: 名無しさん 2017/01/23(月) 18:11:42.40 _USER9

    わざわざネットで愚行を公開して大騒動になる事件が後を絶たない。かつてツイッターを席巻した「バカッター」だが、最近ではYouTubeにバカな投稿が大増殖中だ。そんな「バカチューバー」たちの動向について、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が愛をこめて解説する。

     * * *

     2013年、日本中を笑いの渦に巻き込むとともに、連日多数の映像を出し続けなくてはいけないテレビ情報番組のスタッフにとっては特需ともいえる「おいしい映像」を提供し続けた「バカッター騒動」が2017年、パワーアップして帰ってきた!

     バカッター騒動とは高知県のローソン店舗内のアイスケースで寝る若者(オーナーの息子)の登場を皮切りに、「回転寿司屋で醤油さしを鼻の穴に差すバカ」「食洗器に入るバイトのバカ」などが、次々とバカ写真をツイッターで公開した一連の騒動である。「バカ」+「ツイッター」で「バカッター」と呼ばれるようになった。

     この騒動により退学に追い込まれる者や、廃業せざるを得なくなったソバ屋が登場。冒頭のローソンはFC契約を解除されるなど、社会的な影響は小さくはなかった。

     それから約3年半の雌伏の時を経て、続々とバカが年末から登場している。しかも、今のトレンドは「動画」である。ザッと挙げると「コンビニおでんツンツン(指でつつく)男」「チェーンソーで運送会社恫喝男」「モノレールの線路に寝っ転がり喫煙中学生」「警察署出頭の際消火器ぶちまけ現行犯逮捕少年」といったところか。いずれも逮捕か厳重注意となっている。

     チェーンソー男以外は友人が動画を撮影しており、見事なまでの連携プレーを見せ、そのバカっぷりを全世界に配信し、身体を張ったエンタテインメントを完成させている。

     以前と比べてパワーアップしたのは、「動画」を駆使している点である。現在日本の警察は容疑者逮捕に至るまでに監視カメラの力に頼らざるを得ない状況になっているが、パワーアップした彼らはその犯罪行為を自ら証拠として撮影しわざわざ一般に公開するなど、警察の手も煩わさぬ親切設計だ。

     この何年間か、店員に土下座をさせるシーンを動画で公開し、恐喝容疑で逮捕されるなどの騒動はあったが、あくまでも単発の事件だった。これだけ立て続けに動画関連の珍事が発生してしまうと2017年はもしや「バカッター」ならぬ「バカチューバー」(バカ+YouTuber)大漁の年になるかもしれない。

     そして、動画の場合はネットへの波及も考慮しなくてはならない。なにせ、「ツイッターの1文+写真1枚」と比較し、動画の場合は、鮮明な顔、声、発言、体型、部屋の様子など膨大な量の情報を視聴者は知ることができる。これにより、ネットのお茶の間談義はさらに盛り上がる。

     チェーンソー男の場合、「YouTuberなめるな」「全世界に配信したる」という2つの言葉が人々の心を捉えた。IT業界の会議に出席すると、この男が話題にのぼり「YouTuberなめるな」が今年年末の「ネット流行語大賞」の受賞作品になるのでは、といった憶測をすでにされてしまっているほどだ。

     彼らの名前を検索すると一生これらの騒動が上位に入る悲しい状況になりかねない。今後彼らは何らかの優れた実績を作り、バカ騒動を検索結果から追いやることを期待したい。
    RANKING


    no title
    http://www.news-postseven.com/archives/20170123_486329.html?PAGE=1



    引用元: 【ネット】2017年は「バカチューバー」大漁の年になるか

    【【ネット】2017年は「バカチューバー」大漁の年になるか!「コンビニおでんツンツン男」「チェーンソー恫喝男」「モノレール線路喫煙中学生」】の続きを読む



    RANKING / BLOGMURA / Twitter / Facebook
    Amazon / Rakuten

    このページのトップヘ